セミナー会員数 6,402名 (10月16日更新)

サービスレジデンス「アスコット丸の内東京」取材レポート2 

サービスレジデンス「アスコット丸の内東京」取材レポート2 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のコラムでは「アスコットについて」、「サービスレジデンスについて」などをご説明させていただきました。

■サービスレジデンス「アスコット丸の内東京」取材レポート1はこちらから。

今回は、2017年3月30日にオープンした「アスコット丸の内東京」の共有サービスや実際のお部屋の様子をご紹介致します。
国や物件によって内装や間取りなども違いますが、アスコットブランドがどのようなモノづくりをしているのか、という参考にしてもらえればと思います。

【物件概要】
住所:〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-1(大手町パークビルディング22階~29階)※1階に22階~29階直通のアスコット専用エントランスがあります。
部屋数:130室
部屋タイプ:スタジオタイプ~3ベッドルームの全7タイプ(38㎡~163㎡)
最寄駅:大手町駅直結
運営会社:株式会社アスコットジャパン





アスコット丸の内東京が入るビルの外観 東京駅側から見た「アスコット丸の内東京」が入るビルの外観

皇居側から見た「アスコット丸の内東京」が入るビルの外観 皇居側から見た「アスコット丸の内東京」が入るビルの外観

アクセス・眺望ともに抜群の立地

大手町駅直結の大手町パークビルディングの22階~29階が「アスコット丸の内東京」になります。
大手町駅は、丸ノ内線、東西線、千代田線、半蔵門線、三田線が乗り入れており、東西南北どこに行くにしても非常に利便性が高いです。JR東京駅にも徒歩10分程度のため、新幹線を利用される際にも重宝します。
また西側一面に皇居東御苑を臨み、その奥には新宿の高層ビル群、天気が良い日には富士山まで眺めることができます。

複数路線が乗り入れる「大手町駅」直結 複数路線が乗り入れる「大手町駅」直結

「アスコット丸の内東京」の周辺マップ 「アスコット丸の内東京」の周辺マップ

2017年1月に竣工した大手町パークビルディング

「アスコット丸の内東京」が入る、大手町パークビルディングは2017年1月に竣工した、三菱地所(施工は竹中工務店)による、地上29階建て(地下5階)延床面積15万㎡超の大規模複合施設です。
地下フロアには19店舗にもおよぶ飲食店街が広がり、ランチから夜の1杯まで多数の選択肢があります。
もちろんアスコット内にはレストランもありますので、TPOに応じて使い分けできるのは助かりますね。

地下飲食フロア「よいまち」の詳細はこちらにて。



解放感のあるロビーラウンジと屋外テラス

22階のフロアに上がるには、1階にあるアスコット専用エントランスを使います。深夜は入口がオートロックとなっているため、セキュリティも安心です。オートロックドアホンは高さ1mくらいに設置されており、車イスの方や子供への配慮を感じられ、さすがはアスコットといったところでしょうか。
1階エレベーターホールの外壁には花びらのようなデザインが施され、日本らしいおもてなしを感じることができます。
直通エレベーターで22階に上がると、レセプションのほか、ロビーラウンジと屋外テラスが併設されています。天井高5mはありそうな開放的な空間になっているとともに、調度品のひとつひとつに高いセンスが感じられ、室内に入る前から期待が膨らみます。

アスコット丸の内東京専用エントランス アスコット丸の内東京専用エントランス

解放感のあるロビーラウンジ 解放感のあるロビーラウンジ



利用者の日常を充実させる共有スペース

22階フロアのレセプション、ロビーラウンジをすすむと、ジム、プール、ミーティングルーム、レストランなどの共有スペースがあります。ジムやプールも窓を大きくとってあり、高層階ならではの眺望をいかしたレイアウトになっています。

宿泊者専用のプール 宿泊者専用のプール

ミーティングルーム ミーティングルーム

階ごとに季節の彩りを感じさせるデザイン

22階からエレベーターを使い、23階~29階の客室フロアに向かいます。今回取材させていただくのは29階のお部屋です。エレベーターを降りると、雪景色の大きなパネルが目を引きました。階ごとに、春・夏・秋・冬をコンセプトとしたつくりになっているそうで、29階は冬をイメージしているためだそうです。2回目以降に使う際には、別のフロアにするなど楽しみが広がりそうです。

上品でありながら心がくつろぐ客室

今回案内してもらったお部屋は29階にある「1ベッドルームプレミア」です。
入った瞬間、窓一面に広がる眺望に目を取られました。使われている家具やインテリアはほどよくシンプルで使い勝手が良さそうです。
キッチンには調理器具、食器一式が揃っているのと洗濯乾燥機もありました。キッチンがある、とは聞いていたものの、まさか本格的なオーブン、食洗機まで備え付けられているとは思いませんでした。
リビングの先には和室があり、海外からのお客様にも喜んでいただけそうです。
また、このお部屋は隣のスタジオタイプのお部屋とつなげて使用することができるため、2世帯での利用にも対応しています。

上質で快適なリビングルーム 上質で快適なリビングルーム

客室内に設置されているキッチン 客室内に設置されているキッチン



朝食ビュッフェ付で1人¥17,500~

部屋タイプやお日にち、連泊数などによって異なりますが、現在販売中のオープニングプレミアムパッケージプラン最安プランは「スタジオタイプ(38㎡)/朝食込み」で¥35,000(税サ別)でした。2名様まで宿泊できるので、ひとりあたり¥17,500となります。
少しランクを上げて、「1ベッドルームデラックス(54㎡)/朝食込み」だと、¥41,000(税サ別)、ひとりあたり¥20,500となります。
高級ホテルの朝食ビュッフェの多くは、¥3,000~¥4,000くらいするので、それを2名分含んでいると考えると値ごろ感がありますね。
参考までにですが、すぐ隣にあるパレスホテルの宿泊料金を調べたところ、「デラックスキング(45㎡)/朝食あり/2名」で¥62,488(税サ込)が最安値でした。(2017年3月22日ホテルオフィシャルサイト調べ)
ちなみに、チェックインは14時、チェックアウトは12時となっており、ゆったりと過ごすことが出来そうです。ご興味のある方はこの機会に利用されてみてはいかがでしょうか。

「アスコット丸の内東京」の公式サイトはこちらから。

■現在開催中のアスコット関連の不動産投資セミナーはこちらから。



公開日:2017年4月4日

ページトップへ