セミナー会員数 5,423名 (2月20日更新)

<投資家限定>北千住シェアハウス完成記念・現地内覧会

千住シェアハウス完成記念・現地内覧会

<投資家限定>北千住シェアハウス完成記念・現地内覧会

【日時】 86日(土)14:00-16:00
※入居者様の関係上、上記時間帯のみの内覧会となります。恐れ入りますが上記の時間帯以外の対応は致しかねますので、予めご了承ください。また、ご参加される方は必ずご予約をお願い致します。
【会場】 東京都足立区柳原2丁目4-9

JR・私鉄計5路線が乗り入れ、2015年にはJR東京・上野ラインも開通した「北千住」駅。都内でも新宿・渋谷・池袋についで4番めの乗降客数を誇り、東京の北の玄関口として、今後ますますの発展が期待される同駅から徒歩6分のシェアハウスが誕生しました。利便性の高い立地に、戸建て並みの金額で購入できる1棟シェアハウスの完成記念・内覧会を開催いたします。

今回は現地内覧会をオウチーノを御覧の投資家の方々限定でご案内いたします。当日、現地にはシェアハウスの運営に多数の実績を持つ管理会社も同席します。物件をみながら、実際の運用についても質問できる貴重な機会ですので、シェアハウスを検討されている投資家の方はぜひご参加ください。

オウチーノをご覧の投資家限定のご案内です。

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

都内第4位のターミナル「北千住」駅から徒歩6分の1棟シェアハウス

現地外観(南側)現地外観(南側)

現地外観(東側)現地外観(東側)

現地賃貸・家具付きワンルーム・室内(1F)現地賃貸・家具付きワンルーム(1F)

現地賃貸・家具付きワンルーム・キッチン(1F)現地賃貸・家具付きワンルーム(1F)

JR常磐線をはじめ、東京メトロ千代田線、日比谷線、東武スカイスツリーライン、つくばエクスプレス(TX)の5路線が乗り入れる北千住。同駅の人数は約150万人/日と、東京では新宿・渋谷・池袋についで第4位(2014年)。2015年にはJR常磐線から東京上野ラインも開通し、今後も駅前再開発が予定されるなど、その注目度は今後ますます高まっていくことが予想されます。

利便性の高い「北千住」駅ですが、昔ながらの下町情緒あふれる商店街の街、あるいは近年では学生の街としても有名です。本物件は東京電機大学のある北千住駅東口(電大口)の「学園通り商店街」を抜けてすぐのところに立地し、スーパーやコンビニはもちろん、飲食店なども充実しています。

今後ますます発展が予想される「北千住」駅より徒歩6分!

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

「シェアハウス6室」+「家具付き1ルーム」+「パーキング1区画」の1棟物件

本物件は、3階建て中古戸建て住宅をリノベーション・用途変更した1棟シェアハウスです。建物内にはシェアハウスの個室6室+キッチン・リビングダイニング・浴室・トイレ・屋上などの共用スペースと、すぐに入居可能な家具・家電付き賃貸ワンルームが1室、また建物内駐車場1区画を備えています。

今回の内覧会では、シェアハウスの運営に多数の実績を持つ管理会社に同席いただき、実際の運営や想定されるコストなどについても投資家の方々のご質問にもお答えできます。シェアハウスの物件にご興味のある投資家の方には、実際の物件を御覧いただける貴重な機会となっておりますのでお気軽にご参加ください。

※2016年7月に工事が完成し、賃貸客の募集を開始したばかりですが、7月20日現在ですでに数件の申し込みをいただいています。賃貸のお客様の入居がスタートする関係上、内覧会の機会は非常に限られており、次回の開催は未定です。この機会にぜひお越しください。

現地シェアハウス・共用キッチン(2F)現地シェアハウス・共用キッチン(2F)

現地シェアハウス・共用洗面スペース(2F)現地シェアハウス・共用洗面スペース(2F)

現地シェアハウス・個室(3F)現地シェアハウス・個室(3F)

現地シェアハウス・個室(2F)現地シェアハウス・個室(2F)

シェアハウス管理会社に直接質問できる、貴重な機会をお見逃しなく!

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

【プロジェクト概要】

プロジェクト名称(仮称)北千住シェアハウスプロジェクト
所在地東京都足立区柳原2丁目4番9
価格7400万円(税込み)
表面利回り8.95%
想定年間収入6,624,000円
最寄駅JR常磐線・メトロ千代田線・メトロ日比谷線他「北千住」駅徒歩6分
賃貸戸数シェアハウス6室、賃貸住宅1室、駐車場1区画
構造及び階数地上3階建て・鉄骨造陸屋根
敷地面積56.03平米(16.94坪)
延床面積134.36平米(40.7坪)
権利形態所有権
現況リノベーション工事済み
地目宅地
都市計画区域市街化区域
接道状況東側:幅員5.3m(公道)南側:幅員4.0m(公道)
建ぺい率・容積率80% / 300%
用途地域近隣商業地域
広告主の名称株式会社スペースマゼラン
広告主の事務所の所在地埼玉県蓮田市末広21-3-18
広告主の事務所の電話番号048-614-4611
宅建業法による免許番号埼玉県知事(1)第23129号
所属団体名全国宅地建物取引業保証協会
取引態様売主
引渡し応相談

現地案内

  • スペースマゼラン山下

    株式会社スペースマゼラン代表
    山下 勇人

    宅地建物取引士。マンションディベロッパーから金融機関勤務を経て、不動産ポータルサイト「オウチーノ」に入社。現在は投資物件の仕入れから販売までを一貫して行う。20年超の不動産・金融関連のキャリア・人脈を活かした、物件の目利きと投資家目線のアドバイスには定評がある。2014年より現職。

大手デベロッパーが開発! モンゴル不動産投資セミナー ~安心の米ドル建て、家賃保証・買取保証付き~

モンゴル不動産投資セミナー

大手デベロッパーが開発! モンゴル不動産投資セミナー ~安心の米ドル建て、家賃保証・買取保証付き~

【日時】 33日(土)13:00-14:00
【会場】 フォーランドリアリティネットワークジャパン
【会場住所】 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー16階
【参加】 無料

日本では相撲と遊牧民というイメージのあるモンゴルですが、実は世界でも有数の高い経済成長を続けています。国土は中国の北、ロシアの南に位置し、レアメタルの埋蔵量ではトップクラスを誇るオユトルゴイ鉱山、タバントルゴイ炭鉱の2つの鉱山が有名です。人口は約300万人のモンゴルですが、世界中からビジネス目的で多くの外国人が訪れています。

そんなモンゴルの今後の経済発展を見越して、現在モンゴルの不動産に注目が集まっています。今回はあの「シャングリラホテル」や政府からの公共事業など、大規模開発で豊富な建築実績を誇る「モンコン建設」が手掛ける新築のコンドミニアムを紹介します。モンゴルはアジアの他国に比べても注目度の面で相対的に低いことから、まだ割安で購入が可能です。今回のご紹介物件は第1、第2フェーズ(計290戸)が早期完売となった中、第3フェーズとして2019年に誕生を予定している「利回り保証」「買取保証」のダブル収益保証が付帯するコンドミニアム(全209戸)のご案内です。

今、世界から注目が集まる、モンゴルの不動産

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

当社のスタッフが2年前にモンゴル・ウランバートルのオフィスに訪問!

ディベロッパー「モンコン建設」の取材レポートはこちら

モンゴルの将来性 

モンゴルの人口分布モンゴルの人口分布。

ウランバートル市内の駐車場ウランバートル市内の駐車場

モンゴルの人口は約300万人(2015年 外務省HPより)。1990年ごろから右肩上がりに人口が増加しており、平均年齢は27歳と若く、また一人当たりの平均出生率が2.44人と今後も人口増加も期待できる人口構成となっています。またモンゴルの国家的なプロジェクトである世界最大級の鉱山、オユトルゴイ鉱山の第2フェーズ開発の投資が2015年に決定しており、同鉱山の本格稼働によってモンゴル経済のさらなる発展が期待されています。

モンゴルの現状・経済成長を
詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

モンゴル特選物件「Mandala Town(マンダラ タウン)」

「Mandala Town(マンダラ タウン)」は、世界有数の資源国として急速な発展を遂げるモンゴルの首都「ウランバートル」の、 自然豊かな国立公園に隣接する人気の高級街区で、国内大手デベロッパーが開発を進める大型プロジェクトです。
第1、第2フェーズ(計290戸)が早期完売となった中、今回は第3フェーズとして2019年に誕生を予定している「利回り保証」「買取保証」のダブル収益保証が付帯するコンドミニアム(全209戸)のご案内です。
本物件には購入者特典として、「最長7年・年10%の利回り保証」と「購入価格の100%での買取保証」が付帯します。
買取保証(契約時から3・5・7年目)によって出口が確保されているだけではなく、利回り保証によって最終的には合計「最大70%」の利益を享受することが可能であるなど、海外不動産が初めての方でも安心、且つ煩わしさもなく、投資できるパッケージとなっています。
ウランバートルでは、伝統的な移動式住居「ゲル」がある同市北側のゲル地区などで、石炭の使用による大気汚染が問題化しているものの、同市南側の「マンダラ タウン」があるエリアは、川風により大気汚染が滞留しにくく、空気が綺麗なため、中間層や富裕層に人気の居住エリアとなっています。徒歩5分圏内にスーパーやインター校があるだけでなく、本物件には商業施設、子供の遊び場、公園、噴水、アスレチック施設が設けられるなど、中流層や外国人ファミリー向けとして最適な住環境を誇ります。



室内イメージ室内イメージ

室内イメージ室内イメージ

間取り70
㎡間取り70.36㎡

間取り124
㎡間取り124.50㎡

【プロジェクト概要】

デベロッパーモンコン建設
完成時期2019年
開発面積2.3ヘクタール
開発エリア住所ウランバートル市 バヤンズルフ区
開発予定施設1F 商業施設、B1 セントラルヒーティングシステム付き屋内駐車場

成長著しいモンゴルの首都「ウランバートル」の国立公園に隣接する高級街区で進む大型プロジェクト。「最長7年・年10%の利回り保証」「購入価格の100%で買取保証」のダブル収益保証が付帯!

今回の「MANDALA TOWN」プロジェクトでは、購入者の方に買取保証と家賃保証のオプションが選択可能です。オプションの選択にもよりますが、7年間の保有で、買取保証100%に利回り保証の期間最大収益は購入価格の70%の利益を得ることが可能です。

また購入後は、もちろん自分で所有し運用することも可能ですし、あるいは上記の通り買取保証と家賃保証のオプションを選択して、購入時点で出口を決めることも可能です。約930万円台から投資可能。詳細の条件につきましてはセミナーにてご確認ください。

※買取保証、家賃保証の条件は、契約時にお選びいただくプランによって異なります。詳細はセミナーにてご確認ください。

第1・第2フェーズ建設進捗状況第1・第2フェーズ建設進捗状況

第1・第2フェーズ建設進捗状況第1・第2フェーズ建設進捗状況

第1フェーズで実際に完成した室内第1フェーズで実際に完成した室内

第1フェーズで実際に完成した室内第1フェーズで実際に完成した室内

「Mandala Town」第3フェーズ建設進捗状況(2017年11月時点)「Mandala Town」第3フェーズ建設進捗状況(2017年11月時点)

「Mandala Town」第3フェーズ建設進捗状況(2017年11月時点)「Mandala Town」第3フェーズ建設進捗状況(2017年11月時点)

当日プロジェクトの詳細をご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

シャングリラホテルの建築実績を誇るモンコン建設

モンコン建設は「シャングリ・ラ ホテルの建築工事業務」 や「米国陸軍トレーニングセンター」など競争の激しい受注を獲得するなど勢いのある会社です。建築・デベロッパー業務以外にもサービス業、小売、鉱業、鉱物資源など幅広い業務も手掛けているモンゴルを代表するコングロマリットです。

モンゴルでは、11月中旬から3月中旬の冬季期間中は建設工事ができない為、3月下旬から11月上旬の約7ヶ月間しか工事ができません。そのため、工期が遅れると竣工が1年遅れる企業も多く存在します。そんななか、モンコン建設では、過去に携わったプロジェクト全てにおいて、計画した期間内に設計・建設を行ってきました。そのため、政府や市からの信頼も厚く公共工事についても数多く手がけています。

オフィスビルの建築デザイン2013年 オフィスビルの建築デザイン

遊園地のスポーツ施設の建築デザイン2014年 遊園地のスポーツ施設の建築デザイン

ゲル地区再開発プロジェクトの建築デザイン2015年 ゲル地区再開発プロジェクトの建築デザイン

シャングリ・ラ ホテルの第2期建築工事業務2013年~2014年 発注者:SAMSUNG & MCS Group シャングリ・ラ ホテルの第2期建築工事業務

米国陸軍 FIVE HILLS米軍トレーニングセンター2014年~2015年 発注者:米国陸軍 FIVE HILLS米軍トレーニングセンター

参加予約フォームよりご予約ください。終了後に質疑応答も承ります

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

当社スタッフが2年前にモンゴル・ウランバートルのオフィスに訪問!

ディベロッパー「モンコン建設」の取材レポートはこちら

講演者

  • 代表取締役 中尾 孝久

    フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社

    代表取締役
    中尾 孝久

    1975年和歌山県生まれ。大手投資会社を始め10年以上金融業界で為替、株式のリテール部門で活躍。その後、外資系証券会社のセールスヘッドを経て、2012年フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社取締役に就任。2014年同社代表取締役就任。累計100本以上のマレーシア、フィリピン不動産セミナーの講師を担当。現地の最新情報を織り交ぜつつ、金融業界出身らしい独特の観点から海外不動産の魅力を分かりやすく解説するセミナー内容は、毎回好評を博している。

モンゴル不動産投資セミナー ~安心の米ドル建て、家賃保証・買取保証付き~

モンゴル不動産投資セミナー

株式会社オウチーノ主催 モンゴル不動産投資セミナー ~安心の米ドル建て、家賃保証・買取保証付き~

【日時】 724日(日)14:00-16:00
823日(火)19:00-21:00
【会場】 東京都港区東新橋2-14-1 コモディオ汐留8階

日本では相撲と遊牧民というイメージのあるモンゴルですが、実は世界でも有数の高い経済成長を続けています。国土は中国の北、ロシアの南に位置し、レアメタルの埋蔵量ではトップクラスを誇るオユトルゴイ鉱山、タバントルゴイ炭鉱の2つの鉱山が有名です。人口は約300万人のモンゴルですが、世界中からビジネス目的で多くの外国人が訪れています。

そんなモンゴルの今後の経済発展を見越して、現在、モンゴルの不動産に注目が集まっています。今回はあの「シャングリラホテル」や政府からの公共事業など、大規模の開発で豊富な建築実績を誇る「モンコン建設」が手掛ける新築のコンドミニアムを紹介します。モンゴルはアジアの他国に比べても注目度の面で相対的に低いことから、まだ割安で購入が可能です。また、ご紹介物件は2017年6月竣工予定のため、建築中の期間限定のオプションで、年間最大10%の利回り保証や買取保証のオプションなどお得な条件での購入が可能です。

まずはセミナーにお越しください

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

モンゴルの将来性 

モンゴルの人口分布モンゴルの人口分布。

ウランバートル市内の駐車場ウランバートル市内の駐車場

モンゴルの人口は約300万人(2015年 外務省HPより)。1990年ごろから右肩上がりに人口が増加しており、平均年齢は27歳と若く、また一人当たりの平均出生率が2.44人と今後も人口増加も期待できる人口構成となっています。またモンゴルの国家的なプロジェクトである世界最大級の鉱山、オユトルゴイ鉱山の第2フェーズ開発の投資が2015年に決定しており、同鉱山の本格稼働によってモンゴル経済のさらなる発展が期待されています。

モンゴルの現状・経済成長を
詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

モンコン建設が手掛ける新築物件「MANDALA TOWN」

MANDALA TOWNはウランバートル市街の新国立公園に隣接する好立地の新築物件です。同物件は、モンゴル政府による住宅ローン金利優遇対象物件でもあることから、ローカルのモンゴル人の間で高い人気が出ると予想されています。

今回はこの物件を手掛けるディベロッパー、「モンコン建設」による直接販売のため、購入に際して、余計な手数料等がかかりません。利回りは最大10%/年の保証付※で、物件価格は500万円台から、と比較的手頃な価格設定となっています。

モンゴルのウランバートル市は北の方角にゲル地区が多く存在し、冬季は各戸の暖房として石炭を使用することによる大気汚染が深刻な社会問題となっています。そのため、大気汚染の影響の少ない南側が住宅地として人気のエリアとなっています。今回MANDALA TOWNの建設地は南のエリアで大気汚染が少なくさらに都心まで車で5分以内の好立地です。また国立記念公園と隣接し、幹線道路へのエクセスもよく、交通渋滞も少ないエリアでもあります。

ウランバートル市内では、近年の開発によって公園の場所が少なくなってきているため、国立公園に隣接する当物件は希少性のある物件といえます。

プロジェクト完成予想図 プロジェクト完成予想図

国立公園 2016年2月に撮影した建築現場

MONDALA TOWNが隣接する、国立記念公園MONDALA TOWNが隣接する、国立記念公園

近隣の高層マンション近隣の高層マンション

【プロジェクト概要】

デベロッパーモンコン建設
工事予定期間2015年 ~2019年
開発面積2.3ヘクタール
開発エリア住所ウランバートル市 バヤンズルフ区
開発予定施設1F 商業施設、B1 セントラルヒーティングシステム付き屋内駐車場

買取&家賃保証付き!

今回の「MANDALA TOWN」プロジェクトでは、購入者の方に買取保証と家賃保証のオプションが選択可能です。オプションの選択にもよりますが、8年間の保有で、買取保証120%に利回り保証の期間合計52%を加えた最大収益は購入価格の172%の利益を得ることが可能です。

また購入後は、もちろん自分で所有し運用することも可能ですし、あるいは上記の通り買取保証と家賃保証のオプションを選択して、購入時点で出口を決めることも可能です。最低$55,300から投資可能。詳細の条件につきましてはセミナーにてご確認ください。

※買取保証、家賃保証の条件は、契約時にお選びいただくプランによって異なります。詳細はセミナーにてご確認ください。

建設中の現地写真1(2016年6月)建設中の現地写真1(2016年6月)

建設中の現地写真2(2016年6月)建設中の現地写真2(2016年6月)

建設中の現地写真3(2016年6月)建設中の現地写真3(2016年6月)

建設中の現地写真4(2016年6月)建設中の現地写真4(2016年6月)

現地の開発事業会社から
直接プロジェクトの詳細をご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

シャングリラホテルの建築実績を誇るモンコン建設

モンコン建設は「シャングリ・ラ ホテルの建築工事業務」 や「米国陸軍トレーニングセンター」など競争の激しい受注を獲得するなど勢いのある会社です。建築・デベロッパー業務以外にもサービス業、小売、鉱業、鉱物資源など幅広い業務も手掛けているモンゴルを代表するコングロマリットです。

モンゴルでは、11月中旬から3月中旬の冬季期間中は建設工事ができない為、3月下旬から11月上旬の約7ヶ月間しか工事ができません。そのため、工期が遅れると竣工が1年遅れる企業も多く存在します。そんななか、モンコン建設では、過去に携わったプロジェクト全てにおいて、計画した期間内に設計・建設を行ってきました。そのため、政府や市からの信頼も厚く公共工事についても数多く手がけています。

オフィスビルの建築デザイン2013年 オフィスビルの建築デザイン

遊園地のスポーツ施設の建築デザイン2014年 遊園地のスポーツ施設の建築デザイン

ゲル地区再開発プロジェクトの建築デザイン2015年 ゲル地区再開発プロジェクトの建築デザイン

シャングリ・ラ ホテルの第2期建築工事業務2013年~2014年 発注者:SAMSUNG & MCS Group シャングリ・ラ ホテルの第2期建築工事業務

米国陸軍 FIVE HILLS米軍トレーニングセンター2014年~2015年 発注者:米国陸軍 FIVE HILLS米軍トレーニングセンター

参加予約フォームよりご予約ください。終了後に質疑応答も承ります

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • モンコン建設

    モンコン建設

    MANDALA TOWN プロジェクト
    販売担当者

    セミナーでは、本物件「MANDALA TOWN」プロジェクトのディベロッパーであるモンコン建設の担当者が講演を行います。

    ~モンコン建設・モンコングループについて~

    モンコングループは2006年に建設設計のEGE社として設立。現在は、建築デザイン、設計、建設工事、マネジメント、不動産販売・仲介業務等を一環したサービスを提供するデベロッパーです。ウランバートル市の「2020年までのウランバートル市都市開発計画」に開発が計画されている、ゲル地区の再開発事業を請け負うなど、確かな技術力を武器に、公共事業やマンション建設でも多数の実績があります。

  • 両角郁也

    株式会社オウチーノ

    インターナショナル Div. リーダー
    両角郁也

    東京都荒川区出身。城西大学経営学部卒業後、2012年にオウチーノ入社。

    ポータルサイト広告営業担当として、首都圏の不動産仲介会社約200社の広告戦略をサポート。2016年1月より現職。3月にはモンゴル不動産の視察のためにモンゴル・ウランバートル市に滞在。セミナーでは、実際に見聞したモンゴル不動産の現状をレポートする。

<2015年、当社で最も売れた投資案件>モンゴル・ウランバートル都市開発プロジェクト

【利回り12%】総開発面積27haに及ぶ大規模公共事業  モンゴル・ウランバートル都市開発プロジェクト、第2期始動

『モンゴル・ウランバートル都市開発プロジェクト説明会』

【東京】 211日(木・祝)13:00-15:00
224日(水)19:00-21:00
東京都港区東新橋2-14−1 コモディオ汐留ビル8F
【大阪】 221日(日)15:00-17:00
大阪市北区曽根崎2-5-10 梅田パシフィックビル5F
【福岡】 35日(土)15:00-17:00
福岡市博多区博多駅前3-25-24 八百治ビル5F

2015年、オウチーノで最も売れたプロジェクトの第2期が登場です。舞台は、急速な経済成長を続けるモンゴルの首都・ウランバートル。現地政府が推進する「団地造成」の公共事業に、日本の個人投資家の資金を導入する計画を紹介します。購入は200万円台から可能、利回りは確定12%、償還期間は最短1年から。公共事業のためリスクが低いのも特徴です。高い投資収益を得られるだけでなく、ウランバートル市民の生活を劇的に改善できる。凄いプロジェクトが登場しました。

東京・大阪・福岡にて大規模説明会を実施いたします

プロジェクト説明会に参加する(無料)プロジェクト説明会に参加する(無料)

GDP成長率10%超 高度成長期を迎えているモンゴル

主に遊牧民が使用する伝統的な移動式住居のことをゲルと呼ぶ

モンゴルでは、冬は気温がマイナス40度になることも

住宅は2012年から毎年20,000戸のペースで建設されている

首都・ウランバートル中心部には高級住宅が数多く建ち並ぶ

モンゴルの現状・経済成長を
詳しくご説明いたします

プロジェクト説明会に参加する(無料)プロジェクト説明会に参加する(無料)

ウランバートル市民に「夢のマイホーム」を提供するプロジェクト

華々しく発展を続けるモンゴルの首都ウランバートルの市街から車で10分ほどの郊外。ここに、モンゴル政府やアジア開発銀行の支援を受けた、大規模再開発プロジェクトが誕生します。ウランバートルの都市部では高級物件が建ち並ぶ一方で、市民の半数以上には「ゲル地区」という上下水道インフラのない劣悪な環境で暮らしています。冬にはゲル地区の70万人の市民が一斉に石炭ストーブを使う為、大気汚染も深刻な問題になっています。それらを解決すべく、「水道インフラ」と「近代集合住宅」を同時に供給する公共事業が、政府の手で進められています。

プロジェクト完成予想図

現地の開発事業会社から
直接プロジェクトの詳細をご説明いたします

プロジェクト説明会に参加する(無料)プロジェクト説明会に参加する(無料)

確定利回り12%、200万円台からの投資が可能

この公共事業のうち、団地建設部分を日本の投資家の資金を導入して実施するというのが、今回紹介するプロジェクトです。
投資家は、4年間で全28棟・3,024室が建設される住居棟の1室分の資金を投資することになります。1室あたりの投資金額は200万円台から。償還期間は最短1年から可能。支払いは米ドルベースで年12%の高利回りがとれる、稀有な不動産投資案件です。
冬はマイナス40度になる中、屋外の共同トイレを使用し、給水所から水をタンクで運んでいたゲル地区の住民が、このプロジェクトにより「水道、トイレ完備の近代住宅」に移り住むことになります。暖房も完備しているため、石炭ストーブによる大気汚染も軽減されます。
「日本人に投資収益」、「モンゴル人に夢のマイホーム」をもたらす双方にメリットのあるプロジェクトとなります。

【プロジェクト概要】

デベロッパーStandard Property LLC 【会社HP】
開発予定期間2014年 ~2019年春
開発面積27ヘクタール
開発エリア住所ウランバートル市 ソンギノ区東部
開発予定施設住居棟(3,024室)、商業施設(工場、店舗、オフィス棟等)、学校、幼稚園、娯楽施設

参加予約フォームよりご予約ください。終了後に質疑応答も承ります

プロジェクト説明会に参加する(無料)プロジェクト説明会に参加する(無料)

講演者

  • 並木宏仁

    Standard Property Group

    取締役
    並木 宏仁

    慶應義塾大学卒業後、1992年に三菱UFJ信託銀行入社。20年超にわたり幅広いグローバルビジネスを経験。現在は指揮メンバーとして当プロジェクトを推進中。
    著書:海外相続ガイドブック(きんざい)

  • 坂元康宏

    Standard Property Group

    執行役員
    坂元 康宏

    埼玉大学教養学部教養学科卒業後、内装施工会社の本社経理勤務を経て、大手投資顧問会社の役員を歴任。2014年4月に独立。投資顧問会社の役員時代に培った豊富な経験を生かし、お客様一人ひとりのニーズを徹底的に追求したコンサルティングを行う株式会社myコンサルティングを立ち上げる。2015年にオウチーノで紹介した第1期モンゴル都市開発プロジェクトを購入。その後、Standard Property Groupに入社し、自身が魅せられた当プロジェクトを推進中。

ページトップへ