セミナー会員数 8,275名 (7月2日更新)

【個別・オンライン】東南アジア 人気の4ヵ国不動産セミナー ~マレーシア・タイ・フィリピン・ベトナム 各国の経済状況や不動産マーケットを中心に解説!~

【WEBセミナー】東南アジア 人気の4ヵ国不動産セミナー ~マレーシア・タイ・フィリピン・ベトナム 各国の経済状況や不動産マーケットを中心に解説!~

【個別・オンライン】東南アジア 人気の4ヵ国不動産セミナー ~マレーシア・タイ・フィリピン・ベトナム 各国の経済状況や不動産マーケットを中心に解説!~

【日時】 【満員御礼】703日(金)18:00~19:00
【満員御礼】708日(水)14:00~15:00
【満員御礼】710日(金)18:00~19:00
【会場】 WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい
【手続】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【参加】 無料
【主催】 フォーランドリアルティネットワークジャパン

今回は、成長著しい東南アジア諸国の中でも、日本人の不動産投資先として適している4ヶ国(マレーシア・タイ・フィリピン・ベトナム)をメインにご説明します。
4ヶ国の経済状況や不動産マーケットを中心にわかりやすく解説をするセミナーです。
またオンラインセミナーですので、ご自宅のパソコンなどから参加可能です。
東南アジア不動産に興味をお持ちの方はお気軽にセミナーにご参加ください。

※オンライン会議システム「ZOOM」を利用して配信いたします。
「ZOOM」のご利用が初めての方は、事前に動作確認されることを推奨いたします。
※スマートフォンなどPC以外のディバイスでご利用する場合には、事前に専用アプリ「ZOOM Cloud Meetings」のインストールが必要になります。

東南アジア人気の4ヵ国の不動産をわかりやすく解説します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

フィリピン(世界の信用機関の格付けがどんどん上がるフィリピン)

美しいマニラ都心部美しいマニラ都心部

フィリピンの料理フィリピンの料理

フィリピンのゴルフ場フィリピンのゴルフ場

観光地パダンガス観光地パダンガス

2020年6月に日本格付研究所(JCR)はフィリピンの信用格付をBBB+からA-へと1段階引き上げました。
その理由として、世界各国が経済成長の減速により財務状況を毀損し、信用格付を引き下げたパンデミックのさなかにおけるフィリピンの耐性を挙げております。
JCRはフィリピンの格付の見通しを「安定的」としましたが、これは「A-」が当面維持されるとの予想を示すものです。
日本の格付機関だけでなく、大手のフィッチは、2020年2月にフィリピンの格付をトリプルB(BBB)に据え置くと発表しました。
格付自体に変更はなかったものの、これまでの「安定的」から「強気」に引き上げております。
「強気」は「近い将来に格付自体の引上げの可能性がある」という意味です。
フィッチは、有力格付け機関の中ではフィリピンに対する評価が比較的厳しいものでありましたが、最近はその評価が強気になりつつあると言えます。

フィリピンの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ベトナム(日本企業がどんどん進出する親日国のベトナム)

ハノイの町並み ハノイの町並み

ホーチミン廟 ホーチミン廟

ホアンキエム湖 ホアンキエム湖

タンロン水上人形劇場 タンロン水上人形劇場

大手会計事務所のプライスウォーターハウスクーパース(PwC)が発表したレポート「2050年の世界」の中で、ベトナムに対し「2050年にかけて世界で最も高成長を遂げる経済大国」と評価するなど、日々進化を続けるベトナムには、明るい未来が訪れると期待されています。
ベトナム国内では第2外国語として日本語を選ぶ学生が多く、東南アジアの中でも親日国であり、近年では日本企業のベトナム進出が活発です。

ベトナムの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア(14年連続ロングステイしたい国No.1のマレーシア)

アジアでも有名なペドロナスツインタワーアジアでも有名なペドロナスツインタワー

1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア

マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟

美しいKLCC公園美しいKLCC公園

マレーシアは東南アジアの中でもシンガポールに次いで交通や生活インフラの整備が進んだ国です。
先進国と比べても遜色のないインフラ環境が整備され、鉄道、バスなど公共交通も便利で、費用も安く提供されています。
1990年以降、1年あたりの平均成長率は実に5%超と安定した経済成長を記録しており、失業率も3%前後とほぼ完全雇用の状態を維持しています。
永住権取得も比較的容易なことからマレーシアは14年連続ロングステイしたい国No.1となっております。

マレーシアの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

タイ(観光立国としてもアジアの工場としても大成功の親日国タイ)

ワット・アルンワット・アルン

メークローン市場メークローン市場

プーケット島プーケット島

タイの屋台タイの屋台

「微笑みの国」と称される穏やかな国民性を持ち、世界有数の親日国としても知られていることから、ロングステイ財団による「日本人の海外ロングステイ希望先」として、8年連続(2011~2018年)で第2位にランクインしています。
日本の企業進出の代表格は自動車メーカーで、2010年のタイ全体の自動車生産台数は過去最高の164万台で10年前の約4倍でした。
大半がトヨタ自動車や日産自動車、ホンダなど日本の会社の現地工場によるものです。
そのため自動車部品メーカーや電子部品もメーカーも進出しています。
もちろん日本人駐在員が非常に多いため、日本人が賃貸として利用してくれる可能性が高まります。

タイの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 代表取締役 中尾 孝久

    フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社

    代表取締役
    中尾 孝久

    1975年和歌山県生まれ。大手投資会社を始め10年以上金融業界で為替、株式のリテール部門で活躍。その後、外資系証券会社のセールスヘッドを経て、2012年フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社取締役に就任。2014年同社代表取締役就任。累計100本以上のマレーシア、フィリピン不動産セミナーの講師を担当。現地の最新情報を織り交ぜつつ、金融業界出身らしい独特の観点から海外不動産の魅力を分かりやすく解説するセミナー内容は、毎回好評を博している。

【満員御礼】WEBセミナー・約7.4%利回保証×19年+170%買取保証付き マレーシア不動産セミナー ~世界遺産都市マラッカの新築ホテル物件~

【WEBセミナー】約7.4%利回保証×19年+170%買取保証付き マレーシア不動産セミナー ~世界遺産都市マラッカの新築ホテル物件~

【WEBセミナー】約7.4%利回保証×19年+170%買取保証付き マレーシア不動産セミナー ~世界遺産都市マラッカの新築ホテル物件~

【日時】 【満員御礼】627日(土)14:00~15:00
【会場】 WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい
【手続】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【参加】 無料
【主催】 K-innovate株式会社(ケイ・イノベート)

本セミナーでは13年連続で移住したい国NO.1(ロングステイ財団調べ)にも選ばれているマレーシア、中でも発展著しい世界遺産都市マラッカのホテルに対しての投資案件をご紹介します。
マレーシアはシンガポールからの投資や中国の一帯一路、オイルマネーなどの外国資本が潤沢に流入し、毎年4〜6%の経済成長をつづけています。
そして近い将来の先進国入りを目指すなどめざましく発展しています。
今回はマレーシアの不動産の中でも約7.4%の長期利回保証とデベロッパーによる有利な買取保証が魅力のホテル投資をご紹介します。
ご自宅から参加可能なWEBセミナーですのでお気軽にご参加ください。

セミナーで詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシアの経済成長と投資の魅力

アジアでも有名なペドロナスツインタワーアジアでも有名なペドロナスツインタワー

1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア

マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟

美しいKLCC公園美しいKLCC公園

マレーシアの成長率は近年4~6%を維持しており、安定した成長し続けています。
現在の人口はおよそ3,200万人で、2090年までは人口増加が続くと言われています。
平均年齢は28歳程度と日本に比べて圧倒的に若く、同国の経済成長を支えています。
また、多民族国家であるため多くの民族の文化が交わり、活気に満ち溢れています。
マレーシアは地理的にも交通の要衝であり、またシンガポールや中国など諸外国とも関係が深く、外国資本を積極的に受け入れてきました。
その結果、首都クアラルンプールは先進国の都市と比べても全く遜色のない発展を遂げ、大都会となっています。
とりわけ交通インフラに関してはシンガポールを除けば他の東南アジアの国々の追随を許さないほど整備されており、大都会でありながら大変美しい町並みが維持されています。
外国人の不動産投資に対する制度も整っており、例えば東南アジアでは珍しく外国人でも土地の購入もできるなど、安心して取引ができます。
また、マレーシア政府が先進国入りを目指して策定した「ビジョン2020」ではクアラルンプールとその周辺都市を包摂したクアラルンプール首都圏構想が打ち出されており、さらなる巨大な経済圏が生まれようとしています。


マレーシア地図マレーシア地図 日本からは飛行機で約7時間30分

マレーシアで暮らす日本人の推移マレーシアで暮らす日本人の推移

約7.4%利回保証 × 19年 + 170%買取保証付きThe Sail MALAKA


The Sail MALAKA​外観The Sail MALAKA外観​

The Sail MALAKA外観The Sail MALAKA外観

上空から見たThe Sail MALAKA​上空から見たThe Sail MALAKA​

The Sail MALAKAロビーThe Sail MALAKAロビー

The Sail MALAKA​共有スペースThe Sail MALAKA共有スペース​

The Sail MALAKA共有スペースThe Sail MALAKA共有スペース

The Sail MALAKA​外観The Sail MALAKA外観​

The Sail MALAKAリビングThe Sail MALAKAリビング

The Sail MALAKA 浴室The Sail MALAKA 浴室

The Sail MALAKA リビングとベッドルームThe Sail MALAKA リビングとベッドルーム

The Sail MALAKAはマレーシアのマラッカ海峡を埋め立てて建設される大規模な商業施設です。
ホテルや高級レジデンス、大学、ショッピングモール、商店街、劇場など多くの施設が建設されマラッカの観光の中心となる予定のプロジェクトです。
The Sail MALAKAの中のホテルに対しての投資になります。

この物件の最大のメリットは5〜8%の利回りが最長で19年まで保証されていることと、デベロッパーによる有利な買取保証がついている点です。

そのため、売却に手間取るなど出口で失敗することもありません。
売却のタイミングは9年目、14年目、19年目の中から好きなタイミングを選択することができます。
19年目に売却する場合は購入価額の170%での買取が保証されています。

また、購入特典として年間14日間のマレーシア無料宿泊の権利が付与されます。
2019年12月14日より着工されており、完成は2025年の予定です。
しかし、保証されている利回りは完成後からではなく契約時点から支払いが始まりますので、完成時期に関わらずいつからでも安心して投資することが可能です。
起工式にはマラッカの元首も参加し、マラッカの将来の経済に貢献することが期待されるプロジェクトとして大きく報道された物件です。

【プロジェクト概要】

[物件名]The Sail MALAKA
[建物タイプ]ホテル
[設備]⾼級家電、家具、インテリア付き
[完成年]2024年建物部分完成予定、周辺施設は2025年完成予定
[付随特典等]14⽇間/年のマレーシア無料宿泊権付き・管理費、改修費無料
[価格]RM782,056~(約1,955万円~ ※1RM = 25円で計算)〜
[投資利回り] 1~4年保証利回り5%、5~19年保証利回り8%
[デベロッパーによる買取保証]9年⽬に売却する場合は物件価格の100%、14年⽬に売却する場合は物件価格の150%、19年⽬に売却する場合は物件価格の170%

今後の発展が期待される世界遺産都市マラッカ

マラッカ・オランダ広場マラッカ・オランダ広場

マラッカ・アファモーサマラッカ・アファモーサ

マラッカ・チャイナタウンマラッカ・チャイナタウン

マラッカ・キリスト協会マラッカ・キリスト協会

治安も良く、穏やかな雰囲気が漂って、街全体が世界遺産に登録されている古き良き都「マラッカ」。
マラッカはかつて「海のシルクロード」とも言われ、交易などで繁栄したイスラム王朝「マラッカ王国」があったことでも有名です。
400年以上もの間、ヨーロッパ諸国(ポルトガル・オランダ・イギリス)に支配されたことで、地元マレーシアとヨーロッパの文化が融合した独特の文化がマラッカにあります。
アジアでありながらどこか異国情緒が漂うマラッカには首都クアラルンプールとは異なる魅力がいっぱいです。
街自体が世界遺産に登録されていることもあり、マラッカには年間約1,700万人の観光客が訪れるなど、ホテルの需要は非常に旺盛です。
海外からの観光客はもちろん、首都クアラルンプールから車で2時間程度の距離のため国内客の観光需要も非常に高いです。
また、シンガポールとクアラルンプールの中継地点にある都市ということもあり、両国をつなぐ高速鉄道計画にも含まれる他、マラッカゲートウェイ計画と呼ばれる巨大港湾事業など大規模な開発プロジェクトが数多く進行中です。

当日物件について詳細にご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 柏野 将史

    K-innovate株式会社
    代表取締役
    柏野 将史

    1977年、石川県生まれ。金沢を拠点とするコンサルティンググループ・柏野経営グループの役員として10年以上コンサルティングや会計の業務に携わる。顧客の資産形成のために、グループとして海外不動産を取り扱うK-innovate株式会社が設立された際に代表取締役に就任。自ら海外不動産セミナー講演や現地の視察も行っている。何度も現地を訪問した中で感じた現地の魅力が伝わる説明や、コンサルティングの知識を活かした、海外不動産購入に関する各種シミュレーションにも定評がある。また、現地専門家とも連携し、不動産購入にとどまらない海外事業進出のサポートも行っている。

「ザ・リッツ・カールトン」の名を冠した超高級レジデンス マレーシア不動産セミナー ~世界的に有名なブランドがマレーシアに登場!~

「ザ・リッツ・カールトン」の名を冠した超高級レジデンス マレーシア不動産セミナー ~世界的に有名なブランドがマレーシアに登場!~

「ザ・リッツ・カールトン」の名を冠した超高級レジデンス マレーシア不動産セミナー ~世界的に有名なブランドがマレーシアに登場!~

【日時】 1214日(土)11:00~13:00
【会場】 ANAインターコンチネンタルホテル東京 1階 ありあけルーム
【会場住所】 東京都港区赤坂1-12-33
【参加】 無料

今セミナーではマレーシア首都クアラルンプールのザ・リッツ・カールトンレジデンスのご紹介とザ・リッツ・カールトン以外の東南アジア高級物件を一挙公開します。
ザ・リッツ・カールトンレジデンスは総階数48階で、総戸数は288戸です。クアラルンプール市内中心部(KLCC)に位置し、有名なペトロナスツインタワーまでは約5分の好立地に位置付けております。

ザ・リッツカールトン レジデンスをご紹介します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア初の「ザ・リッツ・カールトン」の名を冠した超高級レジデンス


ザ・リッツカールトン レジデンス・プール​ザ・リッツカールトン レジデンス・プール​

ザ・リッツカールトン レジデンス・ジムザ・リッツカールトン レジデンス・ジム

ザ・リッツカールトン レジデンス・アメニティ​ザ・リッツカールトン レジデンス・アメニティ

ザ・リッツカールトン レジデンス・ベッドルームザ・リッツカールトン レジデンス・ベッドルーム

​ザ・リッツカールトン レジデンス・リビングザ・リッツカールトン レジデンス・リビング

ザ・リッツカールトン レジデンス・書斎ザ・リッツカールトン レジデンス・書斎

ザ・リッツカールトン レジデンスはベルジャヤセントラルパーク(Berjaya Central Park)にある高層ビルの1つとしてそびえ立ち、1,023~2,605sqfのユニットと、45~48階部分に位置する2,605~4,284sqfのペンションがあります。
世界的に有名なザ・リッツ・カールトンブランドと同じ開発基準であり、豪華なデザインが施されたこの物件は他都市よりも高い生活水準が期待できます。卓越したサービスと住人のニーズに合わせた思いやりのある物件は類を見ないと自信をもっておすすめできます。
本物件の9階部分にはインフィニティプール、テニスコート、スパ、ジム、レジデンスクラブラウンジ、子供用スタジオ、プライベートイベント用のオープンテラスガーデンなど様々な施設が完備されています。他にも、24時間のコンシェルジュサービス、ハウスキーピングサービス、空き在宅におけるケアマネジメント、イベントサービスなどの個別サービスもあり、アメニティやサービスが充実していることが魅力の1つです。

【プロジェクト概要】

[物件名]ザ・リッツカールトンレジデンス(The Ritz-Carlton residences)
[建物タイプ]マンション
[建物の階数]地上48階建て
[完成年]2017年
[総戸数]288戸
[価格]約7,500万円 ~
[売主] ワンサティガップ
[管理] ザ・リッツカールトン(The Ritz-Carlton)
[専有面積] 95.04 ~ 398.0㎡
詳細は当日ご説明いたします。

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

開発エリア「クアラルンプール市内中心部(KLCC)」について

ザ・リッツカールトン室内ザ・リッツカールトン室内

ザ・リッツカールトン周辺ザ・リッツカールトン周辺

ザ・リッツカールトン・エントランスザ・リッツカールトン・エントランス

ザ・リッツカールトン・カウンターザ・リッツカールトン・カウンター

本物件はKLCCに位置し、利便性が高いのが特徴です。徒歩圏内には、高級ショッピング街、インターナショナルスクール、医療機関、レストラン、ビジネス街、世界的に有名な観光スポットなどがあり、簡単にアクセス可能です。また、市内唯一の熱帯雨林保護区であるブキッ・ナナス森林保護区(Bukit Nanas Forest Reserve)に隣接していることも特長です。本物件からザ・KLブキッ・ナナスモノレール駅(The KL Bukit Nanas Monorail Station)までは徒歩約1分であり、他にもLRTのダンワンギ駅(Dang Wangi LRT Station)が徒歩6分圏内に位置しています。そのため周囲のショッピングモールやレストランに簡単に行くことができ、とても利便性の高い場所です。

本物件はペトロナスツインタワーから約5分の場所に位置し、市内中心部にある様々な場所にアクセス可能です。スリアKLCC(Suria KLCC)、アベニューK(Avenue K)、パビリオン(Pavilion)などのショッピングモールが徒歩圏内に位置し、他にもインターナショナルスクール、医療機関、商業施設が約2㎞圏内にあります。モノレール駅にも近隣しているため、空港をはじめ、あらゆる場所に簡単にアクセス可能であることも魅力です。


セミナー会場地図(ANAインターコンチネンタルホテル東京)

ANAインターコンチネンタルホテル東京・会場地図ANAインターコンチネンタルホテル東京・会場地図


講演者

  • 玉邑 憲一

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    マレーシア現地法人代表
    玉邑 憲一

    東急リバブル(東証一部8879)で9年間幅広い分野の不動産売買仲介業に従事。その後独立し、関西エリアにて不動産会社を設立。富裕層の方を対象とした不動産売買をはじめ、数々の開発プロジェクトや大型収益不動産案件等に携わる。急成長するアジア不動産マーケットに惹かれ、現在は妻子と共に拠点をクアラルンプールに移し、当社マレーシア現地法人代表として日々お客様とアジア諸国の不動産を視察している。

ページトップへ