セミナー会員数 5,425名 (2月20日更新)

不動産投資のプロ 藤澤慎二氏緊急来日 タイ・バンコク不動産投資セミナー ~来場者全員に本プレゼント~

日本人10万人が暮らす国 タイ・バンコ不動産セミナー

不動産投資のプロ 藤澤慎二氏 緊急来日 タイ・バンコク不動産投資セミナー ~来場者全員に本プレゼント~

【日時】 316日(金)19:00-21:00
317日(土)14:00-16:00
【会場】 新宿セブンビル6階貸し会議室
【会場住所】 東京都新宿区新宿2-8-1
【参加】 無料
【特典】 藤澤慎二著「バンコク不動産投資 タイのコンドミニアム購入で失敗しないための基礎知識」本を来場者全員にプレゼント

日系不動産デベロッパーや外資系投資銀行で不動産開発投資事業に長年かかわった後、2011年8月にタイ・バンコクに移り住んだ藤澤慎二氏。著書に「バンコク不動産投資 タイのコンドミニアム購入で失敗しないための基礎知識」があります。タイ・バンコクに移住した藤澤慎二氏が今回緊急来日し、タイ・バンコクのコンドミニアム市場で今起こっていること、これから起こること、投資のリスクや実践方法について、日本人投資家必須の基礎知識を解説して頂きます。しかも来場者全員に藤澤慎二著「バンコク不動産投資 タイのコンドミニアム購入で失敗しないための基礎知識」をプレゼント‼タイ・バンコクの不動産保有者の方、タイ・バンコクの不動産購入を検討している方必見のセミナーです。是非ご参加くださいませ。

当日はタイ・バンコクの不動産市況についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

投資する不動産が海外にあることが最大のリスク

Ashton-AsokeAshton-Asoke

Noble-BE33Noble-BE33

Noble-RecoleNoble-Recole

Park245Park24

皆さんはなぜタイ・バンコクのコンドミニアムに興味を持っているのでしょうか?
次のようなことが主な理由ではないかと思います。

①タイが好き。そして海外に不動産を持つことに憧れる。
②ロングステイ、リタイヤ後のセカンドライフ用の自己使用目的。
③海外不動産という外貨資産を持つことで、円資産だけに偏らないよう資産防衛する。
④AEC(アセアン経済共同体)のスタートで、今後タイ経済はさらに発展し、バンコクの不動産も値上がりする。
⑤日本の不動産に比べて価格が手頃で利回りも高い。
⑥タイは、固定資産税も家賃収入に対する税金も実質なくて税金が安い。

いい面だけを見てタイ・バンコクで不動産を購入する、もしくは投資をしようとする人にとって、後になってこんなはずではなかったと後悔しないためには、タイ・バンコク特有の不動産の知識を事前に持っておく必要があります。
今セミナーではタイ・バンコクのコンドミニアム購入前の事前知識について詳細にご説明いたします。

タイ・バンコク不動産の事前知識をお伝えいたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

バンコク賃貸マーケットの特性

Siamese31Siamese31

Tela-ThonglorTela-Thonglor

The-Bangkok-ThonglorThe-Bangkok-Thonglor

The-Esse-Thong-LoThe-Esse-Thong-Lo

CBRE(シービー・リチャード・エリス)タイランドは次のようにレポートしています。
「バンコクの賃貸マーケットは、実は2種類しかない。つまりエクスパッド(企業駐在員やリタイヤした裕福な外国人)向けのアッパーマーケットと、自分の家を買うことができない低所得層タイ人向けのロワーエンドマーケットである。何故なら、ほとんどのタイ人は持ち家志向であり、資金さえつけば借りるより買ってしまうため、バンコクには中間のミッドレンジマーケットは存在しない」
このことは、投資の「運用」と「出口」の戦略を考える上で忘れてはならないタイ・バンコク賃貸マーケットの特性です。したがって、中途半端な家賃設定しかできない物件を買ってしまうと、全然入居者がつかず、最後は外国人旅行者にホテルまがいの違法貸しするぐらいしか逃げ道がなくなります。
今セミナーでは「運用」と「出口」の戦略を意識した不動産選定方法についてご説明いたします。

「運用」と「出口」の戦略を意識した不動産選定方法についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

タイではどんなタイプのコンドミニアムに人気があるのか

タイ・バンコクであちこちのコンドミニアム販売展示場を見に行って、そこの販売員と話したり、最初に売れて行く部屋の間取りや方角等について注意深く見ていると、タイ人の間ではどんな部屋が人気があり、最初に売切れていくのかが段々とわかってきます。 今セミナーでは、そういったタイに住んでみないとわからないことについて詳細にご説明いたします。

はじめに投資クライテリアありき

不動産投資の場合、コンドミニアムにするのか、アパートにするのか、予算はいくらで、投資利回りは何%以上で、築年数は何年まで、どのエリアで、駅から何メートル以内、といった自分にとって重要だと思うポイントをその理由とともに書き出し、それを投資の判断基準として重要度順に設定すると、投資スタンスが一貫してブレなくなります。その結果、最初の目的と全くかけ離れた投資物件を買ってしまったという初歩的なミスを防げるのですが、この投資の判断基準のことを“投資クライテリア”と言います。今回のセミナーでは、バンコクの不動産に対する有効な投資クライテリアを解説します。

タイ・バンコク・コンドミニアム価格推移タイ・バンコク・コンドミニアム価格推移

タイに住んでみないとわからないことについてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 講演者画像

    コンサルタント
    藤澤 慎二

    香川県高松市出身。日系不動産デベロッパーや外資系投資銀行で国内外の不動産開発投資事業に長年かかわった後、2011年8月、バンコクに移り住む。現在は、バンコクのコンドミニアム投資に関するコンサルティング、経済誌へのコラム連載、不動産投資セミナー講師等をしながら、自身のブログ「バンコク コンドミニアム物語」でもバンコクの最新不動産マーケット情報を発信中

【日本・初公開】想定利回り10% マレーシアのビーチリゾート ランカウイ不動産セミナー

【日本・初公開】想定利回り10% マレーシアのビーチリゾート ランカウイ不動産セミナー

『【日本・初公開】想定利回り10% マレーシアのビーチリゾート ランカウイ不動産セミナー』

【日時】 224日(土)14:00-16:00
225日(日)14:00-16:00
【会場】 SOBLD 2階 ・B会議室
【会場】 東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD 2階 ・B会議室
【参加】 無料
【特典】 セミナー参加者特典あり

フォーシーズンズホテル、リッツカールトンホテルなど世界的に有名なホテルが建ち並び、しかもここ5年で観光客が30%も増加した人気リゾート地のマレーシア・ランカウイ。
日本ではタイ・プーケットの方が有名ですが、欧米ではランカウイは有名なビーチリゾートで、ブラッドピットとアンジェリーナジョリーがお忍びで来たこともある島です。
そのため1泊最低でも5万円もする高級ホテルでも稼働率95%の状態が普通に続いています。
そんな観光客が急増しているマレーシア・ランカウイに政府支援を受けて建設する家具付きの新築物件プロジェクトがございます。
今回はこの新築物件で仮に1泊8,000円として民泊で運用すると稼働率が50%でも表面利回りで10.6%を導き出せるというご説明をさせていただきます。
民泊にご興味がある方、マレーシア不動産にご興味がある方必見のセミナーです。

【セミナー参加者特典】

10%の早期購入者割引有り
本セミナー参加者特典としてさらに2%の割引
契約書作成時の弁護士費用無料
印紙税無料
ローン関連費用無料(申込手数料、立替払い手数料、印紙税)
外国人購入時の州政府合意取得費用無料
外国人購入時の最低価格規制適用外
視察渡航費用(3,000リンギット相当)もしくはMM2H申請費用デベロッパー負担
セミナーで詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア・ランカウイ島について

マリンスポーツができる、パヤ島海洋公園マリンスポーツができる、パヤ島海洋公園

高低差約700mのランカウイのケーブルカー高低差約700mのランカウイのケーブルカー

ランカウイ島スカイブリッジランカウイ島スカイブリッジ

オリエンタル・ビレッジオリエンタル・ビレッジ

マレー半島西海岸のアンダマン海に浮かぶランカウイ島は、太古の森とエメラルドの海に囲まれたリゾートアイランドです。 99もの島からなるランカウイ島は数々の伝説が島内に残っており、伝説の島としても知られています。2006年にはその貴重な地質が評価され、ユネスコの世界ジオパークにも登録されており、自然と海との調和が最大の魅力の島です。また島全体が免税としても知られています。すでに海外では注目されており、アジアのベストアイランド2015で第10位に輝いていますので、これから人気の観光地になっていくと考えられます。

マレーシア地図マレーシア地図 日本からは飛行機で約7時間30分

マレーシアで暮らす日本人の推移マレーシアで暮らす日本人の推移

ビーチまで徒歩で行ける距離に建てられる高層マンション トロピカーナ チェナン タワー

トロピカーナ チェナンはサービスレジデンスが2棟、ショップ、ワンダ レルム リゾート ランカウイと呼ばれ、ホテルとして運営予定のプロジェクトです。サービスレジデンスは総階数40階、総戸数825戸で、ショップは16戸、ホテルは350戸からなります。当プロジェクトは、マレーシア不動産開発業者の中でもTOP10に入る「トロピカーナ」と中国の上場企業「シノグレートウォール」が共同で開発を手掛け、実力に定評のある管理会社「ワンダホテル & リゾート」がマネジメントを担うプロジェクトです。また、各ユニットからは海が見えるように開発されています。



トロピカーナ チェナン タワートロピカーナ チェナン タワー外観

トロピカーナ チェナン タワーエントランストロピカーナ チェナン タワーエントランス

室内から見た景色室内から見た景色

トロピカーナ チェナン タワートロピカーナ チェナン タワー

【プロジェクト概要】
建物タイプマンション
建物の階数地上40階建て
完成年2022年
総⼾数825⼾
物件価格(現地オリジナル通貨)MYR 646,000 ~2,221,900
売主トロピカーナ マーケットプレイス
施工チェナンリゾート
専有面積35.3~121.4 sqm(㎡)
当日物件について詳細にご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 遠藤 忠義

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    代表取締役
    遠藤 忠義

    ゴールドクレスト(東証一部 銘柄コード:8871)にて新築物件の販売を経験し、その後創業間もないSMS(現東証一部 銘柄コード:2175)に入社。営業・事業開発・人事マネージャーを歴任後、マレーシア現地法人となるSenior Marketing System Sdn Bhdを設立、地震も個人投資家として日本とアジアで物件の購入・売却を複数回経験。特にマレーシアで大きくキャピタルゲインを得た経験からお客様にも同じ経験をしていただきたいと思い当社を設立。現在は毎月のように東南アジア各国を駆け巡り、自分で投資したいと思える不動産を探し、お客様に提供している。

ページトップへ