セミナー会員数 9,069名 (7月27日更新)

【オンライン開催】世界遺産都市マラッカの大規模複合施設 マレーシア不動産セミナー ~6つ星ホテル客室の所有権をユニークな投資パッケージで販売!~

世界遺産都市マラッカの大規模複合施設 マレーシア不動産セミナー ~6つ星ホテル客室の所有権をユニークな投資パッケージで販売!~

【オンライン開催】世界遺産都市マラッカの大規模複合施設 マレーシア不動産セミナー ~6つ星ホテル客室の所有権をユニークな投資パッケージで販売!~

【日時】 806日(金)17:00-18:00
813日(金)17:00-18:00
【会場】 WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい
【設定】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【注意】 オンライン参加時はWEBカメラをONにして頂きますようお願いいたします
【参加】 無料
【主催】 株式会社COLORS

今セミナーでは、マレーシアの古都・世界遺産都市に指定されているマラッカの新たなシンボルとなるプロジェクト「THE SAIL」プロジェクトについてご説明いたします。
マレーシアの世界遺産都市でもあるマラッカ海峡に面し、まるで帆船のような優雅な姿の「THE SAIL」プロジェクトは高さ250mを誇る9つの高層タワーが帆のように連なり、その中に5・6つ星ホテル、高級レジデンス、オフィス、高級ショッピングモールなどを有する大規模複合施設です。
株式会社COLORSでは「THE SAIL」内に開業予定となっている6つ星ホテル客室の所有権をユニークな投資パッケージをつけて販売しています。
ご自宅からでも参加可能なオンラインセミナーです。
ぜひお気軽にご参加ください。

マレーシアの世界遺産都市でもあるマラッカについてわかりやすくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マラッカでも特に期待されるTheSailプロジェクト


The Sail MALAKA​外観The Sail MALAKA外観​

The Sail MALAKA外観The Sail MALAKA外観

上空から見たThe Sail MALAKA​上空から見たThe Sail MALAKA​

The Sail MALAKAロビーThe Sail MALAKAロビー

The Sail MALAKA​共有スペースThe Sail MALAKA共有スペース​

The Sail MALAKA共有スペースThe Sail MALAKA共有スペース

The Sail MALAKA​外観The Sail MALAKA外観​

The Sail MALAKAリビングThe Sail MALAKAリビング

The Sail MALAKA 浴室The Sail MALAKA 浴室

The Sail MALAKA リビングとベッドルームThe Sail MALAKA リビングとベッドルーム

【プロジェクト概要】

[物件名]The Sail MALAKA
[立地]マラッカ Kota Laksamana(コタラクサマナ)
[建物タイプ]ホテル
[建物概要]9棟 60階建て
[設備]⾼級家電、家具、インテリア付き
[価格]RM884,736〜(約2,300万円~)
[完成年]2026年建物部分完成予定、周辺施設は2027年完成予定
[付随特典等]14⽇間/年のマレーシア無料宿泊権付き・管理費、改修費無料

講演者

  • 長谷川 静

    株式会社COLORS
    コンサルティング営業部 海外物件担当
    長谷川 静

    北海道出身。立命館大学卒業後、株式会社リクルートへ入社。人材紹介の経験を経て不動産業界へ転職。関東、関西、中部、北陸エリアにて新築一棟アパートを数多く販売。一方で中古物件のリノベーションや、IoTをはじめとする不動産業界のITテック化等、入居率UPの差別化コンサルティングを得意とし、「新しい時代の不動産投資」を提案。10年以上の国内不動産販売の経験を活かし、現在は海外不動産部門を担当。国内外問わず、お客様の要望に沿った提案を行っている。

【オンライン開催】カンボジア&マレーシア 注目の東南アジア2カ国不動産セミナー ~注目度No.1&最大19年の家賃保証+買取保証付~

カンボジア&マレーシア 注目の東南アジア2カ国不動産セミナー ~注目度No.1&最大19年の家賃保証+買取保証付~

【オンライン開催】カンボジア&マレーシア 注目の東南アジア2カ国不動産セミナー ~注目度No.1&最大19年の家賃保証+買取保証付~

【日時】 806日(金)17:00-19:00
813日(金)17:00-19:00
【会場】 WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい
【設定】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【注意】 オンライン参加時はWEBカメラをONにして頂きますようお願いいたします
【参加】 無料
【主催】 株式会社COLORS

今セミナーでは、注目の東南アジア2カ国としてカンボジアとマレーシアの不動産についてご説明いたします。
セミナー前半ではマレーシアの魅力やリゾート地マラッカで最大19年の家賃保証+買取保証付の新築プロジェクトをご紹介いたします。
セミナー後半ではカンボジアの最新の経済動向やカンボジアで不動産投資するメリット、首都プノンペンで注目度No.1の新築プロジェクトをご説明します。

セミナーの時間配分ですが
17:00~17:50 マレーシア不動産セミナー
18:00~18:50 カンボジア不動産セミナー
です。

17時~のみ、18時~のみのご参加も可能です。
ぜひお気軽にご参加ください。

カンボジアとマレーシア不動産についてわかりやすくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

カンボジアの魅力とポテンシャル

経済成長率7%のカンボジアはまさに今が高度経済成長期です。
これから人口ボーナス期が続き、労働生産人口が増加する見込みのカンボジアの平均年齢は24.3歳と若く期待が持てます。
東南アジア唯一の米ドル経済国で海外への送金規制が無く、非居住者でも口座開設可能という点も魅力です。
また1年定期預金金利4.5~5.0%と高金利のため賃料収入をさらに現地銀行を使って増やすことも可能です。
東南アジアの中心地に位置するカンボジア、開放的な外国企業誘致政策によりタイプラスワン、ベトナムプラスワンとして外資系企業の進出ラッシュが続きます。
そんな勢いのあるカンボジアの魅力に迫ります。

アーバンビレッジII


アーバンビレッジII・外観アーバンビレッジII・外観​

アーバンビレッジII・エントランスアーバンビレッジII・エントランス

夜の上空から見たアーバンビレッジII夜の上空から見たアーバンビレッジII​

アーバンビレッジII周辺アーバンビレッジII周辺

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内​

アーバンビレッジII・1階アーバンビレッジII・1階

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内​

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内​

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内

アーバンビレッジII・リビングアーバンビレッジII・リビング​

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内

【プロジェクト概要】

[物件名]アーバンビレッジII
[建物タイプ]マンション
[建物の階数]地上51階建て(E、F、G棟) 地上61階建て(H棟)
[完成年月]2023年6月予定
[総戸数]E棟391戸、F棟462戸、G棟446戸、H棟約500戸
[売主]Urban Hub (Cambodia) Co.,Ltd
[管理費・修繕積立金]1平米0.8USドル/月
[専有面積]29㎡~

アーバンビレッジは、東南アジアでも有名なプロパティアワードで6つの賞を受賞し、今アジアで最も注目されているコンドミニアムです。
今後開発が期待されるフンセン道路に隣接したプノンペン・ミンチェイの新ランドマークです。
Studioタイプから3ベッドルームまであり、900万円台から購入可能。
リーズナブルな価格とスタイリッシュなデザインでローカルはもちろん海外からも幅広く人気を集めています。

マラッカでも特に期待されるTheSailプロジェクト


The Sail MALAKA​外観The Sail MALAKA外観​

The Sail MALAKA外観The Sail MALAKA外観

上空から見たThe Sail MALAKA​上空から見たThe Sail MALAKA​

The Sail MALAKAロビーThe Sail MALAKAロビー

The Sail MALAKA​共有スペースThe Sail MALAKA共有スペース​

The Sail MALAKA共有スペースThe Sail MALAKA共有スペース

The Sail MALAKA​外観The Sail MALAKA外観​

The Sail MALAKAリビングThe Sail MALAKAリビング

The Sail MALAKA 浴室The Sail MALAKA 浴室

The Sail MALAKA リビングとベッドルームThe Sail MALAKA リビングとベッドルーム

【プロジェクト概要】

[物件名]The Sail MALAKA
[立地]マラッカ Kota Laksamana(コタラクサマナ)
[建物タイプ]ホテル
[建物概要]9棟 60階建て
[設備]⾼級家電、家具、インテリア付き
[価格]RM884,736〜(約2,300万円~)
[完成年]2026年建物部分完成予定、周辺施設は2027年完成予定
[付随特典等]14⽇間/年のマレーシア無料宿泊権付き・管理費、改修費無料

講演者

  • 中村 英里那

    株式会社COLORS
    コンサルティング営業部 海外物件担当
    中村 英里那

    国際基督教大学(ICU)卒業。専門商社を経て、父親が経営する不動産屋の持ち物件で民泊運営を開始。Airbnbで4年連続スーパーホストとして認定され、世界各国からのゲストを迎える。その傍らフリーランスとして英語・韓国語の翻訳、Webメディアの編集、Youtubeの評価、動画編集なども経験。持ち前のフレンドリーさでお客様ともデベロッパーとも密にコミュニケーションを取りながらご案内中。

【リアルセミナー】首都クアラルンプール中心部と世界遺産都市マラッカ マレーシア不動産セミナー ~長期の利回り保証オプションも魅力で1000万円台から購入可能な高級レジデンス 完売間近!~

首都クアラルンプール中心部と世界遺産都市マラッカ マレーシア不動産セミナー  ~長期の利回り保証オプションも魅力で1000万円台から購入可能な高級レジデンス 完売間近!~

首都クアラルンプール中心部と世界遺産都市マラッカ マレーシア不動産セミナー ~長期の利回り保証オプションも魅力で1000万円台から購入可能な高級レジデンス 完売間近!~

【日時】 924日(木)15:00~16:30
【会場】 株式会社柏野経営セミナールーム
【住所】 石川県金沢市新神田1-9-18
【参加】 無料
【主催】 K-innovate株式会社(ケイ・イノベート)

本セミナーでは13年連続で移住したい国NO.1(ロングステイ財団調べ)にも選ばれているマレーシアの首都クアラルンプールと古都マラッカの高級レジデンスをご紹介いたします。
長期間の家賃保証オプションもある、大変好条件の物件です。
マレーシアはシンガポールからの投資や中国の一帯一路、オイルマネーなどの外国資本が潤沢に流入し、毎年4〜6%の経済成長をつづけており、近い将来の先進国入りを目指すなどめざましく発展しています。
首都であるクアラルンプールは豊かな緑の中に、鉄道、高速道路、モノレールなどのインフラがしっかりと整備された近代都市として発展しています。
また、マラッカはマレーシア随一の歴史あるエリアで、世界遺産登録以降、国内外の資本による開発が急速に進み、発展が著しいエリアです。
このように、マレーシアでもとりわけ注目のクアラルンプールとマラッカというエリア、中でも厳選された物件をご紹介いたしますので、ぜひご参加ください。

セミナーで詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシアの経済成長と投資の魅力

アジアでも有名なペドロナスツインタワーアジアでも有名なペドロナスツインタワー

1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア

マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟

美しいKLCC公園美しいKLCC公園

マレーシアの成長率は近年4~6%を維持しており、安定した成長し続けています。
現在の人口はおよそ3,200万人で、2090年までは人口増加が続くと言われています。
平均年齢は28歳程度と日本に比べて圧倒的に若く、同国の経済成長を支えています。
また、多民族国家であるため多くの民族の文化が交わり、活気に満ち溢れています。
マレーシアは地理的にも交通の要衝であり、またシンガポールや中国など諸外国とも関係が深く、外国資本を積極的に受け入れてきました。
その結果、首都クアラルンプールは先進国の都市と比べても全く遜色のない発展を遂げ、大都会となっています。

とりわけ交通インフラに関してはシンガポールを除けば他の東南アジアの国々の追随を許さないほど整備されており、大都会でありながら大変美しい町並みが維持されています。
外国人の不動産投資に対する制度も整っており、例えば東南アジアでは珍しく外国人でも土地の購入もできるなど、安心して取引ができます。
また、マレーシア政府が先進国入りを目指して策定した「ビジョン2020」ではクアラルンプールとその周辺都市を包摂したクアラルンプール首都圏構想が打ち出されており、さらなる巨大な経済圏が生まれようとしています。


マレーシア地図マレーシア地図 日本からは飛行機で約7時間30分

マレーシアで暮らす日本人の推移マレーシアで暮らす日本人の推移

クアラルンプールの中心、最高立地の高級レジデンスNOVO Ampang


NOVO Ampang外観NOVO Ampang外観​

NOVO Ampangプール首都クアラルンプールを一望できるプール

ペドロナスツインタワーからも近いNOVO Ampang​ペドロナスツインタワーからも近い

NOVO AmpangジムNOVO Ampangジム

NOVO AmpangベッドルームNOVO Ampangベッドルーム​

NOVO Ampang共有スペースNOVO Ampang共有スペース

NOVO Ampang​リビング&ベッドルームNOVO Ampang​リビング&ベッドルーム​

NOVO Ampang​リビングNOVO Ampang​リビング

NOVO Ampang​キッチンNOVO Ampang​キッチン​

NOVO Ampang​バスルームNOVO Ampang​バスルーム

クアラルンプールにおいて最も栄え、人々が住んでみたいと熱望する地区がJalan Ampang(ジャランアンパン)です。
その市街地の壮大な景観が一望できる38階建ての高級邸宅が NOVO Ampangになります。
クアラルンプールの中心地からほど近くに位置するNOVO Ampangでは、洗練された生活や数多くの魅力的なショッピングを楽しむことができます。

【プロジェクト概要】

[物件名]NOVO JALAN AMPANG
[建物タイプ]高級レジデンス
[設備]⾼級家電、家具、インテリア付き
[価格]約2,900万円~
[完成年]2021年完成予定
[付随特典等]14⽇間/年のマレーシア無料宿泊権付き・管理費、改修費無料、その他
[投資利回り]セミナーで詳しくご説明します

注目!マラッカ投資の可能性

マラッカ・オランダ広場マラッカ・オランダ広場

マラッカ川マラッカ川

マラッカ・チャイナタウンマラッカ・チャイナタウン

マラッカ・キリスト協会マラッカ・キリスト協会

1.世界遺産都市、圧倒的な需要
世界に類を見ないプラナカン文化や、かつて支配した国々の遺跡などがあちこちに点在する独特な町並みなどが評価されマラッカは2008年に世界遺産登録を受けました。
そのため、観光客数は毎年大幅に増加、ホテルの需要も高まる一方です。

2.KL、シンガポールなどからのアクセスの良さ
マラッカはクアラルンプールとシンガポールの中間に位置します。
いくら世界遺産があろうともアクセスが悪ければなかなか観光客は増加しません。
しかしマラッカは現在でもどちらからも車で数時間程度とアクセスが良く観光に訪れやすい地域です。

3.世界遺産だけに頼らない!大規模開発による発展
マラッカの中心部は世界遺産のため開発することができません。
そのため沿岸部を大規模に埋め立て、開発を進めています。
長く続いた埋め立て工事は完了し、現在はホテルをはじめとして、巨大港湾、複合商業施設、高級レジデンスなどの開発がどんどんスタートしています。

4.観光だけじゃない、産業も盛ん
マラッカの観光業が大いに活況なのは述べたとおりですが、実はマレーシアは製造業も盛んです。
これはマレーシアがかつての日本の高度経済成長を模範とした「ルックイースト政策」をとっていたためと言われています。
その中でもマラッカは特に製造業が盛ん。
観光客がひしめく中心部から離れ郊外に行くと多くの世界的な企業の工場が点在しています。
マラッカゲートウェイは観光だけでなく、このような商業的な需要も大いに満たすでしょう。

5.大きく飛躍するマラッカ
今後、シンガポールからマラッカを通りクアラルンプールに到達する高速鉄道や高速道路の建設計画があり、完成すれば観光やビジネスの交流がますます盛んになります。
さらにマラッカゲートウェイ、TheSailそして、TheSailにつづいてマラッカ海峡沿岸部で計画されているプロジェクトがいくつもスタートしていきます。
これらのプロジェクトはマラッカの産業、観光、人口、都市の価値を大きく飛躍させることでしょう。

1,000万円~!発展著しい世界遺産都市マラッカの高級レジデンス・レガリア(Regalia Beachfront)


Regalia Beachfront周辺Regalia Beachfront周辺​

Regalia Beachfront周辺プールRegalia Beachfront周辺プール

Regalia Beachfrontエントランス​Regalia Beachfrontエントランス

Regalia Beachfront外観Regalia Beachfront外観

Regalia Beachfront地図Regalia Beachfront地図​

夕方のRegalia Beachfront夕方のRegalia Beachfront

Regalia BeachfrontキッチンRegalia Beachfrontキッチン​

Regalia BeachfrontベッドルームRegalia Beachfrontベッドルーム

Regalia Beachfront​キッチン&ベッドルームRegalia Beachfront​キッチン&ベッドルーム

Regalia BeachfrontベッドルームRegalia Beachfrontベッドルーム

2008年の世界遺産登録以降、海外資本が流入し著しい発展がつづくマラッカは、今では年間約1,700万人の観光客が訪れるなど、マレーシアの中でも注目のエリアです。
また、シンガポールとクアラルンプールの中継地点のため、両国をつなぐ高速鉄道計画の駅にも含まれる他、巨大港湾事業など大規模な開発プロジェクトが数多く進行中で、今後のさらなる発展が見込まれています。
そのマラッカの中心地から少し離れた郊外、マラッカ海峡を望む立地に佇むレガリア(Regalia Beachfront)。
長期利回り保証オプション付きで、完売も間近な貴重な物件です。

【Ragaliaプロジェクト概要】

[物件名]Regalia Beachfront
[建物タイプ]高級レジデンス
[設備]⾼級家電、家具、インテリア付き
[価格]約1,000万円~
[完成年]2021年完成予定
[付随特典等]14⽇間/年のマレーシア無料宿泊権付き・管理費、改修費無料、その他
[投資利回り]セミナーで詳しくご説明します
当日物件について詳細にご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 柏野 将史

    K-innovate株式会社
    代表取締役
    柏野 将史

    1977年、石川県生まれ。金沢を拠点とするコンサルティンググループ・柏野経営グループの役員として10年以上コンサルティングや会計の業務に携わる。顧客の資産形成のために、グループとして海外不動産を取り扱うK-innovate株式会社が設立された際に代表取締役に就任。自ら海外不動産セミナー講演や現地の視察も行っている。何度も現地を訪問した中で感じた現地の魅力が伝わる説明や、コンサルティングの知識を活かした、海外不動産購入に関する各種シミュレーションにも定評がある。また、現地専門家とも連携し、不動産購入にとどまらない海外事業進出のサポートも行っている。

【WEBセミナー】首都クアラルンプール中心部と世界遺産都市マラッカ マレーシア不動産セミナー ~長期の利回り保証オプションも魅力で1000万円台から購入可能な高級レジデンス 完売間近!~

首都クアラルンプール中心部と世界遺産都市マラッカ マレーシア不動産セミナー  ~長期の利回り保証オプションも魅力で1000万円台から購入可能な高級レジデンス 完売間近!~

首都クアラルンプール中心部と世界遺産都市マラッカ マレーシア不動産セミナー ~長期の利回り保証オプションも魅力で1000万円台から購入可能な高級レジデンス 完売間近!~

【日時】 【満員御礼】917日(木)15:00~16:00
【会場】 WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい
【設定】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【参加】 無料
【主催】 K-innovate株式会社(ケイ・イノベート)

本セミナーでは13年連続で移住したい国NO.1(ロングステイ財団調べ)にも選ばれているマレーシアの首都クアラルンプールと古都マラッカの高級レジデンスをご紹介いたします。
長期間の家賃保証オプションもある、大変好条件の物件です。
マレーシアはシンガポールからの投資や中国の一帯一路、オイルマネーなどの外国資本が潤沢に流入し、毎年4〜6%の経済成長をつづけており、近い将来の先進国入りを目指すなどめざましく発展しています。
首都であるクアラルンプールは豊かな緑の中に、鉄道、高速道路、モノレールなどのインフラがしっかりと整備された近代都市として発展しています。
また、マラッカはマレーシア随一の歴史あるエリアで、世界遺産登録以降、国内外の資本による開発が急速に進み、発展が著しいエリアです。
このように、マレーシアでもとりわけ注目のクアラルンプールとマラッカというエリア、中でも厳選された物件をご紹介いたしますので、ぜひご参加ください。

セミナーで詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシアの経済成長と投資の魅力

アジアでも有名なペドロナスツインタワーアジアでも有名なペドロナスツインタワー

1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア

マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟

美しいKLCC公園美しいKLCC公園

マレーシアの成長率は近年4~6%を維持しており、安定した成長し続けています。
現在の人口はおよそ3,200万人で、2090年までは人口増加が続くと言われています。
平均年齢は28歳程度と日本に比べて圧倒的に若く、同国の経済成長を支えています。
また、多民族国家であるため多くの民族の文化が交わり、活気に満ち溢れています。
マレーシアは地理的にも交通の要衝であり、またシンガポールや中国など諸外国とも関係が深く、外国資本を積極的に受け入れてきました。
その結果、首都クアラルンプールは先進国の都市と比べても全く遜色のない発展を遂げ、大都会となっています。

とりわけ交通インフラに関してはシンガポールを除けば他の東南アジアの国々の追随を許さないほど整備されており、大都会でありながら大変美しい町並みが維持されています。
外国人の不動産投資に対する制度も整っており、例えば東南アジアでは珍しく外国人でも土地の購入もできるなど、安心して取引ができます。
また、マレーシア政府が先進国入りを目指して策定した「ビジョン2020」ではクアラルンプールとその周辺都市を包摂したクアラルンプール首都圏構想が打ち出されており、さらなる巨大な経済圏が生まれようとしています。


マレーシア地図マレーシア地図 日本からは飛行機で約7時間30分

マレーシアで暮らす日本人の推移マレーシアで暮らす日本人の推移

クアラルンプールの中心、最高立地の高級レジデンスNOVO Ampang


NOVO Ampang外観NOVO Ampang外観​

NOVO Ampangプール首都クアラルンプールを一望できるプール

ペドロナスツインタワーからも近いNOVO Ampang​ペドロナスツインタワーからも近い

NOVO AmpangジムNOVO Ampangジム

NOVO AmpangベッドルームNOVO Ampangベッドルーム​

NOVO Ampang共有スペースNOVO Ampang共有スペース

NOVO Ampang​リビング&ベッドルームNOVO Ampang​リビング&ベッドルーム​

NOVO Ampang​リビングNOVO Ampang​リビング

NOVO Ampang​キッチンNOVO Ampang​キッチン​

NOVO Ampang​バスルームNOVO Ampang​バスルーム

クアラルンプールにおいて最も栄え、人々が住んでみたいと熱望する地区がJalan Ampang(ジャランアンパン)です。
その市街地の壮大な景観が一望できる38階建ての高級邸宅が NOVO Ampangになります。
クアラルンプールの中心地からほど近くに位置するNOVO Ampangでは、洗練された生活や数多くの魅力的なショッピングを楽しむことができます。

【プロジェクト概要】

[物件名]NOVO JALAN AMPANG
[建物タイプ]高級レジデンス
[設備]⾼級家電、家具、インテリア付き
[価格]約2,900万円~
[完成年]2021年完成予定
[付随特典等]14⽇間/年のマレーシア無料宿泊権付き・管理費、改修費無料、その他
[投資利回り]セミナーで詳しくご説明します

注目!マラッカ投資の可能性

マラッカ・オランダ広場マラッカ・オランダ広場

マラッカ川マラッカ川

マラッカ・チャイナタウンマラッカ・チャイナタウン

マラッカ・キリスト協会マラッカ・キリスト協会

1.世界遺産都市、圧倒的な需要
世界に類を見ないプラナカン文化や、かつて支配した国々の遺跡などがあちこちに点在する独特な町並みなどが評価されマラッカは2008年に世界遺産登録を受けました。
そのため、観光客数は毎年大幅に増加、ホテルの需要も高まる一方です。

2.KL、シンガポールなどからのアクセスの良さ
マラッカはクアラルンプールとシンガポールの中間に位置します。
いくら世界遺産があろうともアクセスが悪ければなかなか観光客は増加しません。
しかしマラッカは現在でもどちらからも車で数時間程度とアクセスが良く観光に訪れやすい地域です。

3.世界遺産だけに頼らない!大規模開発による発展
マラッカの中心部は世界遺産のため開発することができません。
そのため沿岸部を大規模に埋め立て、開発を進めています。
長く続いた埋め立て工事は完了し、現在はホテルをはじめとして、巨大港湾、複合商業施設、高級レジデンスなどの開発がどんどんスタートしています。

4.観光だけじゃない、産業も盛ん
マラッカの観光業が大いに活況なのは述べたとおりですが、実はマレーシアは製造業も盛んです。
これはマレーシアがかつての日本の高度経済成長を模範とした「ルックイースト政策」をとっていたためと言われています。
その中でもマラッカは特に製造業が盛ん。
観光客がひしめく中心部から離れ郊外に行くと多くの世界的な企業の工場が点在しています。
マラッカゲートウェイは観光だけでなく、このような商業的な需要も大いに満たすでしょう。

5.大きく飛躍するマラッカ
今後、シンガポールからマラッカを通りクアラルンプールに到達する高速鉄道や高速道路の建設計画があり、完成すれば観光やビジネスの交流がますます盛んになります。
さらにマラッカゲートウェイ、TheSailそして、TheSailにつづいてマラッカ海峡沿岸部で計画されているプロジェクトがいくつもスタートしていきます。
これらのプロジェクトはマラッカの産業、観光、人口、都市の価値を大きく飛躍させることでしょう。

1,000万円~!発展著しい世界遺産都市マラッカの高級レジデンス・レガリア(Regalia Beachfront)


Regalia Beachfront周辺Regalia Beachfront周辺​

Regalia Beachfront周辺プールRegalia Beachfront周辺プール

Regalia Beachfrontエントランス​Regalia Beachfrontエントランス

Regalia Beachfront外観Regalia Beachfront外観

Regalia Beachfront地図Regalia Beachfront地図​

夕方のRegalia Beachfront夕方のRegalia Beachfront

Regalia BeachfrontキッチンRegalia Beachfrontキッチン​

Regalia BeachfrontベッドルームRegalia Beachfrontベッドルーム

Regalia Beachfront​キッチン&ベッドルームRegalia Beachfront​キッチン&ベッドルーム

Regalia BeachfrontベッドルームRegalia Beachfrontベッドルーム

2008年の世界遺産登録以降、海外資本が流入し著しい発展がつづくマラッカは、今では年間約1,700万人の観光客が訪れるなど、マレーシアの中でも注目のエリアです。
また、シンガポールとクアラルンプールの中継地点のため、両国をつなぐ高速鉄道計画の駅にも含まれる他、巨大港湾事業など大規模な開発プロジェクトが数多く進行中で、今後のさらなる発展が見込まれています。
そのマラッカの中心地から少し離れた郊外、マラッカ海峡を望む立地に佇むレガリア(Regalia Beachfront)。
長期利回り保証オプション付きで、完売も間近な貴重な物件です。

【Ragaliaプロジェクト概要】

[物件名]Regalia Beachfront
[建物タイプ]高級レジデンス
[設備]⾼級家電、家具、インテリア付き
[価格]約1,000万円~
[完成年]2021年完成予定
[付随特典等]14⽇間/年のマレーシア無料宿泊権付き・管理費、改修費無料、その他
[投資利回り]セミナーで詳しくご説明します
当日物件について詳細にご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 柏野 将史

    K-innovate株式会社
    代表取締役
    柏野 将史

    1977年、石川県生まれ。金沢を拠点とするコンサルティンググループ・柏野経営グループの役員として10年以上コンサルティングや会計の業務に携わる。顧客の資産形成のために、グループとして海外不動産を取り扱うK-innovate株式会社が設立された際に代表取締役に就任。自ら海外不動産セミナー講演や現地の視察も行っている。何度も現地を訪問した中で感じた現地の魅力が伝わる説明や、コンサルティングの知識を活かした、海外不動産購入に関する各種シミュレーションにも定評がある。また、現地専門家とも連携し、不動産購入にとどまらない海外事業進出のサポートも行っている。

【WEBセミナー】最長19年5~8%家賃利益保証と買取オプション最大170%が付属!~世界遺産都市マラッカの新たなランドマークへの投資~マレーシア不動産セミナー

最長19年5~8%家賃利益保証と買取オプション最大170%が付属!~世界遺産都市マラッカの新たなランドマークへの投資~マレーシア不動産セミナー

最長19年5~8%家賃利益保証と買取オプション最大170%が付属!~世界遺産都市マラッカの新たなランドマークへの投資~マレーシア不動産セミナー

【日時】 728日(水)15:00~16:00
807日(土)11:00~12:00
818日(水)15:00~16:00
【会場】 WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい
【設定】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【参加】 無料
【主催】 K-innovate株式会社(ケイ・イノベート)

本セミナーではマレーシアの中でも発展著しい世界遺産都市マラッカのホテルに対しての投資案件をご紹介します。
マレーシアはシンガポールからの投資や中国の一帯一路や中東のオイルマネーなどの外国資本が潤沢に流入し、毎年4〜6%の経済成長をつづけています。
そして近い将来の先進国入りを目指すなどめざましく発展しています。
今回はマレーシアの不動産の中でも長期の高利回り保証が魅力の物件をご紹介します。
参加費無料ですので、お気軽にご参加ください。

セミナーで詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシアの経済成長と投資の魅力

アジアでも有名なペドロナスツインタワーアジアでも有名なペドロナスツインタワー

1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア

マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟

美しいKLCC公園美しいKLCC公園

マレーシアの首都クアラルンプールはマレー半島の中心に位置しています。
象徴的なツインタワーがそびえるこの都市は東南アジアの中でもとりわけ美しく、またインフラも大変整備され、発展が続いています。
平均年齢は28歳で、今後30年近くは人口増加が続くとも言われています。
経済成長率は4〜6%にもなります。
そして、そのビジネスのしやすさや災害の少なさ、治安の良さなどから14年連続で日本人の移住したい国ナンバーワンに選ばれています。


マレーシア地図マレーシア地図 日本からは飛行機で約7時間30分

マレーシアで暮らす日本人の推移マレーシアで暮らす日本人の推移

マラッカでも特に期待されるTheSailプロジェクト


The Sail MALAKA​外観The Sail MALAKA外観​

The Sail MALAKA外観The Sail MALAKA外観

上空から見たThe Sail MALAKA​上空から見たThe Sail MALAKA​

The Sail MALAKAロビーThe Sail MALAKAロビー

The Sail MALAKA​共有スペースThe Sail MALAKA共有スペース​

The Sail MALAKA共有スペースThe Sail MALAKA共有スペース

The Sail MALAKA​外観The Sail MALAKA外観​

The Sail MALAKAリビングThe Sail MALAKAリビング

The Sail MALAKA 浴室The Sail MALAKA 浴室

The Sail MALAKA リビングとベッドルームThe Sail MALAKA リビングとベッドルーム

クアラルンプールから車で約2時間。
マレーシア随一の歴史を持つマラッカは、今、生まれ変わろうとしています。
マラッカ海峡沿岸部を大規模に開発し、ホテルやショッピングモール、高級レジデンス、美術館、伝統的な建築方式に法って新しく建設されるストリートなどなど、観光客をさらにとりこにするようなプロジェクトがいくつも進行中です。

その大規模開発プロジェクトのひとつ、TheSail。

当社が紹介しているのは、TheSailを構成する9つの棟のうちの、マラッカ海峡の海に面する美しいホテルです。
増え続ける観光客を受け止め、今後大きく発展するマラッカへの投資は、TheSailプロジェクトがスタートしたばかりの今がまさに絶好の機会です。

今が絶好の機会!なぜTheSailへ投資するのか

1.マラッカでも最高の立地
The Sailは世界遺産のあるマラッカの中心部エリアまで車で約8分程度の距離に完成する予定です。
観光客が世界遺産を堪能し、宿泊やショッピングはTheSailで楽しむという新たな商業圏が生まれます。

2.世界に知られるランドマークへの投資
TheSailのその特徴的な形状は古来からマラッカに反映をもたらしている帆船をイメージしています。
完成すればクアラルンプールのペトロナスツインタワーやシンガポールのマリーナベイサンズのように、国を象徴するランドマークになることは間違いありません。

3.長期利回りと買取オプションで安心の投資
TheSailの投資プランには長期の家賃利益保証やデベロッパーによる買取オプションもついています。

4.建設段階から支払われる利回り収入
家賃利益保証は完成時点(2026年予定)からではなく契約時点から発生しますので、収益化が遅れるという心配がありません。

5.MM2Hプログラムの申請が可能
TheSailを購入した方はマレーシアの長期滞在ビザMM2Hの申請が無料で行なえます。
(現在、コロナ等によりマレーシア政府はMM2Hを一時停止しております。再開後にお申し込みいただけます)

6.開発初期段階ならではの特典付き!
2019年12月から本格的な建設がスタートしたTheSail。今なら13泊14日間のマレーシア無料宿泊などの各種特典がつきます。

【プロジェクト概要】

[物件名]The Sail MALAKA
[立地]マラッカ Kota Laksamana(コタラクサマナ)
[建物タイプ]ホテル
[建物概要]9棟 60階建て
[設備]⾼級家電、家具、インテリア付き
[価格]RM782,056〜(約1,955万円~ ※1RM = 25円で計算)
[完成年]2026年建物部分完成予定、周辺施設は2027年完成予定
[付随特典等]14⽇間/年のマレーシア無料宿泊権付き・管理費、改修費無料
[投資利回り]セミナーで詳しくご説明します
[出口戦略について]セミナーで詳しくご説明します

注目!マラッカ投資の可能性

マラッカ・オランダ広場マラッカ・オランダ広場

マラッカ・アファモーサマラッカ・アファモーサ

マラッカ・チャイナタウンマラッカ・チャイナタウン

マラッカ・キリスト協会マラッカ・キリスト協会

1.世界遺産都市、圧倒的な需要
世界に類を見ないプラナカン文化や、かつて支配した国々の遺跡などがあちこちに点在する独特な町並みなどが評価されマラッカは2008年に世界遺産登録を受けました。
そのため、観光客数は毎年大幅に増加、ホテルの需要も高まる一方です。

2.KL、シンガポールなどからのアクセスの良さ
マラッカはクアラルンプールとシンガポールの中間に位置します。
いくら世界遺産があろうともアクセスが悪ければなかなか観光客は増加しません。
しかしマラッカは現在でもどちらからも車で数時間程度とアクセスが良く観光に訪れやすい地域です。

3.世界遺産だけに頼らない!大規模開発による発展
マラッカの中心部は世界遺産のため開発することができません。
そのため沿岸部を大規模に埋め立て、開発を進めています。
長く続いた埋め立て工事は完了し、現在はホテルをはじめとして、巨大港湾、複合商業施設、高級レジデンスなどの開発がどんどんスタートしています。

4.観光だけじゃない、産業も盛ん
マラッカの観光業が大いに活況なのは述べたとおりですが、実はマレーシアは製造業も盛んです。
これはマレーシアがかつての日本の高度経済成長を模範とした「ルックイースト政策」をとっていたためと言われています。
その中でもマラッカは特に製造業が盛ん。
観光客がひしめく中心部から離れ郊外に行くと多くの世界的な企業の工場が点在しています。
マラッカゲートウェイは観光だけでなく、このような商業的な需要も大いに満たすでしょう。

5.大きく飛躍するマラッカ
今後、シンガポールからマラッカを通りクアラルンプールに到達する高速鉄道や高速道路の建設計画があり、完成すれば観光やビジネスの交流がますます盛んになります。
さらにマラッカゲートウェイ、TheSailそして、TheSailにつづいてマラッカ海峡沿岸部で計画されているプロジェクトがいくつもスタートしていきます。
これらのプロジェクトはマラッカの産業、観光、人口、都市の価値を大きく飛躍させることでしょう。

当日物件について詳細にご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 柏野 将史

    K-innovate株式会社
    代表取締役
    柏野 将史

    1977年、石川県生まれ。金沢を拠点とするコンサルティンググループ・柏野経営グループの役員として10年以上コンサルティングや会計の業務に携わる。顧客の資産形成のために、グループとして海外不動産を取り扱うK-innovate株式会社が設立された際に代表取締役に就任。自ら海外不動産セミナー講演や現地の視察も行っている。何度も現地を訪問した中で感じた現地の魅力が伝わる説明や、コンサルティングの知識を活かした、海外不動産購入に関する各種シミュレーションにも定評がある。また、現地専門家とも連携し、不動産購入にとどまらない海外事業進出のサポートも行っている。

ページトップへ