セミナー会員数 5,914名 (6月20日更新)

【大阪開催】マレーシア大手不動産デベロッパー来日 プライベートイベント開催! 高層・高級コンドミニアムで、確定利回プラン有り、大手サービスアパートメントアスコットレジデンス

【大阪開催】マレーシア大手不動産デベロッパー来日 プライベートイベント開催! 高層・高級コンドミニアムで、確定利回プラン有り、大手サービスアパートメントアスコットレジデンス

【大阪開催】マレーシア大手大手不動産デベロッパー来日 プライベートイベント開催! 高層・高級コンドミニアムで、確定利回プラン有り、大手サービスアパートメントアスコットレジデンス

【日時】 【満員御礼】510日(木)18:30-20:30
【会場】 ダイワホームズグループ7階 セミナールーム
【会場】 大阪府大阪市北区曽根崎新地2-6-21 GOILD7階
【参加】 無料
【参加者特典】 「初心者のための東南アジア投資ガイド2018」(定価1,800円)を来場者全員にプレゼント!

今セミナーは大阪にあるダイワホームズグループ本社セミナールームにおいて、マレーシア大手不動産開発責任者をお呼びし、高層・高級コンドミニアムのご紹介をしていただきます。
マレーシアの首都クアラルンプールでは日系企業の進出が相次ぎ、現地在住日本人が急増しています。またロングステイや留学のためにマレーシアに移住する日本人も増えており、在留日本人が2011年の6,257人から2016年19,176人と3倍以上に増えています(日本大使館データ)。この増加傾向は今後も続く見込みです。
この物件は大手サービスアパートメントのアスコットレジデンスがサブリースする物件で、確定利回りプランもございます。

セミナーで詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

直近9年間で常にロングステイ先として人気ナンバー1のマレーシア

出所:ロングステイ財団「日本人の海外ロングステイ希望先」調査出所:ロングステイ財団「日本人の海外ロングステイ希望先」調査

ロングステイ財団の発表によると日本人が希望する海外ロングステイ先で圧倒的ナンバー1はマレーシアです。人気の理由は、物価が日本の約3分の1で食べ物は日本人の味覚に合うものが多いこと、医療が進んでいて日本語による受診が可能な病院が多いこと、英語が使えて親日であること、1年中温暖な気候で長期滞在ビザが取得しやすいことなどがあげられます。ロングステイ先で今注目されているのが今回ご紹介するジョホールバルです。ジョホールバルには最新医療技術が整った病院や世界的に有名な大学などが多く集まり、多くの優秀な人材が集まっています。

ロングステイ人気のマレーシアの新築物件をご紹介します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア首都クアラルンプールについて

アジアでも有名なペドロナスツインタワーアジアでも有名なペドロナスツインタワー

1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア

マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟

美しいKLCC公園美しいKLCC公園

クアラルンプールは、アジアのなかで治安の良い都市で、地元の人々からは「KL(ケーエル)」の愛称で親しまれています。 「泥川の交わるところ」という意味のマレー語を語源に持ち、1800年代にすず鉱山の発見と共に発展しました。 1年の各月を通じて平均気温が27℃前後で暮らしやすい環境でもあります。


クアラルンプールにはエキゾチックな熱帯植物の公園、イギリス統治時代の面影を残す趣のある歴史的建造物、活気あふれる市場、 各民族の聖地であるモスクや寺院など、それらが混在する独特の景観を持っています。

マレーシア地図マレーシア地図 日本からは飛行機で約7時間30分

マレーシアで暮らす日本人の推移マレーシアで暮らす日本人の推移

ツインタワー徒歩圏内のスターレジデンス

クアラルンプールの新たなランドマークとなる高級タワーコンドミニアム。スターレジデンスは3つのタワーからなります。完成すればクアラルンプール市内で最も高いマンションとなります。タワー下層には高級志向のショッピングモールが併設され、住む人々に快適な生活を与えてくれます。タワーのデザインは「生活をよりゴージャスに(Makes your lifestyle more luxurious)」というコンセプトのもと、大都会の中心でより豊かで豪華な生活が送れるようにと設計されており、見るものを圧倒する洗練されたデザインをまとい、都心部の利便性を十分に享受しながらも快適なアーバンライフを楽しめます。



STAR RESIDENCESTAR RESIDENCEエントランス

STAR RESIDENCESTAR RESIDENCE屋上

STAR RESIDENCESTAR RESIDENCEプール

STAR RESIDENCESTAR RESIDENCE周辺

STAR RESIDENCESTAR RESIDENCEプール

STAR RESIDENCESTAR RESIDENCE寝室

STAR RESIDENCESTAR RESIDENCEリビング

STAR RESIDENCESTAR RESIDENCE寝室

【プロジェクト概要】
⽴地連邦領 カンパンバル 
売主United Malayan Land Bhd, Symphony Life
総⼾数482⼾
階数58階
所有形態所有権
管理費356~1,486RM
広さ66.05~276.11 ㎡
部屋タイプ1~6Bedrooms

アスコットグループの親会社キャピタランド

アスコットグループの親会社キャピタランド

キャピタランドはアジア最大規模の不動産会社の1つです。シンガポールと中国を主要マーケットの焦点とした不動産と不動産資金運用を 主要事業とし、シンガポールに本社を置き、上場しています。 キャピタランド・シンガポール、キャピタランド・チャイナ、キャピタランド・モール・アジア、アスコットリミテッドの4つの事業体に分かれ、 資産基盤と専門知識、幅広いマーケットネットワークを強みとし、世界26ヶ国100都市以上でサービスアパートメントを展開しています。
またキャピタランド・コマーシャル・トラストやキャピタランド・モール・トラストなど5つシンガポール上場REITを保有しています。

サービスアパートメント大手アスコットについてごせつめいいたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 風戸 裕樹

    PropertyAccess.co Founder
    風戸 裕樹

    元ソニー不動産 執行役員 売却コンサルティング事業部長/2010年 不動産取引を変革するべく不動産仲介透明化フォーラム(FCT)を社会起業、売却専門の「売却のミカタ」を開始し全国展開、2014年 ソニー不動産にFCT社を売却し不動産取引の透明化を加速。早稲田大学商学部卒/1981年生まれ

【緊急開催】ハワイ特選物件「‘A‘ali‘i(アアリイ)」紹介セミナー

【緊急開催】ハワイ特選物件「‘A‘ali‘i(アアリイ)」紹介セミナー

【緊急開催】ハワイ特選物件「‘A‘ali‘i(アアリイ)」紹介セミナー

【日時】 315日(木)18:00-19:00
【会場】 フォーランドリアルティネットワークジャパン
【住所】 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー16階
【参加】 無料

ハワイの不動産は、世界中の富裕層から別荘などとしての需要が高く、市場に出回る中古物件が減少傾向にある一方で、開発余地も乏しいことから、新規物件の供給も限定的となっているなど、需給がひっ迫しやすい状況となっており、過去30年に渡って年平均4~5%程度の安定的な価格上昇が続いています。リーマン・ショック(2008年)に端を発した金融危機の際にも、メインマーケットとなるオアフ島の不動産はその影響を最小限に止めているなど、アメリカの他地域や他国の不動産に比べて景気の波に左右されにくい点はハワイ不動産の大きな魅力と言えます。
今セミナーでは、ハワイ特選物件「‘A‘ali‘i(アアリイ)」をご紹介させていただきます。
「‘A‘ali‘i(アアリイ)」は、Studioと1Bedのユニットが大部分を占めるなど、人気の小型ユニットが中心である上に、「アエオ」などの近隣物件と比べて価格もお手頃な水準となっているため、一般販売前より熱い視線が注がれており、 一般販売後も好調な売れ行きになることが予想されます。

当日は物件詳細をご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

日本人の憧れのリゾート地、ロングステイ先としても人気 ハワイ不動産投資

アラモアナショッピングセンター アラモアナショッピングセンター

ワイキキビーチ ワイキキビーチ

オーシャンビュー オーシャンビュー

併設のショッピングセンター 併設のショッピングセンター

安定的な不動産価格の上昇が継続

ハワイ不動産は特に日本人からの人気が高く、2008年から2013年にかけてオアフ島で総額18億ドル(約2100億円)もの不動産が外国人によって売買されている中、日本人による売買額はそのうちの約64%に上る11億ドルに達しています。また、近年は中国や東南アジア諸国の富裕層・投資家によるハワイ不動産への投資が徐々に拡大しており、経済発展著しいアジアの投資マネーが流入することによって、今後も安定的な価格上昇が期待されています。なお、ハワイはコンドミニアムの多くが別荘として所有されている一方で、観光客の増加によってホテル需要が高いことから、オーナーが使用しない期間にホテルとして貸し出すことができる「コンドテル」の発祥の地と言われており、自己利用、キャピタルゲイン、インカムゲインをまとめて享受できる魅力的な投資スタイルとして注目を集めつつあります。

longstay-hawaii

(ロングステイ希望国トップ10 情報提供・出典/フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社)

ハワイの魅力についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

オアフ島の不動産価格推移と物件売買シェア

hawaii-propertyprice

hawaii-propertytradeshare

(情報提供・出典/フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社)

魅力的なロケーション

世界屈指の美しいビーチリゾートが広がるハワイ経済の中心地「ホノルル」にある 巨大ショッピングモール「アラモアナ・センター」と隣接するのが「カカアコ」です。
米上場大手デベロッパーが推進している60エーカーにも及ぶ大規模タウンシップ開発プロジェクトが「Ward Village(ワードビレッジ)」です。

イメージ イメージ

【プロジェクト概要】

エリアアメリカ/ホノルル
「A'ali'i(アアリイ)」の販売予定価格50万ドル(約5,500万円)~
部屋面積25.7平方m(Studio)
部屋タイプStudio・1Bed・2Bed

「A'ali'i(アアリイ)」の全貌はセミナーでお伝えいたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 代表取締役 中尾 孝久

    フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社

    代表取締役
    中尾 孝久

    1975年和歌山県生まれ。大手投資会社を始め10年以上金融業界で為替、株式のリテール部門で活躍。その後、外資系証券会社のセールスヘッドを経て、2012年フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社取締役に就任。2014年同社代表取締役就任。累計100本以上のマレーシア、フィリピン不動産セミナーの講師を担当。現地の最新情報を織り交ぜつつ、金融業界出身らしい独特の観点から海外不動産の魅力を分かりやすく解説するセミナー内容は、毎回好評を博している。

【日本・初公開】想定利回り10% マレーシアのビーチリゾート ランカウイ不動産セミナー

【日本・初公開】想定利回り10% マレーシアのビーチリゾート ランカウイ不動産セミナー

『【日本・初公開】想定利回り10% マレーシアのビーチリゾート ランカウイ不動産セミナー』

【日時】 224日(土)14:00-16:00
225日(日)14:00-16:00
【会場】 SOBLD 2階 ・B会議室
【会場】 東京都新宿区新宿5-11-2 SOBLD 2階 ・B会議室
【参加】 無料
【特典】 セミナー参加者特典あり

フォーシーズンズホテル、リッツカールトンホテルなど世界的に有名なホテルが建ち並び、しかもここ5年で観光客が30%も増加した人気リゾート地のマレーシア・ランカウイ。
日本ではタイ・プーケットの方が有名ですが、欧米ではランカウイは有名なビーチリゾートで、ブラッドピットとアンジェリーナジョリーがお忍びで来たこともある島です。
そのため1泊最低でも5万円もする高級ホテルでも稼働率95%の状態が普通に続いています。
そんな観光客が急増しているマレーシア・ランカウイに政府支援を受けて建設する家具付きの新築物件プロジェクトがございます。
今回はこの新築物件で仮に1泊8,000円として民泊で運用すると稼働率が50%でも表面利回りで10.6%を導き出せるというご説明をさせていただきます。
民泊にご興味がある方、マレーシア不動産にご興味がある方必見のセミナーです。

【セミナー参加者特典】

10%の早期購入者割引有り
本セミナー参加者特典としてさらに2%の割引
契約書作成時の弁護士費用無料
印紙税無料
ローン関連費用無料(申込手数料、立替払い手数料、印紙税)
外国人購入時の州政府合意取得費用無料
外国人購入時の最低価格規制適用外
視察渡航費用(3,000リンギット相当)もしくはMM2H申請費用デベロッパー負担
セミナーで詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア・ランカウイ島について

マリンスポーツができる、パヤ島海洋公園マリンスポーツができる、パヤ島海洋公園

高低差約700mのランカウイのケーブルカー高低差約700mのランカウイのケーブルカー

ランカウイ島スカイブリッジランカウイ島スカイブリッジ

オリエンタル・ビレッジオリエンタル・ビレッジ

マレー半島西海岸のアンダマン海に浮かぶランカウイ島は、太古の森とエメラルドの海に囲まれたリゾートアイランドです。 99もの島からなるランカウイ島は数々の伝説が島内に残っており、伝説の島としても知られています。2006年にはその貴重な地質が評価され、ユネスコの世界ジオパークにも登録されており、自然と海との調和が最大の魅力の島です。また島全体が免税としても知られています。すでに海外では注目されており、アジアのベストアイランド2015で第10位に輝いていますので、これから人気の観光地になっていくと考えられます。

マレーシア地図マレーシア地図 日本からは飛行機で約7時間30分

マレーシアで暮らす日本人の推移マレーシアで暮らす日本人の推移

ビーチまで徒歩で行ける距離に建てられる高層マンション トロピカーナ チェナン タワー

トロピカーナ チェナンはサービスレジデンスが2棟、ショップ、ワンダ レルム リゾート ランカウイと呼ばれ、ホテルとして運営予定のプロジェクトです。サービスレジデンスは総階数40階、総戸数825戸で、ショップは16戸、ホテルは350戸からなります。当プロジェクトは、マレーシア不動産開発業者の中でもTOP10に入る「トロピカーナ」と中国の上場企業「シノグレートウォール」が共同で開発を手掛け、実力に定評のある管理会社「ワンダホテル & リゾート」がマネジメントを担うプロジェクトです。また、各ユニットからは海が見えるように開発されています。



トロピカーナ チェナン タワートロピカーナ チェナン タワー外観

トロピカーナ チェナン タワーエントランストロピカーナ チェナン タワーエントランス

室内から見た景色室内から見た景色

トロピカーナ チェナン タワートロピカーナ チェナン タワー

【プロジェクト概要】
建物タイプマンション
建物の階数地上40階建て
完成年2022年
総⼾数825⼾
物件価格(現地オリジナル通貨)MYR 646,000 ~2,221,900
売主トロピカーナ マーケットプレイス
施工チェナンリゾート
専有面積35.3~121.4 sqm(㎡)
当日物件について詳細にご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 遠藤 忠義

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    代表取締役
    遠藤 忠義

    ゴールドクレスト(東証一部 銘柄コード:8871)にて新築物件の販売を経験し、その後創業間もないSMS(現東証一部 銘柄コード:2175)に入社。営業・事業開発・人事マネージャーを歴任後、マレーシア現地法人となるSenior Marketing System Sdn Bhdを設立、地震も個人投資家として日本とアジアで物件の購入・売却を複数回経験。特にマレーシアで大きくキャピタルゲインを得た経験からお客様にも同じ経験をしていただきたいと思い当社を設立。現在は毎月のように東南アジア各国を駆け巡り、自分で投資したいと思える不動産を探し、お客様に提供している。

マレーシア不動産セミナー ~なぜマレーシアがオススメの国なのか?&マレーシア不動産の注意点~

マレーシア不動産セミナー ~なぜマレーシアがオススメの国なのか?&マレーシア不動産の注意点~

『マレーシア不動産セミナー ~なぜマレーシアがオススメの国なのか?&マレーシア不動産の注意点~』

【日時】 516日(水)19:00-20:00
524日(木)19:00-20:00
531日(木)19:00-20:00
【会場】 ビヨンドボーダーズ本社セミナールーム
【会場】 東京都新宿区 新宿5-11-13 博雅ビル3階
【参加】 無料

マレーシアの首都クアラルンプールでは日系企業の進出が相次ぎ、現地在住日本人が急増しています。またロングステイや留学のためにマレーシアに移住する日本人も増えており、在留日本人が2011年の6,257人から2016年19,176人と3倍以上に増えています(日本大使館データ)。この増加傾向は今後も続く見込みです。
そのような状況下、高級ブランドショップや大型ショッピングセンター、ホテルなどが集中するクアラルンプールきっての繁華街ブキッ・ビンタン地区で大規模コンドミニアムを開発、分譲することになりました。今回のセミナーでは、大規模コンドミニアムbbccklを紹介するだけでなく、日本からマレーシア不動産に投資した際の海外税務、更にマレーシアの長期滞在ビザ(MM2Hビザ)の最新条件や現地税金、また最近日本で高い関心を集めているマレーシア留学の内容もカバーいたします。マレーシアはロングステイ財団の調査で、11年連続「住みたい国 世界No.1」に選ばれています。

セミナーで詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア首都クアラルンプールについて

アジアでも有名なペドロナスツインタワーアジアでも有名なペドロナスツインタワー

1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア

マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟

美しいKLCC公園美しいKLCC公園

クアラルンプールは、アジアのなかで治安の良い都市で、地元の人々からは「KL(ケーエル)」の愛称で親しまれています。 「泥川の交わるところ」という意味のマレー語を語源に持ち、1800年代にすず鉱山の発見と共に発展しました。 1年の各月を通じて平均気温が27℃前後で暮らしやすい環境でもあります。


クアラルンプールにはエキゾチックな熱帯植物の公園、イギリス統治時代の面影を残す趣のある歴史的建造物、活気あふれる市場、 各民族の聖地であるモスクや寺院など、それらが混在する独特の景観を持っています。

マレーシア地図マレーシア地図 日本からは飛行機で約7時間30分

マレーシアで暮らす日本人の推移マレーシアで暮らす日本人の推移

三井不動産のららぽーとモールの進出が決定

クアラルンプール都心の大規模開発で、希少性と将来性が高いプロジェクトです。しかも「ららぽーと」モールとソニーコンサートホールが進出、日本人には馴染み易い物件になります。Hang Tuah駅とMRT Merdeka駅に直結し、主要道路にも直結でアクセスは抜群です。1ベッド(51㎡)、1+1ベッド(61㎡)、2ベッド(80~82㎡)と小型の部屋で、外国人最低購入価格の1万リンギット(約2,500万円)から購入可能です。駅直結で、モールに隣接しているため賃貸需要も見込めます。



STRATA OFFICESSTRATA OFFICES

RESIDENCES style=RESIDENCES

TRANSIT HUBTRANSIT HUB

TRANSIT HUBTRANSIT HUB

【プロジェクト概要】
⽴地KL都心(ブキッビンタン地区)
開発会社BBCC Development Snd. Bhd.
完成予定2021年
総⼾数393⼾
階数47階
⼟地形態99年の借地権
共有施設プール、展望台、ジム、ヨガルーム他
管理費約RM6.5/㎡ (約163円 RM1=25円)
1+1ベッド(60㎡)約2,760万円〜
2ベッド(79㎡)約3,595万円〜
デュアルキー(82㎡)約3,947万円〜
当日物件について詳細にご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ツインタワー徒歩圏内のスターレジデンス 2

クアラルンプールの新たなランドマークとなる高級タワーコンドミニアム。スターレジデンスは3つのタワーから成り、当物件は2019年に完成予定の2棟目。完成すればクアラルンプール市内で最も高いマンションとなります。タワー下層には高級志向のショッピングモールが併設され、住む人々に快適な生活を与えてくれます。タワーのデザインは「生活をよりゴージャスに(Makes your lifestyle more luxurious)」というコンセプトのもと、大都会の中心でより豊かで豪華な生活が送れるようにと設計されており、見るものを圧倒する洗練されたデザインをまとい、都心部の利便性を十分に享受しながらも快適なアーバンライフを楽しめます。



STAR RESIDENCESTAR RESIDENCEエントランス

STAR RESIDENCESTAR RESIDENCE屋上

STAR RESIDENCESTAR RESIDENCEプール

STAR RESIDENCESTAR RESIDENCE周辺

STAR RESIDENCESTAR RESIDENCEプール

STAR RESIDENCESTAR RESIDENCE寝室

STAR RESIDENCESTAR RESIDENCEリビング

STAR RESIDENCESTAR RESIDENCE寝室

【プロジェクト概要】
⽴地連邦領 カンパンバル 
売主United Malayan Land Bhd, Symphony Life
完成予定2019年
総⼾数482⼾
階数58階
所有形態所有権
管理費356~1,486RM
広さ66.05~276.11 ㎡
部屋タイプ1~6Bedrooms
価格約3,800万円~

講演者

  • 藤川祐馬

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    藤川祐馬

    宮城県仙台市出身。立教大学在籍中に東南アジアを中心に4カ国に留学。東証一部上場企業マレーシア現地法人にてWebサービスセールス業務を行い、マレーシアの中堅ローカル社員の売上記録を抜き当時最高記録を樹立。日本帰国後、ビヨンドボーダーズに参画し入社以来一貫して不動産投資部門を担当。外国人投資家向けの日本不動産マーケットレポート作成や日本人投資家向けの海外不動産セミナー講師等その活躍は幅広い。

ページトップへ