セミナー会員数 8,921名 (5月15日更新)

【オンライン開催】カンボジア&マレーシア 注目の東南アジア2カ国不動産セミナー ~注目度No.1&最大19年の家賃保証+買取保証付~

カンボジア&マレーシア 注目の東南アジア2カ国不動産セミナー ~注目度No.1&最大19年の家賃保証+買取保証付~

【オンライン開催】カンボジア&マレーシア 注目の東南アジア2カ国不動産セミナー ~注目度No.1&最大19年の家賃保証+買取保証付~

【日時】 【受付終了】515日(土)11:00-13:00
522日(土)11:00-13:00
【会場】 WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい
【設定】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【注意】 オンライン参加時はWEBカメラをONにして頂きますようお願いいたします
【参加】 無料
【主催】 株式会社COLORS

今セミナーでは、注目の東南アジア2カ国としてカンボジアとマレーシアの不動産についてご説明いたします。
セミナー前半ではカンボジアの最新の経済動向やカンボジアで不動産投資するメリット、首都プノンペンで注目度No.1の新築プロジェクトをご説明します。
セミナー後半ではマレーシアの魅力やリゾート地マラッカで最大19年の家賃保証+買取保証付の新築プロジェクトをご紹介いたします。

セミナーの時間配分ですが
11:00~11:50 カンボジア不動産セミナー
12:00~12:50 マレーシア不動産セミナー
です。

11時~のみ、12時~のみのご参加も可能です。
ぜひお気軽にご参加ください。

カンボジアとマレーシア不動産についてわかりやすくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

カンボジアの魅力とポテンシャル

経済成長率7%のカンボジアはまさに今が高度経済成長期です。
これから人口ボーナス期が続き、労働生産人口が増加する見込みのカンボジアの平均年齢は24.3歳と若く期待が持てます。
東南アジア唯一の米ドル経済国で海外への送金規制が無く、非居住者でも口座開設可能という点も魅力です。
また1年定期預金金利4.5~5.0%と高金利のため賃料収入をさらに現地銀行を使って増やすことも可能です。
東南アジアの中心地に位置するカンボジア、開放的な外国企業誘致政策によりタイプラスワン、ベトナムプラスワンとして外資系企業の進出ラッシュが続きます。
そんな勢いのあるカンボジアの魅力に迫ります。

アーバンビレッジII


アーバンビレッジII・外観アーバンビレッジII・外観​

アーバンビレッジII・エントランスアーバンビレッジII・エントランス

夜の上空から見たアーバンビレッジII夜の上空から見たアーバンビレッジII​

アーバンビレッジII周辺アーバンビレッジII周辺

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内​

アーバンビレッジII・1階アーバンビレッジII・1階

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内​

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内​

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内

アーバンビレッジII・リビングアーバンビレッジII・リビング​

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内

【プロジェクト概要】

[物件名]アーバンビレッジII
[建物タイプ]マンション
[建物の階数]地上51階建て(E、F、G棟) 地上61階建て(H棟)
[完成年月]2023年6月予定
[総戸数]E棟391戸、F棟462戸、G棟446戸、H棟約500戸
[売主]Urban Hub (Cambodia) Co.,Ltd
[管理費・修繕積立金]1平米0.8USドル/月
[専有面積]29㎡~

アーバンビレッジは、東南アジアでも有名なプロパティアワードで6つの賞を受賞し、今アジアで最も注目されているコンドミニアムです。
今後開発が期待されるフンセン道路に隣接したプノンペン・ミンチェイの新ランドマークです。
Studioタイプから3ベッドルームまであり、900万円台から購入可能。
リーズナブルな価格とスタイリッシュなデザインでローカルはもちろん海外からも幅広く人気を集めています。

マラッカでも特に期待されるTheSailプロジェクト


The Sail MALAKA​外観The Sail MALAKA外観​

The Sail MALAKA外観The Sail MALAKA外観

上空から見たThe Sail MALAKA​上空から見たThe Sail MALAKA​

The Sail MALAKAロビーThe Sail MALAKAロビー

The Sail MALAKA​共有スペースThe Sail MALAKA共有スペース​

The Sail MALAKA共有スペースThe Sail MALAKA共有スペース

The Sail MALAKA​外観The Sail MALAKA外観​

The Sail MALAKAリビングThe Sail MALAKAリビング

The Sail MALAKA 浴室The Sail MALAKA 浴室

The Sail MALAKA リビングとベッドルームThe Sail MALAKA リビングとベッドルーム

【プロジェクト概要】

[物件名]The Sail MALAKA
[立地]マラッカ Kota Laksamana(コタラクサマナ)
[建物タイプ]ホテル
[建物概要]9棟 60階建て
[設備]⾼級家電、家具、インテリア付き
[価格]RM884,736〜(約2,300万円~)
[完成年]2026年建物部分完成予定、周辺施設は2027年完成予定
[付随特典等]14⽇間/年のマレーシア無料宿泊権付き・管理費、改修費無料

講演者

  • 中村 英里那

    株式会社COLORS
    コンサルティング営業部 海外物件担当
    中村 英里那

    国際基督教大学(ICU)卒業。専門商社を経て、父親が経営する不動産屋の持ち物件で民泊運営を開始。Airbnbで4年連続スーパーホストとして認定され、世界各国からのゲストを迎える。その傍らフリーランスとして英語・韓国語の翻訳、Webメディアの編集、Youtubeの評価、動画編集なども経験。持ち前のフレンドリーさでお客様ともデベロッパーとも密にコミュニケーションを取りながらご案内中。

【オンライン開催】カンボジア不動産セミナー

カンボジア不動産セミナー

【オンライン開催】カンボジア不動産セミナー

【日時】 【受付終了】327日(土)11:00-12:00
【会場】 WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい
【設定】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【注意】 オンライン参加時はWEBカメラをONにして頂きますようお願いいたします
【参加】 無料
【主催】 株式会社COLORS

今セミナーでは、成長著しいカンボジア・首都プノンペンのランドマークとなる『URBAN VILLAGE』をご紹介させていただきます。
『URBAN VILLAGE』の専属販売代理権を持っているのは世界でもごく僅か、関東では当社のみとなっています。
ご希望の方には、後日現地へご案内し東南アジア諸国でも珍しい米ドルによる定期預金(年率4.75%)の民間最大手銀行口座開設をサポートします。
また視察ツアーもアレンジ可能です。
ご自宅などから参加可能なオンラインセミナーです。
お気軽にご参加ください。

カンボジア不動産についてわかりやすくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

カンボジアの魅力とポテンシャル

経済成長率7%のカンボジアはまさに今が高度経済成長期です。
これから人口ボーナス期が続き、労働生産人口が増加する見込みのカンボジアの平均年齢は24.3歳と若く期待が持てます。
東南アジア唯一の米ドル経済国で海外への送金規制が無く、非居住者でも口座開設可能という点も魅力です。
また1年定期預金金利4.5~5.0%と高金利のため賃料収入をさらに現地銀行を使って増やすことも可能です。
東南アジアの中心地に位置するカンボジア、開放的な外国企業誘致政策によりタイプラスワン、ベトナムプラスワンとして外資系企業の進出ラッシュが続きます。
そんな勢いのあるカンボジアの魅力に迫ります。

アーバンビレッジII


アーバンビレッジII・外観アーバンビレッジII・外観​

アーバンビレッジII・エントランスアーバンビレッジII・エントランス

夜の上空から見たアーバンビレッジII夜の上空から見たアーバンビレッジII​

アーバンビレッジII周辺アーバンビレッジII周辺

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内​

アーバンビレッジII・1階アーバンビレッジII・1階

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内​

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内​

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内

アーバンビレッジII・リビングアーバンビレッジII・リビング​

アーバンビレッジII・室内アーバンビレッジII・室内

【プロジェクト概要】

[物件名]アーバンビレッジII
[建物タイプ]マンション
[建物の階数]地上51階建て(E、F、G棟) 地上61階建て(H棟)
[完成年月]2023年6月予定
[総戸数]E棟391戸、F棟462戸、G棟446戸、H棟約500戸
[売主]Urban Hub (Cambodia) Co.,Ltd
[管理費・修繕積立金]1平米0.8USドル/月
[専有面積]29㎡~

アーバンビレッジは、東南アジアでも有名なプロパティアワードで6つの賞を受賞し、今アジアで最も注目されているコンドミニアムです。
今後開発が期待されるフンセン道路に隣接したプノンペン・ミンチェイの新ランドマークです。
Studioタイプから3ベッドルームまであり、900万円台から購入可能。
リーズナブルな価格とスタイリッシュなデザインでローカルはもちろん海外からも幅広く人気を集めています。

講演者

  • 中村 英里那

    株式会社COLORS
    国際事業部
    中村 英里那

    国際基督教大学(ICU)卒業。専門商社を経て、父親が経営する不動産屋の持ち物件で民泊運営を開始。Airbnbで4年連続スーパーホストとして認定され、世界各国からのゲストを迎える。その傍らフリーランスとして英語・韓国語の翻訳、Webメディアの編集、Youtubeの評価、動画編集なども経験。持ち前のフレンドリーさでお客様ともデベロッパーとも密にコミュニケーションを取りながらご案内中。

【個別・オンライン】知らないとヤバい!海外不動産の真実(カンボジア編)セミナー

知らないとヤバい!海外不動産の真実(カンボジア編)セミナー

『知らないとヤバい!海外不動産の真実(カンボジア編)セミナー』

【日時】 1003(土)10:00~12:00(09:45開場)
1004(日)13:00~15:00(12:45開場)
1010(土)10:00~12:00(09:45開場)
1011(日)13:00~15:00(12:45開場)
【会場】 WEBセミナーのためご自宅等のパソコンなどを使ってご参加ください
【設定】 お申し込み後、WEBセミナーのリンクと参加方法をメールでご案内いたします
【注意】 オンライン参加時はWEBカメラをONにして頂きますようお願いいたします
【参加】 無料
【主催】 株式会社COLORS

海外不動産の真実(カンボジア編)セミナー

海外の不動産投資でよく見る「利回り保証」って一体何?
海外不動産の中でもリターンの大きい新興国、リスク回避の為に「保証」という言葉に惹かれてしまいがち。
保証=安心と安易に考えてしまう人は要注意です。
「保証」の仕組みをしっかりと理解していますか?
他国より物件価格が安く、手を出しやすい新興国ですが、本当に安く購入できているのでしょうか。
このセミナーを聞けば、海外不動産の仕組み、そして「保証」の実態が分かります。
資産運用EXPO、日経マネーセミナー、海外不動産セミナーなど、多数登壇実績のある講師が真実のみを分かりやすく解説。
このセミナーで海外不動産の持ち方や内容をしっかりと理解しましょう。
ぜひ、ご参加をお待ちしております!

海外不動産の真実がわかります

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

カンボジア不動産市況の現状(2020年下期)

今セミナーではカンボジア不動産の不都合な真実につきましてご説明いたします。
東南アジアの中でもタイやマレーシアに比べ、出遅れているカンボジアですが、ここに来てカンボジア不動産に注目が集まっています。
しかしながら現在のカンボジアの不動産市況はコンドミニアムの本格的な供給過多時代に突入しています。
住居マンションで言いますと、プレビルドの新築より完成済み新古品や中古マンションが狙い目になると考えられます。
当日は、カンボジアの不動産状況を詳しく説明し「知らないとヤバい!海外不動産の不都合な真実」について徹底解説します。

カンボジア不動産市況の現状(2020年下期)

新型コロナウィルス感染拡大のため世界中のコンドミニアムの建設がストップしています。
もちろんカンボジアもです。
それだけでなくカンボジア首都プノンペンのコンドミニアム過剰供給懸念が急拡大しております。
大手不動産業者のCBREによりますとコロナウィルス感染拡大とは縁の無かった頃のカンボジアのコンドミニアム総戸数は約9,000戸です。これに対してコロナウィルス感染拡大前約1年・拡大後約1年に完成して新たに市場に売り出されるコンドミニアムは、13,000戸程度と見られ、新型コロナウィルスが落ち着いたころには総戸数が20,000戸を軽く超えてくるものと予想しています。
そのため、コンドミニアムの大量供給による価格下落が予測されています。

大量供給をうけてコンド市況は横ばい 賃料は値下がり

コロナウィルス感染拡大前約1年・拡大後約1年の大量供給を受けて、入居率は大幅な減少が見込まれます。
CBREのレポートによると、コンドミニアムの価格は横ばい、賃料は下落が目立ち始めて、中価格帯で対前期比12%下落しており、一層の留意が必要です。

不動産は、1つ1つ違います。
同じ都市でもエリアによって、収益性も最適な投資戦略も違ってきます。
カンボジア不動産に賢く投資するには、マクロ・ミクロの両面からマーケットを分析することが不可欠です。


今セミナーでは「カンボジア不動産マーケットの不都合な真実」を、講義にまとめて、お届けします。

しっかりした知識と投資センスが身につきます

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • Asuka Miyakoda

    株式会社COLORS
    国際事業部
    Asuka Miyakoda

    アジアの活気に魅了され、「好き」が高じて中国大陸と香港に住んでしまった経験を持つ。日本国内にとらわれない広い視野が持ち味。一期一会の出会いを大切に、担当したお客様一人ひとりに合わせた提案をモットーとする。

ページトップへ