セミナー会員数 8,684名 (1月17日更新)

【満員御礼】オンライン開催マレーシア第二の都市「ペナン」鉄道計画で不動産市場が活性化! マレーシア・ペナン不動産セミナー  ビーチリゾートとして有名で、電気・電子産業の大きな基盤もあり、日本人のロングステイ・留学でも人気都市!

マレーシア第二の都市「ペナン」鉄道計画で不動産市場が活性化! マレーシア・ペナン不動産セミナー  ビーチリゾートとして有名で、電気・電子産業の大きな基盤もあり、日本人のロングステイ・留学でも人気都市!

マレーシア第二の都市「ペナン」鉄道計画で不動産市場が活性化! マレーシア・ペナン不動産セミナー  ビーチリゾートとして有名で、電気・電子産業の大きな基盤もあり、日本人のロングステイ・留学でも人気都市!

【日時】 【満員御礼】116日(土)11:00-12:00
【会場】 WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい
【設定】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【参加】 無料
【主催】 コスモス・プラン

前回、大変好評を頂きましたマレーシア・ペナンの不動産セミナーですが、参加できなかった方々のために、新たにマレーシア・ペナンの不動産に関するオンライン・セミナーを開催します。

ぺナンの不動産に関するお得な情報としまして、現在外国人購入者に対する課徴金(3%)の免除、外国人が購入可能物件価格の低減(約2,600万円から2,100万円)等の特例(2022年6月9日まで)がございます。

ペナン州はマレーシアのビーチリゾートして長く知られていますが、実は人口 180 万人を抱えクアラルンプールに次ぐ第二の都市と言える基盤があります。
経済面では観光業以外に電気・電子産業のアジアの一大拠点となっており、欧米、日本、韓国等の大手半導体、電子、電気メーカーの工場が沢山あります。
東レ、ソニー、日立半導体(ルネサス半導体)等は古くからペナンに進出し、現在約4,000名の在留邦人がペナンに住み、日本人会や日本国総領事館もペナンにあります。
ペナンはリゾート色豊かで、かつ日本人の生活に便利、安心と言う事もあり、日本人シニアのロングステイでは根強い人気があります。
また沢山のインターナショナルスクールもあり、学費がクアラルンプールに比べ安いという事もあり、日本人学生の留学先としても大変人気です。
そんなペナン島でもいよいよ鉄道網を建設する計画(駅の位置含め)が発表され、近々工事予定が公表される予定です。
コロナ禍でペナンの不動産市場も今はかなり冷えていますが、現在期間限定のペナン州政府からの特典もあり、中長期的に購入、投資の絶好のチャンスとなっています。
更にコロナ禍でマレーシア通貨が歴史的な通貨安(円高)となっており、日本から投資するには大きな為替メリットも出て来ています。

セミナーではマレーシア・ペナンの不動産環境について詳しく説明し、ペナンの電車網建設でメリットを受けるミューズ(MUZE)と言う物件をご紹介します。
ミューズは、新しく出来る駅に連結、隣にショッピングモール、ゴルフ場(日本人経営)も直ぐ近くと言う好条件が揃った物件です。
是非ご参加をお待ちしております!

ロングステイ⼈気のマレーシアの新築物件をご紹介します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア・東洋の真珠ペナンについて

ペナン プラナカン マンションペナン プラナカン マンション

セント ジョージ教会 セント ジョージ教会

コーン ウォリス要塞 コーン ウォリス要塞

ビクトリア メモリアル時計塔 ビクトリア メモリアル時計塔

東洋の真珠として知られるペナンには、マレーシアで最もカラフルな文化史、おいしい料理、魅力的なビーチがあります。
この元英国植民地は、マレーシアで最も重要な経済を司っている州の1つであり、すべての州の中で1人あたりのGDPが最も多いと言われています。
革新的なインフラ整備やコンドミニアム等の高層ビル、また歴史的なきちんとよく保存されている建物と共存している場所であり、生活と商業に最適な国際的な場所の1つとして注目されている場所の1つです。

マレーシア地図マレーシア地図 日本からは飛行機で約7時間30分

マレーシアで暮らす日本人の推移マレーシアで暮らす日本人の推移

ロングステイ・長期滞在ビザ(MM2H)取得方法も詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア・ペナン・Muze(ミューズ)



Muze(ミューズ)外観Muze(ミューズ)外観

Muze(ミューズ)周辺Muze(ミューズ)周辺


Muze(ミューズ)中庭Muze(ミューズ)中庭

Muze(ミューズ)プールMuze(ミューズ)プール


Muze(ミューズ)アメニティMuze(ミューズ)アメニティ

Muze(ミューズ)室内Muze(ミューズ)室内


Muze(ミューズ)室内Muze(ミューズ)室内

Muze(ミューズ)室内Muze(ミューズ)室内


Muze(ミューズ)室内Muze(ミューズ)室内

上空から見たMuze(ミューズ)上空から見たMuze(ミューズ)

ペナン島のBayan Lepas地区に、大手のプロパティー会社として有名なHUNZAが手掛けます新しいプロジェクトPICC (Penang International Commercial Cityの略) がスタートし、第一段階で不動産の「MUZE」の物件販売が始まっております。
すぐそばには、有名なペナンゴルフクラブがあり、イオンが入っておりますクィーンズベイモールへも、車で約10分という位置にあります。
特筆できます点は、近い将来出来ますペナン空港からジョージタウンまでのLRTの駅が出来ますし、何よりも駅に直結したショッピングモールもオープン予定です。
空港やジョージタウン方面へのアクセスもしやすくなり、生活には、とても便利な場所になります。

【南西地区のペナンの新しいハート】MuzeはPICCに属します。
PICCは、ペナンのバヤンレパス地区の新しい中心部にある、43エーカーの永久保有にある数十億リンギットの開発地です。
この蜂起する都市は、島の南西地区の人口の62%以上を誇っています。
バヤンレパスには、ペナン国際空港と、「東のシリコンバレー」と呼ばれ名祖のフリー工業地帯があります。
有名な多国籍企業がこの賑やかなハブに工場と組立ラインを確立しています。

ペナンの南西地区は、インフラ、設備、生活の活気を改善することにより、グリーンでスマートな島を作るという「ペナン2030」計画の主要な焦点として州政府に指定されています。
PICCはこのビジョンを先導し、建築、景観、デジタルの革新を組み合わせて、よりスマートで贅沢な生活とグリーンライフスタイルを前面に押し出すことで、地域を変革することを目指しています。

・全体的な開発
【ペナン国際商業都市の一部 】Muzeは、ペナン国際商業都市(PICC)での最初の住宅プロジェクトになります。
それは、ペナンの活気に満ちた文化と最先端の創意工夫を表す先見性のある統合された傑作と結びついています。
そして一流のインフラ、戦略的接続性から統合された利便性まで、PICCは新しい形での生活の先駆けとなります。

【プロジェクト概要】
物件名称ミューズ (MUZE) PICC (MUZE at PICC )
地区バヤン・バル (Bayang Baru)
住所Jalan Tun Dr.Awang, Sungai Nibong Kecil, 11900 Bayan Lepas, Penang.
開発会社HUNZA GROUP
完成(予定)年月2022年10月
種別コンドミニアム
総戸数846戸
建物階数52 & 58階
交通情報ペナン国際空港まで約6キロ(車で約10分)
当日物件について詳細にご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 講演者画像

    株式会社トロピカル・リゾート・ライフスタイル(MM2H)ペナン支店
    上原 剛

    妻がペナン出身のマレーシアの華人系ということもあり、2015 年 2 月に、永住目的でペナンに移住。すでに実の両親と自身のお墓も購入済みで、このままマレーシアで第二の人生を送っています。ペナンで飲食店舗を経営したこともあり、その後にトロピカルリゾートライフスタイル社と仕事上の繋がりが出来て、2019 年 12 月に株式会社トロピカルリゾートライフスタイルに入社。MM2H ビザ関連、ツアー等を担当し、自身もコンドミニアムを所有していることから、ペナンの不動産等を考察しています。

  • 講演者画像

    株式会社トロピカル・リゾート・ライフスタイル(MM2H)ペナン支店
    ハワ・ビンティ・イスマイル(HAWA)

    日本に留学するために、2年間日本語を勉強し、2002年に室蘭工業大学の機械システム工学部に入学。2006 年に卒業し、マレーシアのパナソニックに入社。その後、MBA取得のために2010年にマレーシアの国立大学の経営大学院へ進学し、MBA を取得し 2012 年に卒業。資格を活かしながら数社で就業し、2018年12月からコスモスプランペナン支店に入社し、主に不動産全般を担当。

【満員御礼】WEBセミナー・新駅と大型プロジェクトでメリット受ける厳選物件をご紹介! マレーシア首都クアラルンプールセミナー

新駅と大型プロジェクトでメリット受ける厳選物件をご紹介! マレーシア首都クアラルンプールセミナー

『新駅と大型プロジェクトでメリット受ける厳選物件をご紹介! マレーシア首都クアラルンプールセミナー』

【日時】 【満員御礼】1220日(日)15:00-16:00
【会場】 WEBセミナーのためご自宅等のパソコンなどを使ってご参加ください
【設定】 お申し込み後、WEBセミナーのリンクと参加方法をメールでご案内いたします
【参加】 無料
【主催】 株式会社コスモスプラン

今セミナーでは、最近発表されたマレーシア政府予算の中で、不動産市場に大きな影響を与えそうなプロジェクトについてわかりやすく解説いたします。

不動産市場に大きな影響を与えそうなプロジェクトとは
1)クアラルンプール首都圏のMRT3号線(東京の山手線の様な循環線)新駅の位置が公表されたこと
2)マレーシア首都クアラルンプールとシンガポール間の新幹線工事開始に向けて両国首脳が会談開始したこと

です。

セミナーでは不動産市場に大きな影響を与えそうなプロジェクトを詳しく説明し、新規鉄道網や都心大型開発で具体的にメリットを受けるプロジェクトや物件をご紹介します。
ご自宅から参加可能なオンラインセミナーです。
是非ご参加ください。

不動産市場に大きな影響を与えそうなプロジェクトについてご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア首都クアラルンプールの大型プロジェクト

マレーシア首都クアラルンプール中心地では、以下の大型プロジェクトが完成したり、着々と進行しています。

①金融特区(TRX)も最初のオフィスタワーが完成、国際金融機関の入居が始まっている。
②PNB118と言うマレーシア政府投資会社の118階建て(世界で2番目の高層ビル)も2022年前半完成予定で着々と工事が進んでいる。
③三井ららぽーとモールが入居するBBCCプロジェクトが来年5月の完成、開業を目指して此方も着々と工事が進んでいる。


上記①~③の大型プロジェクトが進行し、そこに鉄道網がどんどん整備される事で、マレーシア首都クアラルンプール中心地に幾つか新しいランドマークが誕生し、首都圏不動産市場に大きな影響が想定されます。

セミナーでは上記内容を詳しく説明いたします。

マレーシア不動産市場は、コロナ禍経済急減速の影響で、新規物件もかなり販売価格を抑え、中古物件でも市場価格を大幅に下回る価格でも購入可能な状況になっています。
更にコロナ禍で原油価格が大幅下落した事により、マレーシア通貨(リンギ)が歴史的に安い(RM=25.5円程度)状況になっております。
日本円ベースでマレーシア不動産が格安の状態、日本から投資するに絶好の機会になっています。


ルセンティアレジデンス (LUCENTIA RESIDENCES)

ルセンティアは、クアラルンプール一の繁華街である「ブキッビンタン」地区の新規プロジェクトの住居棟です。
プロジェクト名は「ブキッ・ビンタン シティセンター(Bukit Bintang City Centre)」。
現地ではその頭文字をとって「BBCC」と呼ばれています。
BBCCには、三井の「ららぽーと」やソニーグループの「Zepp」ライブホールの進出が決定していて、注目度の高いプロジェクトです。



STRATA OFFICESSTRATA OFFICES

RESIDENCES style=RESIDENCES

TRANSIT HUBTRANSIT HUB

TRANSIT HUBTRANSIT HUB

【プロジェクト概要】
⽴地KL都心(ブキッビンタン地区)
開発会社BBCC Development Snd. Bhd.
完成予定2021年
総⼾数393⼾
階数47階
⼟地形態99年の借地権
共有施設プール、展望台、ジム、ヨガルーム他
管理費約RM6.5/㎡ (約163円 RM1=25円)
1+1ベッド(60㎡)約2,760万円〜
2ベッド(79㎡)約3,595万円〜
デュアルキー(82㎡)約3,947万円〜
ルセンティアレジデンスについて詳細にご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

KLエコシティー ビアレジデンス (KL ECOCITY ViiA Residences)

ビアレジデンスは、大規模開発「KLエコシティ」の一角を占める、ホテル&コンドミニアムです。
立地は、日本人に人気のある「ミッドバレー地区」に隣接しており、伊勢丹が入る大型ショッピングモールの「ガーデンズ」と空中歩道で接続します。
また、世界でも有数の規模を誇る、日本人の交流会である「KL日本人会」が徒歩25分程度のところにあります。 そのため、日本人のロングステイにはピッタリの立地となっています。



KLエコシティー ビアレジデンス外観KLエコシティー ビアレジデンス外観

KLエコシティー ビアレジデンスエントランスKLエコシティー ビアレジデンスエントランス

KLエコシティー ビアレジデンスプールKLエコシティー ビアレジデンスプール

KLエコシティー ビアレジデンスKLエコシティー ビアレジデンス

KLエコシティー ビアレジデンスKLエコシティー ビアレジデンスリビング

KLエコシティー ビアレジデンス室内KLエコシティー ビアレジデンス室内

KLエコシティー ビアレジデンス室内KLエコシティー ビアレジデンス室内

KLエコシティー ビアレジデンス周辺KLエコシティー ビアレジデンス周辺

KLエコシティー ビアレジデンス周辺KLエコシティー ビアレジデンス周辺

上空から見たKLエコシティー ビアレジデンス上空から見たKLエコシティー ビアレジデンス

KLエコシティー ビアレジデンス周辺KLエコシティー ビアレジデンス周辺

KLエコシティー ビアレジデンス周辺KLエコシティー ビアレジデンス周辺

【プロジェクト概要】
⽴地ミッドバレー、LRT線Abdullah Hukum駅に隣接
開発会社SP Setia
完成予定2021年
総⼾数326⼾
種別コンドミニアム
共有施設プール、ジム、BBQエリア、スカイラウンジ他
交通情報LRT線Abdullah Hukum駅とKTM線Eco City駅に隣接
1+1ベッド(75.33㎡)約3,492万円〜
KLエコシティー ビアレジデンスについて詳細にご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 講演者画像

    株式会社コスモス・プラン 代表取締役
    石原 彰太郎

    1981年慶應義塾大学卒業、米国William &Mary大学 経営大学院(MBA)卒業、国際証券(現:東京三菱UFJ証券)でアナリスト、(株)テクノベンチャーでベンチャーキャピタル マネージャーを務めた後、マレーシア ペナンに渡りゴルフ場を開発、経営。1999年トロピカル リゾート ライフスタイル(MM2H)社を立ち上げ、現在までに10,000名を超える日本人のロングステイをサポート。1,000名以上の日本人のMM2Hビザを取得。 現在、トロピカル リゾート ライフスタイル(MM2H)社は、日本のロングステイ財団のペナンとクアラルンプールの認定サロン。2009年、日本の不動産仲介業者大手のアパマンショップネットワークに加入し、アパマンショップ ペナン店とクアラルンプール店を開店。日本で多くのロングステイ、マレーシア不動産セミナー講師を務め、テレビに多数出演。2011年6月には筑摩書房より「日本脱出先 候補No.1国 マレーシア」を出版。

【受付終了】オンライン開催・マレーシア第二の都市「ペナン」鉄道計画で不動産市場が活性化! マレーシア・ペナン不動産セミナー  ビーチリゾートとして有名で、電気・電子産業の大きな基盤もあり、日本人のロングステイ・留学でも人気都市!

マレーシア第二の都市「ペナン」鉄道計画で不動産市場が活性化! マレーシア・ペナン不動産セミナー  ビーチリゾートとして有名で、電気・電子産業の大きな基盤もあり、日本人のロングステイ・留学でも人気都市!

マレーシア第二の都市「ペナン」鉄道計画で不動産市場が活性化! マレーシア・ペナン不動産セミナー  ビーチリゾートとして有名で、電気・電子産業の大きな基盤もあり、日本人のロングステイ・留学でも人気都市!

【日時】 【受付終了】123日(木)19:00-20:00
【会場】 WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい
【設定】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【参加】 無料
【主催】 コスモス・プラン

今セミナーでは、マレーシア(首都クアラルンプール・ペナン・ジョホールバル)の3ヵ所に事務所を持ち、マレーシア不動産を12年以上取り扱っているコスモス・プラン社よりマレーシアの不動産についてご説明いたします。
今回ご紹介するマレーシア・ペナンは「マレーシアのリゾート地」「世界遺産都市」「半導体産業の工場地帯」として有名です。
ペナンはリゾート色豊かで、かつ日本人の生活に便利、安心と言う事もあり、日本人のロングステイ、留学で人気の都市です。
セミナーではマレーシア・ペナンについて詳しく説明し、ペナンの電車網建設でメリットを受けるミューズ(MUZE)と言う物件をご紹介します。
ミューズ(MUZE)は、新しく出来る駅直結、隣にモール、ゴルフ場(日本人経営)も直ぐ近くと言う好条件が揃った物件です。
ご自宅から参加可能なオンラインセミナーです。
是非ご参加下さい。

ロングステイ⼈気のマレーシアの新築物件をご紹介します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア・東洋の真珠ペナンについて

ペナン プラナカン マンションペナン プラナカン マンション

セント ジョージ教会 セント ジョージ教会

コーン ウォリス要塞 コーン ウォリス要塞

ビクトリア メモリアル時計塔 ビクトリア メモリアル時計塔

東洋の真珠として知られるペナンには、マレーシアで最もカラフルな文化史、おいしい料理、魅力的なビーチがあります。
この元英国植民地は、マレーシアで最も重要な経済を司っている州の1つであり、すべての州の中で1人あたりのGDPが最も多いと言われています。
革新的なインフラ整備やコンドミニアム等の高層ビル、また歴史的なきちんとよく保存されている建物と共存している場所であり、生活と商業に最適な国際的な場所の1つとして注目されている場所の1つです。

マレーシア地図マレーシア地図 日本からは飛行機で約7時間30分

マレーシアで暮らす日本人の推移マレーシアで暮らす日本人の推移

ロングステイ・長期滞在ビザ(MM2H)取得方法も詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア・ペナン・Muze(ミューズ)



Muze(ミューズ)外観Muze(ミューズ)外観

Muze(ミューズ)周辺Muze(ミューズ)周辺


Muze(ミューズ)中庭Muze(ミューズ)中庭

Muze(ミューズ)プールMuze(ミューズ)プール


Muze(ミューズ)アメニティMuze(ミューズ)アメニティ

Muze(ミューズ)室内Muze(ミューズ)室内


Muze(ミューズ)室内Muze(ミューズ)室内

Muze(ミューズ)室内Muze(ミューズ)室内


Muze(ミューズ)室内Muze(ミューズ)室内

上空から見たMuze(ミューズ)上空から見たMuze(ミューズ)

ペナン島のBayan Lepas地区に、大手のプロパティー会社として有名なHUNZAが手掛けます新しいプロジェクトPICC (Penang International Commercial Cityの略) がスタートし、第一段階で不動産の「MUZE」の物件販売が始まっております。
すぐそばには、有名なペナンゴルフクラブがあり、イオンが入っておりますクィーンズベイモールへも、車で約10分という位置にあります。
特筆できます点は、近い将来出来ますペナン空港からジョージタウンまでのLRTの駅が出来ますし、何よりも駅に直結したショッピングモールもオープン予定です。
空港やジョージタウン方面へのアクセスもしやすくなり、生活には、とても便利な場所になります。

【南西地区のペナンの新しいハート】MuzeはPICCに属します。
PICCは、ペナンのバヤンレパス地区の新しい中心部にある、43エーカーの永久保有にある数十億リンギットの開発地です。
この蜂起する都市は、島の南西地区の人口の62%以上を誇っています。
バヤンレパスには、ペナン国際空港と、「東のシリコンバレー」と呼ばれ名祖のフリー工業地帯があります。
有名な多国籍企業がこの賑やかなハブに工場と組立ラインを確立しています。

ペナンの南西地区は、インフラ、設備、生活の活気を改善することにより、グリーンでスマートな島を作るという「ペナン2030」計画の主要な焦点として州政府に指定されています。
PICCはこのビジョンを先導し、建築、景観、デジタルの革新を組み合わせて、よりスマートで贅沢な生活とグリーンライフスタイルを前面に押し出すことで、地域を変革することを目指しています。

・全体的な開発
【ペナン国際商業都市の一部 】Muzeは、ペナン国際商業都市(PICC)での最初の住宅プロジェクトになります。
それは、ペナンの活気に満ちた文化と最先端の創意工夫を表す先見性のある統合された傑作と結びついています。
そして一流のインフラ、戦略的接続性から統合された利便性まで、PICCは新しい形での生活の先駆けとなります。

【プロジェクト概要】
物件名称ミューズ (MUZE) PICC (MUZE at PICC )
地区バヤン・バル (Bayang Baru)
住所Jalan Tun Dr.Awang, Sungai Nibong Kecil, 11900 Bayan Lepas, Penang.
開発会社HUNZA GROUP
完成(予定)年月2022年10月
種別コンドミニアム
総戸数846戸
建物階数52 & 58階
交通情報ペナン国際空港まで約6キロ(車で約10分)
当日物件について詳細にご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 講演者画像

    株式会社コスモス・プラン 代表取締役
    石原 彰太郎

    1981年慶應義塾大学卒業、米国William &Mary大学 経営大学院(MBA)卒業、国際証券(現:東京三菱UFJ証券)でアナリスト、(株)テクノベンチャーでベンチャーキャピタル マネージャーを務めた後、マレーシア ペナンに渡りゴルフ場を開発、経営。1999年トロピカル リゾート ライフスタイル(MM2H)社を立ち上げ、現在までに10,000名を超える日本人のロングステイをサポート。1,000名以上の日本人のMM2Hビザを取得。 現在、トロピカル リゾート ライフスタイル(MM2H)社は、日本のロングステイ財団のペナンとクアラルンプールの認定サロン。2009年、日本の不動産仲介業者大手のアパマンショップネットワークに加入し、アパマンショップ ペナン店とクアラルンプール店を開店。日本で多くのロングステイ、マレーシア不動産セミナー講師を務め、テレビに多数出演。2011年6月には筑摩書房より「日本脱出先 候補No.1国 マレーシア」を出版。

【オンライン&リアル】フィリピンAPECO特別永住権セミナー 4泊5日で取得! 年齢制限なし 就労・就学可能 必要書類はパスポートのみ 銀行口座開設サポート

【オンライン&リアル】フィリピンAPECO特別永住権セミナー 4泊5日で取得! 年齢制限なし 就労・就学可能 必要書類はパスポートのみ 銀行口座開設サポート

【オンライン&リアル】フィリピンAPECO特別永住権セミナー 4泊5日で取得! 年齢制限なし 就労・就学可能 必要書類はパスポートのみ 銀行口座開設サポート

【日時】 79日(木)19:00-20:00
【会場】 【オンラインセミナー参加の場合】
ご自宅のパソコン等を使ってご参加ください
【リアルセミナー参加の場合】
GSR株式会社 本社セミナールーム
【住所】 東京都港区浜松町2-1-16 SVAX浜松町Ⅱビル2階
【設定】 オンラインセミナー参加予定の方には、開催前日20時までに、参加用URLをメールにてご案内いたします
【参加】 無料
【主催】 GSR

今セミナーではフィリピンのマニラにもオフィスを構えるGSR社から世界最安・最短・最緩の特別永住権のご説明をしていただきます。
APECO特別永住権プログラムはGSR社独占販売で4泊5日の1回の渡航で永住権の取得が可能です。
ぜひ説明会にご参加くださいませ。

フィリピン永住権について詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

最も期待が持てる投資先&世界No.1のマリンリゾート フィリピン

7,100もの島々を持つ フィリピンは7,100もの島々を持つ

日本からの直行便が増えて利便性が上がったセブ 日本からの直行便が増えて利便性が上がったセブ

美しい山と海に囲まれたボラカイ 美しい山と海に囲まれたボラカイ

エルニドで有名なパラワン エルニドで有名なパラワン

フィリピンは今、世界中を見渡しても他に類を見ないほど不動産投資先として好条件が揃っています。注目すべきは、国の経済にとって重要とされる「労働力人口」の伸び。タイやベトナムなどそろそろ頭打ちが予想されますが、フィリピンは2080年まで現在の約2倍まで増加傾向にあります。まるで日本の1960年代のような状況です。日本ではその後、驚異的な高度経済成長が訪れ、通貨や不動産価格は数倍に上昇しました。これから、フィリピンでも同じことが起こることが予想されます。リーマン・ショックで打撃を受けた株価の回復の早さにもその傾向は表れています。フィリピンは今、世界で最も期待がもてる投資先のひとつです。既に多くの不動産の専門家や投資のプロも注目をしており、フィリピンに進出する動きを加速させています。

フィリピンの人口分布図は世界でもまれに見るほどの美しいピラミッド型フィリピンの人口分布図は世界でもまれに見るほどの美しいピラミッド型

1950年の日本の人口分布図。日本はこの後、世界に例のない高度経済成長期に入っていく1950年の日本の人口分布図。日本はこの後、世界に例のない高度経済成長期に入っていく

フィリピンについて詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

APECO(アペコ)特別永住権プログラムについて

APECO(アペコ)特別永住権は若い年齢での取得と就労・就学が可能かつ他国が提供しない永住ビザにも関わらず取得と維持の要件が緩いのが特徴です。 このAPECO(アペコ)プログラムに参加することでフィリピンの特別永住権APRVが取得できます。 セミナー後半ではこのプログラムについてもご説明いたします。

APECO(アペコ)特別永住権プログラム APECO(アペコ)特別永住権プログラム

APECO(アペコ)特別永住権プログラム APECO(アペコ)特別永住権プログラム

フィリピン永住権の目安フィリピン永住権



講演者

  • 佐藤 祐希
    GSR(旧ハロハロホーム)

    取締役

    佐藤 祐希

    静岡県出身。東京にて大手IT機器メーカーに入社。その後、大手什器メーカーを経て、営業の第一線で大手企業へ新規開拓を実践。地元、静岡県に戻り創業70年の老舗商社に入社し役員として8年間マネジメント業務に携わる。その後、GSR株式会社(旧株式会社ハロハロホーム)に入社。フィリピン投資のスペシャリストとして現在第一線で活躍している。フィリピンという国のまだ知られていない魅力を自分自身が感じ、サポートさせていただく皆様へフィリピンの魅力と可能性を「顧客目線」で提供できる力に多くのファンがついている。

  • 國分 聡
    GSR(旧ハロハロホーム)

    取締役

    國分 聡

    1980年7月8日生まれ。出身地は福島県郡山市。18歳から東京へ上京し、24歳の時に投資系の不動産会社に入社。 入社当時年間売上は1億円弱でNo.1を成し遂げる。その後、統括責任者に就任し実務経験をしっかりと積み、30歳の時に独立。10年目にして、ある共通の投資家様からご紹介を受け、何かのご縁でフィリピンにて事業拡大している旧株式会社ハロハロホーム(現 GSR)に入社。経済成長が著しいフィリピンの魅力を伝えるべく国内とマニラを行き来しながら活動している。

ページトップへ