セミナー会員数 6,402名 (10月16日更新)

信頼のセンチュリー21加盟店タイ法人責任者緊急来日!タイ&カンボジア不動産セミナー ~タイとカンボジアで生活していたからこそわかる「現地の声」をすべてお話いたします~

信頼のセンチュリー21加盟店タイ法人責任者緊急来日!タイ&カンボジア不動産セミナー ~タイとカンボジアで生活していたからこそわかる「現地の声」をすべてお話いたします~

信頼のセンチュリー21加盟店タイ法人責任者緊急来日!タイ&カンボジア不動産セミナー ~タイとカンボジアで生活していたからこそわかる「現地の声」をすべてお話いたします~

【日時】 1110日(土)14:00-16:30(開場13:30~)
1111日(日)14:00-16:30(開場13:30~)
【会場】 TKP東京駅前カンファレンスセンター
【会場住所】 東京都中央区八重洲1丁目5-20石塚八重洲ビル5階
【参加】 無料

今セミナーではセンチュリー21加盟店でタイとカンボジアに現地法人を持つ富士リアルティ社の現地責任者が緊急来日し、タイ・バンコクとカンボジア・プノンペンのコンドミニアム市場で今起こっていること、これから起こること、投資のリスクや実践方法について、日本人投資家必須の基礎&応用知識を解説して頂きます。
タイ・バンコクとカンボジア・プノンペンの不動産保有者の方、不動産購入を検討している方必見のセミナーです。
センチュリー21加盟店の富士リアルティ社はタイとカンボジアに法人を持ち、投資が初めての方でもご安心頂ける万全のサポート体制を、日本人スタッフと現地スタッフの連携によって実現しました。日本語、英語、タイ語、クメール語、中国語での同時通訳が可能ですので、契約時のご不安は不要です。
タイやカンボジアの不動産には、マレーシアのように外国人価格の設定がありません。タイでは1,000万円台、カンボジアでは500万円台からのご購入が可能です。インカムゲイン(家賃収入)とキャピタルゲイン(転売利益)の両方に魅力があるのがタイとカンボジア不動産の特徴です。
是非ご参加くださいませ。

当日はタイとカンボジアの不動産市況についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

なぜタイの不動産なのか?

Life Asoke Rama 9Life Asoke Rama 9

The Excel Hideaway Sukhumvit 71The Excel Hideaway Sukhumvit 71

The FINE BangkokThe FINE Bangkok

The Strand ThonglorThe Strand Thonglor

皆さんはなぜタイ・バンコクのコンドミニアムに興味を持っているのでしょうか?
次のようなことが主な理由ではないかと思います。

①タイが好き。そして海外に不動産を持つことに憧れる。
②ロングステイ、リタイヤ後のセカンドライフ用の自己使用目的。
③海外不動産という外貨資産を持つことで、円資産だけに偏らないよう資産防衛する。
④AEC(アセアン経済共同体)のスタートで、今後タイ経済はさらに発展し、バンコクの不動産も値上がりする。
⑤日本の不動産に比べて価格が手頃で利回りも高い。
⑥タイは、固定資産税も家賃収入に対する税金も実質なくて税金が安い。

いい面だけを見てタイ・バンコクで不動産を購入する、もしくは投資をしようとする人にとって、後になってこんなはずではなかったと後悔しないためには、タイ・バンコク特有の不動産の知識を事前に持っておく必要があります。
今セミナーではタイ・バンコクのコンドミニアム購入前の事前知識について詳細にご説明いたします。

タイ・バンコク不動産の基礎&応用知識をお伝えいたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

バンコク賃貸マーケットの特性

Ashton AsokeAshton Asoke

Edge Sukhunvit 23Edge Sukhunvit 23

Emporio PlaceEmporio Place

Rhythm Sukhumvit 42Rhythm Sukhumvit 42

CBRE(シービー・リチャード・エリス)タイランドは次のようにレポートしています。
「バンコクの賃貸マーケットは、実は2種類しかない。つまりエクスパッド(企業駐在員やリタイヤした裕福な外国人)向けのアッパーマーケットと、自分の家を買うことができない低所得層タイ人向けのロワーエンドマーケットである。何故なら、ほとんどのタイ人は持ち家志向であり、資金さえつけば借りるより買ってしまうため、バンコクには中間のミッドレンジマーケットは存在しない」
このことは、投資の「運用」と「出口」の戦略を考える上で忘れてはならないタイ・バンコク賃貸マーケットの特性です。したがって、中途半端な家賃設定しかできない物件を買ってしまうと、全然入居者がつかず、最後は外国人旅行者にホテルまがいの違法貸しするぐらいしか逃げ道がなくなります。
今セミナーでは「運用」と「出口」の戦略を意識した不動産選定方法についてご説明いたします。

「運用」と「出口」の戦略を意識した不動産選定方法についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

タイではどんなタイプのコンドミニアムに人気があるのか

タイ・バンコクであちこちのコンドミニアム販売展示場を見に行って、そこの販売員と話したり、最初に売れて行く部屋の間取りや方角等について注意深く見ていると、タイ人の間ではどんな部屋が人気があり、最初に売切れていくのかが段々とわかってきます。 今セミナーでは、そういったタイに住んでみないとわからないことについて詳細にご説明いたします。

タイに住んでみないとわからないことについてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

なぜカンボジアの不動産なのか?

カンボジア経済の中心地である首都プノンペンには、「東洋のパリ」と謳われたフランス植民地時代の名残を感じる街並みがところどころに残っております。また人件費の安さやタイ、ベトナムに挟まれた地理的環境から世界の企業がカンボジアに注目しています。このような背景から外国人を対象とした物件の建設ラッシュがおきています。

カンボジア不動産の「今」をお話いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

いよいよJ-Tower2(仮称)プロジェクト開始!投資としても、住まいとしても、期待以上の価値をご実感下さい

この度のJ-Tower2におきましては、ボンケンコン1エリア内に建設予定地を構えており、他社が平米単価4,000ドル程度にて販売されているのに対し、今プロジェクトでは平米単価2,000ドルにてリリースさせて頂きました。
プノンペンの中心地であるBKK1(ボンケンコン)エリアは、同市の中で最も生活水準が高いエリアで、近年大きく地価が上昇しております。<昨今では日系企業における飲食店や美容室、その他のビジネス参入が目立ち、外国人客で賑わうお洒落なホテル、カフェ、バーなどが多いエリアです。ワットランカー(寺)付近にあり、イオンモールプノンペンや、ロシアンマーケットへのアクセスも良好です。 また、近くにはカンボジアが、フランスから独立した際に祝って建築された独立記念塔もあります。夜のライトアップはとても綺麗です。
本プロジェクトでは遊び感覚も充分に取り組まれており、例えば五ツ星ホテルをイメージした共用部など「カンボジアに住みたい」と思わせてくれるようなクオリティを目指しており、立地条件や建築規模を鑑みても、カンボジアを代表する建物の1つになるだろうと期待しております。
今セミナー講師でもある富士リアルティ社はデベロッパーより総販売代理店として本プロジェクトを販売させて頂くことになりました。

J-Tower2(仮称)の立地J-Tower2(仮称)の立地

THE VIEW J-Tower2の外観

THE VIEW J-Tower2のロビーフロア


J-Tower2(仮称)プロジェクトについてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

J-TOWERメンバーズクラブについて

本プロジェクトでは9月に正式発表を控えておりますが、セミナーご来場の皆様にはご購入出来なかったということがないよう、プロジェクト発表前予め優先予約枠を設けました。
本クラブにご入会いただくことで、9月の正式発表前にご希望のユニットの購入権利を予約いただくことが出来ます。
本クラブのご入会には3,000ドルを頂戴しております。また、会員様には10月に予定されている本契約時の手付金より3,000ドルを値引きさ せていただきます。


セミナー会場地図(TKP東京駅前カンファレンスセンター)

TKP東京駅前カンファレンスセンター・地図TKP東京駅前カンファレンスセンター・地図


講演者

  • 講演者画像

    富士リアルティ株式会社(センチュリー21加盟店)

    海外事業部 タイ法人責任者
    佐渡山 貴大

    南国の島である沖縄県宮古島生まれ宮古島育ち、毎日青い海と青い空の環境のもとで生まれ育つ。大学時代にはフィジーで語学留学・オーストラリアでワーキングホリデーを経験。
    富士リアルティではカンボジア支店を経験後、現在はタイ支店で日々の業務をこなす。 現地では唯一の日本人で、信頼を第一においてお客様をサポート。

  • 講演者画像

    富士リアルティ株式会社(センチュリー21加盟店)

    海外事業部長
    松本憲幸

    2008年営業コンサルタントとして入社。同年管理企画部に配属。社内全体の売 上げ管理、新人指導、広告、その他多くの管理業務に従事。海外不動産セミナーを毎 月開催する傍らで、自身も多数のセミナーに参加し、不動産を中心に広く情報を収集 し顧客へのフィードバックを行っている。毎月カンボジアに数週間滞在し、現地ス タッフの教育、市場動向調査、新規プロジェクト視察等を行う。不動産はもちろん、 投資全般の情報を熟知しているため、多角的な視点からの説明が可能。不動産歴15年。

各国の不動産を徹底分析!5ヵ国不動産セミナー ~東南アジア新興国からアメリカ先進国まで~

各国の不動産を徹底分析!5ヵ国不動産セミナー ~東南アジア新興国からアメリカ先進国まで~

『各国の不動産を徹底分析!5ヵ国不動産セミナー ~東南アジア新興国からアメリカ先進国まで~』

【日時】 929日(土)10:00-12:00
【会場】 ビジネスエアポート青山
(1階にFlanflanが入っているビルです)
【会場住所】 東京都港区南青山3-1-3スプライン青山東急ビル6階
【入場】 無料

アジアでの不動産投資のメリットは、なんと言っても、高い経済成長率による、キャピタルゲイン(売却益)の期待額が大きい事です。一方でアメリカは、加速度償却による節税スキームが組みやすく、税金対策をしたい方にはおすすめです。今回は、合計5ヶ国の不動産を比較することで、東南アジアとアメリカ不動産の違いをお伝えします。セミナーで取り扱う国は、以下の5ヶ国です。

マレーシア:リンギット安により、「今」が絶好の購入タイミング
タイ:ピークが過ぎたと思いきや、ある場所を抑えれば断然お勧め
カンボジア:「第2のマレーシア・タイ」と言っても過言ではない隠れた国
ベトナム:2015年の外資規制解禁以来、外国人投資家の人気を集める
アメリカ:節税対策としておすすめの世界ナンバー1の経済大国

本セミナーでは、「世界各国を実際に訪問し、比較検討を行ったスタッフが厳選した物件を紹介」させて頂くと共に、なぜ、海外不動産投資の中でも、5カ国をお勧めするのかをお話しさせて頂きます。また、カンボジアで開発を行う日系上場企業「株式会社ラ・アトレ」の戦略事業部の方をお招きし、カンボジア不動産の魅力を余すことなくお伝えします。「これから海外不動産投資を始めようか検討している」「すでに海外・国内で不動産投資を行っている」という方々へ大変満足度の高いセミナーとなっております。

マレーシア/タイ/カンボジア/ベトナム/アメリカの不動産について語ります

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

今回ご説明するタイ新築物件「ルネス・トンロー5」

ルネス・トンロー5(Runesu Thonglor5)は日本大手ディベロッパーの信和グループとタイ現地のディベロッパー、ウォラルク プロパティ(Waraluk Property)が共同で開発した物件である。本物件は、2019年6月頃に建設予定で、総階数8階、総戸数156戸の低層コンドミニアムとなっている。
信和建設は、企画・開発から設計・施工、竣工後の仲介管理・事業経営などの分野でビジネスを展開しており、顧客のニーズに合わせた取り組みを行っている。
本物件は居住用物件において、日本以外の国で初めて「ルネス工法」を使用。床下の収納スペースを高さ最大60cmまで広げ、使用可能スペースを25~40%まで増加させている。また、本物件で使用されている「シズカライト」は通常の最大3倍もの雑音を吸収するので、より静かで落ち着きのある生活を送ることができる。
地下には車の乗り入れが快適に行える自動パーキングシステムが設置され、日本式の庭園やジェットスイミングプール、日本さながらの温泉、バーチャルゴルフ場、最新の設備が整ったジム、Wi-Fiが完備された公共エリアなどアメニティが充実している。また、24時間体制のセキュリティシステムが快適で安心な生活環境をもたらす。

トンロー(Thonglor)は日本人をはじめとする外国人に人気の高いエリアであり、ショッピングセンター、カフェ、ブティック、レストランなどの小売店が揃っている。またマックスバリュ(Maxvalu)というイオングループが経営するスーパーも位置している。
「スクンビット・ソイ55」とも知られている「トンロー」というエリアはスクンビット通り(Sukhumvit Road)からトンロー駅まで広がる一帯のことをいう。 この通り沿いはタイの中で最も高額な物件が位置し、また数多くの高級コンドミニアムが立ち並ぶ。日本人が多く住んでいるため、「リトルトーキョー(Little Tokyo)」とも呼ばれ、タイの富裕層が集まる場所としても知られる。

本物件はトンロー駅から車でわずか約3分、徒歩で約10分の距離にある。また、トンロー駅からMRT(高架鉄道)に乗り換えることのできるアソーク駅(Asok)まではたった2駅であるため、通勤、通学や外出にも適した場所に位置しており、交通アクセスが良い。

本物件の近隣には様々なショッピングモール、レストラン、病院、インターナショナルスクールがある。徒歩5分圏内には9:53コミュニティモール(9:53 Community Mall)、トップスマーケット(Tops Market)、MAZEトンロー(MAZE Thonglor)、サミティベジェ病院(Samitivej Hospital)、SPインターナショナル幼稚園(SP international Kindergarten)などがある。周辺は医療機関や教育機関が整い、商業施設もあるため、家族連れには嬉しい物件である。


ルネス・トンロー5エントランスルネス・トンロー5エントランス

ルネス・トンロー5ベッドルームルネス・トンロー5ベッドルーム


ルネス・トンロー5キッチンルネス・トンロー5キッチン

ルネス・トンロー5リビングルネス・トンロー5リビング

【プロジェクト概要】
物件名ルネス・トンロー5
建物タイプマンション
建物の階数地上8階建て
完成年2017年
総戸数156
物件価格(現地オリジナル通貨)THB 6,869,310 ~ 17,722,710
売主W-Shinwa

取扱い物件例 カンボジア新築物件「アクシス レジデンス」


アクシス レジデンス・エントランスアクシス レジデンス・エントランス

アクシス レジデンス・リビングアクシス レジデンス・リビング

アクシス レジデンス・寝室アクシス レジデンス・寝室

アクシス レジデンス・バルコニーアクシス レジデンス・バルコニー

カンボジア、プノンペン西部エリアに登場するアクシスレジデンス(AXIS Resicences)は、シンガポールのデベロッパーが開発、デザイン、施工、管理などすべての工程を一括して行っており、ハイクオリティなプロジェクトとなっています。また、外観、内装、および設備の仕様も洗練されており、プール、ジム、バスケットボールコート、テニスコート、庭園などの共用施設も非常に充実しています。
ユニットサイズは50㎡台のタイプから250㎡以上のタイプとあり、顧客のニーズに幅広く対応しています。ディベロッパーによると、想定利回りは8~9%と設定しており、2年間6%保証という家賃保証システムサービスが用意されています。想定利回りについては、将来的にはプノンペン西部エリアの家賃相場が上がって行くことを想定すると、現状よりも上昇することが予想され、将来性のある立地、高品質、購入後のサポート賃貸募集や管理全てをデベロッパー関連会社が行うなどを考慮すると、本プロジェクトはカンボジアでの不動産投資物件としては非常に魅力的です。

カンボジア・プノンペンの新築物件を詳しくお伝えします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

取扱い物件例 マレーシア新築物件「BBCC」

クアラルンプール都心の大規模開発で、希少性と将来性が高いプロジェクトです。しかも「ららぽーと」モールとソニーコンサートホールが進出、日本人には馴染み易い物件になります。Hang Tuah駅とMRT Merdeka駅に直結し、主要道路にも直結でアクセスは抜群です。1ベッド(51㎡)、1+1ベッド(61㎡)、2ベッド(80~82㎡)と小型の部屋で、外国人最低購入価格の1万リンギット(約2,500万円)から購入可能です。駅直結で、モールに隣接しているため賃貸需要も見込めます。



STRATA OFFICESSTRATA OFFICES

RESIDENCESRESIDENCES

TRANSIT HUBTRANSIT HUB

TRANSIT HUBTRANSIT HUB

【プロジェクト概要】
?地KL都心(ブキッビンタン地区)
開発会社BBCC Development Snd. Bhd.
完成予定2021年
総?数393?
階数47階
?地形態99年の借地権
共有施設プール、展望台、ジム、ヨガルーム他
管理費約RM6.5/㎡ (約163円 RM1=25円)
1+1ベッド(60㎡)約2,760万円?
2ベッド(79㎡)約3,595万円?
デュアルキー(82㎡)約3,947万円?
5ヵ国の不動産情報を1日で知ることができます

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)


セミナー会場地図(ビジネスエアポート青山)

ビジネスエアポート青山・地図ビジネスエアポート青山・地図


講演者

  • 藤川 祐馬

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    藤川 祐馬

    宮城県仙台市出身。立教大学在籍中に東南アジアを中心に4カ国に留学。東証一部上場企業マレーシア現地法人にてWebサービスセールス業務を行い、マレーシアの中堅ローカル社員の売上記録を抜き当時最高記録を樹立。日本帰国後、ビヨンドボーダーズに参画し入社以来一貫して不動産投資部門を担当。外国人投資家向けの日本不動産マーケットレポート作成や日本人投資家向けの海外不動産セミナー講師等その活躍は幅広い。

【北海道開催】各国の不動産を徹底分析!5ヵ国不動産セミナー ~東南アジア新興国からアメリカ先進国まで~

各国の不動産を徹底分析!5ヵ国不動産セミナー ~東南アジア新興国からアメリカ先進国まで~

『各国の不動産を徹底分析!5ヵ国不動産セミナー ~東南アジア新興国からアメリカ先進国まで~』

【日時】 【満員御礼】915日(土)11:00-13:00
【会場】 TKP札幌ビジネスセンター赤れんが前
【会場住所】 北海道札幌市中央区北4条西6丁目1 毎日札幌会館 5F
【入場】 無料

アジアでの不動産投資のメリットは、なんと言っても、高い経済成長率による、キャピタルゲイン(売却益)の期待額が大きい事です。一方でアメリカは、加速度償却による節税スキームが組みやすく、税金対策をしたい方にはおすすめです。今回は、合計5ヶ国の不動産を比較することで、東南アジアとアメリカ不動産の違いをお伝えします。セミナーで取り扱う国は、以下の5ヶ国です。

マレーシア:リンギット安により、「今」が絶好の購入タイミング
タイ:ピークが過ぎたと思いきや、ある場所を抑えれば断然お勧め
カンボジア:「第2のマレーシア・タイ」と言っても過言ではない隠れた国
ベトナム:2015年の外資規制解禁以来、外国人投資家の人気を集める
アメリカ:節税対策としておすすめの世界ナンバー1の経済大国

本セミナーでは、「世界各国を実際に訪問し、比較検討を行ったスタッフが厳選した物件を紹介」させて頂くと共に、なぜ、海外不動産投資の中でも、5カ国をお勧めするのかをお話しさせて頂きます。また、カンボジアで開発を行う日系上場企業「株式会社ラ・アトレ」の戦略事業部の方をお招きし、カンボジア不動産の魅力を余すことなくお伝えします。「これから海外不動産投資を始めようか検討している」「すでに海外・国内で不動産投資を行っている」という方々へ大変満足度の高いセミナーとなっております。

マレーシア/タイ/カンボジア/ベトナム/アメリカの不動産について語ります

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

取扱い物件例 カンボジア新築物件「アクシス レジデンス」


アクシス レジデンス・エントランスアクシス レジデンス・エントランス

アクシス レジデンス・リビングアクシス レジデンス・リビング

アクシス レジデンス・寝室アクシス レジデンス・寝室

アクシス レジデンス・バルコニーアクシス レジデンス・バルコニー

アクシス レジデンス・外観​アクシス レジデンス・外観

アクシス レジデンス・ジムアクシス レジデンス・ジム

カンボジア、プノンペン西部エリアに登場するアクシスレジデンス(AXIS Resicences)は、シンガポールのデベロッパーが開発、デザイン、施工、管理などすべての工程を一括して行っており、ハイクオリティなプロジェクトとなっています。また、外観、内装、および設備の仕様も洗練されており、プール、ジム、バスケットボールコート、テニスコート、庭園などの共用施設も非常に充実しています。
ユニットサイズは50㎡台のタイプから250㎡以上のタイプとあり、顧客のニーズに幅広く対応しています。ディベロッパーによると、想定利回りは8~9%と設定しており、2年間6%保証という家賃保証システムサービスが用意されています。想定利回りについては、将来的にはプノンペン西部エリアの家賃相場が上がって行くことを想定すると、現状よりも上昇することが予想され、将来性のある立地、高品質、購入後のサポート賃貸募集や管理全てをデベロッパー関連会社が行うなどを考慮すると、本プロジェクトはカンボジアでの不動産投資物件としては非常に魅力的です。

カンボジア・プノンペンの新築物件を詳しくお伝えします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

取扱い物件例 マレーシア新築物件「BBCC」

クアラルンプール都心の大規模開発で、希少性と将来性が高いプロジェクトです。しかも「ららぽーと」モールとソニーコンサートホールが進出、日本人には馴染み易い物件になります。Hang Tuah駅とMRT Merdeka駅に直結し、主要道路にも直結でアクセスは抜群です。1ベッド(51㎡)、1+1ベッド(61㎡)、2ベッド(80~82㎡)と小型の部屋で、外国人最低購入価格の1万リンギット(約2,500万円)から購入可能です。駅直結で、モールに隣接しているため賃貸需要も見込めます。



STRATA OFFICESSTRATA OFFICES

RESIDENCESRESIDENCES

TRANSIT HUBTRANSIT HUB

TRANSIT HUBTRANSIT HUB

【プロジェクト概要】
⽴地KL都心(ブキッビンタン地区)
開発会社BBCC Development Snd. Bhd.
完成予定2021年
総⼾数393⼾
階数47階
⼟地形態99年の借地権
共有施設プール、展望台、ジム、ヨガルーム他
管理費約RM6.5/㎡ (約163円 RM1=25円)
1+1ベッド(60㎡)約2,760万円〜
2ベッド(79㎡)約3,595万円〜
デュアルキー(82㎡)約3,947万円〜
5ヵ国の不動産情報を1日で知ることができます

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 藤川 祐馬

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    藤川 祐馬

    宮城県仙台市出身。立教大学在籍中に東南アジアを中心に4カ国に留学。東証一部上場企業マレーシア現地法人にてWebサービスセールス業務を行い、マレーシアの中堅ローカル社員の売上記録を抜き当時最高記録を樹立。日本帰国後、ビヨンドボーダーズに参画し入社以来一貫して不動産投資部門を担当。外国人投資家向けの日本不動産マーケットレポート作成や日本人投資家向けの海外不動産セミナー講師等その活躍は幅広い。

ページトップへ