セミナー会員数 6,183名 (8月20日更新)

【京都開催】各国の不動産を徹底分析!5ヵ国不動産セミナー ~東南アジア新興国からアメリカ先進国まで~

各国の不動産を徹底分析!5ヵ国不動産セミナー ~東南アジア新興国からアメリカ先進国まで~

『各国の不動産を徹底分析!5ヵ国不動産セミナー ~東南アジア新興国からアメリカ先進国まで~』

【日時】 819日(日)15:00-17:00
【会場】 三星ビル303号室
【会場住所】 京都市南区東九条西山王町1-15
【入場】 無料

アジアでの不動産投資のメリットは、なんと言っても、高い経済成長率による、キャピタルゲイン(売却益)の期待額が大きい事です。一方でアメリカは、加速度償却による節税スキームが組みやすく、税金対策をしたい方にはおすすめです。今回は、合計5ヶ国の不動産を比較することで、東南アジアとアメリカ不動産の違いをお伝えします。セミナーで取り扱う国は、以下の5ヶ国です。

マレーシア:リンギット安により、「今」が絶好の購入タイミング
タイ:ピークが過ぎたと思いきや、ある場所を抑えれば断然お勧め
カンボジア:「第2のマレーシア・タイ」と言っても過言ではない隠れた国
ベトナム:2015年の外資規制解禁以来、外国人投資家の人気を集める
アメリカ:節税対策としておすすめの世界ナンバー1の経済大国

本セミナーでは、「世界各国を実際に訪問し、比較検討を行ったスタッフが厳選した物件を紹介」させて頂くと共に、なぜ、海外不動産投資の中でも、5カ国をお勧めするのかをお話しさせて頂きます。また、カンボジアで開発を行う日系上場企業「株式会社ラ・アトレ」の戦略事業部の方をお招きし、カンボジア不動産の魅力を余すことなくお伝えします。「これから海外不動産投資を始めようか検討している」「すでに海外・国内で不動産投資を行っている」という方々へ大変満足度の高いセミナーとなっております。

マレーシア/タイ/カンボジア/ベトナム/アメリカの不動産について語ります

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

取扱い物件例 カンボジア新築物件「L'attrait BOEUNG KENG KANG」

L'attrait BOEUNG KENG KANGの外観と室内L'attrait BOEUNG KENG KANGの外観と室内

セミナーでご紹介する物件が所在するのは日本人や外国人駐在員などが多く住む一等地「ボンケンコン1区」(通称BKK1)で、プノンペンで一番の高級住宅地となっており、各国の大使館や国連施設、NGO施設などが多く、治安が良いことでも有名です。またこの地域で唯一日系上場企業が開発・管理をするコンドミニアムとなります。
本物件周辺には、外資系レストラン、お洒落なカフェ、高級サロンやスパ、外国製品を取り揃えるスーパーマーケット、外資系医療施設、インターナショナルスクールなど、外国人および現地富裕層向けのお店のほとんどはこのエリアに集中しています。
近年オープンしたカンボジア国内最大にして開業後1年間で1,500万人の来場者を集めたイオンショッピングモールまで車で5分の距離になります。
プノンペンしの中心に位置しているので、市内のどこへ行くにもアクセスは良好です。

ご希望の方には、後日現地へご案内し東南アジア諸国でも珍しい米ドルによる定期預金(年率4.75%)の民間最大手銀行口座開設をサポート。
視察ツアーもアレンジ可能です。ご家族・ご友人・従業員のリフレッシュのために世界遺産であるアンコールワット観光を付けたり、お友達とゴルフやカジノを楽しむこともできますのでお気軽にお問合せ下さい。

カンボジア・プノンペンの新築物件を詳しくお伝えします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

取扱い物件例 マレーシア新築物件「BBCC」

クアラルンプール都心の大規模開発で、希少性と将来性が高いプロジェクトです。しかも「ららぽーと」モールとソニーコンサートホールが進出、日本人には馴染み易い物件になります。Hang Tuah駅とMRT Merdeka駅に直結し、主要道路にも直結でアクセスは抜群です。1ベッド(51㎡)、1+1ベッド(61㎡)、2ベッド(80~82㎡)と小型の部屋で、外国人最低購入価格の1万リンギット(約2,500万円)から購入可能です。駅直結で、モールに隣接しているため賃貸需要も見込めます。



STRATA OFFICESSTRATA OFFICES

RESIDENCESRESIDENCES

TRANSIT HUBTRANSIT HUB

TRANSIT HUBTRANSIT HUB

【プロジェクト概要】
⽴地KL都心(ブキッビンタン地区)
開発会社BBCC Development Snd. Bhd.
完成予定2021年
総⼾数393⼾
階数47階
⼟地形態99年の借地権
共有施設プール、展望台、ジム、ヨガルーム他
管理費約RM6.5/㎡ (約163円 RM1=25円)
1+1ベッド(60㎡)約2,760万円〜
2ベッド(79㎡)約3,595万円〜
デュアルキー(82㎡)約3,947万円〜
5ヵ国の不動産情報を1日で知ることができます

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 高稲 祐貴

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    海外事業部 リーダー
    高稲 祐貴

    東南アジアにおいて新規事業の立ち上げや、複数の日本国内ITベンチャー・外資広告企業で法人営業を経験し、最年少最速契約記録などを持つ。2015年9月より当社に参画。インバウンド不動産営業責任者として世界各国の富裕層顧客に日本の不動産を販売。2018年6月より現職。

  • 藤川 祐馬

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    藤川 祐馬

    宮城県仙台市出身。立教大学在籍中に東南アジアを中心に4カ国に留学。東証一部上場企業マレーシア現地法人にてWebサービスセールス業務を行い、マレーシアの中堅ローカル社員の売上記録を抜き当時最高記録を樹立。日本帰国後、ビヨンドボーダーズに参画し入社以来一貫して不動産投資部門を担当。外国人投資家向けの日本不動産マーケットレポート作成や日本人投資家向けの海外不動産セミナー講師等その活躍は幅広い。

シンガポール上場の大手デベロッパー緊急来日!マレーシア不動産セミナー ~ユニクロとも提携実績のある大手企業の物件をご紹介~

シンガポール上場の大手デベロッパー緊急来日!マレーシア不動産セミナー ~ユニクロとも提携実績のある大手企業の物件をご紹介~

シンガポール上場の大手デベロッパー緊急来日!マレーシア不動産セミナー ~ユニクロとも提携実績のある大手企業の物件をご紹介~

【日時】 826日(日)17:00-19:00
【会場】 新宿プリンスホテル地下1階
【会場】 東京都新宿区歌舞伎町1-30-1
【参加】 無料

今セミナーは新宿プリンスホテル地下1階において、マレーシア大手不動産開発責任者をお呼びし、高層・高級コンドミニアムのご紹介をしていただきます。
マレーシアの首都クアラルンプールでは日系企業の進出が相次ぎ、現地在住日本人が急増しています。またロングステイや留学のためにマレーシアに移住する日本人も増えており、在留日本人が2011年の6,257人から2016年19,176人と3倍以上に増えています(日本大使館データ)。この増加傾向は今後も続く見込みです。
今回来日するデベロッパーは、高品質を売りにしており、富裕層に人気が高い物件を扱うことで有名です。
是非セミナーにご参加ください。

セミナーで詳しく物件のご説明をいたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

直近9年間で常にロングステイ先として人気ナンバー1のマレーシア

出所:ロングステイ財団「日本人の海外ロングステイ希望先」調査出所:ロングステイ財団「日本人の海外ロングステイ希望先」調査

ロングステイ財団の発表によると日本人が希望する海外ロングステイ先で圧倒的ナンバー1はマレーシアです。人気の理由は、物価が日本の約3分の1で食べ物は日本人の味覚に合うものが多いこと、医療が進んでいて日本語による受診が可能な病院が多いこと、英語が使えて親日であること、1年中温暖な気候で長期滞在ビザが取得しやすいことなどがあげられます。

ロングステイ人気のマレーシアの新築物件をご紹介します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア首都クアラルンプールについて

アジアでも有名なペドロナスツインタワーアジアでも有名なペドロナスツインタワー

1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア

マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟

美しいKLCC公園美しいKLCC公園

クアラルンプールは、アジアのなかで治安の良い都市で、地元の人々からは「KL(ケーエル)」の愛称で親しまれています。 「泥川の交わるところ」という意味のマレー語を語源に持ち、1800年代にすず鉱山の発見と共に発展しました。 1年の各月を通じて平均気温が27℃前後で暮らしやすい環境でもあります。


クアラルンプールにはエキゾチックな熱帯植物の公園、イギリス統治時代の面影を残す趣のある歴史的建造物、活気あふれる市場、 各民族の聖地であるモスクや寺院など、それらが混在する独特の景観を持っています。

マレーシア地図マレーシア地図 日本からは飛行機で約7時間30分

マレーシアで暮らす日本人の推移マレーシアで暮らす日本人の推移

ツインタワー徒歩圏内のLE NOUVEL KLCC

ル・ノーブルKLCCは、クアラルンプールの中心部に位置しています。Pritzker Architecture Prize受賞者と世界的に有名な建築家Jean Nouvelによってデザインされ、HervéDescottes、Patrick Blanc、Ikebuchi Koichiroによる超高級建築の最高傑作です。

この豪華な邸宅はJalan Ampangにあり、KLCCのちょうど向かいにあり、その距離は徒歩3分も掛かりません。 クアラルンプールのビジネスとライフスタイルの中心地で最も人気のある場所に位置し、ハイエンドのショッピングセンター、5つ星のホテル、企業オフィスにも近接しています。

本物件から見えるKLCC都心の眺望は随一で、当物件は住人へ都市における贅沢な暮らしを提供してくれます。すでに完成済みの物件で即入居可能です。



LE NOUVEL KLCCLE NOUVEL KLCC外観

LE NOUVEL KLCCLE NOUVEL KLCC眺望

LE NOUVEL KLCCLE NOUVEL KLCC自然との調和

LE NOUVEL KLCCLE NOUVEL KLCCバスルーム

LE NOUVEL KLCCLE NOUVEL KLCC室内

LE NOUVEL KLCCLE NOUVEL KLCC室内

LE NOUVEL KLCCLE NOUVEL KLCCエントランス

LE NOUVEL KLCCLE NOUVEL KLCC地図

【プロジェクト概要】
建物構造コンドミニアム 地上48階建て
エリアマレーシア・クアラルンプール
販売価格RM5,201,000~RM6,727,000(現時点)
完成時期2017年完成済
専有面積160~190 ㎡
ベッドルーム数2~3 Bed
デベロッパーWINGTAI MALAYSIA Sdn Bhd
総戸数195戸

Wing Tai Asia子会社Hartamaju Sdn Bhdについて

Wing Tai Asiaは1955年に香港で創業し、シンガポール証券取引所に上場している不動産開発大手です。シンガポール国外でも不動産開発を積極的に推進しております。Hartamaju Sdn BhdはWing Tai Asiaの子会社にあたります。過去40年にわたりアジア地域で、住宅、コンドミニアム、ホテル、サービスアパートなど不動産開発を手掛けてきた実績があります。Wing Tai Asiaが手掛けた物件は、不動産業界で最も栄誉ある数多くの賞を受賞しています。Wing Tai Asiaは日本のユニクロと合弁会社を設立し、シンガポールとマレーシアでユニクロブランドも展開しています。

Wing Tai Asia子会社Hartamaju Sdn Bhdについてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • ヘンリーブッチャー
    Hartamaju Sdn Bhd(Wing Tai Asia子会社)

    販売責任者

    Wing Tai Malaysia Berhadは、1966年7月8日にマレーシアに設立され、1979年1月にBursa Malaysia Securities Berhadのメインボードに上場しました。 その後民営化され、Wing Tai Malaysia Sdnに改称されました。

    Wing Tai Malaysiaの主な活動は投資保有です。 子会社を通じて、ウインタイ・マレーシアは、不動産開発および投資、 アパレルおよびライフスタイルの小売、衣服製造および貿易および投資保有に関与しています。

  • 遠藤 忠義

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    代表取締役
    遠藤 忠義

    ゴールドクレスト(東証一部 銘柄コード:8871)にて新築物件の販売を経験し、その後創業間もないSMS(現東証一部 銘柄コード:2175)に入社。営業・事業開発・人事マネージャーを歴任後、マレーシア現地法人となるSenior Marketing System Sdn Bhdを設立、地震も個人投資家として日本とアジアで物件の購入・売却を複数回経験。特にマレーシアで大きくキャピタルゲインを得た経験からお客様にも同じ経験をしていただきたいと思い当社を設立。現在は毎月のように東南アジア各国を駆け巡り、自分で投資したいと思える不動産を探し、お客様に提供している。

  • 藤川 祐馬

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    藤川 祐馬

    宮城県仙台市出身。立教大学在籍中に東南アジアを中心に4カ国に留学。東証一部上場企業マレーシア現地法人にてWebサービスセールス業務を行い、マレーシアの中堅ローカル社員の売上記録を抜き当時最高記録を樹立。日本帰国後、ビヨンドボーダーズに参画し入社以来一貫して不動産投資部門を担当。外国人投資家向けの日本不動産マーケットレポート作成や日本人投資家向けの海外不動産セミナー講師等その活躍は幅広い。

実際に購入した人物が語る!マレーシア&カンボジア不動産セミナー ~当日は購入から売却までの注意点もお伝えします~

実際に購入した人物が語る!マレーシア&カンボジア不動産セミナー ~当日は購入から売却までの注意点もお伝えします~

実際に購入した人物が語る!マレーシア&カンボジア不動産セミナー ~当日は購入から売却までの注意点もお伝えします~

【日時】 830日(木)19:00~20:00
【会場】 ビヨンドボーダーズ本社セミナールーム
【会場住所】 東京都新宿区新宿2-4-16 栄幸ビル4F
【参加費】 無料

今セミナーでは実際にマレーシアの不動産とカンボジアの不動産を個人で購入した人物による実体験を交えたマレーシア&カンボジア不動産についてご説明いたします。
またセミナーでは物件購入から物件売却に関する注意点もわかりやすくご説明いたします。
ビヨンドボーダーズ社にはマレーシアで数年暮らした経験を持つ人間が多数存在し、実際にマレーシアの物件を購入し、売却した経験を持つ者も少なくありません。またカンボジアで数年暮した経験を持つ者はいませんが、マレーシアとカンボジアとで物件購入時の違いなどについてわかりやすくご説明いたします。是非セミナーにご参加ください。

マレーシア&カンボジア不動産についてご紹介します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア初の「リッツカールトン」の名を冠した超高級レジデンス


ザ・リッツカールトン レジデンス・プール​ザ・リッツカールトン レジデンス・プール​

ザ・リッツカールトン レジデンス・ジムザ・リッツカールトン レジデンス・ジム

ザ・リッツカールトン レジデンス・アメニティ​ザ・リッツカールトン レジデンス・アメニティ

ザ・リッツカールトン レジデンス・ベッドルームザ・リッツカールトン レジデンス・ベッドルーム

​ザ・リッツカールトン レジデンス・リビングザ・リッツカールトン レジデンス・リビング

ザ・リッツカールトン レジデンス・書斎ザ・リッツカールトン レジデンス・書斎

ザ・リッツカールトン レジデンスはベルジャヤセントラルパーク(Berjaya Central Park)にある高層ビルの1つとしてそびえ立ち、1,023~2,605sqfのユニットと、45~48階部分に位置する2,605~4,284sqfのペンションがあります。
世界的に有名なリッツカールトンブランドと同じ開発基準であり、豪華なデザインが施されたこの物件は他都市よりも高い生活水準が期待できます。卓越したサービスと住人のニーズに合わせた思いやりのある物件は類を見ないと自信をもっておすすめできます。
本物件の9階部分にはインフィニティプール、テニスコート、スパ、ジム、レジデンスクラブラウンジ、子供用スタジオ、プライベートイベント用のオープンテラスガーデンなど様々な施設が完備されています。他にも、24時間のコンシェルジュサービス、ハウスキーピングサービス、空き在宅におけるケアマネジメント、イベントサービスなどの個別サービスもあり、アメニティやサービスが充実していることが魅力の1つです。

【プロジェクト概要】

[物件名]ザ・リッツカールトンレジデンス(The Ritz-Carlton residences)
[建物タイプ]マンション
[建物の階数]地上48階建て
[完成年]2017年
[総戸数]288戸
[価格]約7,500万円 ~
[売主] ワンサティガップ
[管理] ザ・リッツカールトン(The Ritz-Carlton)
[専有面積] 95.04 ~ 398.0㎡
詳細は当日ご説明いたします。

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

BBCC ルセンティアレジデンス(マレーシア・クアラルンプール)

ブキッビンタンシティセンタープロジェクト、通称BBCCはクアラルンプール中心市街地に位置し、ツインタワーがあることで有名なマレーシア最大規模のKLCCにも匹敵する、商業施設・オフィス・住宅・ホテル他で構成される大規模複合開発です。本物件のオススメポイントは大きく3つです。

① 立地メリット
本物件は、首都クアラルンプールの中でも一番の繁華街である「ブキッ・ビンタン」と呼ばれるエリアに位置しています。マレーシア最大規模を誇る“パビリオンショッピングモール“や、“ISETAN JAPAN STORE”として人気を博している“ロット10"など、高級ブティックから生活必需品まで幅広く揃えているショッピングモールが徒歩圏内にあります。また、“リッツ・カールトンホテル“や、“ウエスティンホテル“などの5つ星ホテルが立ち並び、クアラルンプールの六本木と呼ばれる高級エリアでの生活が実現できます。“安心“、”快適“、”賑わい“の都心生活を味わうことが出来る最高の立地と言えます。

② 三井ららぽーとショッピングセンター併設
本物件は日本の商業施設運営のトップ企業である三井不動産株式会社との共同事業により、日本人にも親しみを持てるであろうショッピングモール「三井ららぽーとショッピングセンター」が併設される予定です。広大な建物面積には、多くの日系企業も入居する予定となっており、将来、多くの日本人も集う場所として期待されています。他にも株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントのグループ会社が運営する東南アジア初の「Zepp」コンサートホールも設置される予定であり、モダンなオフィス、住宅、ホテル、商業施設、エンタテインメント施設を完備し、国際都市クアラルンプールにふさわしい衣、食、住、遊、働、全てが集約された大型開発がBBCCプロジェクトです。

③ 駅直結
さらに注目すべき点は、本物件が各交通機関へのアクセスの良さです。クアラルンプール市内を巡るモノレールのハン・トゥア駅やLRTなどの公共交通機関の駅と直結しており、渋滞を気にすることなく、簡単に周辺のエリアにアクセスすることができます。また、ムルデカMRT駅が完成予定であり、この駅の完成により、3つ駅が徒歩圏に登場することにより、更に交通の便が良くなると予測されています。将来、開通が予定されている高速鉄道の発着駅にはLRT経由でわずか2駅のみで行くことができ、将来シンガポールに行き来するビジネスパーソンにも需要が見込める物件として、期待されています。

政府のバックアップを受けて大開発されている本物件は、近年でも稀にみる超好立地物件といえます。この開発に日本大手デベロッパーである三井不動産が運営する商業施設「ららぽーと」が併設されるということで、日本人投資家も含めた外国人に大きく注目されています。立地、日系大手デベロッパーの協業、駅直結、この全てを満たし、将来大きく発展すると予測され、この価格での購入ができるのはBBCCのみであると考えられます。



STRATA OFFICESSTRATA OFFICES

RESIDENCES style=RESIDENCES

TRANSIT HUBTRANSIT HUB

TRANSIT HUBTRANSIT HUB

【プロジェクト概要】
⽴地KL都心(ブキッビンタン地区)
開発会社BBCC Development Snd. Bhd.
完成予定2021年
総⼾数393⼾
階数47階
⼟地形態99年の借地権
共有施設プール、展望台、ジム、ヨガルーム他
管理費約RM6.5/㎡ (約163円 RM1=25円)
1+1ベッド(60㎡)約2,760万円〜
2ベッド(79㎡)約3,595万円〜
デュアルキー(82㎡)約3,947万円〜

マレーシア・ジョホールバルの「SHAMA MEDINI」と「UMCITY」

「SHAMA MEDINI」は、香港で創業し、アジア主要都市での高級アパートメント運営で実績のあるSHAMAブランド運営のサービスアパートメント。1~5年目まで6%の借上げ保証があり、6年目以降は収益分配となります。オーナーになれば、年間14日間無料宿泊できることから、ビジネスや観光の拠点としても利用できます。「UMCITY PREMIUM CORPORATE OFFICE TOWER」は、世界中、特にイスカンダル計画推進に積極的なシンガポール、アメリカ、日本から企業や駐在員が集まるエリアの優位性を生かし、安定的な賃貸が見込めます。両物件ともに、現地銀行でローンが組め、キャピタルゲイン税はかかりません。将来的に、建物の目の前には美しい湖水公園が造られる予定で、潤いのある未来都市の誕生に期待できそうです。

SHAMA MEDINI

「SHAMA MEDINI」借上げ保証付きサービスアパートメント物件概要

所在地
Medini, Iskandar Malaysia
価格
RM726,680~(約2,034万円~)
戸数
213戸
専有面積
約54平米~
建物
鉄筋コンクリート造 20階建
竣工
2018年末
事業主
UMLand Medini Lakeside Development Sdn Bhd

UMCITY PREMIUM CORPORATE OFFICE TOWER

「UMCITY PREMIUM CORPORATE OFFICE TOWER」オフィス物件概要

所在地
Medini, Iskandar Malaysia
価格
RM666,152~(約1,865万円~)
ユニット数
108
専有面積
約72平米~
建物
鉄筋コンクリート造 18階建
竣工
2018年末
事業主
UMLand Medini Lakeside Development Sdn Bhd

ザ・ペントハウス レジデンス(カンボジア・プノンペン)


ザ・ペントハウス レジデンス・外観ザ・ペントハウス レジデンス・外観​

ザ・ペントハウス レジデンス・外観ザ・ペントハウス レジデンス・外観

ザ・ペントハウス レジデンス・室内​ザ・ペントハウス レジデンス・室内

ザ・ペントハウス レジデンス・室内ザ・ペントハウス レジデンス・室内

【プロジェクト概要】

[物件名]ザ・ペントハウスレジデンス(The Penthouse Residence)
[建物タイプ]マンション
[建物の階数]地上36階建て
[完成年]2018年
[総戸数]458戸
[価格]USD 80,000~850,000(約880~9,440万円)
[売主]ザ ペントハウス レジデンス
[施工]HOKO Design and Build Co., Ltd
[専有面積]34.0~314.0 sqm(㎡)

ザ・ペントハウスレジデンスは国際色の増すカンボジア・プノンペンの中心地に誕生する近代的な36階建て、全458戸のコンドミニアムです。国際基準の建築様式と建築技術によって建てられる本物件はカンボジアで最も贅沢なコンドミニアムとも評されております。また、様々なニーズに合わせるため、ワンルームタイプからスイートタイプ、ペントハウスなどがあります。ジムはもちろんのこと、屋上デッキにはプールの他、食事をとることのできるラウンジも兼ね備えており、トンレ・バサック川Tonle Bassac Riverと都市パノラマの大眺望を享受しながら贅沢な時間を過ごすことができるのは川沿いに建つ本物件ならではです。
今物件周辺にはホテルやショッピングモール、政府機関などが集まり、都会的でかつ国際色豊かなロケーションです。そのため治安も良く、買い物にも便利なため、快適な生活を送ることができます。ボンケンコンBoeung Keng Kangというプノンペン一等地のエリアで、日本を含む様々な国の大使館などが集まっているため、外国人が多く住む高級住宅街です。そのため、おしゃれなレストランやカフェ、インターナショナルスクールが多く存在します。日本人も多く住んでいるため、日本人にとっては住みやすいエリアと言えます。

L'attrait BOEUNG KENG KANG(カンボジア・プノンペン)


ラ・アトレ・ボンケンコン・エントランス​ラ・アトレ・ボンケンコン・エントランス

ラ・アトレ・ボンケンコン・プールラ・アトレ・ボンケンコン・プール

ラ・アトレ・ボンケンコン・ジム​ラ・アトレ・ボンケンコン・ジム

ラ・アトレ・ボンケンコン・室内ラ・アトレ・ボンケンコン・室内

ラ・アトレ・ボンケンコン・エントランス​ラ・アトレ・ボンケンコン・エントランス

ラ・アトレ・ボンケンコン・屋上ラ・アトレ・ボンケンコン・屋上

【プロジェクト概要】

[物件名]ラ・アトレ ボンケンコン
[建物タイプ]マンション
[建物の階数]地上26階建て
[完成年]2020年
[総戸数]149戸
[価格]USD 94,800~290,900(約1,050~3,230万円)
[売主]L'attrait Property Development Inc.
[施工]CMED Construction Co.,Ltd.
[専有面積]27.45~99.75 sqm(㎡)

発展途上国では非常に珍しい、日系企業および日本人技術者による高級コンドミニアムです。こだわりの間取り、施設設備、建材、何よりも日本人の目で作る高品質物件です。
今物件は全ての工程に日本人のプロフェッショナルな技術者が携わっており、カンボジアにまだ存在しない上質で丁寧なモノづくりをコンセプトに、都会的でスタイリッシュなデザイン性と実用的な機能性を提供します。
洗練された生活を彩るコンシェルジュサービス、安全を維持するセキュリティシステムなど、安心で心地よい暮らしを実現します。購入後の管理についても、日系の管理会社を起用することを予定しており、建物メンテナンスを徹底することで物件の資産価値の維持に貢献します。

セミナー後に質疑応答・個別相談も承ります

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 遠藤 忠義

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    代表取締役
    遠藤 忠義

    ゴールドクレスト(東証一部 銘柄コード:8871)にて新築物件の販売を経験し、その後創業間もないSMS(現東証一部 銘柄コード:2175)に入社。営業・事業開発・人事マネージャーを歴任後、マレーシア現地法人となるSenior Marketing System Sdn Bhdを設立、地震も個人投資家として日本とアジアで物件の購入・売却を複数回経験。特にマレーシアで大きくキャピタルゲインを得た経験からお客様にも同じ経験をしていただきたいと思い当社を設立。現在は毎月のように東南アジア各国を駆け巡り、自分で投資したいと思える不動産を探し、お客様に提供している。

  • 藤川 祐馬

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    藤川 祐馬

    宮城県仙台市出身。立教大学在籍中に東南アジアを中心に4カ国に留学。東証一部上場企業マレーシア現地法人にてWebサービスセールス業務を行い、マレーシアの中堅ローカル社員の売上記録を抜き当時最高記録を樹立。日本帰国後、ビヨンドボーダーズに参画し入社以来一貫して不動産投資部門を担当。外国人投資家向けの日本不動産マーケットレポート作成や日本人投資家向けの海外不動産セミナー講師等その活躍は幅広い。

首都クアラルンプールからジョホールバルまであなたにあった物件が見つかる!マレーシア不動産セミナー ~上手なローンの組み方から購入・売却まで~

首都クアラルンプールからジョホールバルまであなたにあった物件が見つかる!マレーシア不動産セミナー ~上手なローンの組み方から購入・売却まで~

首都クアラルンプールからジョホールバルまであなたにあった物件が見つかる!マレーシア不動産セミナー ~上手なローンの組み方から購入・売却まで~

【日時】 802日(木)19:00~20:00
【会場】 ビヨンドボーダーズ本社セミナールーム
【会場住所】 東京都新宿区新宿2-4-16 栄幸ビル4F
【参加費】 無料

今セミナーではUMランド、チェナンリゾート、ワンサティガップ、シノグレイトウォール、Symphony Life、Tan & Tan Developments、UDAホールディングス、ジーエスエイチなど多くのマレーシアデベロッパーと提携実績のあるビヨンドボーダーズ社からオススメのマレーシア新築物件をご紹介していただきます。
ビヨンドボーダーズ社にはマレーシアで数年暮らした経験を持つ人間が多数存在し、実際にマレーシアの物件を購入し、売却した経験を持つ者も少なくありません。今セミナーでは、マレーシアの不動産に関して経験豊富なスタッフより上手なローンの組み方から管理・売却までわかりやすく解説していただきます。

あなたにあった物件をご紹介します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア初の「リッツカールトン」の名を冠した超高級レジデンス


ザ・リッツカールトン レジデンス・プール​ザ・リッツカールトン レジデンス・プール​

ザ・リッツカールトン レジデンス・ジムザ・リッツカールトン レジデンス・ジム

ザ・リッツカールトン レジデンス・アメニティ​ザ・リッツカールトン レジデンス・アメニティ

ザ・リッツカールトン レジデンス・ベッドルームザ・リッツカールトン レジデンス・ベッドルーム

​ザ・リッツカールトン レジデンス・リビングザ・リッツカールトン レジデンス・リビング

ザ・リッツカールトン レジデンス・書斎ザ・リッツカールトン レジデンス・書斎

ザ・リッツカールトン レジデンスはベルジャヤセントラルパーク(Berjaya Central Park)にある高層ビルの1つとしてそびえ立ち、1,023~2,605sqfのユニットと、45~48階部分に位置する2,605~4,284sqfのペンションがあります。
世界的に有名なリッツカールトンブランドと同じ開発基準であり、豪華なデザインが施されたこの物件は他都市よりも高い生活水準が期待できます。卓越したサービスと住人のニーズに合わせた思いやりのある物件は類を見ないと自信をもっておすすめできます。
本物件の9階部分にはインフィニティプール、テニスコート、スパ、ジム、レジデンスクラブラウンジ、子供用スタジオ、プライベートイベント用のオープンテラスガーデンなど様々な施設が完備されています。他にも、24時間のコンシェルジュサービス、ハウスキーピングサービス、空き在宅におけるケアマネジメント、イベントサービスなどの個別サービスもあり、アメニティやサービスが充実していることが魅力の1つです。

【プロジェクト概要】

[物件名]ザ・リッツカールトンレジデンス(The Ritz-Carlton residences)
[建物タイプ]マンション
[建物の階数]地上48階建て
[完成年]2017年
[総戸数]288戸
[価格]約7,500万円 ~
[売主] ワンサティガップ
[管理] ザ・リッツカールトン(The Ritz-Carlton)
[専有面積] 95.04 ~ 398.0㎡
詳細は当日ご説明いたします。

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

BBCC ルセンティアレジデンス(マレーシア・クアラルンプール)

ブキッビンタンシティセンタープロジェクト、通称BBCCはクアラルンプール中心市街地に位置し、ツインタワーがあることで有名なマレーシア最大規模のKLCCにも匹敵する、商業施設・オフィス・住宅・ホテル他で構成される大規模複合開発です。本物件のオススメポイントは大きく3つです。

① 立地メリット
本物件は、首都クアラルンプールの中でも一番の繁華街である「ブキッ・ビンタン」と呼ばれるエリアに位置しています。マレーシア最大規模を誇る“パビリオンショッピングモール“や、“ISETAN JAPAN STORE”として人気を博している“ロット10"など、高級ブティックから生活必需品まで幅広く揃えているショッピングモールが徒歩圏内にあります。また、“リッツ・カールトンホテル“や、“ウエスティンホテル“などの5つ星ホテルが立ち並び、クアラルンプールの六本木と呼ばれる高級エリアでの生活が実現できます。“安心“、”快適“、”賑わい“の都心生活を味わうことが出来る最高の立地と言えます。

② 三井ららぽーとショッピングセンター併設
本物件は日本の商業施設運営のトップ企業である三井不動産株式会社との共同事業により、日本人にも親しみを持てるであろうショッピングモール「三井ららぽーとショッピングセンター」が併設される予定です。広大な建物面積には、多くの日系企業も入居する予定となっており、将来、多くの日本人も集う場所として期待されています。他にも株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントのグループ会社が運営する東南アジア初の「Zepp」コンサートホールも設置される予定であり、モダンなオフィス、住宅、ホテル、商業施設、エンタテインメント施設を完備し、国際都市クアラルンプールにふさわしい衣、食、住、遊、働、全てが集約された大型開発がBBCCプロジェクトです。

③ 駅直結
さらに注目すべき点は、本物件が各交通機関へのアクセスの良さです。クアラルンプール市内を巡るモノレールのハン・トゥア駅やLRTなどの公共交通機関の駅と直結しており、渋滞を気にすることなく、簡単に周辺のエリアにアクセスすることができます。また、ムルデカMRT駅が完成予定であり、この駅の完成により、3つ駅が徒歩圏に登場することにより、更に交通の便が良くなると予測されています。将来、開通が予定されている高速鉄道の発着駅にはLRT経由でわずか2駅のみで行くことができ、将来シンガポールに行き来するビジネスパーソンにも需要が見込める物件として、期待されています。

政府のバックアップを受けて大開発されている本物件は、近年でも稀にみる超好立地物件といえます。この開発に日本大手デベロッパーである三井不動産が運営する商業施設「ららぽーと」が併設されるということで、日本人投資家も含めた外国人に大きく注目されています。立地、日系大手デベロッパーの協業、駅直結、この全てを満たし、将来大きく発展すると予測され、この価格での購入ができるのはBBCCのみであると考えられます。



STRATA OFFICESSTRATA OFFICES

RESIDENCES style=RESIDENCES

TRANSIT HUBTRANSIT HUB

TRANSIT HUBTRANSIT HUB

【プロジェクト概要】
⽴地KL都心(ブキッビンタン地区)
開発会社BBCC Development Snd. Bhd.
完成予定2021年
総⼾数393⼾
階数47階
⼟地形態99年の借地権
共有施設プール、展望台、ジム、ヨガルーム他
管理費約RM6.5/㎡ (約163円 RM1=25円)
1+1ベッド(60㎡)約2,760万円〜
2ベッド(79㎡)約3,595万円〜
デュアルキー(82㎡)約3,947万円〜

SHAMA MEDINIとUMCITY(マレーシア・ジョホールバル)

「SHAMA MEDINI」は、香港で創業し、アジア主要都市での高級アパートメント運営で実績のあるSHAMAブランド運営のサービスアパートメント。1~5年目まで6%の借上げ保証があり、6年目以降は収益分配となります。オーナーになれば、年間14日間無料宿泊できることから、ビジネスや観光の拠点としても利用できます。「UMCITY PREMIUM CORPORATE OFFICE TOWER」は、世界中、特にイスカンダル計画推進に積極的なシンガポール、アメリカ、日本から企業や駐在員が集まるエリアの優位性を生かし、安定的な賃貸が見込めます。両物件ともに、現地銀行でローンが組め、キャピタルゲイン税はかかりません。将来的に、建物の目の前には美しい湖水公園が造られる予定で、潤いのある未来都市の誕生に期待できそうです。

SHAMA MEDINI

「SHAMA MEDINI」借上げ保証付きサービスアパートメント物件概要

所在地
Medini, Iskandar Malaysia
価格
RM726,680~(約2,034万円~)
戸数
213戸
専有面積
約54平米~
建物
鉄筋コンクリート造 20階建
竣工
2018年末
事業主
UMLand Medini Lakeside Development Sdn Bhd

UMCITY PREMIUM CORPORATE OFFICE TOWER

「UMCITY PREMIUM CORPORATE OFFICE TOWER」オフィス物件概要

所在地
Medini, Iskandar Malaysia
価格
RM666,152~(約1,865万円~)
ユニット数
108
専有面積
約72平米~
建物
鉄筋コンクリート造 18階建
竣工
2018年末
事業主
UMLand Medini Lakeside Development Sdn Bhd

講演者

  • 遠藤 忠義

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    代表取締役
    遠藤 忠義

    ゴールドクレスト(東証一部 銘柄コード:8871)にて新築物件の販売を経験し、その後創業間もないSMS(現東証一部 銘柄コード:2175)に入社。営業・事業開発・人事マネージャーを歴任後、マレーシア現地法人となるSenior Marketing System Sdn Bhdを設立、地震も個人投資家として日本とアジアで物件の購入・売却を複数回経験。特にマレーシアで大きくキャピタルゲインを得た経験からお客様にも同じ経験をしていただきたいと思い当社を設立。現在は毎月のように東南アジア各国を駆け巡り、自分で投資したいと思える不動産を探し、お客様に提供している。

  • 藤川 祐馬

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    藤川 祐馬

    宮城県仙台市出身。立教大学在籍中に東南アジアを中心に4カ国に留学。東証一部上場企業マレーシア現地法人にてWebサービスセールス業務を行い、マレーシアの中堅ローカル社員の売上記録を抜き当時最高記録を樹立。日本帰国後、ビヨンドボーダーズに参画し入社以来一貫して不動産投資部門を担当。外国人投資家向けの日本不動産マーケットレポート作成や日本人投資家向けの海外不動産セミナー講師等その活躍は幅広い。

ページトップへ