セミナー会員数 9,085名 (8月5日更新)

【オンライン開催】世界遺産都市マラッカの大規模複合施設 マレーシア不動産セミナー ~6つ星ホテル客室の所有権をユニークな投資パッケージで販売!~

世界遺産都市マラッカの大規模複合施設 マレーシア不動産セミナー ~6つ星ホテル客室の所有権をユニークな投資パッケージで販売!~

【オンライン開催】世界遺産都市マラッカの大規模複合施設 マレーシア不動産セミナー ~6つ星ホテル客室の所有権をユニークな投資パッケージで販売!~

【日時】 806日(金)17:00-18:00
813日(金)17:00-18:00
【会場】 WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい
【設定】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【注意】 オンライン参加時はWEBカメラをONにして頂きますようお願いいたします
【参加】 無料
【主催】 株式会社COLORS

今セミナーでは、マレーシアの古都・世界遺産都市に指定されているマラッカの新たなシンボルとなるプロジェクト「THE SAIL」プロジェクトについてご説明いたします。
マレーシアの世界遺産都市でもあるマラッカ海峡に面し、まるで帆船のような優雅な姿の「THE SAIL」プロジェクトは高さ250mを誇る9つの高層タワーが帆のように連なり、その中に5・6つ星ホテル、高級レジデンス、オフィス、高級ショッピングモールなどを有する大規模複合施設です。
株式会社COLORSでは「THE SAIL」内に開業予定となっている6つ星ホテル客室の所有権をユニークな投資パッケージをつけて販売しています。
ご自宅からでも参加可能なオンラインセミナーです。
ぜひお気軽にご参加ください。

マレーシアの世界遺産都市でもあるマラッカについてわかりやすくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マラッカでも特に期待されるTheSailプロジェクト


The Sail MALAKA​外観The Sail MALAKA外観​

The Sail MALAKA外観The Sail MALAKA外観

上空から見たThe Sail MALAKA​上空から見たThe Sail MALAKA​

The Sail MALAKAロビーThe Sail MALAKAロビー

The Sail MALAKA​共有スペースThe Sail MALAKA共有スペース​

The Sail MALAKA共有スペースThe Sail MALAKA共有スペース

The Sail MALAKA​外観The Sail MALAKA外観​

The Sail MALAKAリビングThe Sail MALAKAリビング

The Sail MALAKA 浴室The Sail MALAKA 浴室

The Sail MALAKA リビングとベッドルームThe Sail MALAKA リビングとベッドルーム

【プロジェクト概要】

[物件名]The Sail MALAKA
[立地]マラッカ Kota Laksamana(コタラクサマナ)
[建物タイプ]ホテル
[建物概要]9棟 60階建て
[設備]⾼級家電、家具、インテリア付き
[価格]RM884,736〜(約2,300万円~)
[完成年]2026年建物部分完成予定、周辺施設は2027年完成予定
[付随特典等]14⽇間/年のマレーシア無料宿泊権付き・管理費、改修費無料

講演者

  • 長谷川 静

    株式会社COLORS
    コンサルティング営業部 海外物件担当
    長谷川 静

    北海道出身。立命館大学卒業後、株式会社リクルートへ入社。人材紹介の経験を経て不動産業界へ転職。関東、関西、中部、北陸エリアにて新築一棟アパートを数多く販売。一方で中古物件のリノベーションや、IoTをはじめとする不動産業界のITテック化等、入居率UPの差別化コンサルティングを得意とし、「新しい時代の不動産投資」を提案。10年以上の国内不動産販売の経験を活かし、現在は海外不動産部門を担当。国内外問わず、お客様の要望に沿った提案を行っている。

【会場開催】マレーシア・リッツカールトン不動産セミナー ~期間限定・過去最大の割引特典・9戸限定適用~

マレーシア・リッツカールトン不動産セミナー ~期間限定・過去最大の割引特典・9戸限定適用~

マレーシア・リッツカールトン不動産セミナー ~期間限定・過去最大の割引特典・9戸限定適用~

【日時】 718日(日)13:00~15:30
【会場】 TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター
【住所】 東京都中央区八重洲1-2-16
【参加】 無料
【主催】 株式会社ビヨンドボーダーズ
【注意】 こちらのセミナーにおいてはクオカード等のプレゼントは対象外となります

今セミナーではマレーシア首都クアラルンプールのザ・リッツ・カールトンレジデンスをご紹介します。
セミナーでは期間限定・過去最大の割引特典・9戸限定適用についてもご説明いたします。
ザ・リッツ・カールトンレジデンスは世界に32件ありますが、そのうち東南アジアには3件のみと希少です。
ご紹介するマレーシアのザ・リッツ・カールトンレジデンスは総階数48階・総戸数は288戸で、クアラルンプール市内中心部(KLCC)に位置し、有名なペトロナスツインタワーまでは約5分の好立地に位置付けております。
コロナ禍の今だからこそ最高級ブランド「RITZ(リッツ)」を過去最大の割引特典で購入可能です。
また、セミナーでは好評を頂いているビヨンドボーダーズ社投資人気No.1物件の現地生中継予定がございます。
是非お気軽にご参加下さい。

※過去最大の特別割引はセミナー講師企業における過去実績に基づくものです。

好条件のザ・リッツカールトン レジデンスをご紹介します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア初の「ザ・リッツ・カールトン」の名を冠した超高級レジデンス


ザ・リッツカールトン レジデンス・プール​ザ・リッツカールトン レジデンス・プール​

ザ・リッツカールトン レジデンス・ジムザ・リッツカールトン レジデンス・ジム

ザ・リッツカールトン レジデンス・アメニティ​ザ・リッツカールトン レジデンス・アメニティ

ザ・リッツカールトン レジデンス・ベッドルームザ・リッツカールトン レジデンス・ベッドルーム

​ザ・リッツカールトン レジデンス・リビングザ・リッツカールトン レジデンス・リビング

ザ・リッツカールトン レジデンス・書斎ザ・リッツカールトン レジデンス・書斎

ザ・リッツカールトン レジデンスはベルジャヤセントラルパーク(Berjaya Central Park)にある高層ビルの1つとしてそびえ立ち、1,023~2,605sqfのユニットと、45~48階部分に位置する2,605~4,284sqfのペンションがあります。
世界的に有名なザ・リッツ・カールトンブランドと同じ開発基準であり、豪華なデザインが施されたこの物件は他都市よりも高い生活水準が期待できます。卓越したサービスと住人のニーズに合わせた思いやりのある物件は類を見ないと自信をもっておすすめできます。
本物件の9階部分にはインフィニティプール、テニスコート、スパ、ジム、レジデンスクラブラウンジ、子供用スタジオ、プライベートイベント用のオープンテラスガーデンなど様々な施設が完備されています。他にも、24時間のコンシェルジュサービス、ハウスキーピングサービス、空き在宅におけるケアマネジメント、イベントサービスなどの個別サービスもあり、アメニティやサービスが充実していることが魅力の1つです。

【プロジェクト概要】

[物件名]ザ・リッツカールトンレジデンス(The Ritz-Carlton residences)
[建物タイプ]マンション
[建物の階数]地上48階建て
[完成年]2017年
[総戸数]288戸
[売主] ワンサティガップ
[管理] ザ・リッツカールトン(The Ritz-Carlton)
[専有面積] 95.04 ~ 398.0㎡
詳細は当日ご説明いたします。

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

開発エリア「クアラルンプール市内中心部(KLCC)」について

ザ・リッツカールトン室内ザ・リッツカールトン室内

ザ・リッツカールトン周辺ザ・リッツカールトン周辺

ザ・リッツカールトン・エントランスザ・リッツカールトン・エントランス

ザ・リッツカールトン・カウンターザ・リッツカールトン・カウンター

本物件はKLCCに位置し、利便性が高いのが特徴です。徒歩圏内には、高級ショッピング街、インターナショナルスクール、医療機関、レストラン、ビジネス街、世界的に有名な観光スポットなどがあり、簡単にアクセス可能です。また、市内唯一の熱帯雨林保護区であるブキッ・ナナス森林保護区(Bukit Nanas Forest Reserve)に隣接していることも特長です。本物件からザ・KLブキッ・ナナスモノレール駅(The KL Bukit Nanas Monorail Station)までは徒歩約1分であり、他にもLRTのダンワンギ駅(Dang Wangi LRT Station)が徒歩6分圏内に位置しています。そのため周囲のショッピングモールやレストランに簡単に行くことができ、とても利便性の高い場所です。

本物件はペトロナスツインタワーから約5分の場所に位置し、市内中心部にある様々な場所にアクセス可能です。スリアKLCC(Suria KLCC)、アベニューK(Avenue K)、パビリオン(Pavilion)などのショッピングモールが徒歩圏内に位置し、他にもインターナショナルスクール、医療機関、商業施設が約2㎞圏内にあります。モノレール駅にも近隣しているため、空港をはじめ、あらゆる場所に簡単にアクセス可能であることも魅力です。

新たな投資フロンティアとして注目が高まるカンボジア

アンコールワットをはじめ、世界遺産の遺跡の宝庫アンコールワットをはじめ、世界遺産の遺跡の宝庫

イオンモールの出店が加速イオンモールの出店が加速

カフェブームが起こっており、首都プノンペンでは数多くのカフェがあるカフェブームが起こっており、首都プノンペンでは数多くのカフェがある

カンボジアには22か所の経済特区が設けられているカンボジアには22か所の経済特区が設けられている

東南アジア3ヵ国(マレーシア、カンボジア、フィリピン)の不動産比較


なぜ今、カンボジアなのか?

7%を超える経済成長を遂げているカンボジアは、近年、政治経済情勢が安定し、インドシナ半島の新たな投資フロンティアとして注目されつつあります。
ここ数年、労働集約型業種を中心に日本企業のカンボジア進出も活発化しています。
また不動産投資投資先としても多くの魅力があります。

1.平均年齢26.4歳!高度経済成長期を超えるポテンシャル!
2.東南アジアで唯一!「米ドル」で資産運用可能!
3.海外送金規制無し!資金の持ち出しも安心!

東南アジア諸国の中ではカンボジアは、ラオス、ミャンマーに並んで今後もっとも発展して行く国と言われています。

カンボジア経済の推移2010年以降、リーマンショックから一気に息を吹き返し、目覚ましい成長路線をたどっている

1人あたりGDP比較東南アジア各国と比較して、カンボジアの成長余力の大きさが見てとれる

カンボジアの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア(14年連続ロングステイしたい国No.1のマレーシア)

アジアでも有名なペドロナスツインタワーアジアでも有名なペドロナスツインタワー

1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア

マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟

美しいKLCC公園美しいKLCC公園

マレーシアは東南アジアの中でもシンガポールに次いで交通や生活インフラの整備が進んだ国です。
先進国と比べても遜色のないインフラ環境が整備され、鉄道、バスなど公共交通も便利で、費用も安く提供されています。
1990年以降、1年あたりの平均成長率は実に5%超と安定した経済成長を記録しており、失業率も3%前後とほぼ完全雇用の状態を維持しています。
永住権取得も比較的容易なことからマレーシアは14年連続ロングステイしたい国No.1となっております。

マレーシアの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

フィリピン(世界の信用機関の格付けがどんどん上がるフィリピン)

美しいマニラ都心部美しいマニラ都心部

フィリピンの料理フィリピンの料理

フィリピンのゴルフ場フィリピンのゴルフ場

観光地パダンガス観光地パダンガス

2020年6月に日本格付研究所(JCR)はフィリピンの信用格付をBBB+からA-へと1段階引き上げました。
その理由として、世界各国が経済成長の減速により財務状況を毀損し、信用格付を引き下げたパンデミックのさなかにおけるフィリピンの耐性を挙げております。
JCRはフィリピンの格付の見通しを「安定的」としましたが、これは「A-」が当面維持されるとの予想を示すものです。
日本の格付機関だけでなく、大手のフィッチは、2020年2月にフィリピンの格付をトリプルB(BBB)に据え置くと発表しました。
格付自体に変更はなかったものの、これまでの「安定的」から「強気」に引き上げております。
「強気」は「近い将来に格付自体の引上げの可能性がある」という意味です。
フィッチは、有力格付け機関の中ではフィリピンに対する評価が比較的厳しいものでありましたが、最近はその評価が強気になりつつあると言えます。

フィリピンの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター)

TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター・会場地図TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター・会場地図

講演者

  • 保坂 隼介

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    海外事業部
    保坂 隼介

    神奈川県出身。ビヨンドボーダーズ参画以来一貫して海外不動産投資部門を担当。取り扱い国はカンボジアやマレーシア、タイ、フィリピンなど多岐にわたる。日本人顧客の海外不動産購入をサポート。講師を務める海外不動産セミナーでは、現地のリアルな情報を届け好評を博している。

【満員御礼】個別・オンライン・日本先行販売!マレーシア・ジョホールバル不動産セミナー ~3年×6%の利回保証付き マリオットグループの「コートヤード」がホテル運営~

日本先行販売!マレーシア・ジョホールバル不動産セミナー ~3年×6%の利回保証付き マリオットグループの「コートヤード」がホテル運営~

日本先行販売!マレーシア・ジョホールバル不動産セミナー ~3年×6%の利回保証付き マリオットグループの「コートヤード」がホテル運営~

【日時】 【満員御礼】626日(土)11:00-12:00
【満員御礼】626日(土)17:00-18:00
【会場】 WEBセミナーのためご自宅等のパソコンなどを使ってご参加ください
【設定】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【参加】 無料
【主催】 株式会社ビヨンドボーダーズ

今セミナーでは、マレーシアのジョホールバルのプロジェクトをご紹介します。
今回ご紹介するのはQuayside JBCCプロジェクトで3年×6%の利回保証付きで、4年に分けて分散して支払うため資金負担も軽減されています。
価格も1,500万円からとなっております。
2026年シンガポールとジョホールを結ぶ高速輸送システム(鉄道)開通予定のため不動産価値の上昇も期待できます!
首都クアラルンプールに次ぐマレーシア第2の都市、ジョホールバル。
1997年、サッカー日本代表がW杯本選初出場を決めた地としてご記憶の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのジョホールバルを州都とするジョホール州は、1990年代、東南アジア経済圏構想「成長の三角地帯」の一角として注目されました。
三角地帯のもう一角、シンガポールは今やアジア事業の拠点となり、ジョホール州は、シンガポールに牽引される形で発展を続けています。
今回のセミナーではマレーシア・ジョホール州の展望についてご説明し、州内の経済特区に位置する物件購入のメリットについてお伝えします。
ご自宅から参加可能なオンラインセミナーです。
お気軽にご参加下さい。

マレーシア・ジョホールバルについてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

シンガポールまで目と鼻の先にあるQuayside JBCCプロジェクト日本先行販売!

2026年シンガポールとジョホールを結ぶ高速輸送システム(鉄道)開通予定!見込める不動産価値の上昇!

【特徴】
・ジョホール州政府主導で開発する国際ビジネスエリア内(外国人の不動産購入価格規制の緩和措置)
・ホテルとサービスレジデンスの混合プロジェクト(マリオットグループの4つ星ホテルブランド「コートヤード」がホテル運営)
・先行販売期間は、早期購入者向け割引価格での販売

【限定プロモーション】
1) 本物件は2025年完成予定。支払いは4年に分散して支払い。
2) マレーシアでは限定的な外国人でも1,500万円からの少額投資が可能。
3) 引き渡し後3年間の年間6%の家賃保証付きプランの選択可。

※詳細は、担当者までお問い合わせください。
※特典等については、予告なく変更する可能性があります。

Quayside JBCC外観および屋外プールQuayside JBCC外観および屋外プール

Quayside JBCC 室内Quayside JBCC 室内

Quayside JBCC外観および屋外プールQuayside JBCC外観および屋外プール

Quayside JBCC 室内Quayside JBCC 室内

Quayside JBCCについてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

今回ご説明する新築物件「Quayside JBCC」プロジェクトの周辺

今回ご説明する新築物件「Quayside JBCC」プロジェクトはシンガポールとは橋を渡ってすぐの好立地にあり、家賃の高いシンガポールよりも魅力的なプロジェクトです。
セミナーでは、「ジョホールバルの不動産基礎情報」「シンガポールとの立地関係、物価指数ギャップから見込めるホテル運用収益」「日本先行販売における好条件」 についてわかりやすくご説明いたします。

シンガポールとの距離

プロジェクトの地図と周辺

セミナー後に質疑応答・個別相談も承ります

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 玉邑 憲一

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    マレーシア支社長
    玉邑 憲一

    東急リバブル(東証一部8879)で9年間幅広い分野の不動産売買仲介業に従事。その後独立し、関西エリアにて不動産会社を設立。富裕層の方を対象とした不動産売買をはじめ、数々の開発プロジェクトや大型収益不動産案件等に携わる。急成長するアジア不動産マーケットに惹かれ、現在は妻子と共に拠点をクアラルンプールに移し、当社マレーシア現地法人代表として日々お客様とアジア諸国の不動産を視察している。

【大阪開催】東南アジア4ヵ国不動産徹底比較セミナー ~カンボジア・マレーシア・タイ・フィリピン~

【大阪開催】東南アジア4ヵ国不動産徹底比較セミナー ~カンボジア・マレーシア・タイ・フィリピン~

【大阪開催】東南アジア4ヵ国不動産徹底比較セミナー ~カンボジア・マレーシア・タイ・フィリピン~

【日時】 【受付終了】627日(日)13:00~15:30
【会場】 TKPガーデンシティPREMIUM大阪駅前
【住所】 大阪府大阪市北区曽根崎新地2-3-21 axビル 4階
【入場】 無料
【主催】 ビヨンドボーダーズ
【交通】 JR大阪駅 中央口 徒歩5分
【注意】 こちらのセミナーにおいてはクオカード等のプレゼントは対象外となります

今セミナーでは実際に物件に視察に行ったスタッフが講師となり、東南アジア4ヵ国を比較し、それぞれの国の特徴と魅力をわかりやすく解説いたします。
またその中でも厳選された物件をご紹介させて頂くとともに、なぜ海外不動産投資の中でも、4ヵ国をお勧めするのかをお話しさせて頂きます。
「これから海外不動産投資を始めようか検討している」「すでに海外・国内で不動産投資を行っている」という方々に対して大変満足度の高いセミナーとなっております。

ビヨンドボーダーズ代表によるカンボジア現地生中継!投資人気No.1物件のオンライン内覧!


セミナーで取り扱う4ヵ国

①カンボジア:1,000万円台から購入可能。ドル建て・GDP成長率ASEAN No.1の今、注目されている国
②マレーシア:移住したい国14年連続No.1 リンギット安により絶好の購入タイミング
③タイ:ポイントを抑えれば断然お勧め
④フィリピン:最低価格基準がないため少額から投資が可能

東南アジアというエリアが持つポテンシャルからなぜ日本人にとっての住み安いのか、各国の特徴、違い、自分に合う国はどこかまで徹底解説いたします。
是非ご参加下さい。

※新型コロナウィルス拡大防止対策について
・アルコール手消毒液を設置しております。
・従業員全員、マスクを着用しております。

カンボジア/マレーシア/タイ/フィリピンの不動産について語ります

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

新たな投資フロンティアとして注目が高まるカンボジア

アンコールワットをはじめ、世界遺産の遺跡の宝庫アンコールワットをはじめ、世界遺産の遺跡の宝庫

イオンモールの出店が加速イオンモールの出店が加速

カフェブームが起こっており、首都プノンペンでは数多くのカフェがあるカフェブームが起こっており、首都プノンペンでは数多くのカフェがある

カンボジアには22か所の経済特区が設けられているカンボジアには22か所の経済特区が設けられている

なぜ今、カンボジアなのか?

7%を超える経済成長を遂げているカンボジアは、近年、政治経済情勢が安定し、インドシナ半島の新たな投資フロンティアとして注目されつつあります。
ここ数年、労働集約型業種を中心に日本企業のカンボジア進出も活発化しています。
また不動産投資投資先としても多くの魅力があります。

1.平均年齢26.4歳!高度経済成長期を超えるポテンシャル!
2.東南アジアで唯一!「米ドル」で資産運用可能!
3.海外送金規制無し!資金の持ち出しも安心!

東南アジア諸国の中ではカンボジアは、ラオス、ミャンマーに並んで今後もっとも発展して行く国と言われています。

カンボジア経済の推移2010年以降、リーマンショックから一気に息を吹き返し、目覚ましい成長路線をたどっている

1人あたりGDP比較東南アジア各国と比較して、カンボジアの成長余力の大きさが見てとれる

カンボジアの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア(14年連続ロングステイしたい国No.1のマレーシア)

アジアでも有名なペドロナスツインタワーアジアでも有名なペドロナスツインタワー

1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア

マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟

美しいKLCC公園美しいKLCC公園

マレーシアは東南アジアの中でもシンガポールに次いで交通や生活インフラの整備が進んだ国です。
先進国と比べても遜色のないインフラ環境が整備され、鉄道、バスなど公共交通も便利で、費用も安く提供されています。
1990年以降、1年あたりの平均成長率は実に5%超と安定した経済成長を記録しており、失業率も3%前後とほぼ完全雇用の状態を維持しています。
永住権取得も比較的容易なことからマレーシアは14年連続ロングステイしたい国No.1となっております。

マレーシアの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

タイ(観光立国としてもアジアの工場としても大成功の親日国タイ)

ワット・アルンワット・アルン

メークローン市場メークローン市場

プーケット島プーケット島

タイの屋台タイの屋台

「微笑みの国」と称される穏やかな国民性を持ち、世界有数の親日国としても知られていることから、ロングステイ財団による「日本人の海外ロングステイ希望先」として、8年連続(2011~2018年)で第2位にランクインしています。
日本の企業進出の代表格は自動車メーカーで、2010年のタイ全体の自動車生産台数は過去最高の164万台で10年前の約4倍でした。
大半がトヨタ自動車や日産自動車、ホンダなど日本の会社の現地工場によるものです。
そのため自動車部品メーカーや電子部品もメーカーも進出しています。
もちろん日本人駐在員が非常に多いため、日本人が賃貸として利用してくれる可能性が高まります。

タイの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

フィリピン(世界の信用機関の格付けがどんどん上がるフィリピン)

美しいマニラ都心部美しいマニラ都心部

フィリピンの料理フィリピンの料理

フィリピンのゴルフ場フィリピンのゴルフ場

観光地パダンガス観光地パダンガス

2020年6月に日本格付研究所(JCR)はフィリピンの信用格付をBBB+からA-へと1段階引き上げました。
その理由として、世界各国が経済成長の減速により財務状況を毀損し、信用格付を引き下げたパンデミックのさなかにおけるフィリピンの耐性を挙げております。
JCRはフィリピンの格付の見通しを「安定的」としましたが、これは「A-」が当面維持されるとの予想を示すものです。
日本の格付機関だけでなく、大手のフィッチは、2020年2月にフィリピンの格付をトリプルB(BBB)に据え置くと発表しました。
格付自体に変更はなかったものの、これまでの「安定的」から「強気」に引き上げております。
「強気」は「近い将来に格付自体の引上げの可能性がある」という意味です。
フィッチは、有力格付け機関の中ではフィリピンに対する評価が比較的厳しいものでありましたが、最近はその評価が強気になりつつあると言えます。

フィリピンの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)


セミナー会場地図(TKPガーデンシティPREMIUM大阪駅前)

TKPガーデンシティPREMIUM大阪駅前地図TKPガーデンシティPREMIUM大阪駅前地図


講演者

  • 保坂 隼介

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    海外事業部
    保坂 隼介

    神奈川県出身。ビヨンドボーダーズ参画以来一貫して海外不動産投資部門を担当。取り扱い国はカンボジアやマレーシア、タイ、フィリピンなど多岐にわたる。日本人顧客の海外不動産購入をサポート。講師を務める海外不動産セミナーでは、現地のリアルな情報を届け好評を博している。

【名古屋開催】東南アジア4ヵ国不動産徹底比較セミナー ~カンボジア・マレーシア・タイ・フィリピン~

【名古屋開催】東南アジア4ヵ国不動産徹底比較セミナー ~カンボジア・マレーシア・タイ・フィリピン~

【名古屋開催】東南アジア4ヵ国不動産徹底比較セミナー ~カンボジア・マレーシア・タイ・フィリピン~

【日時】 626日(土)13:00~15:30
【会場】 TKPガーデンシティPREMIUM名古屋ルーセントタワー
【住所】 愛知県名古屋市西区牛島町6-1
【入場】 無料
【主催】 ビヨンドボーダーズ
【交通】 JR名古屋駅 桜通口 徒歩5分
【注意】 こちらのセミナーにおいてはクオカード等のプレゼントは対象外となります

今セミナーでは実際に物件に視察に行ったスタッフが講師となり、東南アジア4ヵ国を比較し、それぞれの国の特徴と魅力をわかりやすく解説いたします。
またその中でも厳選された物件をご紹介させて頂くとともに、なぜ海外不動産投資の中でも、4ヵ国をお勧めするのかをお話しさせて頂きます。
「これから海外不動産投資を始めようか検討している」「すでに海外・国内で不動産投資を行っている」という方々に対して大変満足度の高いセミナーとなっております。

ビヨンドボーダーズ代表によるカンボジア現地生中継!投資人気No.1物件のオンライン内覧!

セミナーで取り扱う4ヵ国

①カンボジア:1,000万円台から購入可能。ドル建て・GDP成長率ASEAN No.1の今、注目されている国
②マレーシア:移住したい国14年連続No.1 リンギット安により絶好の購入タイミング
③タイ:ポイントを抑えれば断然お勧め
④フィリピン:最低価格基準がないため少額から投資が可能

東南アジアというエリアが持つポテンシャルからなぜ日本人にとっての住み安いのか、各国の特徴、違い、自分に合う国はどこかまで徹底解説いたします。
是非ご参加下さい。

※新型コロナウィルス拡大防止対策について
・アルコール手消毒液を設置しております。
・従業員全員、マスクを着用しております。

カンボジア/マレーシア/タイ/フィリピンの不動産について語ります

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

新たな投資フロンティアとして注目が高まるカンボジア

アンコールワットをはじめ、世界遺産の遺跡の宝庫アンコールワットをはじめ、世界遺産の遺跡の宝庫

イオンモールの出店が加速イオンモールの出店が加速

カフェブームが起こっており、首都プノンペンでは数多くのカフェがあるカフェブームが起こっており、首都プノンペンでは数多くのカフェがある

カンボジアには22か所の経済特区が設けられているカンボジアには22か所の経済特区が設けられている

なぜ今、カンボジアなのか?

7%を超える経済成長を遂げているカンボジアは、近年、政治経済情勢が安定し、インドシナ半島の新たな投資フロンティアとして注目されつつあります。
ここ数年、労働集約型業種を中心に日本企業のカンボジア進出も活発化しています。
また不動産投資投資先としても多くの魅力があります。

1.平均年齢26.4歳!高度経済成長期を超えるポテンシャル!
2.東南アジアで唯一!「米ドル」で資産運用可能!
3.海外送金規制無し!資金の持ち出しも安心!

東南アジア諸国の中ではカンボジアは、ラオス、ミャンマーに並んで今後もっとも発展して行く国と言われています。

カンボジア経済の推移2010年以降、リーマンショックから一気に息を吹き返し、目覚ましい成長路線をたどっている

1人あたりGDP比較東南アジア各国と比較して、カンボジアの成長余力の大きさが見てとれる

カンボジアの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア(14年連続ロングステイしたい国No.1のマレーシア)

アジアでも有名なペドロナスツインタワーアジアでも有名なペドロナスツインタワー

1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア

マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟

美しいKLCC公園美しいKLCC公園

マレーシアは東南アジアの中でもシンガポールに次いで交通や生活インフラの整備が進んだ国です。
先進国と比べても遜色のないインフラ環境が整備され、鉄道、バスなど公共交通も便利で、費用も安く提供されています。
1990年以降、1年あたりの平均成長率は実に5%超と安定した経済成長を記録しており、失業率も3%前後とほぼ完全雇用の状態を維持しています。
永住権取得も比較的容易なことからマレーシアは14年連続ロングステイしたい国No.1となっております。

マレーシアの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

タイ(観光立国としてもアジアの工場としても大成功の親日国タイ)

ワット・アルンワット・アルン

メークローン市場メークローン市場

プーケット島プーケット島

タイの屋台タイの屋台

「微笑みの国」と称される穏やかな国民性を持ち、世界有数の親日国としても知られていることから、ロングステイ財団による「日本人の海外ロングステイ希望先」として、8年連続(2011~2018年)で第2位にランクインしています。
日本の企業進出の代表格は自動車メーカーで、2010年のタイ全体の自動車生産台数は過去最高の164万台で10年前の約4倍でした。
大半がトヨタ自動車や日産自動車、ホンダなど日本の会社の現地工場によるものです。
そのため自動車部品メーカーや電子部品もメーカーも進出しています。
もちろん日本人駐在員が非常に多いため、日本人が賃貸として利用してくれる可能性が高まります。

タイの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

フィリピン(世界の信用機関の格付けがどんどん上がるフィリピン)

美しいマニラ都心部美しいマニラ都心部

フィリピンの料理フィリピンの料理

フィリピンのゴルフ場フィリピンのゴルフ場

観光地パダンガス観光地パダンガス

2020年6月に日本格付研究所(JCR)はフィリピンの信用格付をBBB+からA-へと1段階引き上げました。
その理由として、世界各国が経済成長の減速により財務状況を毀損し、信用格付を引き下げたパンデミックのさなかにおけるフィリピンの耐性を挙げております。
JCRはフィリピンの格付の見通しを「安定的」としましたが、これは「A-」が当面維持されるとの予想を示すものです。
日本の格付機関だけでなく、大手のフィッチは、2020年2月にフィリピンの格付をトリプルB(BBB)に据え置くと発表しました。
格付自体に変更はなかったものの、これまでの「安定的」から「強気」に引き上げております。
「強気」は「近い将来に格付自体の引上げの可能性がある」という意味です。
フィッチは、有力格付け機関の中ではフィリピンに対する評価が比較的厳しいものでありましたが、最近はその評価が強気になりつつあると言えます。

フィリピンの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)


セミナー会場地図(TKPガーデンシティPREMIUM名古屋ルーセントタワー)

TKPガーデンシティPREMIUM名古屋ルーセントタワーTKPガーデンシティPREMIUM名古屋ルーセントタワー会場地図


講演者

  • 保坂 隼介

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    海外事業部
    保坂 隼介

    神奈川県出身。ビヨンドボーダーズ参画以来一貫して海外不動産投資部門を担当。取り扱い国はカンボジアやマレーシア、タイ、フィリピンなど多岐にわたる。日本人顧客の海外不動産購入をサポート。講師を務める海外不動産セミナーでは、現地のリアルな情報を届け好評を博している。

【満員御礼】個別・オンライン・リゾート地 ランカウイ島 マレーシア不動産セミナー ~大型複合プロジェクト 高級ホテル同様のサービス完備 好立地&全室オーシャンビュー~

リゾート地 ランカウイ島 マレーシア不動産セミナー ~大型複合プロジェクト 高級ホテル同様のサービス完備 好立地&全室オーシャンビュー~

『リゾート地 ランカウイ島 マレーシア不動産セミナー ~大型複合プロジェクト 高級ホテル同様のサービス完備 好立地&全室オーシャンビュー~』

【日時】 【満員御礼】626日(土)15:00-16:00
【会場】 WEBセミナーのためご自宅等のパソコンなどを使ってご参加ください
【設定】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【参加】 無料
【主催】 株式会社ビヨンドボーダーズ

今セミナーでは、マレーシアのリゾート地ランカウイ島のプロジェクトをご紹介します。
2020年7月23日公開・長澤まさみさん主演の『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の舞台になったマレーシア・ランカウイ島。
そのロケ地はフォーシーズンズリゾート・ランカウイですが、そのフォーシーズンズリゾート・ランカウイの近くに計画されているプロジェクトになります。
マレーシアのリゾート地ランカウイ島では「フォーシーズンズリゾート・ランカウイ」「ウェスティンホテル・ランカウイ」「リッツカールトンホテル・ランカウイ」など世界的に有名なホテルが建ち並び、しかもコロナ禍以前の5年間で観光客が30%も増加した人気リゾート地です。
日本ではタイ・プーケットの方が有名ですが、欧米ではマレーシア・ランカウイは有名なビーチリゾートで、俳優のブラッド・ピットと女優のアンジェリーナ・ジョリーがお忍びで来たこともある島です。
そのため1泊最低でも5万円もする高級ホテルでもコロナ禍以前は稼働率95%の状態が普通に続いていました。
そんな観光客が急増しているマレーシア・ランカウイに政府支援を受けて建設する家具付きの新築物件プロジェクトがございます。
民泊にご興味がある方、マレーシア不動産にご興味がある方必見のセミナーです。
ご自宅から参加可能なオンラインセミナーです。
是非ご参加下さい。

セミナーで詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア・ランカウイ島について

マリンスポーツができる、パヤ島海洋公園マリンスポーツができる、パヤ島海洋公園

高低差約700mのランカウイのケーブルカー高低差約700mのランカウイのケーブルカー

ランカウイ島スカイブリッジランカウイ島スカイブリッジ

オリエンタル・ビレッジオリエンタル・ビレッジ

マレー半島西海岸のアンダマン海に浮かぶランカウイ島は、太古の森とエメラルドの海に囲まれたリゾートアイランドです。
99もの島からなるランカウイ島は数々の伝説が島内に残っており、伝説の島としても知られています。
2006年にはその貴重な地質が評価され、ユネスコの世界ジオパークにも登録されており、自然と海との調和が最大の魅力の島です。
また島全体が免税としても知られています。
すでに海外では注目されており、アジアのベストアイランド2015で第10位に輝いていますので、これから人気の観光地になっていくと考えられます。

マレーシア地図マレーシア地図 日本からは飛行機で約7時間30分

マレーシアで暮らす日本人の推移マレーシアで暮らす日本人の推移

ランカウイ島について詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ビーチまで徒歩で行ける距離に建てられる高層マンション トロピカーナ チェナン タワー

トロピカーナ チェナンはサービスレジデンスが2棟、ショップ、ワンダ レルム リゾート ランカウイと呼ばれ、ホテルとして運営予定のプロジェクトです。
サービスレジデンスは総階数40階、総戸数825戸で、ショップは16戸、ホテルは350戸からなります。
当プロジェクトは、マレーシア不動産開発業者の中でもTOP10に入る「トロピカーナ」と中国の上場企業「シノグレートウォール」が共同で開発を手掛け、実力に定評のある管理会社「ワンダホテル & リゾート」がマネジメントを担うプロジェクトです。
また、各ユニットからは海が見えるように開発されています。



トロピカーナ チェナン タワートロピカーナ チェナン タワー外観

トロピカーナ チェナン タワーエントランストロピカーナ チェナン タワーエントランス

室内から見た景色室内から見た景色

トロピカーナ チェナン タワートロピカーナ チェナン タワー

【プロジェクト概要】
建物タイプマンション
建物の階数地上40階建て
完成年2022年
総⼾数825⼾
物件価格(現地オリジナル通貨)MYR 646,000 ~2,221,900
売主トロピカーナ マーケットプレイス
施工チェナンリゾート
専有面積35.3~121.4 sqm(㎡)
プロジェクトについて詳細にご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 玉邑 憲一

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    マレーシア支社長
    玉邑 憲一

    東急リバブル(東証一部8879)で9年間幅広い分野の不動産売買仲介業に従事。その後独立し、関西エリアにて不動産会社を設立。富裕層の方を対象とした不動産売買をはじめ、数々の開発プロジェクトや大型収益不動産案件等に携わる。急成長するアジア不動産マーケットに惹かれ、現在は妻子と共に拠点をクアラルンプールに移し、当社マレーシア現地法人代表として日々お客様とアジア諸国の不動産を視察している。

ページトップへ