セミナー会員数 5,686名 (4月25日更新)

【マレーシア開催】カンボジア・タイ・マレーシア3カ国のベスト物件比較セミナー ~現地滞在経験があるからこそわかるリアルな情報をお伝えします~

カンボジア・タイ・マレーシア3カ国の ベスト物件比較セミナー

『カンボジア・タイ・マレーシア3カ国のベスト物件比較セミナー ~現地滞在経験があるからこそわかるリアルな情報をお伝えします~』

【日時】 428日(土)11:00-12:00
428日(土)15:00-16:00
【会場】 スターレジデンス クアラルンプール ショーギャラリー
【会場住所】 Lot, 108, Jalan Yap Kwan Seng, Kampung Baru, 50450 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
【入場】 無料

今セミナーでは前半部分では「カンボジア・タイ・マレーシア3カ国を中心とした東南アジア不動産の現状と展望」を、後半部分ではカンボジア・タイ・マレーシア3カ国を中心とした新築不動産物件のご紹介をさせていただきます。セミナー講師はビヨンドボーダーズ代表の遠藤氏で自らも海外不動産投資の経験をお持ちで自分自身の経験に沿ってご説明させていただきます。
今セミナーでは、カンボジア・タイ・マレーシア3カ国の比較はもちろんのこと、カンボジア・タイ・マレーシア3カ国を中心とした東南アジア不動産の現状と展望を一挙に学ぶ内容となっております。

カンボジア/タイ/マレーシアのプロジェクトをご紹介します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

今回ご説明するカンボジア新築物件「L'attrait BOEUNG KENG KANG」

L'attrait BOEUNG KENG KANGの外観と室内L'attrait BOEUNG KENG KANGの外観と室内

セミナーでご紹介する物件が所在するのは日本人や外国人駐在員などが多く住む一等地「ボンケンコン1区」(通称BKK1)で、プノンペンで一番の高級住宅地となっており、各国の大使館や国連施設、NGO施設などが多く、治安が良いことでも有名です。またこの地域で唯一日系上場企業が開発・管理をするコンドミニアムとなります。
本物件周辺には、外資系レストラン、お洒落なカフェ、高級サロンやスパ、外国製品を取り揃えるスーパーマーケット、外資系医療施設、インターナショナルスクールなど、外国人および現地富裕層向けのお店のほとんどはこのエリアに集中しています。
近年オープンしたカンボジア国内最大にして開業後1年間で1,500万人の来場者を集めたイオンショッピングモールまで車で5分の距離になります。
プノンペンしの中心に位置しているので、市内のどこへ行くにもアクセスは良好です。

ご希望の方には、後日現地へご案内し東南アジア諸国でも珍しい米ドルによる定期預金(年率4.75%)の民間最大手銀行口座開設をサポート。
視察ツアーもアレンジ可能です。ご家族・ご友人・従業員のリフレッシュのために世界遺産であるアンコールワット観光を付けたり、お友達とゴルフやカジノを楽しむこともできますのでお気軽にお問合せ下さい。

カンボジア・プノンペンの新築物件を詳しくお伝えします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

今回ご説明するタイ新築物件「ルネス・トンロー5」

ルネス・トンロー5(Runesu Thonglor5)は日本大手ディベロッパーの信和グループとタイ現地のディベロッパー、ウォラルク プロパティ(Waraluk Property)が共同で開発した物件である。本物件は、2019年6月頃に建設予定で、総階数8階、総戸数156戸の低層コンドミニアムとなっている。
信和建設は、企画・開発から設計・施工、竣工後の仲介管理・事業経営などの分野でビジネスを展開しており、顧客のニーズに合わせた取り組みを行っている。
本物件は居住用物件において、日本以外の国で初めて「ルネス工法」を使用。床下の収納スペースを高さ最大60cmまで広げ、使用可能スペースを25~40%まで増加させている。また、本物件で使用されている「シズカライト」は通常の最大3倍もの雑音を吸収するので、より静かで落ち着きのある生活を送ることができる。
地下には車の乗り入れが快適に行える自動パーキングシステムが設置され、日本式の庭園やジェットスイミングプール、日本さながらの温泉、バーチャルゴルフ場、最新の設備が整ったジム、Wi-Fiが完備された公共エリアなどアメニティが充実している。また、24時間体制のセキュリティシステムが快適で安心な生活環境をもたらす。

トンロー(Thonglor)は日本人をはじめとする外国人に人気の高いエリアであり、ショッピングセンター、カフェ、ブティック、レストランなどの小売店が揃っている。またマックスバリュ(Maxvalu)というイオングループが経営するスーパーも位置している。
「スクンビット・ソイ55」とも知られている「トンロー」というエリアはスクンビット通り(Sukhumvit Road)からトンロー駅まで広がる一帯のことをいう。 この通り沿いはタイの中で最も高額な物件が位置し、また数多くの高級コンドミニアムが立ち並ぶ。日本人が多く住んでいるため、「リトルトーキョー(Little Tokyo)」とも呼ばれ、タイの富裕層が集まる場所としても知られる。

本物件はトンロー駅から車でわずか約3分、徒歩で約10分の距離にある。また、トンロー駅からMRT(高架鉄道)に乗り換えることのできるアソーク駅(Asok)まではたった2駅であるため、通勤、通学や外出にも適した場所に位置しており、交通アクセスが良い。

本物件の近隣には様々なショッピングモール、レストラン、病院、インターナショナルスクールがある。徒歩5分圏内には9:53コミュニティモール(9:53 Community Mall)、トップスマーケット(Tops Market)、MAZEトンロー(MAZE Thonglor)、サミティベジェ病院(Samitivej Hospital)、SPインターナショナル幼稚園(SP international Kindergarten)などがある。周辺は医療機関や教育機関が整い、商業施設もあるため、家族連れには嬉しい物件である。


ルネス・トンロー5エントランスルネス・トンロー5エントランス

ルネス・トンロー5ベッドルームルネス・トンロー5ベッドルーム


ルネス・トンロー5キッチンルネス・トンロー5キッチン

ルネス・トンロー5リビングルネス・トンロー5リビング

【プロジェクト概要】
物件名ルネス・トンロー5
建物タイプマンション
建物の階数地上8階建て
完成年2017年
総戸数156
物件価格(現地オリジナル通貨)THB 6,869,310 ~ 17,722,710
売主W-Shinwa
タイ・バンコクの新築物件を詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

今回ご説明するマレーシア新築物件「BBCC」

クアラルンプール都心の大規模開発で、希少性と将来性が高いプロジェクトです。しかも「ららぽーと」モールとソニーコンサートホールが進出、日本人には馴染み易い物件になります。Hang Tuah駅とMRT Merdeka駅に直結し、主要道路にも直結でアクセスは抜群です。1ベッド(51㎡)、1+1ベッド(61㎡)、2ベッド(80~82㎡)と小型の部屋で、外国人最低購入価格の1万リンギット(約2,500万円)から購入可能です。駅直結で、モールに隣接しているため賃貸需要も見込めます。



STRATA OFFICESSTRATA OFFICES

RESIDENCES style=RESIDENCES

TRANSIT HUBTRANSIT HUB

TRANSIT HUBTRANSIT HUB

【プロジェクト概要】
⽴地KL都心(ブキッビンタン地区)
開発会社BBCC Development Snd. Bhd.
完成予定2021年
総⼾数393⼾
階数47階
⼟地形態99年の借地権
共有施設プール、展望台、ジム、ヨガルーム他
管理費約RM6.5/㎡ (約163円 RM1=25円)
1+1ベッド(60㎡)約2,760万円〜
2ベッド(79㎡)約3,595万円〜
デュアルキー(82㎡)約3,947万円〜
3ヵ国の不動産情報を1日で知ることができます

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 遠藤 忠義

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    代表取締役
    遠藤 忠義

    ゴールドクレスト(東証一部 銘柄コード:8871)にて新築物件の販売を経験し、その後創業間もないSMS(現東証一部 銘柄コード:2175)に入社。営業・事業開発・人事マネージャーを歴任後、マレーシア現地法人となるSenior Marketing System Sdn Bhdを設立、地震も個人投資家として日本とアジアで物件の購入・売却を複数回経験。特にマレーシアで大きくキャピタルゲインを得た経験からお客様にも同じ経験をしていただきたいと思い当社を設立。現在は毎月のように東南アジア各国を駆け巡り、自分で投資したいと思える不動産を探し、お客様に提供している。

  • 藤川 祐馬

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    藤川 祐馬

    宮城県仙台市出身。立教大学在籍中に東南アジアを中心に4カ国に留学。東証一部上場企業マレーシア現地法人にてWebサービスセールス業務を行い、マレーシアの中堅ローカル社員の売上記録を抜き当時最高記録を樹立。日本帰国後、ビヨンドボーダーズに参画し入社以来一貫して不動産投資部門を担当。外国人投資家向けの日本不動産マーケットレポート作成や日本人投資家向けの海外不動産セミナー講師等その活躍は幅広い。

最新の海外不動産情報が1日でわかる!『海外不動産合同セミナーin東京 ~海外に投資する・海外で暮す~』

最新の海外不動産情報が1日でわかる!『海外不動産合同セミナーin東京 ~海外に投資する・海外で暮す~』

最新の海外不動産情報が1日でわかる!『海外不動産合同セミナーin東京 ~海外に投資する・海外で暮す~』開催【入場無料】

【日時】 729日(日)9:30-17:20
1028日(日)9:30-17:20
【会場】 TKP東京駅大手町カンファレンスセンター
【会場住所】 東京都千代田区大手町1-8-1 KDDI大手町ビル22階
【入場】 無料
【入退室】 自由

国内最大級の海外不動産合同セミナーの開催です。世界的リゾートから経済の中心地まで、世界中から最新の海外不動産情報が集結いたします。海外不動産投資はもちろん、ロングステイに関する情報も手に入れることが可能です。

前回の海外不動産フェアでのゲスト講演前回開催時の風景

合同セミナー参加には事前のお申し込みをお願い致します

フェアに参加する(無料)フェアに参加する(無料)

ゲストスピーカー

  • 田中圭介
    ASEAN不動産研究所所長 
    エイリック 代表取締役

    田中 圭介

    外資系製薬メーカー入社後、出版社を立ち上げる。その後大手不動産ポータルサイト「HOME'S」で営業責任者を5年以上歴任。2011年タイにて現地法人の立ち上げ、現地不動産ポータルサイトを立ち上げた経験を持つ。在タイ時代から数多くの人脈を持ち、ASEAN各国を駆けずり回る。「現地主義」を信条とし、自身の経験や知識を元に投資家や企業のサポートを行う。主な著書に「ASEAN不動産投資の教科書」など3冊。

  • 講演者画像

    株式会社デュアルタップインターナショナル
    宅地建物取引士
    犬塚 伸彦

    19歳から世界46ヶ国をバックパッカーで放浪する中、アジアの将来の可能性を肌で感じ衝撃を受ける。 特にタイに精通した情報を持っており、現地でしか分からない生の情報にこだわり、 独自の視点からの講義が定評を呼んでいる。 帰国後、某外資系リートで投資運用業を経て、賃貸売買業務など幅広く業務を経験し、 株式会社 デュアルタップインターナショナル に入社、現在に至る。

  • 前田憲一郎&ジャネザ
    株式会社アイランド

    東京支店長

    前田 憲一郎

    フィリピン・パラワンで不動産ビジネスを手掛ける株式会社アイランド。当日は東京支店長を務める前田憲一郎より、物件の魅力や購入のプロセスを説明していただきます。

  • 重盛 竜也
    地球と不動産

    代表取締役

    重盛 竜也

    2008年大学を卒業後、研究職としてトヨタ自動車に入社。 車体におけるゴム材料の耐久性などの設計支援に従事。 野村證券に転職し、投資商品の販売や資産運用コンサル業務に従事。 その後、不動産デベロッパーのアルファビオスを経て、独立。 金融商品から不動産まで経験と知識が豊富。 宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、証券外務員などの資格を持つ。

  • 足利俊樹

    IKI LINKS SDN.BHD.
    CEO
    足利 俊樹

    ジョホールバルの地で3年間、賃貸管理の実務に従事。ジョホールバルの不動産&賃貸市況の分析および現地での賃貸付けには定評があり、多くのオーナー様の相談を受けている。この3年間の実務を通じて、ジョホールバルで約200戸のユニットオーナー様よりユニットをお預かりし、約3年かけて9割の賃貸付けに成功している。海外不動産の経営サポートとして賃貸管理、AirBNB代行、移住体験、インターナショナルスクール体験などの事業を展開。海外での事業でも、環境に甘えず「自分がお客様なら」という目線でのサービスを心がけている。自身の不動産投資経験としては、数年前に、保険&節税目的で国内不動産を所有し、本格的な投資経験を始める。また、海外に目を向けるべく海外不動産を購入し、海外不動産の投資も実践中。

  • 鈴木 廣政
    株式会社ハロハロホーム

    代表取締役

    鈴木 廣政

    1979年、愛知県生まれ。大原簿記専門学校卒業後、アパレル会社での勤務をへて、2000年、同業種で独立。同年自社ブランドを立ち上げ、卸、直営店舗を展開。その後、海外生産拠点を背景にOEM事業を開始。2005年にフィリピンに行き、1人のタクシードライバーに人生の生き方を考えさせられ、同地にて為替&アテンドビジネスをはじめ、もともとの事業を売却。その後、2007年にコンサル会社、2009年にPR会社を設立。2010年にフィリピンでオフショアのシステム会社を経営するO氏と出会い、同年Hallohallo incの立上げに従事する。
    2014年にHallohallo Home incを立ち上げ、Hallohallo Assets、System、Travel、WebTV、Design、Builder、Exercise、Life、School、Maintenance、Architect、Salon、Clinic、Spaやストリートチルドレン復学プログラム等、多くの新規事業をアライアンス事業として立ち上げる。

  • 講演者画像
    Walton International Group Limited
    Vice President, Sales & Business Development
    JAMES BUCHANAN (ジェームス・ブキャナン)

    イギリス生まれ。2001年シェフィールド大学東アジア学部卒業。同年より2年間、島根県に国際交流員として派遣される。任務満了後、2003年より東京に移住。同年、フィデリティが100%出資する通信会社に入社。2004年、リーマンブラザースのサービス会社にて不良債券・正常債券・不動産のアセットマネージメント業務に従事。その後、2008年ウォルトンジャパンに入社し、営業・ビジネス開発に携わる。

    2010年より、ウォルトン香港にて日本マーケット最高責任者に就任し現在に至る。

    趣味はフィールド・ホッケー、トライアスロンで、日本語・韓国語・フランス語が話せる。2児の父。

    ~ウォルトンについて~

    ウォルトンは北米における開発用地への共同出資機会を個人及び機関投資家へ提供している。北米の成長著しい都市圏において、未開発地の調査・買収、開発計画及び開発を行っており、10万エーカーに及ぶ管理地の資産総額は51億カナダドルに上り、現在カナダ及び米国を含めて、23のマスタープラン開発を手掛けている。

  • 遠藤 忠義

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    代表取締役
    遠藤 忠義

    ゴールドクレスト(東証一部 銘柄コード:8871)にて新築物件の販売を経験し、その後創業間もないSMS(現東証一部 銘柄コード:2175)に入社。営業・事業開発・人事マネージャーを歴任後、マレーシア現地法人となるSenior Marketing System Sdn Bhdを設立、地震も個人投資家として日本とアジアで物件の購入・売却を複数回経験。特にマレーシアで大きくキャピタルゲインを得た経験からお客様にも同じ経験をしていただきたいと思い当社を設立。現在は毎月のように東南アジア各国を駆け巡り、自分で投資したいと思える不動産を探し、お客様に提供している。


大阪合同セミナープログラム前回開催時の風景


出展企業の紹介

  • ARIC
    海外不動産セミナーポータル
    エイリック(ARIC Inc)

    アジア不動産情報ポータルサイト『アジア不動産情報センター|ARIC』の運営 海外不動産購入に関する勉強会・セミナーの企画開催 海外不動産物件の現地視察に関するサポートなど。【会社HP】

  • デュアルタップ
    イギリス・マレーシア・タイ不動産
    デュアルタップインターナショナル

    デュアルタップはマレーシアやシンガポールにオフィスを構えるアジア、海外の不動産を取り扱う成長企業です。独自のパイプにより独占販売を多数取り揃えております。不動産投資物件の現地での管理から日系企業の海外進出コンサルティングまで手がけます。【会社HP】

  • アイランド
    フィリピン不動産
    アイランド

    私たちアイランドは、世界を目指す日本人やフィリピンの人々に仕事や教育のチャンスを与えることで、希望と未来への夢を創出することをミッションに掲げています。【会社HP】

  • 地球と不動産
    ベトナム不動産
    地球と不動産

    弊社はベトナム不動産に特化しております。 投資額900万円~、利回り10%以上の物件を紹介します。 ホーチミン唯一の日本人学校の近くにあるため、賃貸ニーズも高く、安心の日系デベロッパー物件。 【会社HP】

  • イキリンクス
    マレーシア不動産
    イキリンクス

    イキリンクスはマレーシアにオフィスを構える成長企業です。プロパティサービス、ビジネスサポートサービス、生活サポートサービスを行っております。不動産投資物件の現地での管理から日系企業の海外進出コンサルティングまで幅広く手がけます。【会社HP】

  • ハロハロホーム
    フィリピン不動産
    ハロハロホーム

    「フィリピン投資のプロフェッショナル」として、コンドミニアムを中心とした不動産物件の紹介を行う。経済成長の条件である「人口増加」「若い平均年齢(20代前半)」「英語圏」が揃っているフィリピンにおいて、不動産を通じた資産形成をトータルでサポートする。【会社HP】

  • ウォルトン
    アメリカ不動産
    ウォルトン

    カナダ創業の不動産開発・投資企業。全米の主要都市において有利な立地条件を備え、今後の開発需要が見込める未開発地の買収を行い、一般の方にも購入可能な形態で販売している。【会社HP】

  • 株式会社BEYOND BORDERS
    マレーシア不動産・カンボジア不動産
    BEYOND BORDERS

    外国人でも購入できる海外物件の掲載に特化した多言語不動産検索サイト「SEKAI property」を運営しております。各国で不動産を購入する際の手続き方法や商慣習、不動産に関わる税金や法律についても解説していきます。【会社HP】

【Q&A】

Q,参加に必要な持ち物はありますか?
A,ペンやメモ帳があると便利です。

Q,家族や友人などの同行者の分も一緒に予約できますか?
A,おひとり様ずつ個別にお申し込みをお願いします。

Q,定員は何名ですか?
A,120名となります。満席となった場合、立ち見や入場規制をさせていただく可能性がございます。予めご了承下さい。

【注意事項】
・主催者の判断により、予告なく本イベントの全部または一部を変更または中止する場合がございます。
・ひとりでも多くのお客様にお座りいただくため、荷物置きとしての座席利用はご遠慮下さい。

会場地図会場地図

このページはデベロッパーが出した物件情報を元に作成しておりますが、当社が物件を買取りまたは利回りを保証するものではありません。

出版記念セミナー 国内で総資産4億円を築いた私がタイ・バンコク&パタヤの新築不動産を購入した理由とは?

出版記念セミナー 国内で総資産4億円を築いた私がタイ・バンコク&パタヤの新築不動産を購入した理由とは?

出版記念セミナー 国内で総資産4億円を築いた私がタイ・バンコク&パタヤの新築不動産を購入した理由とは?

【日時】 【満員御礼】【大阪】513日(日)14:30~16:30
【大阪】518日(金)19:00~21:00
【満員御礼】【東京】523日(水)19:00~21:00
【会場】 【東京】ビジネスエアポート青山
【大阪】梅田 蔦屋書店内 貸し会議室2 Shimei
【会場住所】 【東京】東京都港区南青山3-1-3 スプライン青山東急ビル6階
【大阪】大阪府大阪市北区梅田3-1-3ルクア イーレ9階
【特典】 来場者全員に著書「ブラックリーマンの新築RC一棟不動産投資法」サイン入りプレゼント!
【参加】 無料

今セミナーでは「地元に特化した業者で良質な新築RC一棟マンションを1億円以内で建てる」にこだわり、自社ブランド「オーバルコート」シリーズを構築し資産4億円を築いた加藤貴行氏を講師にお呼びし、国内不動産投資家が何故このタイミングでタイのバンコクとパタヤで新築不動産を購入したかについて語って頂きます。
加藤氏は、東京の町田市や世田谷区、兵庫県の三宮や西宮市に不動産を保有するだけでなく、熱海にバケーションレンタル物件を保有しております。そんな加藤氏の出版記念セミナーとして、不動産投資を始めたキッカケから現在に到るまでの成功談・失敗談を熱く語っていただきます。

不動産投資を始めたキッカケを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

多くの日本人が訪れる観光立国タイ

多くの日本人が訪れる観光立国タイ

東京から直行便で約7時間、インドシナ半島の中央に位置するタイ。アジアでは日本と同じく植民地にならなかった唯一の国です。タイには国民の8割強を占めるタイ族のほか、華人、マレー系、インド系など多民族が暮らしております。外資系企業や観光客が多く集まる首都バンコク、パタヤなどでは比較的英語も通じます。また、医療先進国としても有名なタイには日本と同水準の医療を受けることが可能であり、日本語を話せる医師やスタッフが在籍する病院も多くある上に、物価水準も日本の3分の1程度と低いため、日本人にとっては生活しやすい環境が広がっています。

タイ・バンコクの高収益物件を紹介いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

直近9年間で常にロングステイ先として人気のタイ

出所:ロングステイ財団「日本人の海外ロングステイ希望先」調査出所:ロングステイ財団「日本人の海外ロングステイ希望先」調査

ロングステイ財団の発表によると日本人が希望する海外ロングステイ先でタイは常に上位に位置しております。人気の理由は物価が日本の約3分の1であることや、インターネット環境の普及、タイ人の親しみやすさなど生活しやすい環境が整っているからだと考えられます。
マレーシアはロングステイ希望先では毎年1位ですが、マレーシア在住の日本人が約2万人に対し、タイ在住の日本人が約10万人と言われており、実際にはタイに暮らす日本人の方がマレーシアに暮らす日本人よりも多いです。

タイ・バンコク&パタヤの不動産物件の現地情報を聞くチャンス!この機会に是非ご参加ください

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

加藤氏が購入したタイ・パタヤのThe Base Central Pattaya

不動産の売買にかかる税金比較

The Base Central Pattayaが人気物件となった理由はパタヤシティ繁華街のど真ん中という抜群の立地の良さです。 しかも31階と27階の高層ツインタワーです。
The Base Central Pattayaからビーチまで近く、各種ショッピングモールも至近、周囲にはホテル、飲食店が目白押し、といった理想的な立地です。

タイパタヤThe Base Central Pattaya

タイパタヤThe Base Central Pattaya

タイパタヤThe Base Central Pattaya

タイパタヤThe Base Central Pattaya

タイパタヤThe Base Central Pattayaの運用についてご紹介いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

加藤氏が購入したタイ・バンコクの「Life Asoke Rama9」

三菱地所レジデンスとタイ・バンコク・ディベロッパーAP社との共同事業「ライフ アソーク ラマ9」。所在地は、バンコクのパヤタイ区バンカピ小地区の敷地約13,900㎡。MRTブルーライン・ラマ9駅から徒歩5分、エアポートレールリンク・マッカサン駅から徒歩10分と、バンコクの商業集積地「アソーク」エリアやスワンナプーム国際空港へのアクセスに優れています。

Life Asoke Rama9

Life Asoke Rama9

Life Asoke Rama9

Life Asoke Rama9

Life Asoke Rama9

【プロジェクト概要】
物件名ライフアソークラマ9
総戸数2248戸
完成年2020 年
最寄駅MRTラマ9 徒歩5分
1ベッドルーム30㎡~
価格4,000,000 THB ~

講演者

  • 講演者画像

    不動産投資家

    タイのバンコクとパタヤに新築不動産を所有
    加藤 貴行(かとう たかゆき)

    1969年生まれ。神奈川県横浜市在住。兵庫県西宮市で育つ。株式会社リクルート傘下の某人材派遣会社の法務部門に所属するサラリーマンを卒業し、現在は不動産投資家兼コンサルティングを行う。趣味は将棋とワンコ。
    「Marusell(マルセル)」を屋号、「Oval court(オーバルコート)」を物件名に、中古ワンルームの区分所有マンションからRC新築一棟を自ら計画し、自称1人ディベロッパーをやりながら、最近ではタイなどの海外物件や国内のリゾートなどにも可能性を見出して不動産を保有している。

  • 講演者画像

    心友不動産
    Sales Exective/日本担当
    小野木 紘二(おのぎ こうじ)

    1985年岐阜県生まれ。2009年リクルート入社/結婚事業、シニア向け新規事業、採用事業を担当。2015年アジアン・ビジネスパートナーズ入社。タイでは販売価格や手数料体系の不明瞭さ、購入を煽るような会社も多く存在するため、クリーンで初心者でも参入しやすいマーケット、透明性の高い業界にしたいという想いを持ち、日々チャレンジを続けている。

ページトップへ