セミナー会員数 8,287名 (7月6日更新)

【個別・オンライン】10年×10%利回り保証!ベトナム不動産セミナー ~5つ星温泉リゾート&年間30日無料宿泊付き~

【個別・オンライン】10年×10%利回り保証!ベトナム不動産セミナー ~5つ星温泉リゾート&年間30日無料宿泊付き~

【個別・オンライン】10年×10%利回り保証!ベトナム不動産セミナー ~5つ星温泉リゾート&年間30日無料宿泊付き~

【日時】 【満員御礼】706日(月)18:00-19:00
【満員御礼】709日(木)18:00-19:00
【満員御礼】710日(金)14:00-15:00
【満員御礼】711日(土)15:00-16:00
【会場】 WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい
【設定】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【参加】 無料
【主催】 フォーランドリアルティネットワークジャパン

「10年間×10%の利回り保証」が付帯するベトナム初の5つ星温泉リゾートホテルのプロジェクト詳細等について解説するオンライン個別セミナーです。
「10年間・10%の利回り保証」という魅力的なパッケージが付帯し、長期に渡り安定的なリターンを享受することが可能です。
また、購入者特典として無料宿泊権(年間30日)も提供されます。
本物件の完成後の運営は世界約80ヵ国で8,000超のホテルを運営する米大手ホテルグループ「Wyndham Hotels & Resorts(ウィンダム・ホテルズ&リゾーツ)」が担当。
各ユニットはウィンダム基準で選定された内装・家具付で提供されるため、完成後は余計な手間やコストをかけずに運用を開始できます。
ご興味をお持ちの方は、この機会に是非ご参加ください。

【セミナー参加方法】
セミナー開始の約1時間前までに、参加用URLを登録されたメールアドレス宛にお送りいたします。開始時間前に参加用URLをクリックし、セミナー画面へアクセスしてください。
※オンライン会議システム「ZOOM」を利用して配信いたします。
「ZOOM」のご利用が初めての方は、事前に動作確認されることを推奨いたします。
※スマートフォンなどPC以外のディバイスでご利用する場合には、事前に専用アプリ「ZOOM Cloud Meetings」のインストールが必要になります。

詳細はセミナーにてご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ベトナムについて

ベトナムの北部に位置する首都「ハノイ」は、人口は約800万人とホーチミンに次ぐ国内第2の都市であり、政治と文化の中心地として各国の政府機関や大使館が集まることで知られるほか、外資系企業の拠点も数多くあります。

また、ハノイは周辺に美しい自然が多いことから観光都市としても知られており、エメラルドグリーンの海と奇岩が生み出す絶景が人気の世界遺産「ハロン湾」にも日帰りでアクセスすることができます。

エリアとしては、行政機関・金融機関・各国大使館が集まり、ショッピングモールなどもある中心部「ホアンキエム区」や、日系企業の拠点が多く日本大使館も立地する「バーディン区」、オフィスビルやコンドミニアムなどの開発が盛んなハノイ西部の新興エリア「コウザイ区」、西湖周辺に広がる閑静な住宅街「タイホー区」などが人気があります。

ハノイ旧市街ハノイ旧市街

ロッテセンター・ハノイロッテセンター・ハノイ

今回ご紹介する「Wyndham Thanh Thuy Hotels & Resorts(ウィンダム・タン・トゥイ・ホテルズ&リゾーツ)」


「Wyndham Thanh Thuy Hotels & Resorts(ウィンダム・タン・トゥイ・ホテルズ&リゾーツ)」は、ベトナムの首都ハノイ市近郊の温泉地「フート省」の川沿いエリアに、2022年第1四半期に誕生を予定している、2棟構成、地上30階建て、全2,100室からなる、ベトナム初の5つ星高級温泉リゾートホテル(コンドテル)です。

今回ご紹介する物件の周辺今回ご紹介する物件の周辺

今回ご紹介する物件の寝室今回ご紹介する物件の室内

本物件最大の特色は、「10年間・10%の利回り保証」という大変魅力的なパッケージが付帯する点です。
収益は年2回に分けて振り込まれ、日本でお持ちの銀行口座で受け取ることも可能で、物件オーナーは長期に渡り安定的なリターンを享受することができます。
また、購入者特典として「ウィンダム・タン・トゥイ」への無料宿泊権(年間30日)も提供されます。

さらに、各ユニットにはホテル敷地内の地下100mにある源泉から汲み上げられた「個室温泉」が設置。
泉質は日本の有名温泉地にも多く、療養泉として特にリウマチや創傷に効果があるとされる「カルシウム硫酸塩泉」となります。

今回ご紹介する物件のバスルーム今回ご紹介する物件のバスルーム

今回ご紹介する物件の温泉施設今回ご紹介する物件の温泉施設


本リゾートの開発は、ハノイ証券取引所に上場する大手不動産投資会社「APEC Investment(エイペック・インベストメント)」が新設したリゾート投資開発会社「Onsen Fuji Travel(オンセン・フジ・トラベル)」が事業主となって推進。
建設は、ベトナム最高層ビル「ランドマーク81」を手掛けた国内最大手の建設会社「Coteccons Construction(コテコンズ建設)」が行います。

世界約80ヵ国で8,000超のホテルを運営する米大手ホテルグループ

運営は世界約80ヵ国で8,000超のホテルを運営する米大手ホテルグループ「Wyndham Hotels & Resorts(ウィンダム・ホテルズ&リゾーツ)」が担当。
ウィンダムは運営ホテル数で世界1位、ホテル客室数でもトップ5に入る、世界有数のホテルグループです。
各ユニットはウィンダム基準で選定された内装・家具付で提供されるため、完成後は余計な手間やコストをかけずに運用を開始できます。 

16ヘクタールに及ぶ広大な敷地に誕生するリゾート内には、高級ホテルや国際会議場、ウォーターパーク、ナイトマーケット、多国籍レストラン、スカイバー、ファミリーシネマ、マリーナなど、様々な施設を設置。
また、「美容と健康」をコンセプトとしているため、温泉、ジャグジー、スパ、韓国式サウナ「チムジルバン」、東洋・西洋医学クリニック、フィットネスジムなど、ヘルスケア施設も充実したものとなる予定です。
加えて、将来的にカジノを誘致することも計画しています。

本リゾートは、ハノイ市中心部から車で約1時間、ハノイの空の玄関口「ノイバイ国際空港」からも1時間半程度とアクセス良好。
「バヴィ国立公園」や「ダー川」など、雄大な自然に囲まれながら、癒しとくつろぎの時間を過ごすことができます。

世界的に健康への関心が高まる中、旅先で温泉やスパ、フィットネス、健康食などを通じて心体のリフレッシュを図る「ウェルネス・ツーリズム」が、新たな旅行スタイルとして定着
グローバル・ウェルネス・インスティテュート(GWI)によると、2017年のウェルネス・ツーリズム観光客は15年比20%増の8.3億人に上り、観光収入も6,390億ドル(約70兆円)と観光市場全体の約17%にまで拡大しています。

GWIは、2022年に世界のウェルネス・ツーリズム観光客が12億人に達し、観光収入も年平均7.5%増の9,190億ドルに拡大すると予測
中でも、アジア・太平洋地域における観光収入は地域別で最高となる年平均13%の成長を記録し、2022年に2,516億ドルにまで拡大すると見ています。

ベトナムでも2015~17年でウェルネス・ツーリズム観光客数が年平均22.8%成長し、東南アジア地域ではタイに次ぐ961万人に増加するなど成長分野と見込まれており、本リゾートにも国内外から多くの観光客が訪れることが期待されます。


今回ご紹介する物件の共有スペース今回ご紹介する物件の共有スペース

今回ご紹介する物件のバルコニー今回ご紹介する物件のバルコニー

今回ご紹介する物件の上空イメージ今回ご紹介する物件の上空イメージ

今回ご紹介する物件の外観今回ご紹介する物件の外観

「ウィンダム タン トゥイ( Wyndham Thanh Thuy Hotels & Resorts )」間取り・価格情報

間取り・販売価格・専有面積
Studio(32m²~)約792万円 (1,684,800,000VND)  
1Bed(43m²~)約1,043万円 (2,218,840,000VND)   
2Bed(57m²~)約1,548万円 (3,292,660,000VND)   

講演者

  • 代表取締役 中尾 孝久

    フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社

    代表取締役
    中尾 孝久

    1975年和歌山県生まれ。大手投資会社を始め10年以上金融業界で為替、株式のリテール部門で活躍。その後、外資系証券会社のセールスヘッドを経て、2012年フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社取締役に就任。2014年同社代表取締役就任。累計100本以上のマレーシア、フィリピン不動産セミナーの講師を担当。現地の最新情報を織り交ぜつつ、金融業界出身らしい独特の観点から海外不動産の魅力を分かりやすく解説するセミナー内容は、毎回好評を博している。

【個別・オンライン】東南アジア 人気の4ヵ国不動産セミナー ~マレーシア・タイ・フィリピン・ベトナム 各国の経済状況や不動産マーケットを中心に解説!~

【WEBセミナー】東南アジア 人気の4ヵ国不動産セミナー ~マレーシア・タイ・フィリピン・ベトナム 各国の経済状況や不動産マーケットを中心に解説!~

【個別・オンライン】東南アジア 人気の4ヵ国不動産セミナー ~マレーシア・タイ・フィリピン・ベトナム 各国の経済状況や不動産マーケットを中心に解説!~

【日時】 【満員御礼】708日(水)14:00~15:00
【満員御礼】710日(金)18:00~19:00
【会場】 WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい
【手続】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【参加】 無料
【主催】 フォーランドリアルティネットワークジャパン

今回は、成長著しい東南アジア諸国の中でも、日本人の不動産投資先として適している4ヶ国(マレーシア・タイ・フィリピン・ベトナム)をメインにご説明します。
4ヶ国の経済状況や不動産マーケットを中心にわかりやすく解説をするセミナーです。
またオンラインセミナーですので、ご自宅のパソコンなどから参加可能です。
東南アジア不動産に興味をお持ちの方はお気軽にセミナーにご参加ください。

※オンライン会議システム「ZOOM」を利用して配信いたします。
「ZOOM」のご利用が初めての方は、事前に動作確認されることを推奨いたします。
※スマートフォンなどPC以外のディバイスでご利用する場合には、事前に専用アプリ「ZOOM Cloud Meetings」のインストールが必要になります。

東南アジア人気の4ヵ国の不動産をわかりやすく解説します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

フィリピン(世界の信用機関の格付けがどんどん上がるフィリピン)

美しいマニラ都心部美しいマニラ都心部

フィリピンの料理フィリピンの料理

フィリピンのゴルフ場フィリピンのゴルフ場

観光地パダンガス観光地パダンガス

2020年6月に日本格付研究所(JCR)はフィリピンの信用格付をBBB+からA-へと1段階引き上げました。
その理由として、世界各国が経済成長の減速により財務状況を毀損し、信用格付を引き下げたパンデミックのさなかにおけるフィリピンの耐性を挙げております。
JCRはフィリピンの格付の見通しを「安定的」としましたが、これは「A-」が当面維持されるとの予想を示すものです。
日本の格付機関だけでなく、大手のフィッチは、2020年2月にフィリピンの格付をトリプルB(BBB)に据え置くと発表しました。
格付自体に変更はなかったものの、これまでの「安定的」から「強気」に引き上げております。
「強気」は「近い将来に格付自体の引上げの可能性がある」という意味です。
フィッチは、有力格付け機関の中ではフィリピンに対する評価が比較的厳しいものでありましたが、最近はその評価が強気になりつつあると言えます。

フィリピンの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ベトナム(日本企業がどんどん進出する親日国のベトナム)

ハノイの町並み ハノイの町並み

ホーチミン廟 ホーチミン廟

ホアンキエム湖 ホアンキエム湖

タンロン水上人形劇場 タンロン水上人形劇場

大手会計事務所のプライスウォーターハウスクーパース(PwC)が発表したレポート「2050年の世界」の中で、ベトナムに対し「2050年にかけて世界で最も高成長を遂げる経済大国」と評価するなど、日々進化を続けるベトナムには、明るい未来が訪れると期待されています。
ベトナム国内では第2外国語として日本語を選ぶ学生が多く、東南アジアの中でも親日国であり、近年では日本企業のベトナム進出が活発です。

ベトナムの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

マレーシア(14年連続ロングステイしたい国No.1のマレーシア)

アジアでも有名なペドロナスツインタワーアジアでも有名なペドロナスツインタワー

1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア1957年にイギリスからの独立を宣言したムルデカスクエア

マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟マレーシア随一のヒンドゥー教の聖地バツー洞窟

美しいKLCC公園美しいKLCC公園

マレーシアは東南アジアの中でもシンガポールに次いで交通や生活インフラの整備が進んだ国です。
先進国と比べても遜色のないインフラ環境が整備され、鉄道、バスなど公共交通も便利で、費用も安く提供されています。
1990年以降、1年あたりの平均成長率は実に5%超と安定した経済成長を記録しており、失業率も3%前後とほぼ完全雇用の状態を維持しています。
永住権取得も比較的容易なことからマレーシアは14年連続ロングステイしたい国No.1となっております。

マレーシアの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

タイ(観光立国としてもアジアの工場としても大成功の親日国タイ)

ワット・アルンワット・アルン

メークローン市場メークローン市場

プーケット島プーケット島

タイの屋台タイの屋台

「微笑みの国」と称される穏やかな国民性を持ち、世界有数の親日国としても知られていることから、ロングステイ財団による「日本人の海外ロングステイ希望先」として、8年連続(2011~2018年)で第2位にランクインしています。
日本の企業進出の代表格は自動車メーカーで、2010年のタイ全体の自動車生産台数は過去最高の164万台で10年前の約4倍でした。
大半がトヨタ自動車や日産自動車、ホンダなど日本の会社の現地工場によるものです。
そのため自動車部品メーカーや電子部品もメーカーも進出しています。
もちろん日本人駐在員が非常に多いため、日本人が賃貸として利用してくれる可能性が高まります。

タイの経済状況や不動産マーケットを詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 代表取締役 中尾 孝久

    フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社

    代表取締役
    中尾 孝久

    1975年和歌山県生まれ。大手投資会社を始め10年以上金融業界で為替、株式のリテール部門で活躍。その後、外資系証券会社のセールスヘッドを経て、2012年フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社取締役に就任。2014年同社代表取締役就任。累計100本以上のマレーシア、フィリピン不動産セミナーの講師を担当。現地の最新情報を織り交ぜつつ、金融業界出身らしい独特の観点から海外不動産の魅力を分かりやすく解説するセミナー内容は、毎回好評を博している。

ページトップへ