セミナー会員数 6,342名 (9月26日更新)

このセミナーは終了いたしました。

カンボジア不動産に投資するオーナーが語る
海外不動産投資の本音、なぜカンボジア不動産?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カンボジア不動産に投資するオーナーが語る 海外不動産投資の本音、なぜカンボジア不動産?

カンボジア不動産に投資するオーナーが語る
海外不動産投資の本音、なぜカンボジア不動産?

【日時】 1123日(木・祝日)13:30-15:30
【会場】 新宿セブンビル6階貸会議室
【会場】 東京都新宿区新宿2-8-1

直行便就航に沸く、カンボジアの今をご紹介

日系企業の積極進出を背景に、9月より成田~プノンペン間の直行便就航が決まり、今後さらなる注目が予想されるカンボジア。今回はそんなカンボジアの不動産をご紹介するセミナーを開催いたします。当日は、実際にカンボジアの不動産を購入した海外不動産投資家2名をゲストとしてお呼びし購入前・購入後の良かった点・悪かった点をすべてお話していただきます。

2016年9月、ついに成田~プノンペン間の直行便の就航します!

GDPは安定的に上昇を続けている GDPは安定的に上昇を続けている

イオンモールも2号店が2018年にオープン予定 イオンモールも2号店が2018年にオープン予定

近年、プノンペンを中心に、日系企業の進出が増加しています。2012年、2013年の経済特区への投資総額(認可ベース)では件数・投資額ともに日本の企業が第1位。企業進出にともなって日本人コミュニティが形成され、日本人向けのコンドミニアム需要が見込まれています。これらを背景に、2016年9月に、ついに成田~プノンペン間の直行便の就航が決定しました。

安定した成長を続け、GDP成長率は毎年7%を超えるカンボジア。国際通貨基金(IMF)の発表では、カンボジアの成長率を2017年以降、2020年まで7.3%~7.4%の成長が続くと予測されています。国連の予想では、カンボジアの人口は2060年にピークを迎えるとされ、毎年約30万人もの新しい労働力が生まれ、若者が経済成長を支えています。

継続的な経済成長に不可欠な人口増や人口構成比をベースにするカンボジアの成長戦略ですが、最大の特徴は、アメリカドル建て決済が可能なビジネス環境をはじめとする、外国投資の積極的な受け入れにあります。経済特区の設置や、サービス産業の外資100%の会社設立を認めるなどの投資優遇措置を設けることで、海外からの直接投資受入額(2013年)は13億アメリカドルにのぼります。そのためカンボジアの不動産はアメリカドル建て決済が可能。新興国での投資で気になる「為替リスク」の少なさが人気の秘密です。

Jアセットパートナーズ・スタッフ同行 カンボジア視察ツアー4日間

セミナー内では、今までになかった、まったく新しい海外スタディ・ツアーもご案内します。

■ツアーポイント1 短期間で4物件を効率良く視察

■ツアーポイント2 毎回大好評のグルメも充実

■ツアーポイント3 さらにホテルにもこだわった高品質・低価格の内容

【ツアーに関するご注意事項】

ご注意事項※ツアーの詳細につきましてはJアセットパートナーズのHPまたは直接お問い合わせにてご確認ください。※当社では、ツアーにより生じたあらゆる損害・損失について、一切の責任を負いません。

注目の文教エリア、BBK(ボンケンコン)に充実した共有設備・高級仕様の全480戸が登場!GOLDEN ONE 物件案内

GOLDEN ONE完成予想イメージ・外観近景GOLDEN ONE完成予想イメージ・外観近景

GOLDEN ONEイメージGOLDEN ONEイメージ


GOLDEN ONE室内ジムGOLDEN ONE室内ジムイメージ

GOLDEN ONEミニバーGOLDEN ONEミニバーイメージ


GOLDEN ONE(ゴールデンワン)は、世界各国の大使館が集まるプノンペンの一等地であり、外個人駐在員や現地富裕層から最も人気がある高級街区「ボンケンコン(BKK)地区」の中心という絶好のロケーションに2019年末に誕生予定、32階建て、販売戸数480戸の高級コンドミニアム(マンション)です。

開発会社のCHUN SAMBATHデベロップメント社は、カンボジア現地の大手設計・建設施工会社であるUCグループの1社です。UCグループは、1990年発に設立された建設会社で、住宅・大型店舗、商業施設から5つ星ホテルの設計、建設を行ってきた現地最大手の建設会社グループです。

GOLDEN ONE(ゴールデンワン)が誕生するボンケンコン(BKK)地区周辺には、日本国を含め20を超える国々の大使館が点在しており、本物件の1KM圏内にはコンドミニアムやオフィス、ホテル、高級レストラン、バー、インター校、行政機関、病院などが多数集積。また、2014年6月にカンボジア初の本格的ショッピングモールとしてオープンした「イオンモール・プノンペン」が直線700圏にあるほか、観光人気も高い巨大市場「セントル・マーケット」までも同2.5KMと、プノンペンの中でも生活利便性に恵まれたロケーションを誇ります。

【プロジェクト概要】
開発会社CHUN SAMBATHデベロップメント社
物件名称GOLDEN ONE(ゴールデンワン)
完成2019年末
エリアボンケンコン
土地面積1290㎡
建物地下1階、地上32階(4階まで駐車場、5階から住居棟)
所有形態所有権
分譲戸数480戸
所有形態所有権
室内付属品内装、キッチン、エアコン、フルセットの家具(ベッド・ダイニングテーブル・ダイニングチェア・ソファ)
金額スタジオタイプ 64,653 USドル~、1ベッド 72,965 USドル~、2ベッド 122,129 USドル~
予約金1,000 USドル
支払い①契約時 ②2017年末 ③2018年末 ④引渡時 各25%
管理費㎡あたり0.5 USドル(予定)

講演者

  • 竹口
    Jアセットパートナーズ株式会社
    竹口 淳(たけぐち じゅん)

    1971年生まれ富山県出身。1994年に富士銀行(現みずほ銀行)に入行。その後、ソフトバンクグループやKPMG、SBIキャピタル(バイアウトファンド)等。2010年12月のSBIグループ退社後は、海外投資行うために単身で東南アジアへ渡る。2011年8月より約2年間にわたり、カンボジアの現地金融機関の経営に参画。2013年10月よりカンボジアをメインに投資事業と海外人材の育成に務める。

  • 海外不動産投資家 S氏
    海外不動産投資家
    征矢野(そやの)氏

    企業経営者、48歳
    学生起業し25年、企業を経営する傍ら、国内3棟・海外21戸の広範囲に不動産投資を展開中、カンボジアにも複数物件を投資中。 自己の投資事例を踏まえて、なぜ海外投資か?海外不動産投資の成功例・失敗例、物件や業者の見分け方等を講演予定。
    facebookを足場に、「海外不動産投資 アマチュア投資家の会」を主宰。

  • 海外不動産投資家 Y氏
    海外不動産投資家
    Y氏

    大手コンサルティング会社幹部、50代後半
    国内収益物件を10数戸所有。本年、カンボジアで初海外投資。
    海外不動産投資に踏み切った経緯、なぜカンボジアに投資したのか?
    カンボジア現地を訪問して感じたこと、現地デベロッパー(UCグループ代表)との面談結果等を講演予定。

カンボジア不動産に投資するオーナーが語る
海外不動産投資の本音、なぜカンボジア不動産?

日時
2017/11/23 13:30~
会場
新宿セブンビル6階貸会議室(11/23)
住所
東京都新宿区新宿2-8-1
交通
【東京】 東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅 徒歩1分 都営新宿線 新宿三丁目駅 徒歩5分 山手線 新宿駅 徒歩11分
料金
無料
定員
20名
セミナー内容
東南アジアにおけるカンボジア経済 カンボジア不動産について 海外不動産投資家2名によるカンボジア不動産を購入して良かった点・悪かった点 その他ご質問にお答えします
ページトップへ