セミナー会員数 9,942名 (6月20日更新)

【WEB開催】10年×10%満期後元本返済 アメリカ不動産セミナー ~400万円台から購入可能でUSドルでの投資~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10年×10%満期後元本返済 アメリカ不動産セミナー ~400万円台から購入可能でUSドルでの投資~

10年×10%満期後元本返済 アメリカ不動産セミナー ~400万円台から購入可能でUSドルでの投資~

【日時】 624日(月)14:00-15:00
628日(金)14:00-15:00
628日(金)18:00-19:00
【会場】 WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい
【設定】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【参加】 無料
【主催】 叶屋不動産商事株式会社
【免許】 東京都知事免許 第94411号

本セミナーでは、世界最大のGDPを誇るアメリカ不動産の魅力をお伝えします。
今回ご紹介するアメリカ不動産の魅力は、①確定年利回り(10%)、②短期間(最長5年)、③満期後元本返済(100%)、④世界基軸通貨ドルの運用、⑤3億3千万人に支えられた旺盛な需要、⑥超先進国での投資にあります。
堅調なアメリカ不動産市場の現状、住宅ローン事情を踏まえて、今まさにアメリカ不動産へ投資すべき理由をご説明いたします。
他にも魅力的な物件があれば、適宜紹介します。
ご自宅から参加可能なオンラインセミナーです。
是非ご参加下さい!!

世界最大のGDPを誇るアメリカ不動産の魅力をお伝えします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

アメリカの住宅ローン金利

アメリカの住宅ローン金利アメリカの住宅ローン金利

アメリカ不動産市場について
住宅が購入しやすいか否かは、住宅価格と金利、所得で決定されます。
住宅価格と金利が上昇すれば、当然に住宅を買えない人が増え住宅需要が減少します。
現在米連邦準備制度理事会(FRB)がハイパーインフレを抑制するために行っている政策金利は高い水準で推移しています。
ところが、住宅需要が鈍化しているにもかかわらず、価格は高止まりしています。
この原因は、高金利によって、住宅保有者が新たなローン借り入れを渋っていること、つまり、中古物件の流通が激減していること、そして中古物件に代わる新築物件の供給不足にあります。
下記図表をご覧ください。
アメリカは中古住宅が新築住宅の5倍程度の市場規模があり、その中古の在庫が減れば、市場は新築住宅へ向かいます。
ところが、新築住宅も供給が足りていないので、金利が高いにもかかわらず、住宅価格が下がっていないのです。

アメリカ不動産の見通しについてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

中古住宅の販売在庫件数

中古住宅の販売在庫件数中古住宅の販売在庫件数

さらに、サブプライムローン問題に懲りた金融機関によって、住宅ローンが抑制され、2010年からの10年間における新築着工数はわずか5.8百万件にすぎません。
アメリカでは現在650万戸の住宅供給不足と言われています。

中古住宅の販売在庫件数についてご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

新築住宅の供給 失われた10年

新築住宅の供給 失われた10年新築住宅の供給 失われた10年

この住宅供給不足に拍車をかけているのは、アメリカの人口増加です。

新築住宅の供給についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

全米の人口増加

全米の人口増加全米の人口増加

以上により、当面続くと考えられる旺盛な住宅需要に対して大手建設会社による建築ラッシュが起こっているのが、アメリカ不動産業界の現状です。
デベロッパーは高金利で金融機関より借入するより、不動産開発に見合った適正利回りでの投資スキームを考え出しました。
そのため高値安定で成熟していたアメリカ不動産への少額投資チャンスが生まれました。
是非ともセミナーで詳細をご確認下さい。

投資の特徴
①最低投資額:USD30,000から(それ以上はUSD1,000単位)
②投資期間は3年間のオープンローン方式(デベロッパーの判断により、1年間の延長が2回まであり)
③100%満期後元本返済:満期日は投資契約締結日から3年後の第4四半期最終日
④基本年利回り:単利6%(年2回支払い)
⑤追加年利回り:複利4%(満期後、または元本返済時に一括で支払い)
⑥延長利息:延長の度、追加年利回りに0.25%が上乗せ(4年目4.25%、5年目4.50%)
⑦収益が米国で非課税(米国非居住者のみ対象)
⑧担保はデベロッパーの全資産

投資の特徴についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 石原 康明

    叶屋不動産
    海外不動産担当
    石原 康明

    アメリカ不動産市場は、金利の高止まりにより流通価格が高騰しているにもかかわらず、住宅需要は旺盛です。現在650万件の住宅物件が足りておらず、年間175万件の新規住宅着工が必要と言われています。2007年にサブプライムローン破綻後、アメリカ不動産市場に冬の時代が到来いたしました。いわゆる「アメリカ不動産市場の失われた10年」です。現在アメリカ不動産市場で何が起こっているのか(なぜ住宅供給不足に陥っているのか)をサブプライムローン問題からの経緯を紐解きながら説明いたします。このような流れの中で、デベロッパーは旺盛な住宅需要に対応した投資スキームを作り上げました。是非ともオンラインセミナーでその詳細をご確認下さい。

【WEB開催】10年×10%満期後元本返済 アメリカ不動産セミナー ~400万円台から購入可能でUSドルでの投資~

日時
2024/6/11 14:00~
2024/6/24 14:00~
2024/6/28 14:00~
2024/6/28 18:00~
会場
WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい(6/11、6/24、6/28、6/28)
住所
お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
交通
料金
無料
定員
5名
セミナー内容
①アメリカ経済について ②アメリカ不動産の見通しについて ③ご紹介するプロジェクトについて ④質疑・応答

参加予約フォーム

氏名必須

フリガナ必須
セイ

メイ

郵便番号任意

住所任意

メールアドレス
※半角英数字のみ
※PCのアドレスを推奨 必須

※半角英数字(PCアドレス推奨)

※このメールアドレスに送信内容の確認メールをお届けします。
※メール受信制限をしている方は返信メールが受信できるよう設定の変更をお願いします。
設定方法はこちら
携帯電話の受信設定でドメイン指定受信を設定している方は、不動産会社からの返信メールが届かない場合があります。
下記ドメインからのメールが受信できるように設定の変更をお願いします。
問い合わせ先メールアドレスのドメイン名
kaigaiseminar.com
電話番号
※半角数字のみ、ハイフンは不要です必須

※ハイフンなし

参加希望日必須

ご要望
任意

ご入力いただいた情報は、主催会社 へ送信されます。
ご入力いただいた個人情報は、このサービスを提供する海外不動産セミナー.comのプライバシーポリシーに則って厳重に管理します。海外不動産セミナー.comにおける利用規約及びプライバシーポリシーについては各リンク先をご覧ください。

お客様の個人情報はSSLで暗号化されて送信されますのでご安心ください

電話で問い合わせ朝9時 - 夜8時(土・日・祝 除く)

090-6111-6661

「個別相談のご要望」「セミナー参加前に確認したい点」など、どんなこともお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ