セミナー会員数 6,021名 (7月17日更新)

このセミナーは終了いたしました。

<2015年、当社で最も売れた投資案件>モンゴル・ウランバートル都市開発プロジェクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【利回り12%】総開発面積27haに及ぶ大規模公共事業  モンゴル・ウランバートル都市開発プロジェクト、第2期始動

『モンゴル・ウランバートル都市開発プロジェクト説明会』

【日時】 130日(土)13:00-15:00
【会場】 東京都中央区銀座5-15−8 時事通信ホール
【主催】 株式会社オウチーノ 週刊住宅新聞社

2015年、オウチーノで最も売れたプロジェクトの第2期が登場です。舞台は、急速な経済成長を続けるモンゴルの首都・ウランバートル。現地政府が推進する「団地造成」の公共事業に、日本の個人投資家の資金を導入する計画を紹介します。購入は200万円台から可能、利回りは確定12%、償還期間は最短1年から可能、公共事業のためリスクが低いのも特徴です。高い投資収益を得られるだけでなく、ウランバートル市民の生活を劇的に改善できる。凄いプロジェクトが登場しました。

時事通信ホールにて詳しいご案内を実施いたします

プロジェクト説明会に参加する(無料)プロジェクト説明会に参加する(無料)

GDP成長率10%超 高度成長期を迎えているモンゴル

主に遊牧民が使用する伝統的な移動式住居のことをゲルと呼ぶ

モンゴルでは、冬は気温がマイナス40度になることも

住宅は2012年から毎年20,000戸のペースで建設されている

首都・ウランバートル中心部には高級住宅が数多く建ち並ぶ

モンゴルの現状・経済成長を
詳しくご説明いたします

プロジェクト説明会に参加する(無料)プロジェクト説明会に参加する(無料)

ウランバートル市民に「夢のマイホーム」を提供するプロジェクト

華々しく発展を続けるモンゴルの首都ウランバートルの市街から車で10分ほどの郊外。ここに、モンゴル政府やアジア開発銀行の支援を受けた、大規模再開発プロジェクトが誕生します。ウランバートルの都市部では高級物件が建ち並ぶ一方で、市民の半数以上は「ゲル地区」という上下水道インフラのない劣悪な環境で暮らしています。冬にはゲル地区の70万人の市民が一斉に石炭ストーブを使う為、大気汚染も深刻な問題になっています。それらを解決すべく、「水道インフラ」と「近代集合住宅」を同時に供給する公共事業が、政府の手で進められています。

プロジェクト完成予想図

現地の開発事業会社から
直接プロジェクトの詳細をご説明いたします

プロジェクト説明会に参加する(無料)プロジェクト説明会に参加する(無料)

確定利回り12%、200万円台からの投資が可能

この公共事業のうち、団地建設部分を日本の投資家の資金を導入して実施するというのが、今回紹介するプロジェクトです。
投資家は、4年間で全28棟・3,024室が建設される住居棟の1室分の資金を投資することになります。1室あたりの投資金額は200万円台から。償還期間は最短1年から可能。支払いは米ドルベースで年12%の高利回りがとれる、稀有な不動産投資案件です。
冬はマイナス40度になる中、屋外の共同トイレを使用し、給水所から水をタンクで運んでいたゲル地区の住民が、このプロジェクトにより「水道、トイレ完備の近代住宅」に移り住むことになります。暖房も完備しているため、石炭ストーブによる大気汚染も軽減されます。
「日本人に投資収益」、「モンゴル人に夢のマイホーム」をもたらす双方にメリットのあるプロジェクトとなります。

【プロジェクト概要】

デベロッパーStandard Property LLC
開発予定期間2014年 ~2019年春
開発面積27ヘクタール
開発エリア住所ウランバートル市 ソンギノ区東部
開発予定施設住居棟(3,024室)、商業施設(工場、店舗、オフィス棟等)、学校、幼稚園、娯楽施設

参加予約フォームよりご予約ください。終了後に質疑応答も承ります

プロジェクト説明会に参加する(無料)プロジェクト説明会に参加する(無料)

講演者

  • 市川隆久

    株式会社オウチーノ

    最高顧問
    市川隆久

    東京外国語大学卒業後、1984年株式会社リクルートに入社。日本の不動産業界で30年の業務経験を有する。現在、世界各国を視察し、不動産を知り尽くした鋭い分析力で厳選した海外不動産を紹介している。

  • 並木宏仁

    Standard Property Group

    取締役
    並木宏仁

    慶應義塾大学卒業後、1992年に三菱UFJ信託銀行入社。20年超にわたり幅広いグローバルビジネスを経験。現在は指揮メンバーとして当プロジェクトを推進中。
    著書:海外相続ガイドブック(きんざい)

<2015年、当社で最も売れた投資案件>モンゴル・ウランバートル都市開発プロジェクト

日時
2016/1/30 13:00~
会場
時事通信ホール(1/30)
住所
東京都中央区銀座5-15−8 時事通信ホール(時事通信ビル2F) 【地図】
交通
・東京メトロ日比谷線・都営浅草線の「東銀座」駅(6番出口)から徒歩1分 ・都営大江戸線「築地市場」駅(A3出口)から徒歩4分 ・東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座」駅から徒歩7分 ・JR「有楽町」駅から徒歩12分
料金
無料
定員
150名
セミナー内容
●モンゴル・ウランバートルの現状と今後の展望 ●ウランバートル都市開発プロジェクトの全貌 ●確定利回り12%。購入までのプロセスの紹介 ●第2期の投資スキーム、出口戦略の詳細 プロジェクト説明会終了後に質疑応答を承ります。
ページトップへ