セミナー会員数 6,749名 (2月18日更新)

驚異の金利1%、最大1億円、物件価格の80%まで借入れ可能!イギリス・ロンドン不動産セミナー ~7戸限定 利回り12~13% ロンドン中心地のホテル投資~

驚異の金利1%、最大1億円、物件価格の80%まで借入れ可能!イギリス・ロンドン不動産セミナー ~7戸限定 利回り12~13% ロンドン中心地のホテル投資~

驚異の金利1%、最大1億円、物件価格の80%まで借入れ可能!イギリス・ロンドン不動産セミナー ~7戸限定 利回り12~13% ロンドン中心地のホテル投資~

【日時】 129日(火)19:00-20:30
【会場】 ステイジアキャピタルジャパン
【会場住所】 東京都港区三田3丁目13番12号 三田MTビル5階
【参加】 無料

今セミナーでは7戸限定!ロンドン超一等地物件を自己資金20%で購入する新型スキームを初公開します。
バッキンガム宮殿や国会議事堂があるロンドンの中心地、ウェストミンスター地区で国内最大客室数を誇る名門ホテルの区分所有権への投資となります。
是非セミナーにご参加下さい。

詳しくはセミナーでご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナーでご紹介する物件のポイント

1.【ロンドン中心地】国会や官公庁が集中するウェストミンスター地区
2.【名門ホテル】ロンドンではヒルトン、マリオットに並ぶ有名ホテルグループ
3.【竣工済み】既存物件のオーナーチェンジの為、未竣工のリスクなし
4.【ネット利回り6%】ロンドン中心部、昨年実績でネット6%の利回り
5.【融資可能】金利1%、最大1億円、物件価格の80%まで借り入れ可能

今回のセミナーは公認会計士・税理士の松石滋樹氏を講師にお招きし、これまでとは全く異なる“スペシャル融資スキーム”を紹介します。

室内室内

ラウンジラウンジ

プールプール

ミーティングルームミーティングルーム

ウェストミンスター地区のホテル投資についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ウェストミンスター地区の特徴と今回ご紹介する不動産について

室内室内

寝室寝室

〈これ以上ない立地〉
今回紹介する物件は、ロンドンの中でも中心エリアとして知られるウェストミンスター地区にあります。ウェストミンスター地区には英国国会、首相官邸、世界遺産でもあるウェストミンスター寺院、バッキンガム宮殿などがあり、観光客による宿泊ニーズは尽きません。また、英国で最も利用者が多いとされるウォータールー駅に隣接するなど、ビジネスユースの旺盛な需要があります。森記念財団都市戦略研究所によりますと、ロンドンは「世界の都市総合力ランキング」において7年連続第1位にランクされております。

〈名門ホテル〉
今回紹介するパークプラザホテルはロンドンではだれもが知る有名ホテルで、母体となるPPHE社はロンドン証券取引所に上場している大企業です。同ホテルはロンドン市内で約3,000部屋を運営しており、ヒルトングループに次ぐ規模です。また、ロンドンのほか、ドイツやオランダ等、世界各国に拠点展開をしています。

〈竣工済み〉
本物件は、計1,400室すべてが区分登記されていて、2008年~2010年に完成しているため、未竣工のリスクがないほか、引き渡し後すぐに賃料収入が得られます。それゆえに、現状7戸のみの販売で、今後いつ販売住戸が出てくるかわかりません。

〈ネット利回り6%〉
本物件は、ロンドン超一等地という好立地ながら、前年実績で表面12~13%、実質5%~6%と高い利回りとなっております。同じエリアではネット1%程度の物件も珍しくない中、申し分ないパフォーマンスと言えます。

米国での長期金利の上昇や、米中関係に伴う経済不安から、現在株式市場は荒れ模様です。
そんな中、安心して投資できる先進国での安定した不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか。

世界都市ロンドンについてご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

EU離脱前から見て3/4の価値になったポンド(今がチャンス?)

上記のチャートは直近10年間の円・ポンドチャートです。1ポンド=185~190円が正常値と言われていますが、現在は130円台後半(2019年1月8日現在)になっており不動産購入のチャンスとも考えられます。

今後の為替見通しについてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

今回ご紹介するPark Plaza Westminster Bridge & County Hall

テラステラス

ロビーロビー

カフェラウンジカフェラウンジ

バスルームバスルーム

物件概要
物件名Park Plaza Westminster Bridge, 200 Westminster Bridge Rd, London SE1
専有面積38㎡~
価格£425,000(約6,000万円)~
建物竣工2010年
総室数1019室

物件名Park Plaza County Hall, 1 Addington Street, London SE1
専有面積30㎡~
価格£350,000(約4,900万円)~
建物竣工2008年
総室数398室

※1ポンド140円で計算

セミナー会場地図(三田MTビル)

三田MTビル・地図三田MTビル・地図

講演者

  • 松石 滋樹

    松石滋樹公認会計士税理士事務所 所長
    公認会計士
    松石 滋樹

    東京大学経済学部卒業後、新日本監査法人に入社。一部上場の製造業や不動産業の監査を担当するとともに、外資系ファンドが組成した不動産SPCの監査を担当した。現在は個人事務所に所属し、中小企業の会計・税務をサポートするとともに個人事業主の事業計画立案に携わっている。自身も国内・海外に不動産を保有する不動産投資家でもある。

  • 吉岡 憲史
    ステイジアキャピタルジャパン株式会社

    取締役

    吉岡 憲史

    青山学院大学経営学部、英国国立ラフバラ大学大学院卒業。大学卒業後、民放テレビ局に入社、報道記者を経験。英国留学を経て、大手不動産ファンド運用会社のクリード入社、北欧の年金基金や中東の公的資金など総額2000億円の旗艦ファンドの運用に従事した他、ドイツやアジアの不動産のデューデリジェンス等を経験。その後、独立し「家賃5万以下ドットコム」を立ち上げ、新聞、テレビなどに多数取り上げられる。月刊Wedge にっぽんの青年に選出。2013年ステイジアグループに参画。大学時代は体育会ラグビー部副将、国体出場、13人制日本代表。

三井不動産が再開発を手掛けたイギリスBBCテレビジョンセンター イギリス・ロンドン不動産セミナー ~世界の都市総合力ランキング7年連続No.1&スピード償却節税~

三井不動産が再開発を手掛けたイギリスBBCテレビジョンセンター イギリス・ロンドン不動産セミナー ~世界の都市総合力ランキング7年連続No.1&スピード償却節税~

三井不動産が再開発を手掛けたイギリスBBCテレビジョンセンター イギリス・ロンドン不動産セミナー ~世界の都市総合力ランキング7年連続No.1&スピード償却節税~

【日時】 127日(金)19:00-20:30
【会場】 ステイジアキャピタルジャパン
【会場住所】 東京都港区三田3丁目13番12号 三田MTビル5階
【参加】 無料

今セミナーでは世界の都市総合力ランキング7年連続No.1のロンドンに所在するハイグレードな物件を紹介します。
今回はステイジアキャピタル・イギリス法人国嶋代表が来日。現地の生の声をお伝えします。
またステイジアキャピタル日本法人の投資コンサルティング部有吉マネージャーから「なぜ世界の投資家は、ロンドンへ投資するのか?」ロンドンの不動産市況をお話しするとともに、三井不動産が再開発を手掛けたテレビジョンセンターの紹介をいたします。
現地駐在員が来日して、直接ロンドン不動産市況の話をする貴重な機会となります。
是非セミナーにご参加下さい。

詳しくはセミナーでご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

三井不動産が2018年11月16日にプレスリリースした内容

BBC放送局設計図(1958年当時)BBC放送局設計図(1958年当時)

「テレビジョンセンター再開発計画」全体パース「テレビジョンセンター再開発計画」全体パース

以下は2018年11月16日に三井不動産が発表したプレスリリースです。

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信)は、英国子会社「Mitsui Fudosan UK(英国三井不動産、取締役社長 小野沢英一郎)」を通じて2015年11月より開発を進めてきた、ロンドンの「テレビジョンセンター再開発計画(第1期)」が2018年11月に竣工しましたのでお知らせします。

本再開発計画は、ロンドン市ウエストエンドから西に約6㎞に位置し、同エリアは、インペリアルカレッジの新キャンパスや大型ショッピングセンター「ウエストフィールド」の開発なども進む、ロンドンを代表する再開発エリアのひとつです。当社グループは2012年7月に英国公共放送局のBBCから本土地・建物を取得し、開発を推進してきました。2015年6月に同BBCから取得した近接の「ホワイトシティプレイス再開発計画」を合わせた敷地面積(約1,338,000sf・約124,000m2)および計画総延床面積(約4,263,000sf・約396,000m2)は、ロンドンにおける日系企業の都市開発としては最大規模になります。

開発においては、BBCのスタジオ、オフィスなどとして利用されてきた建物を住宅、オフィス、ホテル、レストラン、シネマなどから構成されるミクストユースの複合施設へ生まれ変わらせました。BBC放送局の特徴的で多くの方に記憶されている建物全体の形状や一部ディテールを残しつつ建物デザインに取り入れ、BBC放送局というイギリスの遺産に新たな魅力・価値を創出しております。

再開発による街の魅力向上により、各施設の営業状況は大変好調で、分譲住宅の約9割が成約し、オフィスは満室稼働しており、またテナントであるソーホーハウスが運営するホテルも高稼働となっております。

分譲住宅分譲住宅

室内室内

テレビジョンセンター再開発計画についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ロンドンの特徴と今回ご紹介する不動産について

ホテルホテル

オフィスオフィス

〈世界都市ロンドン〉
イギリス・ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力があり、誰もが知る都市です。森記念財団都市戦略研究所が発表している「世界の都市総合力ランキング」においては、7年連続No.1で、その都市力については、疑う余地はありません。
また、2018年1-9月期の都市別投資額は、1位(247億ドル)。世界でもっとも投資が活発な都市でもあり、世界中の投資家から常に注目されている都市です。

〈ロンドン中心部の好立地〉
物件は、ロンドン中心部に位置しながら、多国籍企業が重視するヒースロー空港へのアクセスが良好であり、地下鉄3線2駅(ホワイトシティ駅、ウッドレーン駅)から徒歩1分、同駅から電車でウエストエンドまで14分、シティまで22分と、交通利便性にも恵まれております。周辺ではノーベル賞受賞者も排出しており世界有数の理科系大学である「インペリアルカレッジロンドン」の新キャンパスが建築中で、またロンドンを代表する大型ショッピングセンターの「ウェストフィールド・ロンドン」が大規模増床計画を推進中であるなど、地域全体が変貌しつつあるエリアです。当該エリアは、ロンドン市の開発促進地域にも指定されています。

〈再開発〉
再開発は、日本の不動産最大手「三井不動産」が手掛けており、英国公共放送局であるBBC のスタジオ、オフィス等として利用されてきた建物を複合施設へ生まれ変わらせたプロジェクト物件です。今回は、このうちの住宅部分をご紹介いたします。
BBC 放送局の特徴的で多くの方に記憶されている建物全体や一部ディテールを残しつつ住宅デザインに取り入れ、BBC 放送局というイギリスの遺産に新たな魅力・価値を創出しております。

〈スピード償却について〉
Unitによっては、1960年築の古い建物をコンバージョンして開発しているため、短期間での減価償却による節税効果を図ることも可能となります。

また、当日は、本物件の他、ロンドン中心地にある魅力的な物件をご紹介いたします。

世界都市ロンドンについてご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

EU離脱前から見て3/4の価値になったポンド(今がチャンス?)

上記のチャートは直近10年間の円・ポンドチャートです。1ポンド=185~190円が正常値と言われていますが、現在は140円台後半(2018年11月23日現在)になっており不動産購入のチャンスとも考えられます。

今後の為替見通しについてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

今回ご紹介するTelevision Centre

物件周辺物件周辺

物件周辺物件周辺

物件地図物件地図

物件地図物件地図

物件概要
物件名Television Centre
専有面積55.1㎡~
価格£785,000~
建物竣工1960年
再開発竣工2018年

セミナー会場地図(三田MTビル)

三田MTビル・地図三田MTビル・地図

講演者

  • 国嶋 清太

    ステイジアキャピタルUK
    代表
    国嶋 清太

    ロンドン芸術大学メディア学部卒業。ロンドンの大手不動産会社にて9年間勤務。海外の不動産投資家からもっとも注目されるロンドンのプライムロケーションにて、世界各国の投資家のレジデンシャル賃貸・売買の仲介をアドバイス。英国賃貸協会会員。
    英国滞在歴17年。

  • 有吉 尚全
    ステイジアキャピタルジャパン株式会社

    投資コンサルティング1部マネージャー

    有吉 尚全

    不動産経験14年。大手資格予備校にて不動産関連資格の講師・教材制作責任者、大手デベロッパー系管理会社にて建物管理業務の経験を経て、投資用不動産の世界へ転身。日本国内の一棟収益物件、事業用オフィス物件の紹介を通じて、年間150名を超える経営者、投資家の投資コンサルティングを行い、その資産形成に寄与。多くの経営者・投資家にコンサルティングを行う中で、多様化する顧客のニーズに対応できる海外不動産にこれからの資産防衛・資産形成の可能性を感じ、ステイジアキャピタルジャパン株式会社へ入社。
    現在、投資コンサルティング1部のマネージャーとして、海外不動産を通じた投資コンサルティング、資産形成アドバイザリー業務に従事している。

ページトップへ