セミナー会員数 6,554名 (12月12日更新)

まるっと相続対策&フィリピン資産構築と保全セミナー ~大手都市銀行出身者で数多くの相続対策アドバイスを実施している後藤 恵二氏登壇!~

まるっと相続対策&フィリピン資産構築と保全セミナー ~大手都市銀行出身者で数多くの相続対策アドバイスを実施している後藤 恵二氏登壇!~

まるっと相続対策&フィリピン資産構築と保全セミナー ~大手都市銀行出身者で数多くの相続対策アドバイスを実施している後藤 恵二氏登壇!~

【日時】 1215日(土)16:00~19:00(受付15:30~)
【会場】 新宿NSビル18階貸し会議室
【会場住所】 東京都新宿区西新宿2-4-1新宿NSビル18階
【参加】 無料

今セミナーでは大手都市銀行出身者で数多くの相続対策アドバイスを実施している後藤 恵二氏をゲストとしてお呼びし不動産に関する上手な節税方法について語って頂きます。
後藤 恵二氏は相続発生前の節税対策を得意としております。具体的には親族間不動産売買・賃貸借、定期贈与、各種贈与非課税枠の活用などをすることで相続税を軽減します。
それだけでなく相続発生後の節税対策(土地分割)、資遺産分割対策(家族信託)、納税資金対策(生命保険)につきましても過去の事例を使ってわかりやすく解説いたします。
不動産を活用した節税に関心のある方必見のセミナーです!!
是非ご参加下さいませ!!

相続発生前と発生後の節税対策についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

2018年も残すところあとわずか、年が明けると確定申告の時期です

不動産購入前に必ず税金を意識した行動をしましょう不動産購入前に必ず税金を意識した行動をしましょう
大切な資産だからこそ書類の不備はないようにしましょう 大切な資産だからこそ書類の不備はないようにしましょう大切な資産だからこそ書類の不備はないようにしましょう

不動産購入者が税金の専門家に相談をするタイミングの上位3位をご存じでしょうか?
第1位は「最初に不動産を購入した後の確定申告直前」
第2位は「物件購入後しばらく経ってから」
第3位は「物件購入前」
です。
ただし第3位の「物件購入前」に相談する方は本当にごく少数です。
不動産投資で大成功をおさめている人はこのごく少数の「物件購入前」に相談している人だと言われています。
つまり不動産の税金対策は購入前から始まっていると言えます。
今セミナーでは不動産の節税対策を得意とする後藤 恵二氏より、不動産の節税対策を行う際のポイントを解説していただきます。

不動産の節税対策について詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

海外不動産を使った節税(例 外国税額控除を行う)

こまめな書類記入が節税のプロになる第1歩こまめな書類記入が節税のプロになる第1歩
適正な為替換算が正確な所得把握につながります 適正な為替換算が正確な所得把握につながります適正な為替換算が正確な所得把握につながります

海外不動産からの収入は総合課税の対象となり、自分で確定申告をする必要があります。基本的に、国内での不動産の賃貸収入と同じように所得計算を行います。原則として、不動産に係る収入と経費はTTMで換算します。しかし、毎年継続することを条件とする場合は、収入についてはTTB(外貨を購入する時のレート)で、経費についてはTTS(外貨を円に戻すときのレート)を用いてより税額上有利に計算することができます。また、減価償却については、不動産取得日のTTSで、借入金の金利や建物の保険料についてはTTSで換算します。
また、アメリカで不動産賃貸を行っている場合、賃料から所得税が源泉徴収されています。この場合、アメリカでも日本でも確定申告を行い、源泉所得税の過払い分を還付してもらうだけでなく、日本で外国税額控除を行うことで節税することができます。
今セミナーでは不動産の節税対策を得意とする後藤 恵二氏より、親族間不動産売買・賃貸借、定期贈与、各種贈与非課税枠の活用について説明していただきます。

親族間不動産売買・賃貸借、定期贈与、各種贈与非課税枠の活用について詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

不動産の出口戦略でよくある認識の相違について

海外不動産を売却した後の最初の確定申告の提出書類の作成が非常に大変です。海外不動産を売却した後の最初の確定申告の提出書類の作成が非常に大変です。

納税手続きは自分1人で解決しようと考えず、余裕をもっ専門家に相談することをオススメします。節税は自分1人で解決しようと考えず、余裕をもって専門家に相談することをオススメします。

日本の場合、「土地」と「建物」はそれぞれ一つの取引主体です。仮に、一つの住宅を土地付きで購入するにせよ、必ず土地と建物それぞれに価額がついています。 しかし、日本以外の国でも土地と建物それぞれに値段がついているとは限りません。特に欧米では、土地と建物が一体の不動産として扱われているのが通常です。課税の際も、土地と建物を一体として評価の対象とする傾向があります。これは、欧米では、アジアと違って土地そのものを売買取引の対象として考えるのではなく、むしろ賃貸などによる収益を生み出すための資本とみなす傾向が強いためです。建物の構造の特徴が日本のものと違って石造物などが多いことや都心部の開発規制が強いために土地そのものを取引の対象にするのが難しいといった背景がこれに作用しているものと思われます。
また、事業用の土地建物やプライベート用の別荘などを売却する場合には、売却の時期をじっくり見定めることが節税につながります。

日本からの直行便が増え、ますます身近になったフィリピン

フィリピン・マニラの風景

フィリピン・マニラの風景

フィリピン・マニラの風景

フィリピン・マニラの風景

今セミナーでは
フィリピン特別永住権を利用した資産形成、資産保全方法!
GDP8,000ドル越えのマカティ不動産で資産形成!
セブの経済特区を利用した利回り8%保証物件!
セブの経済特区を利用して無税の法人を設立!
などなど、ご説明いたします。
もちろん視察ツアーにつきましても後半ご説明いたします。

2018年世界銀行が、投資適格国NO1.と発表したフィリピン。
日本からの直行便が増え、ますます身近になったフィリピン。
目から鱗のこのセミナーでしか聞けない情報満載で、きっと参加される皆さんのお役に立ちますので、ぜひこの機会にフィリピン投資に触れてください!

ますます身近になったフィリピンについてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(新宿NSビル18階貸し会議室)

新宿NSビル18階貸し会議室・地図新宿NSビル18階貸し会議室・地図


講演者

  • 後藤 恵二
    オーナーズエージェント株式会社

    コンサルタント

    後藤 恵二

    不動産業を経験したのち、大手銀行にて融資や金融商品の販売に従事。銀行員時代には自ら数多くの相続セミナーを企画し、講師として登壇。現在は、不動産管理会社でオーナー様の資産運用コンサル業務に携わり、資産の管理や運用のサポートはもちろんのこと、各種ローンの借り換えや相続対策(遺産分割、節税、納税資金調達)、法人成りのサポートなども行う。
    【保有資格】税理士・中小企業診断士・CFP(認定上級ファイナンシャルプランナー)
    1級ファイナンシャルプランニング技能士・日商簿記1級・宅地建物取引士・相続アドバイザー2級

  • 鈴木 廣政
    株式会社ハロハロホーム

    代表取締役

    鈴木 廣政

    1979年、愛知県生まれ。大原簿記専門学校卒業後、アパレル会社での勤務をへて、2000年、同業種で独立。同年自社ブランドを立ち上げ、卸、直営店舗を展開。その後、海外生産拠点を背景にOEM事業を開始。2005年にフィリピンに行き、1人のタクシードライバーに人生の生き方を考えさせられ、同地にて為替&アテンドビジネスをはじめ、もともとの事業を売却。その後、2007年にコンサル会社、2009年にPR会社を設立。2010年にフィリピンでオフショアのシステム会社を経営するO氏と出会い、同年Hallohallo incの立上げに従事する。
    2014年にHallohallo Home incを立ち上げ、Hallohallo Assets、System、Travel、WebTV、Design、Builder、Exercise、Life、School、Maintenance、Architect、Salon、Clinic、Spaやストリートチルドレン復学プログラム等、多くの新規事業をアライアンス事業として立ち上げる。

日本初公開 3年間平均7.5%利回り保証 1,000万円台から購入可能 カンボジア不動産セミナー

日本初公開 3年間平均7.5%利回り保証 1,000万円台から購入可能 カンボジア不動産セミナー

日本初公開 3年間平均7.5%利回り保証 1,000万円台から購入可能 カンボジア不動産セミナー

【日時】 1212日(水)15:00-17:00
1219日(水)15:00-17:00
1222日(土)15:00-17:00
【会場】 ビヨンドボーダーズ本社セミナールーム
(1階に岸本歯科医院が入っているビルです)
【会場住所】 東京都新宿区新宿2-4-16 栄幸ビル4階
【参加】 無料

今セミナーでは国内初公開!独占エージェント契約を結び、10月末に発売開始されたばかりで、1,000万円台から購入が可能な物件情報をご紹介します。
カンボジアでは、首都中心地の物件でも1,000万円台から購入が可能であり、マレーシアやタイといった国よりも、物件価格がまだ割安です。 しかし、本プロジェクトはカンボジアの他の物件よりもさらに安く購入することができ、価格は1,000万円台~となっています。
それは、プロジェクトが公開されてからまだ1か月も経っていないため、プレビルドと言われる中でも最も初期の段階だからです。また、建設予定地がまだ発展していないことも、価格が抑えられている理由です。
今後、プロジェクトの各棟が完成していくごとに、平米当たり15~20%価格が上昇していく、とデベロッパーは見込んでいます。

当日詳しいご説明を致します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ユエタイ・プノンペンハーバー


ユエタイ・プノンペンハーバー・外観ユエタイ・プノンペンハーバー・外観​

ユエタイ・プノンペンハーバー・外観ユエタイ・プノンペンハーバー・外観

ユエタイ・プノンペンハーバー・外観​ユエタイ・プノンペンハーバー・外観

ユエタイ・プノンペンハーバー・外観ユエタイ・プノンペンハーバー・外観

ユエタイ・プノンペンハーバー・外観​ユエタイ・プノンペンハーバー・外観

ユエタイ・プノンペンハーバー・外観ユエタイ・プノンペンハーバー・外観

ユエタイ・プノンペンハーバー・外観​ユエタイ・プノンペンハーバー・外観

ユエタイ・プノンペンハーバー・地図ユエタイ・プノンペンハーバー・地図

【プロジェクト概要】

[物件名]ユエタイ・プノンペンハーバー(Yuetai Phnom Penh Harbor)
[建物タイプ]マンション
[デベロッパー]ユエタイ・グループ(中国・上海証券取引所に上場)
[建物の合計数]22
[総戸数]458戸
[総土地面積]118,687平方メートル

プノンペンの中心地から北東に約10分のリバーサイドで、当物件の建設が計画されています。
プロジェクトの建設が計画されているエリアは、現在、トンレ・サップ河沿いを航行するフェリーのための小さな港に過ぎません。
本プロジェクトでは、このトンレ・サップ河の一部を埋め立て、大規模な複合施設を建設することが計画されています。 このプロジェクトが完成すれば、コンドミニアムやオフィスビル、政府ビル、ホテル、ショッピングモールなどが入るビル群が16ブロック建設され、そのプロジェクトの総距離は約2㎞に及びます。
居住用物件だけではなく、商業施設や政府機関のビルも建設される予定のため、プロジェクトが成功すれば、このエリアはプノンペンの新たな中心地になる可能性があるでしょう。

セミナー後に質疑応答・個別相談も承ります

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)


ザ・ペントハウス レジデンス(カンボジア・プノンペン)


ザ・ペントハウス レジデンス・外観ザ・ペントハウス レジデンス・外観​

ザ・ペントハウス レジデンス・外観ザ・ペントハウス レジデンス・外観

ザ・ペントハウス レジデンス・室内​ザ・ペントハウス レジデンス・室内

ザ・ペントハウス レジデンス・室内ザ・ペントハウス レジデンス・室内

【プロジェクト概要】

[物件名]ザ・ペントハウスレジデンス(The Penthouse Residence)
[建物タイプ]マンション
[建物の階数]地上36階建て
[完成年]2018年
[総戸数]458戸
[価格]USD 80,000~850,000(約880~9,440万円)
[売主]ザ ペントハウス レジデンス
[施工]HOKO Design and Build Co., Ltd
[専有面積]34.0~314.0 sqm(㎡)

ザ・ペントハウスレジデンスは国際色の増すカンボジア・プノンペンの中心地に誕生する近代的な36階建て、全458戸のコンドミニアムです。国際基準の建築様式と建築技術によって建てられる本物件はカンボジアで最も贅沢なコンドミニアムとも評されております。また、様々なニーズに合わせるため、ワンルームタイプからスイートタイプ、ペントハウスなどがあります。ジムはもちろんのこと、屋上デッキにはプールの他、食事をとることのできるラウンジも兼ね備えており、トンレ・バサック川Tonle Bassac Riverと都市パノラマの大眺望を享受しながら贅沢な時間を過ごすことができるのは川沿いに建つ本物件ならではです。
今物件周辺にはホテルやショッピングモール、政府機関などが集まり、都会的でかつ国際色豊かなロケーションです。そのため治安も良く、買い物にも便利なため、快適な生活を送ることができます。ボンケンコンBoeung Keng Kangというプノンペン一等地のエリアで、日本を含む様々な国の大使館などが集まっているため、外国人が多く住む高級住宅街です。そのため、おしゃれなレストランやカフェ、インターナショナルスクールが多く存在します。日本人も多く住んでいるため、日本人にとっては住みやすいエリアと言えます。

アクシス レジデンス


アクシス レジデンス・エントランスアクシス レジデンス・エントランス

アクシス レジデンス・リビングアクシス レジデンス・リビング

アクシス レジデンス・寝室アクシス レジデンス・寝室

アクシス レジデンス・バルコニーアクシス レジデンス・バルコニー

アクシス レジデンス・外観​アクシス レジデンス・外観

アクシス レジデンス・ジムアクシス レジデンス・ジム

【プロジェクト概要】

[物件名]アクシス レジデンス
[建物タイプ]マンション
[建物の階数]地上10階建て
[完成年]2018年
[総戸数]566戸
[価格]USD 104,923 ~ 579,792(約1,160~6,412万円)
[売主]Spring CJW Development Pte Ltd
[施工]Venture (Cambodia) Pte., Ltd.
[専有面積]57.65~243.61 sqm(㎡)

カンボジア、プノンペン西部エリアに登場するアクシスレジデンス(AXIS Resicences)は、シンガポールのデベロッパーが開発、デザイン、施工、管理などすべての工程を一括して行っており、ハイクオリティなプロジェクトとなっています。また、外観、内装、および設備の仕様も洗練されており、プール、ジム、バスケットボールコート、テニスコート、庭園などの共用施設も非常に充実しています。
ユニットサイズは50㎡台のタイプから250㎡以上のタイプとあり、顧客のニーズに幅広く対応しています。ディベロッパーによると、想定利回りは8~9%と設定しており、2年間6%保証という家賃保証システムサービスが用意されています。想定利回りについては、将来的にはプノンペン西部エリアの家賃相場が上がって行くことを想定すると、現状よりも上昇することが予想され、将来性のある立地、高品質、購入後のサポート賃貸募集や管理全てをデベロッパー関連会社が行うなどを考慮すると、本プロジェクトはカンボジアでの不動産投資物件としては非常に魅力的です。

セミナー会場地図(ビヨンドボーダーズ本社)

ビヨンドボーダーズ本社会場地図ビヨンドボーダーズ本社会場地図


講演者

  • 遠藤 忠義

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    代表取締役
    遠藤 忠義

    ゴールドクレスト(東証一部 銘柄コード:8871)にて新築物件の販売を経験し、その後創業間もないSMS(現東証一部 銘柄コード:2175)に入社。営業・事業開発・人事マネージャーを歴任後、マレーシア現地法人となるSenior Marketing System Sdn Bhdを設立、自身も個人投資家として日本とアジアで物件の購入・売却を複数回経験。特にマレーシアで大きくキャピタルゲインを得た経験からお客様にも同じ経験をしていただきたいと思い当社を設立。現在は毎月のように東南アジア各国を駆け巡り、自分で投資したいと思える不動産を探し、お客様に提供している。

  • 高稲 祐貴

    株式会社ビヨンドボーダーズ
    海外事業部 リーダー
    高稲 祐貴

    東南アジアにおいて新規事業の立ち上げや、複数の日本国内ITベンチャー・外資広告企業で法人営業を経験し、最年少最速契約記録などを持つ。2015年9月より当社に参画。インバウンド不動産営業責任者として世界各国の富裕層顧客に日本の不動産を販売。2018年6月より現職。

三井不動産が再開発を手掛けたイギリスBBCテレビジョンセンター イギリス・ロンドン不動産セミナー ~世界の都市総合力ランキング7年連続No.1&スピード償却節税~

三井不動産が再開発を手掛けたイギリスBBCテレビジョンセンター イギリス・ロンドン不動産セミナー ~世界の都市総合力ランキング7年連続No.1&スピード償却節税~

三井不動産が再開発を手掛けたイギリスBBCテレビジョンセンター イギリス・ロンドン不動産セミナー ~世界の都市総合力ランキング7年連続No.1&スピード償却節税~

【日時】 127日(金)19:00-20:30
【会場】 ステイジアキャピタルジャパン
【会場住所】 東京都港区三田3丁目13番12号 三田MTビル5階
【参加】 無料

今セミナーでは世界の都市総合力ランキング7年連続No.1のロンドンに所在するハイグレードな物件を紹介します。
今回はステイジアキャピタル・イギリス法人国嶋代表が来日。現地の生の声をお伝えします。
またステイジアキャピタル日本法人の投資コンサルティング部有吉マネージャーから「なぜ世界の投資家は、ロンドンへ投資するのか?」ロンドンの不動産市況をお話しするとともに、三井不動産が再開発を手掛けたテレビジョンセンターの紹介をいたします。
現地駐在員が来日して、直接ロンドン不動産市況の話をする貴重な機会となります。
是非セミナーにご参加下さい。

詳しくはセミナーでご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

三井不動産が2018年11月16日にプレスリリースした内容

BBC放送局設計図(1958年当時)BBC放送局設計図(1958年当時)

「テレビジョンセンター再開発計画」全体パース「テレビジョンセンター再開発計画」全体パース

以下は2018年11月16日に三井不動産が発表したプレスリリースです。

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信)は、英国子会社「Mitsui Fudosan UK(英国三井不動産、取締役社長 小野沢英一郎)」を通じて2015年11月より開発を進めてきた、ロンドンの「テレビジョンセンター再開発計画(第1期)」が2018年11月に竣工しましたのでお知らせします。

本再開発計画は、ロンドン市ウエストエンドから西に約6㎞に位置し、同エリアは、インペリアルカレッジの新キャンパスや大型ショッピングセンター「ウエストフィールド」の開発なども進む、ロンドンを代表する再開発エリアのひとつです。当社グループは2012年7月に英国公共放送局のBBCから本土地・建物を取得し、開発を推進してきました。2015年6月に同BBCから取得した近接の「ホワイトシティプレイス再開発計画」を合わせた敷地面積(約1,338,000sf・約124,000m2)および計画総延床面積(約4,263,000sf・約396,000m2)は、ロンドンにおける日系企業の都市開発としては最大規模になります。

開発においては、BBCのスタジオ、オフィスなどとして利用されてきた建物を住宅、オフィス、ホテル、レストラン、シネマなどから構成されるミクストユースの複合施設へ生まれ変わらせました。BBC放送局の特徴的で多くの方に記憶されている建物全体の形状や一部ディテールを残しつつ建物デザインに取り入れ、BBC放送局というイギリスの遺産に新たな魅力・価値を創出しております。

再開発による街の魅力向上により、各施設の営業状況は大変好調で、分譲住宅の約9割が成約し、オフィスは満室稼働しており、またテナントであるソーホーハウスが運営するホテルも高稼働となっております。

分譲住宅分譲住宅

室内室内

テレビジョンセンター再開発計画についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ロンドンの特徴と今回ご紹介する不動産について

ホテルホテル

オフィスオフィス

〈世界都市ロンドン〉
イギリス・ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力があり、誰もが知る都市です。森記念財団都市戦略研究所が発表している「世界の都市総合力ランキング」においては、7年連続No.1で、その都市力については、疑う余地はありません。
また、2018年1-9月期の都市別投資額は、1位(247億ドル)。世界でもっとも投資が活発な都市でもあり、世界中の投資家から常に注目されている都市です。

〈ロンドン中心部の好立地〉
物件は、ロンドン中心部に位置しながら、多国籍企業が重視するヒースロー空港へのアクセスが良好であり、地下鉄3線2駅(ホワイトシティ駅、ウッドレーン駅)から徒歩1分、同駅から電車でウエストエンドまで14分、シティまで22分と、交通利便性にも恵まれております。周辺ではノーベル賞受賞者も排出しており世界有数の理科系大学である「インペリアルカレッジロンドン」の新キャンパスが建築中で、またロンドンを代表する大型ショッピングセンターの「ウェストフィールド・ロンドン」が大規模増床計画を推進中であるなど、地域全体が変貌しつつあるエリアです。当該エリアは、ロンドン市の開発促進地域にも指定されています。

〈再開発〉
再開発は、日本の不動産最大手「三井不動産」が手掛けており、英国公共放送局であるBBC のスタジオ、オフィス等として利用されてきた建物を複合施設へ生まれ変わらせたプロジェクト物件です。今回は、このうちの住宅部分をご紹介いたします。
BBC 放送局の特徴的で多くの方に記憶されている建物全体や一部ディテールを残しつつ住宅デザインに取り入れ、BBC 放送局というイギリスの遺産に新たな魅力・価値を創出しております。

〈スピード償却について〉
Unitによっては、1960年築の古い建物をコンバージョンして開発しているため、短期間での減価償却による節税効果を図ることも可能となります。

また、当日は、本物件の他、ロンドン中心地にある魅力的な物件をご紹介いたします。

世界都市ロンドンについてご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

EU離脱前から見て3/4の価値になったポンド(今がチャンス?)

上記のチャートは直近10年間の円・ポンドチャートです。1ポンド=185~190円が正常値と言われていますが、現在は140円台後半(2018年11月23日現在)になっており不動産購入のチャンスとも考えられます。

今後の為替見通しについてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

今回ご紹介するTelevision Centre

物件周辺物件周辺

物件周辺物件周辺

物件地図物件地図

物件地図物件地図

物件概要
物件名Television Centre
専有面積55.1㎡~
価格£785,000~
建物竣工1960年
再開発竣工2018年

セミナー会場地図(三田MTビル)

三田MTビル・地図三田MTビル・地図

講演者

  • 国嶋 清太

    ステイジアキャピタルUK
    代表
    国嶋 清太

    ロンドン芸術大学メディア学部卒業。ロンドンの大手不動産会社にて9年間勤務。海外の不動産投資家からもっとも注目されるロンドンのプライムロケーションにて、世界各国の投資家のレジデンシャル賃貸・売買の仲介をアドバイス。英国賃貸協会会員。
    英国滞在歴17年。

  • 有吉 尚全
    ステイジアキャピタルジャパン株式会社

    投資コンサルティング1部マネージャー

    有吉 尚全

    不動産経験14年。大手資格予備校にて不動産関連資格の講師・教材制作責任者、大手デベロッパー系管理会社にて建物管理業務の経験を経て、投資用不動産の世界へ転身。日本国内の一棟収益物件、事業用オフィス物件の紹介を通じて、年間150名を超える経営者、投資家の投資コンサルティングを行い、その資産形成に寄与。多くの経営者・投資家にコンサルティングを行う中で、多様化する顧客のニーズに対応できる海外不動産にこれからの資産防衛・資産形成の可能性を感じ、ステイジアキャピタルジャパン株式会社へ入社。
    現在、投資コンサルティング1部のマネージャーとして、海外不動産を通じた投資コンサルティング、資産形成アドバイザリー業務に従事している。

【特別開催】学生寮を得意とするデベロッパーの代表が緊急来日!想定利回り10%前後!フィリピン学生寮型物件紹介セミナー

【特別開催】学生寮を得意とするデベロッパーの代表が緊急来日!想定利回り10%前後!フィリピン学生寮型物件紹介セミナー

【特別開催】学生寮を得意とするデベロッパーの代表が緊急来日!想定利回り10%前後!フィリピン学生寮型物件紹介セミナー

【日時】 127日(金)18:00-20:00
128日(土)15:00-17:00
【会場】 フォーランドリアルティネットワークジャパン
【会場住所】 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー16階
【特別ゲスト】 Juan C. Dy, Jr.氏(JNJ Summithill社 社長)
【参加】 無料

12月7日・8日とフィリピンの学生寮(ドミトリー)型物件の豊富な実績と、開発・運営において高い評価を得ているSummithome Realty社の社長 Juan C. Dy, Jr.氏をお招きし、高い収益性が期待できる学生寮型物件をご紹介する特別セミナーを開催致します。

世帯所得が増加しているフィリピンでは、大学進学者の増加が顕著になってきており、こうした状況に適した投資対象として、学生向けドミトリー型物件(1室に4~8ベッドを設置)への投資が高い注目を集めています。
本セミナーでは、年内に正式販売開始を予定している最新物件をご紹介致します。

現地フィリピンにおいても正式販売前という絶好のタイミングで、未公開の物件情報を本セミナー参加の皆様にだけ先行してご紹介いたします。
ご興味をお持ちの方は是非この機会にご参加ください。

人気の新築学生寮物件をご紹介します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ドゥテルテ大統領就任で治安が大幅に改善されることが予想されますます世界が注目するフィリピン

美しいマニラ都心部美しいマニラ都心部

フィリピンの料理フィリピンの料理

フィリピンのゴルフ場フィリピンのゴルフ場

観光地パダンガス観光地パダンガス

2016年6月に就任したドゥテルテ大統領。調査会社によると支持率は91%とも言われています。 ドゥテルテは検察官を経て、南部ミンダナオ島ダバオ市長に当選。大型バイクを乗り回し、犯罪者の射殺も辞さない取り締まりで「ダバオのダーティハリー」と呼ばれました。市長を務めた計22年間で同市を強盗や殺人が頻発していた都市から「フィリピンで最も安全な都市」にした実績から世界中が注目しております。ドゥテルテ大統領になってフィリピン不動産はどうなるかもセミナーではご説明します。

フィリピンの現状と今後の経済成長を詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

フィリピン・マニラ中心地の学生寮プロジェクト!注目の人気物件!
<利回り10%、890万円~>

Vista Plumeriaフィリピン・マニラ中心地の学生寮

「ユニバーシティ・ベルト」と呼ばれるマニラ首都圏の学術エリアに誕生する本物件は、学生の賃貸ニーズが非常に高く、満床稼働時は10%前後という高利回りが期待できる非常に収益性の高い物件です。
同社グループが開発・運営するこれまでの学生寮型物件は、入居率が95%以上(18年10月時点)と優れた集客力・運営力を誇っており、業界のベンチマーク的な存在として高い評価を得ています。


学生寮の室内イメージ学生寮の室内

学生寮の室内イメージ学生寮の室内

学生寮の室内イメージ学生寮の室内

ゲームルームゲームルーム

ジムジム

ロビーロビー

ロビーロビー

プールプール

講演者

  • 代表取締役 中尾 孝久

    フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社

    代表取締役
    中尾 孝久

    1975年和歌山県生まれ。大手投資会社を始め10年以上金融業界で為替、株式のリテール部門で活躍。その後、外資系証券会社のセールスヘッドを経て、2012年フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社取締役に就任。2014年同社代表取締役就任。累計100本以上のマレーシア、フィリピン不動産セミナーの講師を担当。現地の最新情報を織り交ぜつつ、金融業界出身らしい独特の観点から海外不動産の魅力を分かりやすく解説するセミナー内容は、毎回好評を博している。

【3社集結で最新情報一挙公開!】カンボジア・プノンペン&タイ・バンコク、パタヤ3都市不動産セミナー

【3社集結で最新情報一挙公開!】カンボジア・プノンペン&タイ・バンコク、パタヤ3都市不動産セミナー

【3社集結で最新情報一挙公開!】カンボジア・プノンペン&タイ・バンコク、パタヤ3都市不動産セミナー

【日時】 1215日(土)13:30-16:30(開場13:00~)
【会場】 AP西新宿会議室S
【会場住所】 東京都新宿区西新宿7-2-4新宿喜楓ビル6階
【参加】 無料

2018年はアメリカ・トランプ大統領の発言で世界中の株式市場が振り回される1年でした。アメリカと中国の貿易摩擦、サウジアラビアの記者殺害、トルコ通貨の下落、北朝鮮問題など、2019年も世界で何が起こるかまったく予想できない状態です。
そんな中で2018年11月13日の日経新聞では日本のデベロッパーが今後積極的に東南アジアの新築マンションを手掛ける記事が出ました。
今回は東南アジア不動産に精通している3社の担当者をお呼びし、2019年の東南アジア不動産について語っていただきます。

2019年の東南アジア不動産の見通しについてご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

【タイ・パタヤ】 日系企業が開発管理 だから安心海外不動産


タイ王国、世界的リゾート地パタヤの、美しいコウージービーチからほど近く、プラトムナック5通りから少し入ったところにライジングプレイスプラトムナックは誕生します。このあたりは王室の敷地があるほどの閑静な住宅地。昼も夜も賑やかなウォーキングストリートからも車で10分程度なので、動と静が両方手にできる環境です。建物は、最上階にはインフィニティプール、プールを見下ろす屋上階にフィットネスジムがある独創的な構造のStudioタイプを中心とした物件です。近隣にはパタヤフィットネスパーク、パタヤタワー、パタヤビューポイントなどがあり、たくさんの観光資源にも恵まれています。しかもEIA取得済み物件です。
海外の投資物件に興味はあるけれど躊躇してしまうのは、物件の管理やなにか問題が発生したときの対処がたいへんと思っていらっしゃる方が多いからだと思います。
今セミナーでご紹介する物件は国内と同じように、信頼できるパートナーにすべて任せることが可能です。
運営管理は物件選びと同じくらいとても重要です。

タイ・パタヤの新築不動産ライジングプレイス完成予想図タイ・パタヤの新築不動産ライジングプレイス完成予想図

好条件の新築物件が登場しました

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

【タイ・バンコク】タイ最大財閥が手掛ける最先端の複合施設内の物件をご紹介!


タイ・バンコク中心のアソーク駅からBTS(スクンビット線)で約13分のプンナウィティ駅から徒歩5分に開発される商業エリア・住居エリアが融合したデジタルパーク内のコンドミニアムです。
当日はタイ・バンコクでの物件選びのコツや購入に際しての注意点をご説明します。

***おすすめポイント***
◆立地抜群
・駅徒歩5分(スカイウォークで直結予定)
・バンコク中心地からBTS(電車)で約13分
◆魅力
・タイ最大財閥のCPグループ系開発
・True Digital Park(トゥルーデジタルパーク)が2019年オープン予定
・世界で2番目に大きいGoogle Spaceがオープン予定
・Connect棟は完成済み
・オフィス棟には大手会社が複数入居予定で就労人数は20,000人を想定
・緑も多くタイでは珍しいサイクリングロードがある
・物件価格約1,500万円台~

Whizdom外観Whizdom外観

WhizdomプールWhizdomプール

Whizdom周辺Whizdom周辺

WhizdomロビーWhizdomロビー

物件概要

物件名Whizdom 101(ウィズダム101)
所在地Visavapat Co.,Ltd. (ヴィザバパット)
完成時期2019年3月
デベロッパーVisavapat Co.,Ltd. (ヴィザバパット)
専有面積27㎡~
価格1,500万円~
ローンの活用も可能です。セミナーで詳しくお伝えします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

【カンボジア・プノンペン】初の日系企業総合開発による物件

プライバシーを重視した住空間プライバシーを重視した住空間

「Bodaiju Residences」は日常生活の利便性を確保しながらも、屋上庭園やスカイプールが設けられ、リゾート気分も味わえるコンドミニアムです。アジアンテイストを取り入れた繊細なデザインは、落ち着いた雰囲気と地元の風土がミックスされ、訪れた人すべてに安らぎを与えます。プノンペンでは多くの物件で平米単価が30万円を超えている中、「Bodaiju Residences」の平米単価は18万円台。価格面でも大きな魅力があります。日系企業の進出により日本人向けのコンドミニアム需要の急増が見込まれるカンボジア・プノンペン。2017年、初の日系企業総合プロデュースによる一大プロジェクトが誕生します。

■カンボジアの物件ポイント
・米ドルが流通通貨!定期預金が6%の国でドル建て運用
・プノンペン国際空港徒歩圏
・開発、施工、管理まで日系企業が関わるプロジェクト
・賃貸や売買の際も日系企業である安心
・万が一のリスク回避に、賃料保証のご案内
・ボダイジュレジデンス限定!特別ファイナンスのご紹介(追加担保無しの10年分割)


緑のオアシスに加え美しく現代的なデザイン。緑のオアシスに加え美しく現代的なデザイン。

敷地内には商業施設もある敷地内には商業施設もある

菩提樹の木陰のようなやすらぎを与える物件菩提樹の木陰のようなやすらぎを与える物件

緑豊かな屋上庭園とスカイプール緑豊かな屋上庭園とスカイプール


日系企業プロデュース物件を詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(AP西新宿会議室)


AP西新宿会議室・地図AP西新宿会議室・地図


講演者

  • 川島 隆広
    株式会社ライジングアジア
    海外不動産アドバイザー
    川島 隆広

    セミナーではそのトーク力を活かして、わかりやすくたのしく講義。街と不動産の関係、不動産投資の仕組みと手法の講義を得意とする。マレーシアへの赴任経験があり、東南アジア事情に精通。現在は日本とタイを行き来しながらセミナー講師を務める多忙ぶり。リピート受講者が多いのも川島隆広の特徴です。

  • 藤田 昌哉

    株式会社シティインデックス
    海外不動産チーム 課長
    藤田 昌哉

    首都圏中心に「コンパクトマンション」と定義される30~60平米未満のマンション販売に従事し、国内不動産に精通。シティインデックスには創業時から在籍し、同社の海外事業立ち上げを機に海外販売業務に従事、現在に至る。 日本国内不動産において首都圏・関西・シニア向け・流通・管理と幅広い分野や場所でプロジェクトの中心として関わってきた経験を活かし、東南アジア不動産においてもお客様の様々なご要望やご相談にお応え致します。

  • 犬塚 伸彦

    株式会社デュアルタップインターナショナル
    宅地建物取引士
    犬塚 伸彦

    19歳から世界46ヶ国をバックパッカーで放浪する中、アジアの将来の可能性を肌で感じ衝撃を受ける。 特にタイに精通した情報を持っており、現地でしか分からない生の情報にこだわり、 独自の視点からの講義が定評を呼んでいる。 帰国後、某外資系リートで投資運用業を経て、賃貸売買業務など幅広く業務を経験し、 株式会社 デュアルタップインターナショナル に入社、現在に至る。

ページトップへ