セミナー会員数 6,194名 (8月21日更新)

タイ・マレーシア視察レポート

タイ・マレーシア視察レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年9月16日~19日までタイのバンコク・マレーシアのクアラルンプールに視察へ行ってきました。

09/16滞在1日目

昨日からタイのバンコクに来ています。
バンコク不動産事情にも詳しくなるためです。
東南アジアで外国人がコンドミニアムを購入できる国は限られています。
その中でもタイバンコクは筆頭格。日本人も多く住みやすいですね。詳しくはまたの機会に。

バンコクのスクンビットエリア。朝の渋滞。 バンコクのスクンビットエリア。朝の渋滞。

不動産業者の看板 不動産業者の看板

バイクタクシーの拠点 バイクタクシーの拠点

バンコクの鉄道の車内 バンコクの鉄道の車内

09/17滞在2日目

タイバンコクの不動産事情。
日本人が多く住んでいるエリアは、スクーンビットから鉄道で3駅の間に集中しています。そこはコンドミニアムの坪単価が@170万円程度。賃料は@9000円。高値安定で中古でもあまり価格は下がらない。
日本の港区の半額程度でしょうか。
その駅から2駅までは良いエリアですが、そこから鉄道は7駅くらい延伸しています。
今の終点付近でもコンドミニアム分譲は過剰に行なわれていて、坪単価は、@80万円程度と一気に安くなります。
これって福岡の天神から地下鉄の姪浜を越えると一気に安くなり、前原あたりの相場に似ています。
但し鉄道は満員電車で渋滞がひどいバンコクでは価値の高いインフラであり、長い目で見れば行けるかと思いきや、この国の人は、基本歩かない。駅にはバイクタクシーが大勢待機しています。
バンコク自体の人口は福岡を遥かに超えますが、コンドミニアムの価値は、鉄道が通っていれば良いわけではなく、買い物含めた郊外型の駅前など、一部の物件に限られると思います。
その意味では都心近くの高値物件を探して持つ意味も十分あると思いましたね。
あとバンコクの感想は、鉄道やショッピングセンターのエスカレーターのスピードが早いことです。
日本でたまにある高速エスカレーターよりも早いですね。年寄りがあまりいないこともあると思います。あと、鉄道では若者は年配者などに席を譲ります。私くらいの年齢は譲られる側に入りそうです。

これから販売するコンドミニアムの現地。まだこれから。 これから販売するコンドミニアムの現地。まだこれから。

スクンビット近くの高層コンドミニアム。販売好調。 スクンビット近くの高層コンドミニアム。販売好調。

バンコクのジオラマ模型 バンコクのジオラマ模型

09/19滞在4日目

マレーシアにいます。首都クアラルンプールです。
東南アジアのコンドミニアムの未来を予測するためには、いち早く発展して来たクアラルンプールとバンコクを見ないとわかりません。
クアラルンプールのコンドミニアムを見て来ました。
街の作り方がバンコクとは全く違います。
市内中心部一極ではなく、近くにサテライト都市が数多くありますね。港北ニュータウンがあちこちにあるイメージ。
坪単価は中心部が@180万円~@200万円。新築も中古もあまり価格差はないらしいです。
市内シンボルのKLCCツインタワーが街の象徴で、これが見えると価値が高い。東京タワーかレインボーブリッジが見えるか、と同じ。
でも地震がない都市なので、タワーのビルは市内あちこちに建っており、近くでも見えない場所が多いです。
この価格と価値が今後どうなるかを考えて行きます。

KLCCのツインタワー KLCCのツインタワー

高級戸建住宅街 高級戸建住宅街

再開発エリア「ミッドバレーシティ」 再開発エリア「ミッドバレーシティ」

大型プロジェクトがほとんど 大型プロジェクトがほとんど

公開日:2015年10月15日

ページトップへ