セミナー会員数 9,499名 (5月23日更新)

このセミナーは終了いたしました。

【個別・オンライン】フィリピン割安転売物件セミナー ~コロナ渦で値下がりしたプレビルド転売物件をご紹介~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フィリピン割安転売物件セミナー ~コロナ渦で値下がりしたプレビルド転売物件をご紹介~

フィリピン割安転売物件セミナー ~コロナ渦で値下がりしたプレビルド転売物件をご紹介~

【日時】 【受付終了】413日(水)18:00~19:00
【受付終了】415日(金)18:00~19:00
【会場】 WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい
【設定】 お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
【参加】 無料
【主催】 フォーランドリアルティネットワークジャパン

今回はフィリピン首都マニラにおいて、割安な引渡し前の転売物件をご紹介するオンラインセミナーです。
現状フィリピンはコロナによる打撃から立ち直るべく社会・経済活動の正常化に向け動き出しています。
コロナによって多大な影響を受けたフィリピン経済・不動産の現状を解説いたします。
また、本セミナーでは、過去にプレセールで購入し、オーナー様の諸事情により引渡し前に転売に出すことになった物件で転売価格も4~5年前の購入時を下回る値段のものや、デベロッパー最終販売価格よりも大幅に安く設定されているお値打ち物件をご紹介いたします。
なお、セミナー時にご希望の価格帯やエリア等をお伺いしたうえでお勧めの物件を提案させて頂きます。
ご自宅から参加可能なオンラインセミナーです。
お気軽にご参加下さい。

コロナ渦で値下がりした割安な引渡し前の転売物件を厳選してご紹介します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

コロナ禍で打撃も底打ち感の出てきたフィリピン不動産、現状と見通しは?

この1年以上に渡り、世界中を社会的にも経済的にも混乱させてきた新型コロナウイルスのパンデミック。
当然ながら、コロナ禍はこれまで目覚ましい成長を続けていたフィリピン経済にも、大きな影響を与えています。
フィリピンでは、感染対策として2020年3月からロックダウン(都市封鎖)状態となったことから、同年のGDP成長率が前年比9.6%減と、統計が開始された1946年以降で最大の下落率を記録しています。
ただ、一時は様々な経済活動がストップする状態にあったものの、昨年6月頃から段階的に行動規制が緩和されていく中で徐々に経済活動は再開。
国内経済は昨年の第2四半期(4~6月)を底に緩やかな回復基調を辿っており、今後2年ほどかけてコロナ禍での経済的な落ち込みを取り戻していくことが予想されています。


底打ち感の出てきたフィリピン不動産についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

コロナ禍のフィリピンGDP成長率コロナ禍のフィリピンGDP成長率

フィリピン住宅価格指数フィリピン住宅価格指数

一方、不動産市場も経済の悪化に伴う売り急ぎに加え、入国規制によって都心部の物件の主要な買い手であった外国人マネーの流入も途絶えたことから、コロナ禍で大きく値崩れすることとなりました。
ただ、住宅価格指数の推移を見ていただくと一目瞭然だと思いますが、元々コロナ前の1年ほどは中国人バイヤーの動きが異常に活発であったため、マニラ首都圏の不動産価格は短期間で高騰し、過熱感が強まっている状況にありました。
そのため、コロナ禍での市況の落ち込みで過熱感が解消し、適正な価格水準に戻ってきたことで、今年に入ってからは現地のローカル層を中心に買い手の動きが徐々に活発になってきており、それに伴いマニラ首都圏の不動産価格には底打ち感が見られ始めています。
なお、中古市場の一部では、物件オーナーの事情などからより割安感の強い物件も散見されています。
マニラ首都圏の中心部でも、物件によってはコロナ禍前と比べて3割ほど安い価格で市場に出回るものもあります。
こうした物件は足が早いのが難点ですが、巡り合うことができれば投資家にとっては大きなチャンスとなるでしょう。

住宅価格指数の推移についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

今後に目を向けると、景気や経済・金融政策に敏感な株式市場などの上昇が一服する中で、投資マネーが実体経済に対して遅効性のある不動産に移ってくる可能性は高いと考えています。
フィリピンでも今年3月から基本的な感染対策をしながら経済活動の再開を本格的に進めていて、近い将来、フィリピン経済の回復の勢いも加速してくると予想されます。
また、すでに一部の国ではワクチン接種の進展によって国際移動が再開されつつあるように、今後はフィリピンもコロナ禍以前のように現地視察などができる環境を徐々に取り戻していくと思います。
その場合、コロナ禍で落ち込んだフィリピンの不動産市場への資金流入も急回復してくる可能性が高く、本格的な回復に転じる前段階にある今は、割安感のある価格で物件を購入できる絶好の機会となるでしょう。
マーケットが大きく下がった時に良いロケーションの不動産を買うことは、不動産投資を成功させるうえでの鉄則のひとつです。

コロナ禍で落ち込んだフィリピンの不動産市場をご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

割安な引渡し前の転売物件・例

ご紹介する割安物件例・外観割安な引渡し前の転売物件・例・外観

ご紹介する割安物件例・室内割安な引渡し前の転売物件・例・室内


講演者

  • 代表取締役 中尾 孝久

    フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社

    代表取締役
    中尾 孝久

    1975年和歌山県生まれ。大手投資会社を始め10年以上金融業界で為替、株式のリテール部門で活躍。その後、外資系証券会社のセールスヘッドを経て、2012年フォーランドリアルティネットワークジャパン株式会社取締役に就任。2014年同社代表取締役就任。累計100本以上のマレーシア、フィリピン不動産セミナーの講師を担当。現地の最新情報を織り交ぜつつ、金融業界出身らしい独特の観点から海外不動産の魅力を分かりやすく解説するセミナー内容は、毎回好評を博している。

【個別・オンライン】フィリピン割安転売物件セミナー ~コロナ渦で値下がりしたプレビルド転売物件をご紹介~

日時
【満員御礼】2022/4/13 18:00~
【満員御礼】2022/4/15 18:00~
会場
WEBセミナーのため、ご自宅のパソコンなどを使ってご参加下さい(4/13、4/15)
住所
お申し込み後ウェブセミナーのリンクをメールでお送りいたします
交通
料金
無料
定員
1名
セミナー内容
◇コロナ禍のフィリピン経済へのダメージは? ◇フィリピン不動産マーケットの現状 ◇弊社管理物件の賃貸・転売例の紹介 ◇弊社厳選のプレビルド転売物件の紹介
ページトップへ