セミナー会員数 7,550名 (10月19日更新)

【満員御礼】ハワイ不動産セミナー ワイキキエリアコンドミニアム特集 ~安定した成長を 続けるハワイ不動産への投資~

ハワイ不動産セミナー ワイキキエリアコンドミニアム特集 ~安定した成長を続けるハワイ不動産への投資~

ハワイ不動産セミナー ワイキキエリアコンドミニアム特集 ~安定した成長を続けるハワイ不動産への投資~

【日時】 【満員御礼】102日(水)19:00~20:30
【会場】 ステイジアキャピタルジャパン 会議室
【住所】 東京都港区三田3丁目13番12号 三田MTビル5階
(※ビルの1階がファミリーマートです)
【参加】 無料

世界有数のリゾート地であるハワイ・オアフ島のワイキキビーチ。
オアフ島にはアラモアナ、カハラ、ハワイカイ、カイルア、カネオヘ、コオリナなど、様々な投資先がありますが、ワイキキエリアのコンドミニアムは根強い人気を誇っています。
今回のセミナーではハワイの現地エージェントがお勧めする、ワイキキエリア周辺コンドミニアムを具体的にご紹介させて頂きます。
あわせて、ハワイ不動産が投資先として選ばれる理由についても詳しく解説致します。

POINT
・賃貸・売買ともに安定した成長を続けるマーケットが魅力のハワイ不動産。観光客の滞在が多いワイキキエリアですが長期賃貸の需要も高く、マーケットも緩やかに成長を続けています。
・既存のコンドミニアムのため、プレビルド物件と比較して運用の見通しが立てやすく、減価償却による税務効果も得ることができます。

詳細なマーケットデータと事例を基にハワイ不動産の魅力をわかりやすく解説し、オアフ島・ワイキキビーチの最新物件情報をご紹介致します。

ハワイ不動産について詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

日本人の憧れのリゾート地、ロングステイ先としても人気 ハワイ不動産投資

アラモアナショッピングセンター アラモアナショッピングセンター

ワイキキビーチ ワイキキビーチ

オーシャンビュー オーシャンビュー

併設のショッピングセンター 併設のショッピングセンター

ホテルコンドミニアムとは?

投資家様ご自身が利用することもできて、自己利用をしない間はホテルプログラムに貸し出しができる自由度の高さが魅力のホテルコンド。
リゾート地としての人気が高いハワイではこのホテルコンドへの投資をご検討の方も多くいらっしゃることと思います。
今回のセミナーではホテルコンド案件についても具体的にご紹介し、取り組む際のメリット・デメリットを解説致します。

longstay-hawaii

日本人の憧れのリゾート地ハワイについてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(三田MTビル)

三田MTビル・地図三田MTビル・地図


講演者

  • 講演者画像
    Hawaii 5-0 Group Inc.
    Executive Vice President
    三澤 剛史

    経歴
    1980年 渡米ビバリーヒルズ・ロデオドライブでフェンディ(FENDI)のフランチャイズ事業を経験
    1989年 ビバリーヒルズで高級物件を専門に取扱うアルバレス・ハイランド・アンド・ヤング社(Alvarez, Hyland & Young: 現在のヒルトン&ハイランド社の前身)に日本人初のリアルターとして所属
    1991年 当時全米で最大のフランチャイジーであったプルデンシャル・カリフォルニアリアルティ(Prudential California Realty)国際部門のディレクターに就任。フランチャイズ母体のプルデンシャル・リアルエステイト・アフィリエイツ(PREA)と共にプルデンシャルのグローバル・ネットワークの確立に従事
    2012年 イギリスの英国王立チャータードサベイヤーズ協会(RICS)の日本法人設立および、日本の関連団体、不動産証券化協会(ARES)、日本不動産鑑定士協会、日本不動産研究所との提携関係を結ぶ際の仲介役を務める
    日米はもとより、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、香港、中国などの不動産協会とのネットワーク構築や業務提携にも尽力。国内大手不動産企業の顧問も過去に務める。不動産業界組織や関連会社の国際不動産コンサルティング業務のほか、セミナーの講演、執筆活動も行う。

【満員御礼】ハワイ不動産の魅力を徹底解説! ハワイ不動産セミナー ~ハワイ最新マーケット情報のご紹介~

ハワイ不動産の魅力を徹底解説! ハワイ不動産セミナー ~ハワイ最新マーケット情報のご紹介~

ハワイ不動産の魅力を徹底解説! ハワイ不動産セミナー ~ハワイ最新マーケット情報のご紹介~

【日時】 【満員御礼】97日(土)13:30-15:30(13:15~開場)
【会場】 AP東京丸の内(Eルーム)
【住所】 東京都千代田区丸の内1-1-3 日本生命丸の内ガーデンタワー3階
【主催】 ステイジアキャピタルジャパン
【参加】 無料

世界中の投資家から常に人気を集めているハワイ不動産について、その魅力と最新マーケット情報をハワイの現地エージェント(HI 5-0 Group Inc. Executive Vice President 三澤氏)が来日し、徹底解説致します。

POINT
・なぜハワイ不動産なのか?
・ハワイでの投資を成功させるためのポイントは何か?
・別荘、賃貸運用、税務効果目的、運用+自己利用など、購入目的に合わせた物件選定の方法とは?

詳細なマーケットデータと事例を基にハワイ不動産の魅力をわかりやすく解説し、オアフ島の最新物件情報をご紹介致します。

ハワイ不動産について詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

投資でも移住や別荘でも、魅力満載のハワイ不動産

従来から、日本人の富裕層からは移住先として安定した人気を誇るハワイの不動産ですが、近年ではアメリカ国内のみならず世界的にも注目されており、投資先として人気が高まっています。今回はハワイ州国際不動産評議会(HIREC)顧問で、ハワイ不動産のプロフェッショナルである三澤 剛史氏より、ハワイ不動産の魅力やマーケットの状況について語っていただきます。

セミナー内では、中古のコンドミニアムやホテルコンド、償却向き木造タウンハウスなど、具体的な物件を例にとりながら、投資先や別荘としての活用方法についてもご紹介します。

ハワイの魅力についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

日本人の憧れのリゾート地、ロングステイ先としても人気 ハワイ不動産投資

アラモアナショッピングセンター アラモアナショッピングセンター

ワイキキビーチ ワイキキビーチ

オーシャンビュー オーシャンビュー

併設のショッピングセンター 併設のショッピングセンター

安定的な不動産価格の上昇が継続

ハワイ不動産は特に日本人からの人気が高く、2008年から2013年にかけてオアフ島で総額18億ドル(約2100億円)もの不動産が外国人によって売買されている中、日本人による売買額はそのうちの約64%に上る11億ドルに達しています。また、近年は中国や東南アジア諸国の富裕層・投資家によるハワイ不動産への投資が徐々に拡大しており、経済発展著しいアジアの投資マネーが流入することによって、今後も安定的な価格上昇が期待されています。なお、ハワイはコンドミニアムの多くが別荘として所有されている一方で、観光客の増加によってホテル需要が高いことから、オーナーが使用しない期間にホテルとして貸し出すことができる「コンドテル」の発祥の地と言われており、自己利用、キャピタルゲイン、インカムゲインをまとめて享受できる魅力的な投資スタイルとして注目を集めつつあります。

longstay-hawaii

(ロングステイ希望国トップ10)

日本人の憧れのリゾート地ハワイについてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ご紹介案件 例


Ilikai Hotel & Suites(イリカイ ホテル&スイーツ)

「Ilikai Hotel & Suites(イリカイ ホテル&スイーツ)」は、1963年完成の歴史ある物件です。

Ilikai Hotel & Suites外観 Ilikai Hotel & Suites外観

Ilikai Hotel & Suitesエントランス Ilikai Hotel & Suitesエントランス

Ilikai Hotel & Suites室内 Ilikai Hotel & Suites室内

Ilikai Hotel & Suitesベッドルーム Ilikai Hotel & Suitesベッドルーム

【プロジェクト概要】

プロジェクトIlikai Hotel & Suites(イリカイ ホテル&スイーツ)
築年1963年
プランStudio~2Bedroom
広さ約46m²~100m²
総戸数1,011戸
階数30階
ホテル運営Aston Hotel & Resorts等
ハワイの優良物件をご紹介!

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(AP東京丸の内 会議室)


AP東京丸の内 会議室・地図AP東京丸の内 会議室・地図


講演者

  • 講演者画像
    Hawaii 5-0 Group Inc.
    Executive Vice President
    三澤 剛史

    経歴
    1980年 渡米ビバリーヒルズ・ロデオドライブでフェンディ(FENDI)のフランチャイズ事業を経験
    1989年 ビバリーヒルズで高級物件を専門に取扱うアルバレス・ハイランド・アンド・ヤング社(Alvarez, Hyland & Young: 現在のヒルトン&ハイランド社の前身)に日本人初のリアルターとして所属
    1991年 当時全米で最大のフランチャイジーであったプルデンシャル・カリフォルニアリアルティ(Prudential California Realty)国際部門のディレクターに就任。フランチャイズ母体のプルデンシャル・リアルエステイト・アフィリエイツ(PREA)と共にプルデンシャルのグローバル・ネットワークの確立に従事
    2012年 イギリスの英国王立チャータードサベイヤーズ協会(RICS)の日本法人設立および、日本の関連団体、不動産証券化協会(ARES)、日本不動産鑑定士協会、日本不動産研究所との提携関係を結ぶ際の仲介役を務める
    日米はもとより、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、香港、中国などの不動産協会とのネットワーク構築や業務提携にも尽力。国内大手不動産企業の顧問も過去に務める。不動産業界組織や関連会社の国際不動産コンサルティング業務のほか、セミナーの講演、執筆活動も行う。

女性講師による女性投資家のためのアメリカ不動産セミナー ~なぜ今、アメリカ不動産なのか?~

女性講師による女性投資家のためのアメリカ不動産セミナー ~なぜ今、アメリカ不動産なのか?~

女性講師による女性投資家のためのアメリカ不動産セミナー ~なぜ今、アメリカ不動産なのか?~

【日時】 1017日(木)10:30-12:00
1024日(木)10:30-12:00
【会場】 ビジネスエアポート六本木
(1階にポール・スミスのお店があるビルの7階です)
【住所】 東京都港区六本木7-8-6 AXALL ROPPONGI 7階
【参加】 無料

今セミナーでは、子育てと仕事の両立をしながら不動産仲介売買経験10年の女性講師(宅地建物取引士)による、女性投資家のためのアメリカ不動産セミナーを開催します。
減価償却による節税効果の高さから、現在、富裕層の投資先として注目が集まるアメリカ不動産。
先進国ならではの整った取引環境とインカムゲインに加え、長期で安定したキャピタルゲインの両方で収益が期待でき、さらにタックスメリットが見込める点が人気の秘密です。

アメリカ不動産のリアルな現状を踏まえつつ、魅力とリスクの両面から語っていただきます。

女性投資家向けにわかりやすく解説します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

アメリカ不動産の魅力

主要先進国の人口推移実績と予想主要先進国の人口推移実績と予想

日本に居住する投資家にとって、アメリカ不動産の最大の魅力はタックスメリット(節税効果)と値上がりです。アメリカの建物評価は一般的に物件価格の約60%から80%(木造建築の場合)と日本と比較して非常に高く、築22年を超える物件であれば、日本の税制ではそれを4年で償却が可能です。このふたつを組み合わせるメリットと値上がり期待が富裕層より注目されている要因のひとつです。

また、アメリカ不動産を語る上で欠かせないのが、人口の増加です。積極的な移民政策により、2100年まで人口が増加想定されおり、今後の不動産市況も安定的に拡大していくものと思われます。

アメリカ不動産のタックスメリットについて知る!

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

購入の段取りとリスクについて

エスクローと不動産購入の仕組みについて

今回のセミナーでは、実際にアメリカ不動産の取得に必要な現地の銀行口座開設や、融資の受け方など、購入手続きに加えて、購入後の申告手続きや、確定申告に備えるための納税者番号の取得方法などについても、具体的にご紹介します。また、海外の投資において考えるべきリスクについても、実際の事例を交えながらご説明します。

アメリカ不動産、実際の購入手続きは?

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(ビジネスエアポート六本木)

ビジネスエアポート六本木会場地図ビジネスエアポート六本木会場地図


講演者

  • ハロハロホーム
    株式会社WIN WIN Properties Japan

    資産運用コンサルタント

    志村 妙子(宅地建物取引士)

    国内不動産仲介売買経験10年以上、売買成約実績300件以上、子育てと仕事の両立16年(子育て苦戦中)、女性接客件数1,000名超。銀行融資のアレンジメントはお任せ下さい。
    来て良かったと思っていただけるようなセミナーを心がけております。

ハワイ不動産セミナー ~取引に失敗しないための基礎知識をお教えします~

ハワイ不動産セミナー ~取引に失敗しないための基礎知識をお教えします~

ハワイ不動産セミナー ~取引に失敗しないための基礎知識をお教えします~

【日時】 710日(水)19:00-20:30(18:45~開場)
【会場】 ステイジアキャピタルジャパン株式会社 会議室
【住所】 東京都港区三田3丁目13番12号 三田MTビル5階
(※ビルの1階がファミリーマートです)
【参加】 無料

日本人投資家から高い人気を誇るハワイ不動産。
ハワイの不動産を実際に購入をするときどのような手続きが必要になるのでしょうか?
今セミナーでは、日米の不動産取引の違いとはなにか、ハワイで不動産を購入する際に気を付けるべきポイントはなにかなど、取引で失敗しないために事前に知っておきたい基礎知識ついて解説させて頂きます。

Point
・ハワイ不動産購入取引における手続きの流れ
・日本とアメリカにおける不動産取引の違い
・日本で必要になる手続き 認証とは?
・ローンを利用する場合に気を付けること
・ハワイ不動産取引に関する税金 (購入時~保有中~売却時)
・購入後の不動産管理サービス

ハワイの不動産について詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

日本人の憧れのリゾート地、ロングステイ先としても人気 ハワイ不動産投資

アラモアナショッピングセンター アラモアナショッピングセンター

ワイキキビーチ ワイキキビーチ

オーシャンビュー オーシャンビュー

併設のショッピングセンター 併設のショッピングセンター

安定的な不動産価格の上昇が継続

ハワイ不動産は特に日本人からの人気が高く、オアフ島で5年・総額18億ドル(約2,100億円)もの不動産が外国人によって売買されている中、日本人による売買額はそのうちの約64%に上る11億ドルに達しています。また、近年は中国や東南アジア諸国の富裕層・投資家によるハワイ不動産への投資が徐々に拡大しており、経済発展著しいアジアの投資マネーが流入することによって、今後も安定的な価格上昇が期待されています。なお、ハワイはコンドミニアムの多くが別荘として所有されている一方で、観光客の増加によってホテル需要が高いことから、オーナーが使用しない期間にホテルとして貸し出すことができる「コンドテル」の発祥の地と言われており、自己利用、キャピタルゲイン、インカムゲインをまとめて享受できる魅力的な投資スタイルとして注目を集めつつあります。

longstay-hawaii

(ロングステイ希望国トップ10)

ハワイの魅力についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

投資でも移住や別荘でも、魅力満載のハワイ不動産

従来から、日本人の富裕層からは移住先として安定した人気を誇るハワイの不動産ですが、近年ではアメリカ国内のみならず世界的にも注目されており、投資先として人気が高まっています。
今回はハワイ州国際不動産評議会(HIREC)顧問で、ハワイ不動産のプロフェッショナルである三澤 剛史氏より、ハワイ不動産の魅力やマーケットの状況について語っていただきます。

ハワイの優良物件をご紹介!

ハワイのコンドミニアムハワイのコンドミニアム

ハワイの戸建てハワイの戸建て

※現地の物件状況によって変更になる場合があります。

取引に失敗しないための基礎知識についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(三田MTビル)

三田MTビル・地図三田MTビル・地図

講演者

  • 講演者画像
    Hawaii 5-0 Group Inc.
    Executive Vice President
    三澤 剛史

    経歴
    1980年 渡米ビバリーヒルズ・ロデオドライブでフェンディ(FENDI)のフランチャイズ事業を経験
    1989年 ビバリーヒルズで高級物件を専門に取扱うアルバレス・ハイランド・アンド・ヤング社(Alvarez, Hyland & Young: 現在のヒルトン&ハイランド社の前身)に日本人初のリアルターとして所属
    1991年 当時全米で最大のフランチャイジーであったプルデンシャル・カリフォルニアリアルティ(Prudential California Realty)国際部門のディレクターに就任。フランチャイズ母体のプルデンシャル・リアルエステイト・アフィリエイツ(PREA)と共にプルデンシャルのグローバル・ネットワークの確立に従事
    2012年 イギリスの英国王立チャータードサベイヤーズ協会(RICS)の日本法人設立および、日本の関連団体、不動産証券化協会(ARES)、日本不動産鑑定士協会、日本不動産研究所との提携関係を結ぶ際の仲介役を務める
    日米はもとより、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、香港、中国などの不動産協会とのネットワーク構築や業務提携にも尽力。国内大手不動産企業の顧問も過去に務める。不動産業界組織や関連会社の国際不動産コンサルティング業務のほか、セミナーの講演、執筆活動も行う。

【大阪開催】金融庁が発表!老後は年金だけでは足りない!アメリカ不動産セミナー ~今から利回り10%以上で資産形成~

【大阪開催】金融庁が発表!老後は年金だけでは足りない!アメリカ不動産セミナー ~今から利回り10%以上で資産形成~

【大阪開催】金融庁が発表!老後は年金だけでは足りない!アメリカ不動産セミナー ~今から利回り10%以上で資産形成~

【日時】 1020日(日)10:30-12:30
【会場】 大阪駅前第3ビル 2階 58号室(自習室うめだ)
【住所】 大阪府大阪市北区梅田1丁目1-3 大阪駅前第3ビル2階
【参加】 無料

近年ますます注目を集めるアメリカ不動産投資。
人気の秘密は、高い利回りと税金還付の2つを享受できる事です。
今回は、今回は自らもアメリカ不動産投資家であるWIN/WIN Properties,LLC 木富 義和氏に、失敗談を交えながら、アメリカの州別の特徴や融資スキームなど、ノウハウを語っていただきます。
セミナーでは、WIN/WIN Properties,LLCの独自コネクションを活かした、日本では非公開の情報で償却対象70-80%+4年加速度償却(=大節税スキーム)、利回り9.5%で、購入前から出口まで日本語サポートも受けられ過去の実績に裏付けされた、安心度も高い投資物件をご紹介します。※
※物件の販売状況によっては、ご紹介予定物件が変更になる場合がございます。また、上記の表面利回りは年間の想定賃料から税金や経費を差し引く前の数字になりますので、予めご了承ください。

当日はアメリカ不動産についてわかりやすく解説します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

築古木造住宅を利用した、節税手法を投資家目線で解説!

日本・アメリカの不動産評価の違い(概念図)日本・アメリカの不動産評価の違い(概念図)

アメリカ不動産価格の推移アメリカ不動産価格の推移

今回ご紹介予定の築古木造住宅物件による減価償却は、アメリカ不動産投資の最大の魅力のひとつです。一般的に築22年以上の木造物件であれば、物件価格の建物部分にあたる約80%を4年で償却できる、その基本的な仕組みをご紹介します。また、ご本人がアメリカ不動産投資家でもある柳原 大輝氏ならではの投資体験談を交えながら購入時のキャッシュフローを例に、アメリカの中古住宅を利用したその節税ノウハウを解説します※※。

※※税務上のご相談・助言や見解等は、税理士等の専門家や所轄の税務署にご確認ください。また、最終的な判断および決定は、お客様ご自身の責任でお願いいたします。

築古住宅の節税ノウハウとは?

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

初心者から投資経験者まで!アメリカ不動産を活用した節税の仕組み

ご紹介物件イメージご紹介物件イメージ

ご紹介物件イメージご紹介物件イメージ

ご紹介物件イメージご紹介物件イメージ

ご紹介物件イメージご紹介物件イメージ

テネシー州メンフィスやテキサス州ヒューストンから物件をピックアップしています。物件はいずれも「結婚して最初に住む物件として人気のあるエリア」「流動性が高い価格帯の物件が多いエリア」などの条件に該当するエリアで、修繕が必要な物件を買い上げ、賃貸用のリフォームが完了した物件です。税制の面でも有利な築古の物件を中心にご紹介します。

セミナー後、購入を検討される方には、物件の購入サポートはもちろん、アフターサポートも含めて講師自身が対応します。

初心者にもわかりやすくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(大阪駅前第3ビル)

大阪駅前第3ビル会場地図大阪駅前第3ビル会場地図


講演者

  • 講師画像
    株式会社WIN WIN Properties Japan

    日本支社

    木富 義和(きとみ よしかず)

    日本を中心にアジア圏の不動産投資家・市場開拓のため、現在東京オフィスに籍を置く。過去50回を超えるセミナー講師経験と500名以上のマンツーマン個別相談経験から、各個人の財務状況と知識に合った投資戦略を寄り添って提案する。 海外不動産投資が初めての方には基礎からの知識を、お金の準備ができていない方には融資をはじめとしたお金の引き方もアドバイスする。

来場者プレゼントあり! ハワイ不動産の魅力を徹底解説 ~現地担保ローン利用可!ホノルルのセカンドハウス案件もご紹介します~

来場者プレゼントあり! ハワイ不動産の魅力を徹底解説 ~現地担保ローン利用可!ホノルルのセカンドハウス案件もご紹介します~

来場者プレゼントあり! ハワイ不動産の魅力を徹底解説 ~現地担保ローン利用可!ホノルルのセカンドハウス案件もご紹介します~

【日時】 511日(土)13:30-15:30(13:15~開場)
【会場】 AP渋谷道玄坂渋東シネタワー Hルーム
【会場住所】 東京都渋谷区道玄坂2丁目6-17 渋東シネタワー11階
【特典】 『SUMU ~ハワイ生活実用ガイド2019~』本をプレゼント
【主催】 ステイジアキャピタル
【参加】 無料

今セミナーでは、世界中の投資家から常に人気を集めているハワイの不動産についてご説明いたします。
不動産投資先としてのハワイの魅力と最新マーケット情報を現地エージェント(HI 5-0 Group Inc. Executive Vice President 三澤氏)が徹底解説致します。
最近、日本にいながらハワイの現地不動産を担保に設定できる円建てローンがスタート致しました。
ローン商品のご案内はもちろん、こちらのローンが利用できるホノルルのセカンドハウス案件もご紹介致します。
来場者限定でハワイで役立つ情報が盛りだくさんの『ハワイに住む』別冊、『SUMU ~ハワイ生活実用ガイド2019~』を特別にプレゼント致します!
(※先着お申し込み順30名様までとさせて頂きます。)
皆様のご参加をお待ちしております。

ハワイの不動産について詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

日本人の憧れのリゾート地、ロングステイ先としても人気 ハワイ不動産投資

アラモアナショッピングセンター アラモアナショッピングセンター

ワイキキビーチ ワイキキビーチ

オーシャンビュー オーシャンビュー

併設のショッピングセンター 併設のショッピングセンター

安定的な不動産価格の上昇が継続

ハワイ不動産は特に日本人からの人気が高く、オアフ島で5年・総額18億ドル(約2,100億円)もの不動産が外国人によって売買されている中、日本人による売買額はそのうちの約64%に上る11億ドルに達しています。また、近年は中国や東南アジア諸国の富裕層・投資家によるハワイ不動産への投資が徐々に拡大しており、経済発展著しいアジアの投資マネーが流入することによって、今後も安定的な価格上昇が期待されています。なお、ハワイはコンドミニアムの多くが別荘として所有されている一方で、観光客の増加によってホテル需要が高いことから、オーナーが使用しない期間にホテルとして貸し出すことができる「コンドテル」の発祥の地と言われており、自己利用、キャピタルゲイン、インカムゲインをまとめて享受できる魅力的な投資スタイルとして注目を集めつつあります。

longstay-hawaii

(ロングステイ希望国トップ10)

ハワイの魅力についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

投資でも移住や別荘でも、魅力満載のハワイ不動産

従来から、日本人の富裕層からは移住先として安定した人気を誇るハワイの不動産ですが、近年ではアメリカ国内のみならず世界的にも注目されており、投資先として人気が高まっています。
今回はハワイ州国際不動産評議会(HIREC)顧問で、ハワイ不動産のプロフェッショナルである三澤 剛史氏より、ハワイ不動産の魅力やマーケットの状況について語っていただきます。

ハワイの優良物件をご紹介!

ハワイのコンドミニアムハワイのコンドミニアム

ハワイの戸建てハワイの戸建て

※現地の物件状況によって変更になる場合があります。

現地不動産を担保とした円建てローンについてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(AP渋谷道玄坂渋東シネタワー)

AP渋谷道玄坂渋東シネタワー・地図AP渋谷道玄坂渋東シネタワー・地図


講演者

  • 講演者画像
    Hawaii 5-0 Group Inc.
    Executive Vice President
    三澤 剛史

    経歴
    1980年 渡米ビバリーヒルズ・ロデオドライブでフェンディ(FENDI)のフランチャイズ事業を経験
    1989年 ビバリーヒルズで高級物件を専門に取扱うアルバレス・ハイランド・アンド・ヤング社(Alvarez, Hyland & Young: 現在のヒルトン&ハイランド社の前身)に日本人初のリアルターとして所属
    1991年 当時全米で最大のフランチャイジーであったプルデンシャル・カリフォルニアリアルティ(Prudential California Realty)国際部門のディレクターに就任。フランチャイズ母体のプルデンシャル・リアルエステイト・アフィリエイツ(PREA)と共にプルデンシャルのグローバル・ネットワークの確立に従事
    2012年 イギリスの英国王立チャータードサベイヤーズ協会(RICS)の日本法人設立および、日本の関連団体、不動産証券化協会(ARES)、日本不動産鑑定士協会、日本不動産研究所との提携関係を結ぶ際の仲介役を務める
    日米はもとより、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、香港、中国などの不動産協会とのネットワーク構築や業務提携にも尽力。国内大手不動産企業の顧問も過去に務める。不動産業界組織や関連会社の国際不動産コンサルティング業務のほか、セミナーの講演、執筆活動も行う。

あのソフトバンクが500億円出資した不動産テック企業が緊急来日! アメリカ不動産減価償却セミナー

あのソフトバンクが500億円出資した不動産テック企業が緊急来日! アメリカ不動産減価償却セミナー

あのソフトバンクが500億円出資した不動産テック企業が緊急来日! アメリカ不動産減価償却セミナー

【日時】 【満員御礼】420日(土)14:00-16:00
【会場】 ハロー貸し会議室・新橋
【会場】 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル8階 802号室
【参加】 無料

約1年前にソフトバンク・ビジョン・ファンドが、ニューヨークの不動産テック企業のCompass社に約500億円出資し世界中の話題となりました。
Compass社の主要事業は、不動産売買、賃貸に必要と想定される情報を集約、可視化したプラットフォームの運営を基盤とした不動産仲介業です。
Compass社は家屋の購入・賃貸希望者と物件所有者を仲介するサービスとしては決して最初の会社ではありません。
アメリカでは、他社に先駆けてZillow(ジロー)やRedfin(レッドフィン)などが、不動産情報を一元化したり可視化したりするサービスを展開しています。
なのになぜ後発組のCompass社にソフトバンク・ビジョン・ファンドが約500億円も出資したのでしょうか?
それはCompass社はZillow(ジロー)やRedfin(レッドフィン)よりも必要な情報が可視化されており、売買を希望する顧客に対しては物件の情報だけでなくエージェント・ブローカーの詳細な情報や取引履歴や評価を開示していたり、 近隣物件の相場や地域の良い情報、期待できない情報を余すこと無く詳細に提供しているからです。
今回はそんなCompass社日本担当者によるアメリカ不動産減価償却セミナーを開催します。
アメリカ不動産は減価償却による節税効果の高さから、すでに一部の富裕層から投資先としての注目されています。
先進国ならではの整った取引環境に加え、インカムゲイン、キャピタルゲイン両方で収益を期待できる点も人気の秘密です。
当日は日本語通訳が同席しますのでご安心下さい。

当日詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ソフトバンク・ビジョン・ファンドが投資したCompass社

ソフトバンク・ビジョン・ファンドが投資したCompass社ソフトバンク・ビジョン・ファンドが投資したCompass社

エージェント・ブローカーの紹介ページエージェント・ブローカーの紹介ページ

個別物件の詳細ページ個別物件の詳細ページ

Compass社はゴールドマン・サックスでCOOを勤めていたロバート・リフキンと、OrionをGoogleに、JulpanをTwitterに売却した実績を持つ検索技術者オリ・アロンによって設立されました。
Compass社は自社管理物件を持たず地域のエージェント・ブローカーと顧客のマッチングを行い成功報酬を受け取るビジネスモデルです。
エージェント・ブローカーに対しては専用アプリを通じて扱いやすいシステムを提供して業務効率化をサポートしています。
Compassは売買物件の不動産仲介事業をプラットフォーム化しています。
プラットフォームのポイントは「検索のしやすさ」ではなく「不動産業務の全体を効率化できる」ことにあります。

Compass社について詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

「減価償却」がアメリカ不動産の人気の秘密

日本国内における申告のまとめ日本国内における申告のまとめ

減価償却の耐用年数比較減価償却の耐用年数比較

投資先として、アメリカ不動産の最大の特長としてあげられるのが、タックスメリット(節税効果)です。その理由はアメリカでの建物の評価の高さにあります。アメリカでは日本と比較して建物価値が下がりにくく、築40年、50年の物件でも、物件価格の約7~8割を建物価格が占めています。

そして、日本居住者がアメリカの中古不動産を購入し賃貸した場合、アメリカ及び日本で課税の対象になりますが、日本側では「中古資産の耐用年数」によることができ、減価償却費のメリットがあります。本セミナーでは、減価償却の考え方の基本から、実際の物件を購入した場合の具体例まで、不動産のプロが丁寧にご説明します。

アメリカ不動産で「減価償却」はこちら

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

先進国で唯一、人口が増加。キャピタル・インカムゲインの両方で収益を狙う

主要先進国の人口推移実績と予想主要先進国の人口推移実績と予想

今回ご紹介する主な物件では、物件の値上がりによるキャピタルゲインと、賃料収入によるインカムゲインの両方を期待できます。その原動力となるのが人口の増加です。アメリカは、先進国で唯一、安定して人口が増加しており、30年後には、現在の約3.3億人から7000万人が増加し、4億人を超えると言われています。また、不動産取引においては、物件の取引情報の公開や取引業務の分業化など日本よりも信頼性の高い取引環境が整っている点も魅力です。本セミナーでは現地でブローカーとして活躍するデビッド・パーク(DAVID PARK)からアメリカのマーケットの状況から、具体的な取引の進め方についても解説します。

アメリカ不動産で「減価償却」はこちら

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(ハロー貸し会議室新橋)

ハロー貸し会議室新橋・地図ハロー貸し会議室新橋・地図


講演者

  • 講演者画像
    Compass社
    REALTOR
    デビッド・パーク(日本語通訳が1名同席します)

    2019年にCompass社に入社し、そこでサザビーズのインターナショナルリアルティからチーム、センチュリオングループを招き、Compass社が提供した卓越した技術とマーケティングサポートを活用しました。センチュリオングループは、DMVエリア全体でホワイトグローブサービスを提供する、多様な地元の専門家のエリートチームです。

ページトップへ