セミナー会員数 6,183名 (8月20日更新)

なぜ今アメリカ不動産なのか? 固定資産税も低く気候も温暖で自然災害も少ない「ラスベガス」&抜群の安定性、手頃な価格、豊かな将来性の「テキサス」不動産セミナー

なぜ今アメリカ不動産なのか? 固定資産税も低く気候も温暖で自然災害も少ない「ラスベガス」&抜群の安定性、手頃な価格、豊かな将来性の「テキサス」不動産セミナー

なぜ今アメリカ不動産なのか? 固定資産税も低く気候も温暖で自然災害も少ない「ラスベガス」&抜群の安定性、手頃な価格、豊かな将来性の「テキサス」不動産セミナー

【日時】 822日(水)18:00-19:30
919日(水)18:00-19:30
【会場】 ビジネスエアポート六本木
【会場住所】 東京都港区六本木7-8-6 AXALL ROPPONGI 7階
【参加】 無料

減価償却による節税効果の高さから、現在、富裕層の投資先として注目が集まるアメリカ不動産。先進国ならではの整った取引環境とインカムゲインに加え、長期で安定したキャピタルゲインの両方で収益が期待でき、さらにタックスメリットが見込める点が人気の秘密です。
今回は固定資産税も低く気候も温暖で自然災害も少ない「ラスベガス」と抜群の安定性、手頃な価格、豊かな将来性の「テキサス」の2大都市の不動産セミナーを行います。
アメリカ不動産を購入する際、現地の金融機関の不動産ローンを利用しようとすると、金利が高くなるほか、契約手続きの手間が余計に掛かるなど制約が多いため、これまでは現金での購入というのが一般的でした。
そのため自己資金をある程度保有している方以外は、購入は難しいというのが今までの常識でしたが、ラスベガスのあるネバダ州やテキサス州での新規購入物件を担保とする形で国内金融機関が提供するローンを利用できるようになりました。
当ローンの金利は2.8%と現地金融機関で借り受け(外国人は4.7~4.8%)するよりも低金利で融資を受けることが可能で、また、融資に関わる諸手続きも全て日本国内、かつ日本語で完結するためストレスなく契約できます。本セミナーでは当不動産担保ローンを活用し、節税効果の高い築古木造コンドミニアムへの投資を解説いたします。

セミナーで詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

アメリカ不動産の魅力

主要先進国の人口推移実績と予想主要先進国の人口推移実績と予想

日本に居住する投資家にとって、アメリカ不動産の最大の魅力はタックスメリット(節税効果)と値上がりです。アメリカの建物評価は一般的に物件価格の約60%から80%(木造建築の場合)と日本と比較して非常に高く、築22年を超える物件であれば、日本の税制ではそれを4年で償却が可能です。このふたつを組み合わせるメリットと値上がり期待が富裕層より注目されている要因のひとつです。

また、アメリカ不動産を語る上で欠かせないのが、人口の増加です。積極的な移民政策により、2100年まで人口が増加想定されおり、中でも今回物件をご紹介予定のテキサス州(人口全米二位)は、アメリカの人口増加を象徴し、経済的にもアメリカを牽引する州と言えます。
またラスベガスのあるネバダ州は法人税や個人所得税等が無い上に固定資産税も低いため不動産保有者にとって投資効率の高い州と言えます。

購入の段取りとリスクについて

今回のセミナーでは、実際にアメリカ不動産の取得に必要な現地の銀行口座開設や、融資の受け方など、購入手続きに加えて、購入後の申告手続きや、確定申告に備えるための納税者番号の取得方法などについても、具体的にご紹介します。また、海外の投資において考えるべきリスクについても、実際の事例を交えながらご説明します。

アメリカ不動産、実際の購入手続きは?

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ラスベガスとテキサスの物件をご紹介!

ラスベガスの戸建住宅ラスベガスの戸建住宅

ラスベガスの戸建住宅ラスベガスの戸建住宅

今回、ご紹介予定の物件は、ラスベガスでも屈指の高級住宅街が連なる、アメリカ国内でも人気エリアです。温暖な過ごしやすい気候のため、退職したアメリカ人夫婦などにとっても非常に人気です。また憧れのカルフォルニアのすぐ隣に位置しております。またカルフォルニアほど固定資産税が高くなく住みやすい地域です。

テキサスの戸建住宅テキサスの戸建住宅

テキサスの戸建住宅テキサスの戸建住宅

トヨタの北米本社が2017年にかけて移転する、テキサス州の物件をご紹介します。カウボーイの街でも有名なテキサスはアラスカに次いで2番目の面積があり、人口もカリフォルニアに次いで第2位。石油・エネルギー産業、化学産業や通信、コンピューター関連のハイテク産業、大手航空会社の本社など産業が集積しています。

ラスベガス、テキサスの物件をご紹介!

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)


セミナー会場地図(ビジネスエアポート青山・六本木)

ビジネスエアポート青山・地図ビジネスエアポート青山・地図


ビジネスエアポート六本木・地図ビジネスエアポート六本木・地図


講演者

  • 柳原 大輝
    株式会社WIN WIN Properties Japan

    本社 共同代表/日本支社 代表取締役

    柳原大輝(やなぎはら ひろき)

    日本を中心にアジア圏の不動産投資家・市場開拓のため、現在東京オフィスに籍を置く。過去50回を超えるセミナー講師経験と500名以上のマンツーマン個別相談経験から、各個人の財務状況と知識に合った投資戦略を寄り添って提案する。 海外不動産投資が初めての方には基礎からの知識を、お金の準備ができていない方には融資をはじめとしたお金の引き方もアドバイスする。

特別無料個別相談会 ~なぜ今、アメリカなのか~ プロが教えるアメリカ不動産「減価償却」セミナー

特別無料個別相談会 ~なぜ今、アメリカなのか~ プロが教えるアメリカ不動産「減価償却」セミナー

特別無料個別相談会 ~なぜ今、アメリカなのか~ プロが教えるアメリカ不動産「減価償却」セミナー

【日時】 616日(土)11:00-18:00
【会場】 新日本コンサルティング応接ルーム
【会場住所】 東京都新宿区西新宿6-10-1 日土地西新宿ビル15階
【参加費】 無料

減価償却による節税効果の高さから、すでに一部の富裕層から投資先としての注目されているアメリカ不動産。先進国ならではの整った取引環境に加え、インカムゲイン、キャピタルゲイン両方で収益を期待できる点も人気の秘密です。

今回は個別面談会ですので、当日は上記以外に不動産の事や税金の事などお気軽にご相談くださいませ。

当日で詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

「減価償却」がアメリカ不動産の人気の秘密

日本国内における申告のまとめ日本国内における申告のまとめ

減価償却の耐用年数比較減価償却の耐用年数比較

投資先として、アメリカ不動産の最大の特長としてあげられるのが、タックスメリット(節税効果)です。その理由はアメリカでの建物の評価の高さにあります。アメリカでは日本と比較して建物価値が下がりにくく、築40年、50年の物件でも、物件価格の約7~8割を建物価格が占めています。

そして、日本居住者がアメリカの中古不動産を購入し賃貸した場合、アメリカ及び日本で課税の対象になりますが、日本側では「中古資産の耐用年数」によることができ、減価償却費のメリットがあります。本セミナーでは、減価償却の考え方の基本から、実際の物件を購入した場合の具体例まで、税務のプロが丁寧にご説明します。

アメリカ不動産で「減価償却」はこちら

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

先進国で唯一、人口が増加。キャピタル・インカムゲインの両方で収益を狙う

主要先進国の人口推移実績と予想主要先進国の人口推移実績と予想

今回ご紹介する主な物件では、物件の値上がりによるキャピタルゲインと、賃料収入によるインカムゲインの両方を期待できます。その原動力となるのが人口の増加です。アメリカは、先進国で唯一、安定して人口が増加しており、30年後には、現在の約3.3億人から7000万人が増加し、4億人を超えると言われています。また、不動産取引においては、物件の取引情報の公開や取引業務の分業化など日本よりも信頼性の高い取引環境が整っている点も魅力です。本セミナーではアメリカのマーケットの状況から、具体的な取引の進め方についても解説します。

キャピタル・インカムゲインの両方で収益を狙う

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 講演者画像
    新日本コンサルティング
    コンサルタントスタッフ

    新日本コンサルティングは、不動産投資のスペシャリストが集まるコンサルティング会社です。不動産投資に関するお悩みはもちろん、どんな些細なことでもまずはご相談ください。物件調査→ローン→購入→管理→売却まで全てワンストップでお任せいただけます!
    ◆実績
    管理戸数:8,000戸以上、入居率98%
    融資付け:500名以上
    コンサルティング:年間120名以上

節税したい方必見!700万円台から始められる利回り13%のアメリカ不動産投資

節税したい方必見!700万円台から始められる利回り13%のアメリカ不動産投資

節税したい方必見!700万円台から始められる利回り13%のアメリカ不動産投資

【日時】 513日(日)11:00-13:00(10:45~開場)
520日(日)11:00-13:00(10:45~開場)
【会場】 住友不動産六本木通ビル11階 ㈱リヴ セミナールーム
【会場住所】 東京都港区六本木7-18-18住友不動産六本木通ビル11階
【参加費】 無料

近年ますます注目の集まるアメリカ不動産ですが、その人気の秘密は、節税効果にあります。今回はアメリカの中でもインディアナポリスの不動産をご紹介します。インディアナポリスは、アメリカの都市として規模が13番目で、ハイテク産業などの成長で雇用拡大が全米5番です。

ゲスト講師は北米に特化した不動産投資コンサルタントサービスを提供するため独立したY氏。

セミナーにてご紹介する物件は、そのY氏の独自コネクションを活かした、日本では非公開の情報です。ハイテク産業などの成長で雇用拡大しているインディアナポリスで、リフォーム済みで700万円台~、表面利回り13%~と、比較的トライしやすい価格帯の物件をご紹介予定※です。

※物件の販売状況によっては、ご紹介予定物件が変更になる場合がございます。また、上記の表面利回りは年間の想定賃料から税金や経費を差し引く前の数字になりますので、予めご了承ください。

当日詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

築古木造住宅を利用した、節税手法を投資家目線で解説!

日本・アメリカの不動産評価の違い(概念図)日本・アメリカの不動産評価の違い(概念図)

今回ご紹介予定の築古木造住宅物件による減価償却は、アメリカ不動産投資の最大の魅力のひとつです。一般的に築22年以上の木造物件であれば、物件価格の建物部分にあたる約80%を4年で償却できる、その基本的な仕組みをご紹介します。また、ご本人が投資家でもある、Y氏ならではの投資体験談を交えながら購入時のキャッシュフローを例に、アメリカの中古住宅を利用したその節税ノウハウを解説します※※。

※※税務上のご相談・助言や見解等は、税理士等の専門家や所轄の税務署にご確認ください。また、最終的な判断および決定は、お客様ご自身の責任でお願いいたします。

築古住宅の節税ノウハウとは?

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

雇用が急拡大しているインディアナポリスのリフォーム済み物件が、700万円台から!

インディアナポリスの街並みインディアナポリスの街並み

インディアナポリスモータースピードウェイインディアナポリスモータースピードウェイ

ご紹介予定物件(インディアナポリス)ご紹介予定物件(インディアナポリス)

ご紹介予定物件(インディアナポリス)ご紹介予定物件(インディアナポリス) 

インディアナ州の700万円台、利回り13%の一戸建のご紹介です。インディアナポリスはアメリカでは都市として規模が13番で、ハイテク産業などの成長で雇用拡大が全米5番です。物件はいずれも「結婚して最初に住む物件として人気のあるエリア」「流動性が高い価格帯の物件が多いエリア」「サブプライム問題の影響からの立ち直りが遅れているエリア」などの条件に該当するエリアで、修繕が必要な物件を安価に買い上げ、賃貸用のリフォームが完了した物件です。税制の面でも有利な築古の物件を中心にご紹介します。

セミナー後、購入を検討される方には、物件の購入サポートはもちろん、信頼できる管理会社の紹介も含めて講師自身が対応します。

700万円台からのアメリカ不動産投資!

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • Y氏

    Y氏

    少子高齢化が続く日本の不動産市場に限界を感じ、北米に特化した不動産投資コンサルタントサービスを提供するため、独立。 今はセミナー講師として、海外不動産の魅力を提供中。 得意とするのは、キャピタルゲインを目的とされる方、インカムゲインを目的とされる方、別荘目的の方など幅広いコンサル。

【緊急開催】ハワイ不動産セミナー 現地ハワイエージェント来日! ~オアフ島の最新物件情報&税理士による税制改正のポイントを解説いたします~

【緊急開催】ハワイ不動産セミナー 現地ハワイエージェント来日! ~オアフ島の最新物件情報&税理士による税制改正のポイントを解説いたします~

【緊急開催】ハワイ不動産セミナー 現地ハワイエージェント来日! ~オアフ島の最新物件情報&税理士による税制改正のポイントを解説いたします~

【日時】 324日(土)13:30-16:00
【会場】 ビジョンセンター東京
【会場住所】 東京都中央区八重洲2-7-12 ヒューリック京橋ビル 7階(701号室)
【主催】 ステイジアキャピタル
【参加】 無料

今セミナーでは、ステイジアキャピタル社の現地パートナーであるエージェントの三澤氏が来日し、ハワイ州オアフ島の最新物件情報を投資目的に合わせてご紹介します。また詳細なデータを用いたオアフ島の不動産開発の現況、ハワイで不動産投資を行うにあたってのポイントなどを丁寧にお伝えします。また三澤氏のパートナーであるAbliss(アブリス)税理士法人の伊藤先生をお招きし、海外不動産を活用した節税メリットや、2018年税制改正において資産家の皆さまに知って頂きたいポイントをわかりやすく解説します。

当日ハワイ不動産について詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

投資でも移住や別荘でも、魅力満載のハワイ不動産

従来から、日本人の富裕層からは移住先として安定した人気を誇るハワイの不動産ですが、近年ではアメリカ国内のみならず世界的にも注目されており、投資先として人気が高まっています。今回はハワイ州国際不動産評議会(HIREC)顧問で、ハワイ不動産のプロフェッショナルである三澤 剛史氏より、ハワイ不動産の魅力やマーケットの状況について語っていただきます。

セミナー内では、中古のコンドミニアムを中心に、具体的な物件を例にとりながら、投資先や別荘としての活用方法についてもご紹介します。

日米税制の差異をうまく利用して、タックスメリットを最大化!

本セミナーでは、海外の不動産を購入するうえで欠かせない、税金の面でもサポート。日米二国間での税制・資産形成に詳しい税理士の伊藤先生をお迎えします。セミナーでは、減価償却や税率差の活用、具体的な申告の方法や相続における注意点など、「日米の税制の差異を利用してタックスメリットを最大化する方法」を伝えます。

ハワイ不動産のタックスメリットについて知る!

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ハワイの優良物件をご紹介!

ハワイのコンドミニアムハワイのコンドミニアム

ハワイの戸建てハワイの戸建て

※現地の物件状況によって変更になる場合があります。

ハワイの優良物件をご紹介!

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 講演者画像
    Hawaii 5-0 Group Inc.
    Executive Vice President
    三澤 剛史

    経歴
    1980年 渡米ビバリーヒルズ・ロデオドライブでフェンディ(FENDI)のフランチャイズ事業を経験
    1989年 ビバリーヒルズで高級物件を専門に取扱うアルバレス・ハイランド・アンド・ヤング社(Alvarez, Hyland & Young: 現在のヒルトン&ハイランド社の前身)に日本人初のリアルターとして所属
    1991年 当時全米で最大のフランチャイジーであったプルデンシャル・カリフォルニアリアルティ(Prudential California Realty)国際部門のディレクターに就任。フランチャイズ母体のプルデンシャル・リアルエステイト・アフィリエイツ(PREA)と共にプルデンシャルのグローバル・ネットワークの確立に従事
    2012年 イギリスの英国王立チャータードサベイヤーズ協会(RICS)の日本法人設立および、日本の関連団体、不動産証券化協会(ARES)、日本不動産鑑定士協会、日本不動産研究所との提携関係を結ぶ際の仲介役を務める
    日米はもとより、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、香港、中国などの不動産協会とのネットワーク構築や業務提携にも尽力。国内大手不動産企業の顧問も過去に務める。不動産業界組織や関連会社の国際不動産コンサルティング業務のほか、セミナーの講演、執筆活動も行う。

  • 講演者画像
    Abliss(アブリス)税理士法人
    代表社員
    税理士
    伊藤 裕子

    【経歴】
    2006年 伊藤裕子税理士事務所 個人事務所開業
    2011年 北海道税務・事業再生実務者ネットワーク、北海道企業活性化パートナーズ 加入
    全国女性税理士連盟 北海道ブロック会 2011年度ブロック長就任
    2015年 Abliss税理士法人へ法人化
    2017年 固定資産税適正化研究会 副会長就任
    講演・セミナー実績
    ・毎年 『経営革新セミナー』
    ・2011年 『オーナーのための所得税確定申告書作成セミナー』
    ・2012~2013年 所得税確定申告説明会
    ・2014年~年2回 『相続税・贈与税の基礎知識』
    ・2015年2回 『企業の持続的発展を目指す会計~中小企業会計要領~』
    ・2016年『海外不動産投資』
    ・2017年『固定資産税の還付と適正化』、『自社を理解するための決算書の見方』
    他、多数の講演を実施。

<オーナー経営者限定>ハワイ不動産投資のための「戦略的」生命保険活用セミナー(有料)

ハワイ不動産投資をお考えのオーナー経営者限定 「戦略的」生命保険の活用セミナー

<オーナー経営者限定>ハワイ不動産投資のための「戦略的」生命保険活用セミナー ~ハワイ不動産のための資金調達方法から利益繰り延べの出口対策まで~

【日時】 825日(木)19:00-21:00
【会場】 東京都港区東新橋2-14-1 コモディオ汐留8F
【定員】 限定20名
【料金】 3,000円

銀行振込もしくはペイパルでお願いします。

今回、オウチーノでは、法人保険のスペシャリストであるジブラルタ生命保険の小野田氏を講師に迎え、ハワイの不動産に興味をお持ちのオーナー経営者限定の特別セミナーを開催いたします。

小野田氏自身、会社経営をしていた経験をお持ちで、現在はジブラルタ生命保険のライフプラン・コンサルタントであります。また、実際にハワイ不動産投資も行ったご経験があります。そのようなご経験から、一般的に知られていない生命保険の最新の活用方法を幅広くご紹介いただきます。ハワイ不動産投資をお考えの方は、ぜひご参加ください。

オウチーノ本社で詳しいご案内(セミナー)を実施します

有料セミナーに参加する有料セミナーに参加する

ハワイ不動産購入の資金調達に、法人契約の生命保険を活用!

ハワイ不動産への投資は、所得税対策をされたいオーナー経営者の方にとって、非常に大きなタックスメリットがあることは、ご存知の通りです。その代表例が、日本の不動産と比較して、減価償却の割合が大きく、かつ期間が短いことです。つまり、ハワイの不動産は経費化できる金額が大きいため、オーナー経営者や病院の理事長などの資産家にとってメリットの大きい投資対象といえます。

また、世界的なリゾート地として確固たる地位にあるハワイの不動産は資産価値が高く、長期的に見ても不動産価格が上昇を続けている事実も、大事な資産を守るうえでは見逃せないポイントです。

一方で、オーナー経営者や病院の理事長から、ハワイ不動産投資に際し、一番多く寄せられる質問が購入資金の確保や資金調達についてです。資産家の方々は、不動産だけでなく、様々なポートフォリオに投資されているため、簡単に購入資金を捻出できないとの声を伺います。また、現地ハワイの銀行ローンを活用する手もありますが、フルローンは難しく、金利も高いことがネックにもなっています。こうした背景から、不足する購入資金をカバーするために、一般的にオーナー経営者の方になじみの深い法人契約の生命保険を活用することで、問題を解決する方法があります。

オーナー社長のための「戦略的」生命保険活用セミナー

オーナー社長の方なら、一度は生命保険を活用した決算対策(利益の繰り延べ)方法を聞かれたことがあると思います。しかしながら、単に会社で利益の繰り延べをしても、出口対策をしなければ意味はありません。また、ひとくちに生命保険といっても、死亡保障、退職金、借入金保障、事業承継など、その目的に応じて様々な活用方法があります。

今回のセミナーでは、法人契約の生命保険の基礎からハワイ不動産投資における活用方法、利益繰り延べの出口対策まで、戦略的な生命保険活用方法をお伝えします。

また、小野田氏のお客様であるオーナー経営者はどのようにして、ハワイ不動産を購入されたか?資産形成されたか?役員報酬を増やされたか?リタイアメントライフを実現されたか?など、豊富な実例をもとに生命保険の活用方法についてお話しいただきます。

セミナー内容(予定)

1講師自己紹介
23つの保険の形
3法人保険の入口と出口対策
4目的に応じて、加入の仕方が変わる
5ハワイ不動産投資における生命保険活用方法
6ジブラルタ生命保険のご案内
7ハッピーリタイアメントのための生命保険

セミナー終了後は、小野田氏との名刺交換や個別相談会などの機会も設けています。オーナー社長がハワイ不動産を購入するための資金準備など、法人保険を活用した小野田氏ならではのアドバイスが受けられます。

※本セミナーの対象となる方の例:年収1800万円以上の経営者の方、法人の節税をしたい経営者の方、所得税対策をされたい経営者の方、手取りを増やしたい経営者の方、など。
※税理士など士業の方、コンサルタント、FP、保険営業の方のご参加は、お断りさせて頂いております。
※セミナーの音声録音及び録画は、固く禁じます。
※当日は、来場者ご本人のお名刺を2枚ご持参ください。お名刺がない場合、ご入場をお断りする場合がございます。

セミナー後は、講師との名刺交換や個別相談会などの機会も

有料セミナーに参加する有料セミナーに参加する

講演者

  • 講演者画像
    ジブラルタ生命保険株式会社
    小野田篤

    外資系銀行、投資会社で投融資、M&A、財産防衛スキームの立案に従事。その後、M&A専門コンサルティング会社の代表取締役に就任。2012年、ジブラルタ生命保険に入社。
    自らの会社経営経験を活かし、法人向けリスクマネジメント、財産防衛コンサルティングを手掛ける。

【満員御礼】ハワイ不動産の魅力とタックスメリット活用法

ハワイ不動産の魅力とタックスメリット活用法

ハワイ不動産の魅力とタックスメリット活用法

【日時】 624日(金)19:00-21:00
【会場】 東京都港区東新橋2-14-1 コモディオ汐留8F

投資先としても、移住先としても近年ますます人気の高まるハワイの不動産をテーマにセミナーを行います。今回はスピーカーとして、不動産会社ハワイアンジョイの副社長深山氏をお迎えし在ハワイ45年の知見をいかしたプロの目線から、ハワイ不動産の魅力をお伝えします。また、同セミナーでは、ハワイと日本の両方に拠点を構え、国際不動産の税務に詳しい税理士事務所有限会社エフ・ピー・エスの服部氏にハワイ不動産のタックスメリットについて語っていただきます。

オウチーノ本社で詳しいご案内(セミナー)を実施します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

投資でも移住や別荘でも、魅力満載のハワイ不動産

従来から、日本人の富裕層からは移住先として安定した人気を誇るハワイの不動産ですが、近年ではアメリカ国内のみならず世界的にも注目されており、投資先として人気が高まっています。今回は在ハワイ45年、ハワイ不動産のプロフェッショナルである深山氏より、ハワイ不動産の魅力やマーケットの状況について語っていただきます。

セミナー内では、中古のコンドミニアムを中心に、具体的な物件を例にとりながら、投資先や別荘としての活用方法についてもご紹介します。

日米税制の差異をうまく利用して、タックスメリットを最大化!

本セミナーでは、海外の不動産を購入するうえで欠かせない、税金の面でもサポート。日米双方に拠点を持ち、日米二国間での税制・資産形成に詳しい税理士、服部氏をお迎えします。セミナーでは、減価償却や税率差の活用、具体的な申告の方法や相続における注意点など、「日米の税制の差異を利用してタックスメリットを最大化する方法」を伝えます。

アメリカ不動産のタックスメリットについて知る!

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ハワイの優良物件をご紹介!

ご紹介予定物件(Hawaiki Tower)ご紹介予定物件(Hawaiki Tower)

ご紹介予定物件(Diamond Head Vista)ご紹介予定物件(Diamond Head Vista)

ご紹介予定物件(Lanikea at Waikiki 
)ご紹介予定物件(Lanikea at Waikiki )

ご紹介予定物件(Ilikai)ご紹介予定物件(Ilikai)

※現地の物件状況によって変更になる場合があります。

ハワイの優良物件をご紹介!

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 講演者画像
    Hawaiian Joy, LLC ハワイアンジョイ不動産
    副社長
    深山ツヤ子

    1971年よりハワイ在住。1978年にハワイアンジョイ不動産会社を設立後ワイキキビジネスプラザにオフィスを開設。ハワイの日本人不動産会社経営者としては草分け的な存在。ハーバード大学院終了。ハワイ州不動産セールスマンライセンス及び不動産ブローカーライセンス他、不動産に関わるライセンス・称号であるREALTOR, CCIM, CIPS, CPM, GRIなどを保有。
    45年以上に渡り、息の長い会社経営をしており、お客様、銀行、弁護士、会計士の間での信用もある。税務、投資利回り、等価交換(1031エクスチェンジ)、銀行融資、エスクローについて豊富な知識がある。仕事の時以外は優しくて穏やか。いざ仕事になると実力を発揮してお客様の為に全力を尽くす。細かい事に気が付き真面目。水面下で内容の濃いサービスをする事をモットーとしている。
    著書:「ハワイ不動産購入完全ガイド」ダイヤモンド社2009年 「夢のハワイ別荘取得マニュアル」文芸社1998年

  • 講演者画像
    有限会社エフ・ピー・エス代表取締役
    BEAUTIFUL CENTURY CO.,LTD 代表取締役
    税理士
    服部孝

    1951年生愛知県出身。1981年税理士登録。税理士業務全般ならびに資産運用と税の専門家として職務に携わる。1990年に有限会社エフ・ピー・エス設立。バブル経済崩壊後における不動産投資と有効利用のコンサルタント会社を設立。ゼロからの資産形成と21世紀の資産防衛を提唱。
    2003年BEAUTIFUL CENTURY CO.,LTDを米国ハワイ州にて設立。HAWAIIAN JOY,LLCのサポートを受け米国ハワイ州での法人設立、不動産取得を経て、日米二国間において可能な資産形成、税対策を実践する。

  • 講演者画像
    株式会社プレスト
    東京支店海外事業部
    部長
    大下悦郎

    国内の総合不動産会社で、マンション開発、不動産仲介、不動産証券化、建築設計監理、アセットマネージャー業務に30年間従事。現在は(株)プレストの海外事業部部長。

なぜ今、 アメリカ不動産なのか?在米35年超の日本人アドバイザーが語る、魅力とリスク

なぜ今、アメリカ不動産なのか?~在米35年超の日本人アドバイザーが語るアメリカ不動産の魅力とリスク~

なぜ今、アメリカ不動産なのか?~在米35年超の日本人アドバイザーが語るアメリカ不動産の魅力とリスク~

【日時】 325日(金)18:30-20:30
【会場】 東京都港区東新橋2-14-1 コモディオ汐留8F

減価償却による節税効果の高さから、現在、富裕層の投資先として注目が集まるアメリカ不動産。先進国ならではの整った取引環境とインカムゲインに加え、長期で安定したキャピタルゲインの両方で収益が期待でき、さらにタックスメリットが見込める点が人気の秘密です。

今回は講師としてカリフォルニア・ロサンゼルスにてアドバイザーとして活躍するジャック才田氏をお迎えします。在米35年超の同氏に、アメリカ不動産のリアルな現状を踏まえつつ、魅力とリスクの両面から語っていただきます。物件は主にロサンゼルス(ニューポートビーチ)、ダラス、ラスベガスの物件をご紹介予定です。

※現地の物件状況によって変更になる場合があります。

オウチーノ本社で詳しいご案内(セミナー)を実施します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

アメリカ不動産の魅力

主要先進国の人口推移実績と予想主要先進国の人口推移実績と予想

日本に居住する投資家にとって、アメリカ不動産の最大の魅力はタックスメリット(節税効果)と値上がりです。アメリカの建物評価は一般的に物件価格の約60%から80%(木造建築の場合)と日本と比較して非常に高く、築22年を超える物件であれば、日本の税制ではそれを4年で償却が可能です。このふたつを組み合わせるメリットと値上がり期待が富裕層より注目されている要因のひとつです。

また、アメリカ不動産を語る上で欠かせないのが、人口の増加です。積極的な移民政策により、2100年まで人口が増加想定されおり、中でも今回物件をご紹介予定のカリフォルニア州(人口全米一位)とテキサス州(人口全米二位)は、アメリカの人口増加を象徴し、経済的にもアメリカを牽引する2州といえます。

アメリカ不動産のタックスメリットについて知る!

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

購入の段取りとリスクについて

エスクローと不動産購入の仕組みについて

今回のセミナーでは、実際にアメリカ不動産の取得に必要な現地の銀行口座開設や、融資の受け方など、購入手続きに加えて、購入後の申告手続きや、確定申告に備えるための納税者番号の取得方法などについても、具体的にご紹介します。また、海外の投資において考えるべきリスクについても、実際の事例を交えながらご説明します。

アメリカ不動産、実際の購入手続きは?

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

カリフォルニア・テキサスの物件をご紹介!

ご紹介予定物件(カリフォルニア・オレンジカウンティー)ご紹介予定物件(カリフォルニア・オレンジカウンティー)

ご紹介予定物件(カリフォルニア・オレンジカウンティーご紹介予定物件(カリフォルニア・オレンジカウンティー)

今回、2物件をご紹介予定のオレンジカウンティー(郡)は、カリフォルニアでも屈指の高級住宅街が連なる、アメリカ国内でも人気エリアです。温暖な過ごしやすい気候と、海岸へのアクセスが人気の秘密です。ディズニーランドがあることでも有名で、富裕層が多く居住しています。

ご紹介予定物件(テキサス・プレーノ)ご紹介予定物件(テキサス・プレーノ)

ご紹介予定物件(テキサス・プレーノ)ご紹介予定物件(テキサス・プレーノ)

トヨタの北米本社が2017年にかけて移転する、ダラス・プレーノの物件をご紹介します。カウボーイの街でも有名なテキサスはアラスカに次いで2番目の面積があり、人口もカリフォルニアに次いで第2位。石油・エネルギー産業、化学産業や通信、コンピューター関連のハイテク産業、大手航空会社の本社など産業が集積しています。

カリフォルニア、テキサスの物件をご紹介!

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 講演者画像
    Prime Associates社 CEO
    ジャック才田

    慶応大学経済学部卒業後、日立製作所を経て渡米。カリフォルニア不動産ブローカーライセンス取得以来、年間30件以上のプロジェクトを成功に導き、卓越した洞察力と米国不動産投資と不動産開発の経験を基に、日本の大手不動産会社や出版会社にて米国不動産に関するビジネススクールやセミナーを開催。現在は、Prime Associates社・オレンジ不動産のCEOとして不動産投資や開発を中心に仲介、不動産管理、コンサルティング、セミナーなど幅広く活躍中。慶應連合三田会ロサンジェルス会長、評議員を歴任。カリフォルニアとハワイの不動産ブローカーライセンスを保有。

『国際税務専門』の税理士が解説する海外不動産保有者のための確定申告特別セミナー(有料)参加者全員に本(海外資産の税金のキホン)プレゼント!

『国際税務専門』の税理士が解説する海外不動産保有者のための確定申告特別セミナー(有料)

『国際税務専門』の税理士が解説する
海外不動産保有者のための確定申告特別セミナー(有料)

【日時】 129日(金)19:00-21:00
【料金】 6,000円

当日受付にてお支払頂くか、銀行振込もしくはペイパルでお願いします。

【会場】 東京都港区東新橋2-14-1 コモディオ汐留8F
【セミナー参加者特典】 講師、信成国際税理士法人高木慎一氏の著書「海外資産の税金のキホン」をもれなくプレゼント

現在、日本の税務当局は、既に国外送金等調書制度や国外財産調書制度の義務化により、日本在住の富裕層の海外資産の把握に努めています。しかしそれでも富裕層の所得税や贈与税、相続税の課税漏れが懸念されるため、2018年を目途に日本の富裕層が海外に有する預貯金の口座情報を一元管理するための環境整備を行う予定です。国税庁が納税者の個人口座を一元管理するようになれば、各調書が税務署に提出されている現在よりも、確定申告書や各調書の内容をより詳細にチェックできるようになります。恣意的な口座隠しのみならず、安易な申告ミスや調書の記載漏れにも税務当局の厳しい目が向けられるようになるかもしれません。今回は海外で不動産を持っている方の相談を100件以上受けた実績を持つ税理士の高木先生をお呼びし海外不動産保有者のための確定申告のポイントを解説していただきます。

オウチーノ本社で海外不動産保有者のための確定申告のポイントをご説明します

セミナーに参加する(有料)セミナーに参加する(有料)

税金を常に意識して不動産を購入する

不動産購入前に必ず税金を意識してから行動しましょう不動産購入前に必ず税金を意識してから行動しましょう
大切な資産だからこそ書類の不備はないようにしましょう 大切な資産だからこそ書類の不備はないようにしましょう大切な資産だからこそ書類の不備はないようにしましょう

不動産購入者が税理士に相談をするタイミングの上位3位をご存じでしょうか?第1位は「最初に不動産を購入した後の確定申告直前」、第2位は「物件購入後しばらく経ってから」、第3位は「物件購入前」です。ただ第3位の「物件購入前」に相談する方は本当にごく少数です。不動産投資で大成功をおさめている人はこのごく少数の「物件購入前」に相談している人だと言われています。つまり海外不動産の税金対策は購入前から始まっていると言えます。今回は海外不動産の税金に関して詳しい信成国際税理士法人の税理士・高木先生から、海外不動産の確定申告を行う際のポイントを解説していただきます。

保有不動産の上手な節税対策をご説明いたします

セミナーに参加する(有料)セミナーに参加する(有料)

外国税額控除を行うことで節税する

こまめな書類記入が節税のプロになる第1歩こまめな書類記入が節税のプロになる第1歩
適正な為替換算が正確な所得把握につながります 適正な為替換算が正確な所得把握につながります適正な為替換算が正確な所得把握につながります

海外不動産からの収入は総合課税の対象となり、自分で確定申告をする必要があります。基本的に、国内での不動産の賃貸収入と同じように所得計算を行います。原則として、不動産に係る収入と経費はTTMで換算します。しかし、毎年継続することを条件とする場合は、収入についてはTTB(外貨を購入する時のレート)で、経費についてはTTS(外貨を円に戻すときのレート)を用いてより税額上有利に計算することができます。また、減価償却については、不動産取得日のTTSで、借入金の金利や建物の保険料についてはTTSで換算します。 また、アメリカで不動産賃貸を行っている場合、賃料から所得税が源泉徴収されています。この場合、アメリカでも日本でも確定申告を行い、源泉所得税の過払い分を還付してもらうだけでなく、日本で外国税額控除を行うことで節税することができます。

保有不動産の上手な節税対策をご説明いたします

セミナーに参加する(有料)セミナーに参加する(有料)

不動産の出口戦略でよくある認識の相違について

海外不動産を売却した後の最初の確定申告の提出書類の作成が非常に大変です。海外不動産を売却した後の最初の確定申告の提出書類の作成が非常に大変です。

納税手続きは自分1人で解決しようと考えず、余裕をもっ専門家に相談することをオススメします。納税手続きは自分1人で解決しようと考えず、余裕をもっ専門家に相談することをオススメします。

日本の場合、「土地」と「建物」はそれぞれ一つの取引主体です。仮に、一つの住宅を土地付きで購入するにせよ、必ず土地と建物それぞれに価額がついています。 しかし、日本以外の国でも土地と建物それぞれに値段がついているとは限りません。特に欧米では、土地と建物が一体の不動産として扱われているのが通常です。課税の際も、土地と建物を一体として評価の対象とする傾向があります。これは、欧米では、アジアと違って土地そのものを売買取引の対象として考えるのではなく、むしろ賃貸などによる収益を生み出すための資本とみなす傾向が強いためです。建物の構造の特徴が日本のものと違って石造物などが多いことや都心部の開発規制が強いために土地そのものを取引の対象にするのが難しいといった背景がこれに作用しているものと思われます。 また、事業用の土地建物やプライベート用の別荘などを売却する場合には、売却の時期をじっくり見定めることが節税につながります。

どのタイミングで何をすべきか海外不動産保有者のためにわかりやすくご説明いたします

セミナーに参加する(有料)セミナーに参加する(有料)

講演者

  • 講演者画像

    税理士
    信成国際税理士法人 代表社員
    高木 慎一 氏

    税理士法人プライスウォーターハウスクーパースにおいて、幅広い国際税務業務を経験。自身でも投資を行い個人投資家としての側面も有しているため、多角的な観点からアドバイス提供を行っています。 主な著書:「図解国際税務早わかり」(中経出版、2012年7月)、「海外資産の税金のキホン」(税務経理協会、2016年7月)、月刊『国際税務』で連載中 主なセミナー:海外資産保有者のための国際税務セミナー(株式会社オウチーノ)、移転価格リスク評価のポイントと海外の税務当局におけるBEPS対応の動向(日本公認会計士協会)等。

  • 講演者画像

    米国公認会計士
    信成国際税理士法人 パートナー
    福島 真一 氏

    税理士法人プライスウォーターハウスクーパースにおいて、特定目的会社、海外からの投資および外国法人に係る税務など国際税務およびその周辺業務を経験。また、規模の異なる企業の会計税務も経験するため、株式会社大山会計において、中小企業および医療法人の会計税務を経験。 国際税務、一般的な会計税務を基本としつつも、専門家側だけでなく企業側にも所属していた経験を生かして業績改善を得意としています。

ページトップへ