セミナー会員数 7,199名 (6月26日更新)

海外不動産投資の決定版!プロが教えるアメリカ不動産「減価償却」セミナー

海外不動産投資の決定版。プロが教えるアメリカ不動産「減価償却」セミナー

海外不動産投資の決定版!プロが教えるアメリカ不動産「減価償却」セミナー

【日時】 日(〇)19:00-21:00
【会場】 BIZSMART神田 貸し会議室
【住所】 東京都千代田区鍛治町1-10-6 BIZSMART神田
【参加】 無料

今セミナーでは、アメリカ不動産投資の成功法についてご説明いたします。
多くの人が不動産に投資をされていますが、思ったように利益が上がっていない、もしくは損をしているように見受けられます。
保有不動産を売却するところまで含め、トータルで利益を出されている方はごく少数です。
また日本国内では人口減少、空室率の悪化、家賃の値下がりなど明るい話が無い一方、アメリカを見ますと人口上昇、約5%程度の空室率、家賃の値上りなど明るい話でいっぱいです。
またアメリカの不動産は取引の透明性が高く、しかも節税も狙えるなど日本に比べ、多くの魅力を持っています。
今セミナーでは海外不動産売買の実務経験を積んだアルマジラフの大西代表より、アメリカ不動産の魅力と節税メリットについて語っていただきます。
是非ご参加ください。

アメリカ不動産の魅力についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

なぜ日本の不動産投資は失敗するのか

不動産投資はマイナス10%からのスタート不動産投資はマイナス10%からのスタート

日本の主要都市の空室率日本の主要都市の空室率は年々悪化

不動産投資で損をしている方は沢山います。
なぜでしょうか?
それは3つのキャッシュポイントの仕組みを理解していないことにあると思います。

1.不動産投資はマイナス10%スタート

1つ目のキャッシュポイントは諸経費です。
物件購入時に物件価格の約7%、売却時に約4%、合わせて約11%、つまり物件価格の約1割もの売買諸経費がかかります。
適正価格1億円の不動産を相場通り1億円で購入しすぐに1億円で売却した場合、適正価格で取得しているにも関わらず短期で売買を行うと1割も損をしてしまいます。
相場より10%以上安く購入できるような目利きの力、そのような物件をいち早く知らしてくれる情報網があれば別ですが、通常はマイナス10%からスタートしますので、投資不動産は何年か運営を行わなければ諸経費を上回る利益がでません。

2.所有期間の変動要素=リスク

2つ目のキャッシュポイントはインカムゲイン、賃料の手残り額です。
手残り額は以下のようになります。

手残り = 賃料 - 経費 - 返済 - 税金

それぞれが一定であれば、何年で諸経費を取り戻せるのか、何年後いくらの利益がでるのかを計算できますが、これらは毎年変動します。
その『所有期間に変動するもの = リスク』ということになります。
『所有期間に変動するもの = リスク』とは以下のようなものが上げられます。

賃料、空室率、入居者募集費用、清掃費、給湯器交換費、減価償却費、元金・元本返済割合、エアコンの故障、大規模修繕費、エレベーターの保守・点検費、金利、税金など
基本的に空室率は築年数と共に上がり、賃料は減少します。
また入居者が入れ替わるたびに次の入居者募集費用や清掃費、また10年に1度給湯器の交換やエレベーターの保守費用が掛かったりと手元に残るお金がマイナスになるような年もあるでしょう。
さらに不動産業者は火災保険の費用や、突発的にかかる費用などは教えてくれません。
不動産経営をされる方はご自身で、どういった費用がかかるのか、最悪の場合を想定し返済計画を立てなければならないのです。

3.売却時に物件価格が値下がる

3つ目は物件売却時の値上がりと値下がりです。不動産は売却をするまで利益が確定しません。

需要と供給のバランスから、日本の不動産は原則価格が下がります。

1.諸経費10%を払い、
2.その分以上の手残り賃料を稼いぎ税金も収めてきたにも関わらず、
3.貯めてきた分以上に物件の売値が下がる

ということが日本の不動産では頻繁におきています。

さらに、収入には所得税がかかるにも関わらず、値下がり分は100%損ということになります。

なぜ日本の不動産投資は失敗するのかご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

アメリカ不動産投資の節税の仕組み

アメリカ不動産を日本人が購入した場合、日本の税法が適用されるアメリカ不動産を日本人が購入した場合、日本の税法が適用される

アメリカ不動産を購入する場合の4つの業者タイプアメリカ不動産を購入する場合の4つの業者タイプ

セミナーではアメリカ不動産を購入することでなぜ節税になるのかご説明します。
アメリカ不動産を日本人が購入した場合、日本の税法が適用されます。
また所得税の計算も円換算して、日本で確定申告を行います。
そのため減価償却の計算も日本の税法に則り、築22年以上の木造住宅の場合、簡便法により4年で建物部分を償却します(土地は償却されません)。

( 耐用年数 22年 × 0.2の切り捨て = 4年 )

つまり、仮に建物価格を1億円、建物割合を80%としますと、年間2,000万円の減価償却を取ることができます。
不動産所得は給料所得と合算されるので、仮に年収を2,500万円しますと、

給与所得2,500万円 - 不動産所得2,000万円 = 課税所得500万円

確定申告することにより払いすぎていた所得税・住民税約1,000万円が還付されます。

2,000万円×累進税率50% = 1,000万円

※所得税・住民税の実効税率を50%として概算
※不動産の収入を考慮せず概算

購入額と同じ価格で売却した場合、償却分8,000万円に対して譲渡税がかかりますが、5年を過ぎて売却することで長期譲渡となり、分離で20%となります。

譲渡益8,000万円 × 長期譲渡税20% = 1,600万円

累進課税の税率50%(仮)より控除し、売却後に分離で20%課税となるため節税額が購入時に確定し、通常の不動産投資の利益に追加されるため、非常に有利な条件での投資となります。

建物価格 × 建物比率 ×(自身の税率 - 20%)= 節税額

1億円 × 80%(50% - 20%)= 2,400万円

投資額1億円に対し2,400万円、つまり不動産投資とは別に投資額に対し24%の利益を確定できます。

高所得者が有利な投資法

年収が高い方ですと国内で不動産所得を得ても給与所得に合算されるので、所得税が累進課税で上がり手残りはそこまで増えません。
給与所得に合算され、高い利率の税額を支払うにも関わらず、物件は利回りが高ければ高いほど、売却時の物件価格が下がります。

一方で、アメリカ不動産は所得が高いほど節税効果が大きく、経営者・役員・外資系企業・金融・証券・保険業・医師・弁護士など働き盛りの高所得の方々にはより大きなリターンを得ることができます。

日本は土地の価値が高い

当然日本の物件でも同じ計算となりますが、日本の物件の場合は土地の価格が7~8割(東京)、建物部分が2~3割となるのであまり減価償却費は大きくありません。

アメリカは土地が広大なので、土地値が低く割合は1〜3割ほどで建物部分が大半をしめるため、減価償却費が多くとることができ節税効果を生み出します。

北海道では同じ効果が得られるか?

地方の物件ですと土地が安いのでアメリカと同じように建物割合が多くなり、減価償却費も大きくとることができます。
しかし、北海道の築22年の物件が新築と同じ賃料で貸し出せ、取得時と同じ金額で売却できますでしょうか?
中古でも物件価格が上がり続けているアメリカなので、節税効果に加え、物件の値上がり益も受け取れるのです。

アメリカ人がアメリカで物件を買っても短期償却はとれない

中古の住宅は値上がりしているのでそもそも価値が大きく減る(減価償却を数年で大きく取る)という考えがありません。
よって、アメリカ人は築22年以上の木造物件を購入しても4年で償却をとれないのです。

物件価格が上がっているにも関わらず、日本人のみ建物部分を4年で償却できるという税制の歪みを利用することが可能なのです。

アメリカ不動産を使った節税についてご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

アメリカ不動産への融資可能な銀行と詳細な条件について

アメリカ不動産を購入の際に融資を受けられる銀行と融資条件アメリカ不動産を購入の際に融資を受けられる銀行と融資条件


理想の融資条件と無理のない返済計画理想の融資条件と無理のない返済計画

アメリカ不動産を購入の際に融資を受けられる銀行と融資条件を表にまとめました。

アメリカの銀行

アメリカの銀行でもフェデラルセービングバンクなど、購入不動産を担保に借入れることは可能なのですが、必要書類を英訳し、数ヶ月をかけ審査を行い、金利は5%前後となりますので現地の銀行で借入をすることは現実的ではありません。

日本の銀行

幸い、日本では低金利が続いており現地の方が驚くような条件で融資を受けることができます。
セゾンファンデックスのみ現地の物件を担保に融資が受けられ、その他の銀行は、金融資産や不動産など何かしらの担保となるものが必要です。
また融資条件は借入者の資産内容やお仕事先、勤続年数などによって変わります。

セゾンファンデックス

物件価格の最大50%内の貸出金となり、現金のみ返済で元金は7年後の一括返済もしくは7年後に元利均等型の返済へと切り替えが可能です。
おおよそ返済期間15年、金利1.5%を予定しておりますが、確定しているものではありません。
現在対応している物件はアメリカでもカリフォルニア州とテキサス州となります。

日本政策金融公庫

フルローンで買われたご自宅でも投資用不動産の第二抵当でも、担保があれば2,000万円を上限に比較的容易に借入が可能です。
金利も1%前後の事例が多く、小さめの物件であればまずは公庫をおすすめします。

SMBC信託銀行プレスティア

預金3,000万円を定期預金として運用することを条件に借入が可能です。

オリックス銀行

金利が4%近くなることも多いのですが、借入額と返済期間が長くとれる傾向にあり、キャッシュ・フローはオリックス銀行がよくなるケースもあります。

東京スター銀行

SMBC信託銀行同様、比較的低金利で借りられ少し長めに返済期間を取れる事例が多いです。

三井住友銀行・みずほ銀行

基本的に都市銀行は海外不動産への投資は門前払いですが、弊社では融資実績が多く以前融資を通して頂いた担当者にお繋ぎすることが可能です。

上手な融資についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(BIZSMART神田・貸し会議室)

BIZSMART神田・貸し会議室・地図BIZSMART神田・貸し会議室・地図


講演者

  • Robert Chan
    アルマジラフ株式会社

    代表取締役

    大西 惇也

    大学卒業後、不動産仲介会社、資産コンサルティング会社に勤務。居住用不動産の仲介に始まり、土地の有効活用・収益不動産の仲介から相続に至るまで財産の運用・管理・承継を一貫して行う。ニ代、三代先までを視野に入れた長期・継続的なコンサルティング業務を行うなかで、今後人口の減りゆく日本で、国内のみの資産運用を行うことに懸念を抱き留学。海外不動産売買の実務経験を積んだ後、アルマジラフ㈱を設立。経営者、地主、個人投資家を中心にアメリカ収益不動産も交えた、総合資産コンサルティング業務を行っている。

【大阪開催】金融庁が発表!老後は年金だけでは足りない!アメリカ不動産セミナー ~今から利回り10%以上で資産形成~

【大阪開催】金融庁が発表!老後は年金だけでは足りない!アメリカ不動産セミナー ~今から利回り10%以上で資産形成~

【大阪開催】金融庁が発表!老後は年金だけでは足りない!アメリカ不動産セミナー ~今から利回り10%以上で資産形成~

【日時】 714日(日)10:30-12:30
【会場】 大阪駅前第3ビル 2階 58号室(自習室うめだ)
【住所】 大阪府大阪市北区梅田1丁目1-3 大阪駅前第3ビル2階
【参加】 無料

近年ますます注目を集めるアメリカ不動産投資。
人気の秘密は、高い利回りと税金還付の2つを享受できる事です。
今回は、今回は自らもアメリカ不動産投資家であるWIN/WIN Properties,LLC 木富 義和氏に、失敗談を交えながら、アメリカの州別の特徴や融資スキームなど、ノウハウを語っていただきます。
セミナーでは、WIN/WIN Properties,LLCの独自コネクションを活かした、日本では非公開の情報で償却対象70-80%+4年加速度償却(=大節税スキーム)、利回り9.5%で、購入前から出口まで日本語サポートも受けられ過去の実績に裏付けされた、安心度も高い投資物件をご紹介します。※
※物件の販売状況によっては、ご紹介予定物件が変更になる場合がございます。また、上記の表面利回りは年間の想定賃料から税金や経費を差し引く前の数字になりますので、予めご了承ください。

当日はアメリカ不動産についてわかりやすく解説します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

築古木造住宅を利用した、節税手法を投資家目線で解説!

日本・アメリカの不動産評価の違い(概念図)日本・アメリカの不動産評価の違い(概念図)

アメリカ不動産価格の推移アメリカ不動産価格の推移

今回ご紹介予定の築古木造住宅物件による減価償却は、アメリカ不動産投資の最大の魅力のひとつです。一般的に築22年以上の木造物件であれば、物件価格の建物部分にあたる約80%を4年で償却できる、その基本的な仕組みをご紹介します。また、ご本人がアメリカ不動産投資家でもある柳原 大輝氏ならではの投資体験談を交えながら購入時のキャッシュフローを例に、アメリカの中古住宅を利用したその節税ノウハウを解説します※※。

※※税務上のご相談・助言や見解等は、税理士等の専門家や所轄の税務署にご確認ください。また、最終的な判断および決定は、お客様ご自身の責任でお願いいたします。

築古住宅の節税ノウハウとは?

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

初心者から投資経験者まで!アメリカ不動産を活用した節税の仕組み

ご紹介物件イメージご紹介物件イメージ

ご紹介物件イメージご紹介物件イメージ

ご紹介物件イメージご紹介物件イメージ

ご紹介物件イメージご紹介物件イメージ

テネシー州メンフィスやテキサス州ヒューストンから物件をピックアップしています。物件はいずれも「結婚して最初に住む物件として人気のあるエリア」「流動性が高い価格帯の物件が多いエリア」などの条件に該当するエリアで、修繕が必要な物件を買い上げ、賃貸用のリフォームが完了した物件です。税制の面でも有利な築古の物件を中心にご紹介します。

セミナー後、購入を検討される方には、物件の購入サポートはもちろん、アフターサポートも含めて講師自身が対応します。

初心者にもわかりやすくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(大阪駅前第3ビル)

大阪駅前第3ビル会場地図大阪駅前第3ビル会場地図


講演者

  • 講師画像
    株式会社WIN WIN Properties Japan

    日本支社

    木富 義和(きとみ よしかず)

    日本を中心にアジア圏の不動産投資家・市場開拓のため、現在東京オフィスに籍を置く。過去50回を超えるセミナー講師経験と500名以上のマンツーマン個別相談経験から、各個人の財務状況と知識に合った投資戦略を寄り添って提案する。 海外不動産投資が初めての方には基礎からの知識を、お金の準備ができていない方には融資をはじめとしたお金の引き方もアドバイスする。

あのソフトバンクが500億円出資した不動産テック企業が緊急来日! アメリカ不動産減価償却セミナー

あのソフトバンクが500億円出資した不動産テック企業が緊急来日! アメリカ不動産減価償却セミナー

あのソフトバンクが500億円出資した不動産テック企業が緊急来日! アメリカ不動産減価償却セミナー

【日時】 【満員御礼】420日(土)14:00-16:00
【会場】 ハロー貸し会議室・新橋
【会場】 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル8階 802号室
【参加】 無料

約1年前にソフトバンク・ビジョン・ファンドが、ニューヨークの不動産テック企業のCompass社に約500億円出資し世界中の話題となりました。
Compass社の主要事業は、不動産売買、賃貸に必要と想定される情報を集約、可視化したプラットフォームの運営を基盤とした不動産仲介業です。
Compass社は家屋の購入・賃貸希望者と物件所有者を仲介するサービスとしては決して最初の会社ではありません。
アメリカでは、他社に先駆けてZillow(ジロー)やRedfin(レッドフィン)などが、不動産情報を一元化したり可視化したりするサービスを展開しています。
なのになぜ後発組のCompass社にソフトバンク・ビジョン・ファンドが約500億円も出資したのでしょうか?
それはCompass社はZillow(ジロー)やRedfin(レッドフィン)よりも必要な情報が可視化されており、売買を希望する顧客に対しては物件の情報だけでなくエージェント・ブローカーの詳細な情報や取引履歴や評価を開示していたり、 近隣物件の相場や地域の良い情報、期待できない情報を余すこと無く詳細に提供しているからです。
今回はそんなCompass社日本担当者によるアメリカ不動産減価償却セミナーを開催します。
アメリカ不動産は減価償却による節税効果の高さから、すでに一部の富裕層から投資先としての注目されています。
先進国ならではの整った取引環境に加え、インカムゲイン、キャピタルゲイン両方で収益を期待できる点も人気の秘密です。
当日は日本語通訳が同席しますのでご安心下さい。

当日詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ソフトバンク・ビジョン・ファンドが投資したCompass社

ソフトバンク・ビジョン・ファンドが投資したCompass社ソフトバンク・ビジョン・ファンドが投資したCompass社

エージェント・ブローカーの紹介ページエージェント・ブローカーの紹介ページ

個別物件の詳細ページ個別物件の詳細ページ

Compass社はゴールドマン・サックスでCOOを勤めていたロバート・リフキンと、OrionをGoogleに、JulpanをTwitterに売却した実績を持つ検索技術者オリ・アロンによって設立されました。
Compass社は自社管理物件を持たず地域のエージェント・ブローカーと顧客のマッチングを行い成功報酬を受け取るビジネスモデルです。
エージェント・ブローカーに対しては専用アプリを通じて扱いやすいシステムを提供して業務効率化をサポートしています。
Compassは売買物件の不動産仲介事業をプラットフォーム化しています。
プラットフォームのポイントは「検索のしやすさ」ではなく「不動産業務の全体を効率化できる」ことにあります。

Compass社について詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

「減価償却」がアメリカ不動産の人気の秘密

日本国内における申告のまとめ日本国内における申告のまとめ

減価償却の耐用年数比較減価償却の耐用年数比較

投資先として、アメリカ不動産の最大の特長としてあげられるのが、タックスメリット(節税効果)です。その理由はアメリカでの建物の評価の高さにあります。アメリカでは日本と比較して建物価値が下がりにくく、築40年、50年の物件でも、物件価格の約7~8割を建物価格が占めています。

そして、日本居住者がアメリカの中古不動産を購入し賃貸した場合、アメリカ及び日本で課税の対象になりますが、日本側では「中古資産の耐用年数」によることができ、減価償却費のメリットがあります。本セミナーでは、減価償却の考え方の基本から、実際の物件を購入した場合の具体例まで、不動産のプロが丁寧にご説明します。

アメリカ不動産で「減価償却」はこちら

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

先進国で唯一、人口が増加。キャピタル・インカムゲインの両方で収益を狙う

主要先進国の人口推移実績と予想主要先進国の人口推移実績と予想

今回ご紹介する主な物件では、物件の値上がりによるキャピタルゲインと、賃料収入によるインカムゲインの両方を期待できます。その原動力となるのが人口の増加です。アメリカは、先進国で唯一、安定して人口が増加しており、30年後には、現在の約3.3億人から7000万人が増加し、4億人を超えると言われています。また、不動産取引においては、物件の取引情報の公開や取引業務の分業化など日本よりも信頼性の高い取引環境が整っている点も魅力です。本セミナーでは現地でブローカーとして活躍するデビッド・パーク(DAVID PARK)からアメリカのマーケットの状況から、具体的な取引の進め方についても解説します。

アメリカ不動産で「減価償却」はこちら

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(ハロー貸し会議室新橋)

ハロー貸し会議室新橋・地図ハロー貸し会議室新橋・地図


講演者

  • 講演者画像
    Compass社
    REALTOR
    デビッド・パーク(日本語通訳が1名同席します)

    2019年にCompass社に入社し、そこでサザビーズのインターナショナルリアルティからチーム、センチュリオングループを招き、Compass社が提供した卓越した技術とマーケティングサポートを活用しました。センチュリオングループは、DMVエリア全体でホワイトグローブサービスを提供する、多様な地元の専門家のエリートチームです。

節税したい方必見!700万円台から始められる利回り13%のアメリカ不動産投資

節税したい方必見!700万円台から始められる利回り13%のアメリカ不動産投資

節税したい方必見!700万円台から始められる利回り13%のアメリカ不動産投資

【日時】 513日(日)11:00-13:00(10:45~開場)
520日(日)11:00-13:00(10:45~開場)
【会場】 住友不動産六本木通ビル11階 ㈱リヴ セミナールーム
【会場住所】 東京都港区六本木7-18-18住友不動産六本木通ビル11階
【参加費】 無料

近年ますます注目の集まるアメリカ不動産ですが、その人気の秘密は、節税効果にあります。今回はアメリカの中でもインディアナポリスの不動産をご紹介します。インディアナポリスは、アメリカの都市として規模が13番目で、ハイテク産業などの成長で雇用拡大が全米5番です。

ゲスト講師は北米に特化した不動産投資コンサルタントサービスを提供するため独立したY氏。

セミナーにてご紹介する物件は、そのY氏の独自コネクションを活かした、日本では非公開の情報です。ハイテク産業などの成長で雇用拡大しているインディアナポリスで、リフォーム済みで700万円台~、表面利回り13%~と、比較的トライしやすい価格帯の物件をご紹介予定※です。

※物件の販売状況によっては、ご紹介予定物件が変更になる場合がございます。また、上記の表面利回りは年間の想定賃料から税金や経費を差し引く前の数字になりますので、予めご了承ください。

当日詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

築古木造住宅を利用した、節税手法を投資家目線で解説!

日本・アメリカの不動産評価の違い(概念図)日本・アメリカの不動産評価の違い(概念図)

今回ご紹介予定の築古木造住宅物件による減価償却は、アメリカ不動産投資の最大の魅力のひとつです。一般的に築22年以上の木造物件であれば、物件価格の建物部分にあたる約80%を4年で償却できる、その基本的な仕組みをご紹介します。また、ご本人が投資家でもある、Y氏ならではの投資体験談を交えながら購入時のキャッシュフローを例に、アメリカの中古住宅を利用したその節税ノウハウを解説します※※。

※※税務上のご相談・助言や見解等は、税理士等の専門家や所轄の税務署にご確認ください。また、最終的な判断および決定は、お客様ご自身の責任でお願いいたします。

築古住宅の節税ノウハウとは?

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

雇用が急拡大しているインディアナポリスのリフォーム済み物件が、700万円台から!

インディアナポリスの街並みインディアナポリスの街並み

インディアナポリスモータースピードウェイインディアナポリスモータースピードウェイ

ご紹介予定物件(インディアナポリス)ご紹介予定物件(インディアナポリス)

ご紹介予定物件(インディアナポリス)ご紹介予定物件(インディアナポリス) 

インディアナ州の700万円台、利回り13%の一戸建のご紹介です。インディアナポリスはアメリカでは都市として規模が13番で、ハイテク産業などの成長で雇用拡大が全米5番です。物件はいずれも「結婚して最初に住む物件として人気のあるエリア」「流動性が高い価格帯の物件が多いエリア」「サブプライム問題の影響からの立ち直りが遅れているエリア」などの条件に該当するエリアで、修繕が必要な物件を安価に買い上げ、賃貸用のリフォームが完了した物件です。税制の面でも有利な築古の物件を中心にご紹介します。

セミナー後、購入を検討される方には、物件の購入サポートはもちろん、信頼できる管理会社の紹介も含めて講師自身が対応します。

700万円台からのアメリカ不動産投資!

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • Y氏

    Y氏

    少子高齢化が続く日本の不動産市場に限界を感じ、北米に特化した不動産投資コンサルタントサービスを提供するため、独立。 今はセミナー講師として、海外不動産の魅力を提供中。 得意とするのは、キャピタルゲインを目的とされる方、インカムゲインを目的とされる方、別荘目的の方など幅広いコンサル。

500万円を税金還付する方法を教えます! アメリカ中古住宅・節税ノウハウセミナー ~初心者向け!アメリカ不動産を活用した節税の仕組み~

500万円を税金還付する方法を教えます! アメリカ中古住宅・節税ノウハウセミナー ~初心者向け!アメリカ不動産を活用した節税の仕組み~

500万円を税金還付する方法を教えます! アメリカ中古住宅・節税ノウハウセミナー ~初心者向け!アメリカ不動産を活用した節税の仕組み~

【日時】 629日(土)11:00-12:30
706日(土)11:00-12:30
713日(土)11:00-12:30
【会場】 ビジネスエアポート六本木
(1階にポール・スミスのお店があるビルの7階です)
【会場住所】 東京都港区六本木7-8-6 AXALL ROPPONGI 7階
【参加】 無料

近年ますます注目の集まるアメリカ不動産ですが、その人気の秘密は、節税効果にあります。今回は自らもアメリカ不動産投資家であるWIN/WIN Properties,LLC 柳原 大輝氏にご自身の投資体験を交えながら、アメリカ中古住宅の節税ノウハウを語っていただきます。

セミナーでは、WIN/WIN Properties,LLCの独自コネクションを活かした、日本では非公開の情報で償却対象70-80%+4年加速度償却(=大節税スキーム)、利回り9.5%で、購入前から出口まで日本語サポートも受けられ過去の実績に裏付けされた、安心度も高い投資物件をご紹介します。※

※物件の販売状況によっては、ご紹介予定物件が変更になる場合がございます。また、上記の表面利回りは年間の想定賃料から税金や経費を差し引く前の数字になりますので、予めご了承ください。

当日は節税についてわかりやすく解説します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

築古木造住宅を利用した、節税手法を投資家目線で解説!

日本・アメリカの不動産評価の違い(概念図)日本・アメリカの不動産評価の違い(概念図)

今回ご紹介予定の築古木造住宅物件による減価償却は、アメリカ不動産投資の最大の魅力のひとつです。一般的に築22年以上の木造物件であれば、物件価格の建物部分にあたる約80%を4年で償却できる、その基本的な仕組みをご紹介します。また、ご本人がアメリカ不動産投資家でもある柳原 大輝氏ならではの投資体験談を交えながら購入時のキャッシュフローを例に、アメリカの中古住宅を利用したその節税ノウハウを解説します※※。

※※税務上のご相談・助言や見解等は、税理士等の専門家や所轄の税務署にご確認ください。また、最終的な判断および決定は、お客様ご自身の責任でお願いいたします。

築古住宅の節税ノウハウとは?

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

初心者向け!アメリカ不動産を活用した節税の仕組み

ご紹介物件イメージご紹介物件イメージ

ご紹介物件イメージご紹介物件イメージ

ご紹介物件イメージご紹介物件イメージ

ご紹介物件イメージご紹介物件イメージ

テネシー州メンフィスやテキサス州ヒューストンから物件をピックアップしています。物件はいずれも「結婚して最初に住む物件として人気のあるエリア」「流動性が高い価格帯の物件が多いエリア」などの条件に該当するエリアで、修繕が必要な物件を買い上げ、賃貸用のリフォームが完了した物件です。税制の面でも有利な築古の物件を中心にご紹介します。

セミナー後、購入を検討される方には、物件の購入サポートはもちろん、アフターサポートも含めて講師自身が対応します。

初心者にもわかりやすくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(ビジネスエアポート六本木)

ビジネスエアポート六本木会場地図ビジネスエアポート六本木会場地図


講演者

  • 柳原 大輝
    株式会社WIN WIN Properties Japan

    本社 共同代表/日本支社 代表取締役

    柳原大輝(やなぎはら ひろき)

    日本を中心にアジア圏の不動産投資家・市場開拓のため、現在東京オフィスに籍を置く。過去50回を超えるセミナー講師経験と500名以上のマンツーマン個別相談経験から、各個人の財務状況と知識に合った投資戦略を寄り添って提案する。 海外不動産投資が初めての方には基礎からの知識を、お金の準備ができていない方には融資をはじめとしたお金の引き方もアドバイスする。

アメリカ中古住宅・節税ノウハウセミナー「リフォーム済みで500万円台~、表面利回り16%~」

投資家による、投資家のための、アメリカ中古住宅・節税ノウハウセミナー「リフォーム済みで500万円台~、表面利回り16%~」

投資家による、投資家のための、アメリカ中古住宅・節税ノウハウセミナー「リフォーム済みで500万円台~、表面利回り16%~」

【日時】 517日(火)19:00-21:00
64日(土)14:00-16:00
【会場】 東京都港区東新橋2-14-1 コモディオ汐留8F

近年ますます注目の集まるアメリカ不動産ですが、その人気の秘密は、節税効果にあります。今回は講師に投資家・著述家のスティーブ金山氏を迎えご自身の投資体験を交えながら、アメリカ中古住宅の節税ノウハウを語っていただきます。

セミナーにてご紹介する物件は、金山氏の独自コネクションを活かした、日本では非公開の情報。アメリカ第三の都市シカゴを中心とする五大湖周辺(アメリカ中西部)エリアで、リフォーム済みで500万円台~、表面利回り16%~と、比較的トライしやすい価格帯の物件をご紹介予定※です。

※物件の販売状況によっては、ご紹介予定物件が変更になる場合がございます。また、上記の表面利回りは年間の想定賃料から税金や経費を差し引く前の数字になりますので、予めご了承ください。

オウチーノ本社で詳しいご案内(セミナー)を実施します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

築古木造住宅を利用した、節税手法を投資家目線で解説!

日本・アメリカの不動産評価の違い(概念図)日本・アメリカの不動産評価の違い(概念図)

今回ご紹介予定の築古木造住宅物件による減価償却は、アメリカ不動産投資の最大の魅力のひとつです。一般的に築22年以上の木造物件であれば、物件価格の建物部分にあたる約80%を4年で償却できる、その基本的な仕組みをご紹介します。また、ご本人が投資家でもある、金山氏ならではの投資体験談を交えながら購入時のキャッシュフローを例に、アメリカの中古住宅を利用したその節税ノウハウを解説します※※。

※※税務上のご相談・助言や見解等は、税理士等の専門家や所轄の税務署にご確認ください。また、最終的な判断および決定は、お客様ご自身の責任でお願いいたします。

築古住宅の節税ノウハウとは?

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

五大湖周辺エリアのリフォーム済み物件が、500万円台から!

ご紹介予定物件(オマハ近郊)ご紹介予定物件(オマハ近郊) 物件価格:178,494ドル 想定表面利回り:8.37%  想定実質利回り:4.91%

ご紹介予定物件(ダベンポート近郊)ご紹介予定物件(ダベンポート近郊) 物件価格:85,995ドル 想定表面利回り:11.86% 想定実質利回り:6.16%

ご紹介予定物件(シカゴ近郊)ご紹介予定物件(シカゴ近郊) 物件価格:78,700ドル 想定表面利回り:17.15% 想定実質利回り:7.72%

ご紹介予定物件(セントルイス近郊)ご紹介予定物件(セントルイス近郊) 物件価格:51,469ドル 想定表面利回り:17.49% 想定実質利回り:9.06%

ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ、アメリカ第三の都市シカゴ(イリノイ州)を中心とする五大湖周辺から物件をピックアップしています。物件はいずれも「結婚して最初に住む物件として人気のあるエリア」「流動性が高い価格帯の物件が多いエリア」「サブプライム問題の影響からの立ち直りが遅れているエリア」などの条件に該当するエリアで、修繕が必要な物件を安価に買い上げ、賃貸用のリフォームが完了した物件です。税制の面でも有利な築古の物件を中心にご紹介します。

セミナー後、購入を検討される方には、物件の購入サポートはもちろん、信頼できる管理会社の紹介も含めて講師自身が対応します。

500万円台からのアメリカ不動産投資!

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 講演者画像
    オポチュニティ投資家
    スティーブ金山

    1967年生まれ。外資系コンサルティング会社や日本のベンチャー企業勤務を経て、現在は世界中のおかねに関する情報のうち、日本人にまだ知られていない情報を中心に書籍やセミナー等で情報提供を行っている。

    過去6冊の書籍を出版し、そのうち「HSBC香港資産運用術」は、香港で投資をするほとんどの日本人がバイブルとして持っていると言われている。

    2014年に、世界中のリーダーにアドバイスをしていることで有名なアンソニー・ロビンズ氏から、アメリカ不動産を大量に保有する企業グループを紹介され、現在は、その企業をビジネスパートナーとして、日本人にアメリカ不動産を使った、節税および資産構築方法を伝えている。

『国際税務専門』の税理士が解説する海外不動産保有者のための確定申告特別セミナー(有料)参加者全員に本(海外資産の税金のキホン)プレゼント!

『国際税務専門』の税理士が解説する海外不動産保有者のための確定申告特別セミナー(有料)

『国際税務専門』の税理士が解説する
海外不動産保有者のための確定申告特別セミナー(有料)

【日時】 129日(金)19:00-21:00
【料金】 6,000円

当日受付にてお支払頂くか、銀行振込もしくはペイパルでお願いします。

【会場】 東京都港区東新橋2-14-1 コモディオ汐留8F
【セミナー参加者特典】 講師、信成国際税理士法人高木慎一氏の著書「海外資産の税金のキホン」をもれなくプレゼント

現在、日本の税務当局は、既に国外送金等調書制度や国外財産調書制度の義務化により、日本在住の富裕層の海外資産の把握に努めています。しかしそれでも富裕層の所得税や贈与税、相続税の課税漏れが懸念されるため、2018年を目途に日本の富裕層が海外に有する預貯金の口座情報を一元管理するための環境整備を行う予定です。国税庁が納税者の個人口座を一元管理するようになれば、各調書が税務署に提出されている現在よりも、確定申告書や各調書の内容をより詳細にチェックできるようになります。恣意的な口座隠しのみならず、安易な申告ミスや調書の記載漏れにも税務当局の厳しい目が向けられるようになるかもしれません。今回は海外で不動産を持っている方の相談を100件以上受けた実績を持つ税理士の高木先生をお呼びし海外不動産保有者のための確定申告のポイントを解説していただきます。

オウチーノ本社で海外不動産保有者のための確定申告のポイントをご説明します

セミナーに参加する(有料)セミナーに参加する(有料)

税金を常に意識して不動産を購入する

不動産購入前に必ず税金を意識してから行動しましょう不動産購入前に必ず税金を意識してから行動しましょう
大切な資産だからこそ書類の不備はないようにしましょう 大切な資産だからこそ書類の不備はないようにしましょう大切な資産だからこそ書類の不備はないようにしましょう

不動産購入者が税理士に相談をするタイミングの上位3位をご存じでしょうか?第1位は「最初に不動産を購入した後の確定申告直前」、第2位は「物件購入後しばらく経ってから」、第3位は「物件購入前」です。ただ第3位の「物件購入前」に相談する方は本当にごく少数です。不動産投資で大成功をおさめている人はこのごく少数の「物件購入前」に相談している人だと言われています。つまり海外不動産の税金対策は購入前から始まっていると言えます。今回は海外不動産の税金に関して詳しい信成国際税理士法人の税理士・高木先生から、海外不動産の確定申告を行う際のポイントを解説していただきます。

保有不動産の上手な節税対策をご説明いたします

セミナーに参加する(有料)セミナーに参加する(有料)

外国税額控除を行うことで節税する

こまめな書類記入が節税のプロになる第1歩こまめな書類記入が節税のプロになる第1歩
適正な為替換算が正確な所得把握につながります 適正な為替換算が正確な所得把握につながります適正な為替換算が正確な所得把握につながります

海外不動産からの収入は総合課税の対象となり、自分で確定申告をする必要があります。基本的に、国内での不動産の賃貸収入と同じように所得計算を行います。原則として、不動産に係る収入と経費はTTMで換算します。しかし、毎年継続することを条件とする場合は、収入についてはTTB(外貨を購入する時のレート)で、経費についてはTTS(外貨を円に戻すときのレート)を用いてより税額上有利に計算することができます。また、減価償却については、不動産取得日のTTSで、借入金の金利や建物の保険料についてはTTSで換算します。 また、アメリカで不動産賃貸を行っている場合、賃料から所得税が源泉徴収されています。この場合、アメリカでも日本でも確定申告を行い、源泉所得税の過払い分を還付してもらうだけでなく、日本で外国税額控除を行うことで節税することができます。

保有不動産の上手な節税対策をご説明いたします

セミナーに参加する(有料)セミナーに参加する(有料)

不動産の出口戦略でよくある認識の相違について

海外不動産を売却した後の最初の確定申告の提出書類の作成が非常に大変です。海外不動産を売却した後の最初の確定申告の提出書類の作成が非常に大変です。

納税手続きは自分1人で解決しようと考えず、余裕をもっ専門家に相談することをオススメします。納税手続きは自分1人で解決しようと考えず、余裕をもっ専門家に相談することをオススメします。

日本の場合、「土地」と「建物」はそれぞれ一つの取引主体です。仮に、一つの住宅を土地付きで購入するにせよ、必ず土地と建物それぞれに価額がついています。 しかし、日本以外の国でも土地と建物それぞれに値段がついているとは限りません。特に欧米では、土地と建物が一体の不動産として扱われているのが通常です。課税の際も、土地と建物を一体として評価の対象とする傾向があります。これは、欧米では、アジアと違って土地そのものを売買取引の対象として考えるのではなく、むしろ賃貸などによる収益を生み出すための資本とみなす傾向が強いためです。建物の構造の特徴が日本のものと違って石造物などが多いことや都心部の開発規制が強いために土地そのものを取引の対象にするのが難しいといった背景がこれに作用しているものと思われます。 また、事業用の土地建物やプライベート用の別荘などを売却する場合には、売却の時期をじっくり見定めることが節税につながります。

どのタイミングで何をすべきか海外不動産保有者のためにわかりやすくご説明いたします

セミナーに参加する(有料)セミナーに参加する(有料)

講演者

  • 講演者画像

    税理士
    信成国際税理士法人 代表社員
    高木 慎一 氏

    税理士法人プライスウォーターハウスクーパースにおいて、幅広い国際税務業務を経験。自身でも投資を行い個人投資家としての側面も有しているため、多角的な観点からアドバイス提供を行っています。 主な著書:「図解国際税務早わかり」(中経出版、2012年7月)、「海外資産の税金のキホン」(税務経理協会、2016年7月)、月刊『国際税務』で連載中 主なセミナー:海外資産保有者のための国際税務セミナー(株式会社オウチーノ)、移転価格リスク評価のポイントと海外の税務当局におけるBEPS対応の動向(日本公認会計士協会)等。

  • 講演者画像

    米国公認会計士
    信成国際税理士法人 パートナー
    福島 真一 氏

    税理士法人プライスウォーターハウスクーパースにおいて、特定目的会社、海外からの投資および外国法人に係る税務など国際税務およびその周辺業務を経験。また、規模の異なる企業の会計税務も経験するため、株式会社大山会計において、中小企業および医療法人の会計税務を経験。 国際税務、一般的な会計税務を基本としつつも、専門家側だけでなく企業側にも所属していた経験を生かして業績改善を得意としています。

海外不動産保有者100人以上の相談実績を持つ『国際税務専門』税理士の特別セミナー(有料)

海外不動産保有者100人以上の相談実績を持つ 
『国際税務専門』税理士の特別セミナー(有料)

『海外不動産保有者100人以上の相談実績を持つ
「国際税務専門」税理士の特別セミナー(有料)』

【日時】 116日(金)19:00-21:00
【料金】 6,000円

当日受付にてお支払頂くか、銀行振込もしくはペイパルでお願いします。

【会場】 東京都港区東新橋2-14-1 コモディオ汐留8F

世間では毎日のように話題になるマイナンバー制度。マイナンバー制度は日本人1人1人の個人資産を把握することで納税・社会保障を円滑に実施する制度です。マイナンバー制度の導入によって国は納税に対し厳格になると言われていますが、海外に資産を持つ人にとってこのマイナンバー制度よりも重大な『金融口座に関する自動的情報交換』があることはご存じでしょうか?これは2017年分から金融機関が非居住者の銀行口座情報を税務当局に報告し、各国の税務当局間で互いに提供し合う制度です。つまり、この制度により日本人が海外に保有している銀行口座情報も税務署が把握できるようになります。現在税務署では海外への100万円以上の送金に目を光らせていますが、今後は今まで以上に個人資産に関して厳しく取り締まることは間違いありません。今回は海外で不動産を持っている方の相談を100件以上受けた実績を持つ税理士の高木先生をお呼びし海外不動産保有者・海外不動産保有予定者にとって「今だからこそやっておかないといけないこと」を詳しくご説明いたします。

オウチーノ本社で海外不動産の資産評価をご説明します

セミナーに参加する(有料)セミナーに参加する(有料)

税金を常に意識して不動産を購入する

不動産購入前に必ず税金を意識してから行動しましょう不動産購入前に必ず税金を意識してから行動しましょう
大切な資産だからこそ書類の不備はないようにしましょう 大切な資産だからこそ書類の不備はないようにしましょう大切な資産だからこそ書類の不備はないようにしましょう

不動産購入者が税理士に相談をするタイミングの上位3位をご存じでしょうか?第1位は「最初に不動産を購入した後の確定申告直前」、第2位は「物件購入後しばらく経ってから」、第3位は「物件購入前」です。ただ第3位の「物件購入前」に相談する方は本当にごく少数です。不動産投資で大成功をおさめている人はこのごく少数の「物件購入前」に相談している人だと言われています。つまり海外不動産の税金対策は購入前から始まっていると言えます。今回は海外不動産の評価に関して詳しい信成コンサルティングの税理士・高木先生から実際に海外不動産を購入した方の税金対策をケーススタディを使ってわかりやすく解説します。今からでも遅くない海外不動産の税金対策を「そーっ」とお教えします。

保有不動産の上手な節税対策をご説明いたします

セミナーに参加する(有料)セミナーに参加する(有料)

不動産投資を行うと、税金を支払う「回数」は増えるがその分「納税額」が減る

こまめな書類記入が節税のプロになる第1歩こまめな書類記入が節税のプロになる第1歩
納税の回数は増えるけれど、税金の総額をおさえることができる 納税の回数は増えるけれど、税金の総額をおさえることができる納税の回数は増えるけれど、税金の総額をおさえることができる

不動産投資を行っていない人と不動産投資を行っている人とでは、当然ながら不動産投資を行っている人の方が税金を支払う「回数」が増えます。そのため1年間の納税スケジュールを把握しておかないと資金繰りに窮して税金が払う余裕が無い!なんてことにもなりかねません。その上、いろいろな節税対策を実施すると税金を支払う「回数」はさらに増えることも考えられます。節税対策が上手な人はこの税金を支払う「回数」を増やしながらも、支払う「税金の総額」を減らしています。この点を理解していないと、「節税をしているのに何度も何度も税金を支払って、本当に節税できているのだろうか・・・」という気持ちになってしまします。今回のセミナーではケーススタディを入れながら上手な節税について解説します。

保有不動産の上手な節税対策をご説明いたします

セミナーに参加する(有料)セミナーに参加する(有料)

不動産の出口戦略でよくある認識の相違について

海外不動産を売却した後の最初の確定申告の提出書類の作成が非常に大変です。海外不動産を売却した後の最初の確定申告の提出書類の作成が非常に大変です。

納税手続きは自分1人で解決しようと考えず、余裕をもっ専門家に相談することをオススメします。納税手続きは自分1人で解決しようと考えず、余裕をもっ専門家に相談することをオススメします。

不動産投資の出口戦略と言うと、何といっても「売却」です。不動産を売却する場合の税金は以下のようになります。

不動産売却にかかる税金=『売価-(購入価格-減価償却累計額)-売却経費』×税率

認識の相違で多い点は、「購入価格から減価償却累計額を控除すること」です。多くの不動産購入者から私のところに「先生!3,000万円で購入した物件を2,500万円で売却したので税金はかかりませんよね!」と言われることが多いのですが、減価償却累計額によっては売却利益が出ている可能性も十分にあります。そうなると納税の義務が発生します。
今回はケーススタディを使って、納税しなければならないケース、納税しなくても良いケースをわかりやすくご説明いたします。

どのタイミングで何をすべきか海外不動産保有者のためにわかりやすくご説明いたします

セミナーに参加する(有料)セミナーに参加する(有料)

講演者

  • 講演者画像

    税理士
    信成国際税理士法人 代表社員
    高木 慎一 氏

    1999年 国家公務員Ⅰ種試験合格 /2000年 横浜国立大学経済学部卒業、アクセンチュア入社 /2006年 中央大学国際会計研究科修了MBA取得、税理士登録 /2007年税理士法人プライスウォーターハウスクーパース入社 /2011年 信成国際税理士法人開設 /2012年 ノベル国際コンサルティングLLP参画。 移転価格文書作成・移転価格ポリシーの構築・国際税務戦略の立案等の幅広い国際税務の経験を有しており、一般的な税理士業務を基本としつつ、移転価格コンサルティング及び国際税務戦略コンサルティングを専門としている。現在、日本税務会計学会国際部門委員。 主な著書:「図解国際税務早わかり」(中経出版、2012年7月)、「移転価格文書の作成のしかた」(中央経済社、2014年1月)、月刊『国際税務』で連載中。 主なセミナー:移転価格文書作成のための基礎知識(株式会社プロネクサス)、欧州の事例から見るこれからの国際税務戦略(スイス大使館)等。

  • 講演者画像

    税理士
    信成国際税理士法人 パートナー
    福島 真一 氏

    2000年 東京大学経済学部卒業 株式会社山武において、連結決算の取りまとめおよびレポーティングを行い、税理士法人プライスウォーターハウスクーパースにおいて、特定目的会社、海外からの投資および外国法人に係る税務など国際税務およびその周辺業務を経験。また、規模の異なる企業の会計税務も経験するため、株式会社大山会計において、中小企業および医療法人の会計税務を経験。国際税務、一般的な会計税務を基本としつつも、専門家側だけでなく企業側にも所属していた経験を生かして業績改善を得意としている。

ページトップへ