セミナー会員数 5,423名 (2月20日更新)

The View(ザ・ビュー)建築現場レポート(カンボジア・プノンペン 2017年2月24日)

The View(ザ・ビュー)建築現場レポート(カンボジア・プノンペン 2017年2月24日)

福岡 範洋

㈱オウチーノ インターナショナル事業部 福岡 範洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月24日、カンボジア・プノンペンのThe View(ザ・ビュー)の建築現場を視察しました。

建築現場ではヘルメットを被り、作業用のエレベータを使って高層階の建設現場を見させて頂きました。建築現場の人が親切に対応して頂き助かりました。

The View(ザ・ビュー)のデベロッパーが獲得した数々の受賞 The View(ザ・ビュー)のデベロッパーが獲得した数々の受賞

The View(ザ・ビュー)の建築現場から見た景色 The View(ザ・ビュー)の建築現場から見た景色

The View(ザ・ビュー)の建築現場から見た景色 The View(ザ・ビュー)の建築現場から見た景色

The View(ザ・ビュー)の建築現場から見た景色 The View(ザ・ビュー)の建築現場から見た景色

完成間近のThe View(ザ・ビュー)の建築現場

The View(ザ・ビュー)はもうすぐ完成予定です。

The View(ザ・ビュー)は、世界各国の大使館が集まるプノンペンの一等地にあり、外国人駐在員や現地富裕層から最も人気がある高級街区「ボンケンコン1(BKK1)地区」の中心という絶好のロケーションに2018年明けに誕生予定、25階建て、販売戸数320戸の高級コンドミニアム(マンション)です。
この物件は、台湾を中心に豐富な実績を誇るデベロッパー「和新建設」が開発を主導し、施工はカンボジアで5つ星ホテルなども手掛けている国内最大級のゼネコン「UC Design Build」が担当。また、日本建築協会(JIA)の環境建築賞を受賞した邦人一級建築士も建築特別顧問として参画しています。
「ザ・ビュー」が誕生するBKK1地区周辺には、日本国を含め20を超える国々の大使館が点在しており、本物件の1KM圏内にはコンドミニアムやオフィス、ホテル、高級レストラン、バー、インター校、行政機関、病院などが多数集積。また、2014年6月にカンボジア初の本格的ショッピングモールとしてオープンした「イオンモール・プノンペン」が直線700圏にあるほか、観光人気も高い巨大市場「セントル・マーケット」までも同2.5KMと、プノンペンの中でも生活利便性に恵まれたロケーションを誇ります。

取材ご協力
Jアセットパートナーズ株式会社

竹口 淳(たけぐち じゅん)
1971年生まれ富山県出身。1994年に富士銀行(現みずほ銀行)に入行。その後、ソフトバンクグループやKPMG、SBIキャピタル(バイアウトファンド)等。2010年12月のSBIグループ退社後は、海外投資行うために単身で東南アジアへ渡る。2011年8月より約2年間にわたり、カンボジアの現地金融機関の経営に参画。2013年10月よりカンボジアをメインに投資事業と海外人材の育成に務める。

公開日:2017年2月28日

ページトップへ