セミナー会員数 7,922名 (2月19日更新)

ニューヨーク州弁護士によるアメリカ永住権セミナー ~アメリカ永住権の最新情報をお届けします~

ニューヨーク州弁護士によるアメリカ永住権セミナー ~アメリカ永住権の最新情報をお届けします~

ニューヨーク州弁護士によるアメリカ永住権セミナー ~アメリカ永住権の最新情報をお届けします~

【日時】 37日(土)11:00-12:30
【会場】 ビジネスエアポート六本木
(1階にポール・スミスのお店があるビルの7階です)
【住所】 東京都港区六本木7-8-6 AXALL ROPPONGI 7階
【参加】 無料
【ゲスト】 ニューヨーク州 弁護士 近藤 哲也

今セミナーでは、大手町国際法律事務所の近藤弁護士をお呼びし、先進国の中でも実は取得しやすいアメリカの永住権についてご説明いたします。

アメリカ永住権とは?

アメリカへの出入国は自由で、滞在にも期限がなく、職業も自由に選択できるビザのことです。

日本では永住権またはグリーンカードと呼ばれていますが、 その他にLPRビザまたはPRビザとも呼ばれます。
アメリカ永住権を取得することで、アメリカ人とほぼ同様と恩恵を受ける事ができて、しかも永久に滞在することも可能になります。
また、アメリカ永住権を申請する場合、本人だけではなく配偶者および21才未満の未婚の子供も同時に申請が可能です。

アメリカ永住権取得方法は5種類です。

1.アメリカ人と結婚・・・結婚後2年を経過していない場合は条件付き(2年間の期限付き)永住権となります。
2.DV抽選永住権・・・年に1度の抽選でアメリカ永住権を取得する方法です。
3.米国への投資(EB-5)・・・一定の条件さえ満たせばアメリカへの投資額50万ドル(約5,500万円)で永住権の申請が出来るという優遇措置が取られています。
4.自己の才能および能力・・・アメリカ国内あるいは世界的に有名であると証明できる「並外れた才能」を持つ人
5.米国の雇用先(スポンサー)のサポート・・・約1年で永住権を取得することができます。

セミナーではアメリカ永住権を得意とする弁護士がアメリカ永住権の取得条件などをわかりやすく解説します。

また、アメリカ永住権の取得方法の種類や申請における注意点などをアドバイス致します。
ビザを取得せずにアメリカに入国できるかどうかについてもご説明致します。
是非、ご参加ください。

アメリカ永住権についてわかりやすくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナーではアメリカ永住権について下記のようなご相談にお応えします

アメリカ永住権を取得できるか知りたい。
どのアメリカ永住権カテゴリーが自分に適しているか知りたい。
より確実かつ効率的にアメリカ永住権を取得する方法を知りたい。

「EB-5プログラム」とは

投資金額は50万ドル(約5,500万円)以上かつ、投資から2年以内に10名のアメリカ人を雇用して初めて、永住権を取得することができるというプログラムです。
元々は投資金額は100万ドル(約1億1,000万円)以上という高いハードルだったのですが、2003年から50万ドル(約5,500万円)とハードルを下げました。
そのため世界中の投資家が、一定額の投資を行うことでアメリカ永住権を取得できる「EB-5プログラム」の動向に注目しています。

アメリカ永住権「EB-5プログラム」についてわかりやすくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 芦田 敏之
    大手町国際法律事務所

    ニューヨーク州 弁護士

    近藤 哲也 (こんどう てつや)

    <学歴>
    京都大学 法学部
    Georgetown University Law Center (LL.M. in Securities and Financial Regulation)
    <所属団体>
    第一東京弁護士会総合法律研究所金融商品取引法部会
    エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク
    租税訴訟学会
    New York State Bar Association (Antitrust Law Section、Business Law Section、Entertainment, Arts and Sports Law Section、Commercial & Federal Litigation Section、International Sectionのメンバー)

  • 柳原 大輝
    株式会社WIN WIN Properties Japan

    本社 共同代表/日本支社 代表取締役

    柳原大輝(やなぎはら ひろき)

    日本を中心にアジア圏の不動産投資家・市場開拓のため、現在東京オフィスに籍を置く。過去50回を超えるセミナー講師経験と500名以上のマンツーマン個別相談経験から、各個人の財務状況と知識に合った投資戦略を寄り添って提案する。 海外不動産投資が初めての方には基礎からの知識を、お金の準備ができていない方には融資をはじめとしたお金の引き方もアドバイスする。

海外不動産における国際相続セミナー ~生前対策と相続発生後の手続きまで~

海外不動産における国際相続セミナー ~生前対策と相続発生後の手続きまで~

海外不動産における国際相続セミナー ~生前対策と相続発生後の手続きまで~

【日時】 323日(月)18:30-19:30 (質疑応答込み)
【会場】 税理士法人 ネイチャー国際資産税 東京オフィス
【住所】 東京都中央区八丁堀3-3-5 住友不動産八丁堀ビル5階
【参加】 無料

今セミナーでは、国際相続専門の税理士法人ネイチャー国際資産税の芦田代表による、海外不動産の共有持分、生前対策から相続発生後の手続きまで海外不動産の税金に関してご説明いたします。
日本と海外とでは税金が異なるケースが多いです。
例えば贈与税ですが、日本の場合は親から不動産を貰った子供が贈与税を払うのに対し、アメリカでは子供に不動産を贈与した親が贈与税を払います。
贈与税における非課税枠は、日本が不動産をもらう子供1人に付き年間110万円に対し、アメリカでは不動産を贈与する親1人に付き年間1万3,000ドル(約140万円)となります。
また日本では父親1人から110万円を1年間にもらえば贈与税の対象になりますが、米国では父親と母親から別々に1万3,000ドル(約140万円)ずつもらっても対象になりません。
日本では上記の年間非課税枠以外に住宅取得資金特例550万円、相続時清算課税2,500万円などがあります。
それに対しアメリカでの生涯非課税贈与額は、100万ドル(約1億1,000万円)です。
アメリカの場合、贈与が非課税枠を超えた場合、贈与者(あげる人)に18〜45%の推進税率による連邦贈与税が課されます。
またニューヨーク、コネチカット、デラウエア、ノースカロライナ、ルイジアナ、テネシーの6つの州では州の贈与税の申告が必要です。
アメリカの不動産を贈与した場合、実際に課税対象にならなくても贈与報告書をアメリカ政府に対し、翌年4月15日までに提出する必要があります。
セミナーでは日米間贈与上の注意点だけではなく、相続発生時の注意点についてもご説明いたします。
もちろんアメリカ以外の国の不動産に関する贈与税・相続税についてもわかりやすくご説明いたします。
是非、ご参加ください。

当日わかりやすくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

日本の「相続税」に相当するアメリカの「遺産税」について

アメリカでは、日本の相続税に相当する「遺産税」と、各州の法律に基づく税があります。
アメリカの「遺産税」と日本の「相続税」の大きな違いは、「課税される財産」「納税者」「基礎控除額」です。
日本では、相続税の課税対象は亡くなった時点の財産で、納税者は遺産を受け取る相続人になります。
一方、アメリカの遺産税は、亡くなった人の財産からその後の遺産管理などにかかる諸経費を差し引いた金額に課税され、納税者は亡くなった本人の代理人である遺言執行者や遺産管理人です。
日本の基礎控除額は「3,000万円+600万円×法定相続人の数」ですが、アメリカ国籍の人及び米国居住者の基礎控除額は約12億円とかなり高額です。
また、海外には相続税に相当する税がない国もあります。
例えば、シンガポール、香港、マレーシア、スウェーデン、オーストラリア、スイス、カナダなどです。
今セミナーでは海外不動産保有者の相続税についてもご説明いたします。

海外不動産に関する税金についてわかりやすくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

講演者

  • 芦田 敏之
    税理士法人 ネイチャー国際資産税

    統括代表社員 税理士

    芦田 敏之 (あしだ としゆき)

    1978年、神奈川県横浜市生まれ。富裕層や企業オーナーの国際投資、相続・事業承継、M&Aに関するコンサルティングに特化した税理士法人ネイチャー国際資産税および株式会社ネイチャーFASを2012年設立。
    国際資産税専門ファームとして数多くのインターナショナル事案の対応実績を有する。国内外における投資・相続・事業承継・M&A等に関し、各国の弁護士・会計士・その他専門家と提携し、グローバルな選択肢の中からクライアントに対するベストソリューションを提供している。

  • 柳原 大輝
    株式会社WIN WIN Properties Japan

    本社 共同代表/日本支社 代表取締役

    柳原大輝(やなぎはら ひろき)

    日本を中心にアジア圏の不動産投資家・市場開拓のため、現在東京オフィスに籍を置く。過去50回を超えるセミナー講師経験と500名以上のマンツーマン個別相談経験から、各個人の財務状況と知識に合った投資戦略を寄り添って提案する。 海外不動産投資が初めての方には基礎からの知識を、お金の準備ができていない方には融資をはじめとしたお金の引き方もアドバイスする。

特に法人でアメリカ不動産をお持ちの方必見! アメリカ不動産セミナー ~値上りしている米国不動産を上手に売却する方法をお教えします~

特に法人でアメリカ不動産をお持ちの方必見! アメリカ不動産セミナー ~値上りしている米国不動産を上手に売却する方法をお教えします~

『特に法人でアメリカ不動産をお持ちの方必見! アメリカ不動産セミナー ~値上りしている米国不動産を上手に売却する方法をお教えします~』

【日時】 219日(水)18:30~19:30(開場18:45~)
【会場】 ブロードマインド株式会社セミナールーム
【住所】 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル7階
【参加】 無料
【主催】 WIN WIN プロパティーズ

今回は、特に法人でアメリカ不動産をお持ちの方必見のアメリカ不動産セミナーになります。
アメリカ不動産を保有して、大きな含み益を持っている場合、売却時に大きな利益が発生します。
今セミナーでは値上りしているアメリカの不動産を上手に売却する方法についてお教えします。
セミナー講師は、法人オーナーや開業医等、富裕層向け中心の財産コンサルティングサービスを展開する、ブロードマインド社の石渡 視規マネージャーです。
アメリカ不動産保有者の出口戦略として、法人向け生命保険を活用した資産形成の具体的な仕組みをお話しさせて頂きます。
是非この機会にご参加下さい。

法人向け生命保険を活用した資産形成についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)


米国不動産 + 法人向け生命保険を活用した資産形成について


セミナーでは、特に法人で米国不動産を所有・検討されている方必見の生命保険の有効活用術についてお伝え致します。
具体的には値上りしているアメリカの不動産を上手に売却する方法をお教えします。
米国不動産への投資、投資で得た利益を有効活用することで皆様の将来にわたる資産形成のお手伝いをさせていただきます。

グラフ

アメリカの不動産・外観

なぜ今法人向けの生命保険なのかご説明いたします。

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)


先進国で唯一人口が増加し、世界一の経済力を誇るアメリカ

世界の経済成長の中でアメリカがダントツのトップ 世界の経済成長の中でアメリカがダントツのトップ

先進国の人口増加 先進国で唯一アメリカだけが大幅に人口増加

水・陸・空…すべての交通インフラが整う超一級の物流都市

メンフィス

メンフィス

メンフィスは、海路(River)・陸路(Road)・空路(Runway)・鉄道(Rail)という4つの大規模物流インフラが整っており、「メンフィス物流の4R'sと呼ばれております。アメリカ最大の物流会社Fedexの世界本社を始め、メンフィスには巨大物流関連企業が名を連ねております。移民と高い出生率による人口増加、ITの発展によるEコマース産業(Amazonなど)が主軸になっていくアメリカで、物流環境が整っていることは大変重要なポイントです。また、今後も急速に発展していくEコマース産業が大規模な雇用をさらに生むため、不動産市場の拡大・活性化し、安定のキャッシュフローをもたらします。

メンフィス不動産の魅力を余すことなくご説明いたします。

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

先進国における発展途上都市だからこそ、ハイリターンが見込める

アメリカの中で利回りの高い都市は、実はメンフィスなのです。下記表は不動産投資に向いている2ベッドルームと3ベッドルームの各都市の中央値を示した価格です。不動産購入に約50万ドルの投資額が必要なニューヨーク市に比べ、メンフィス市では8万ドル - 15万ドル前後で投資可能。不動産投資において「物件価格」と「ロケーション」は、リスクとリターンをコントロールできる大きな手段となります。8万ドル - 15万ドルの価格の家は、家賃や家の大きさを考慮した際に、アメリカの平均収入の人々が最も賃貸を希望する物件です。この価格帯に投資することで、稼働率を高め、安定した不労所得を生み出すことができます。加えて、メンフィスでは、48%と賃貸人口比率が高いため、入居者探しが極めて容易。空室率は日本の平均18.8%に対して、メンフィスは5%という低さを保っています。

今、購入が可能なメンフィス不動産をご紹介いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

魅力ある中古物件の数々。全米1位の不動産価値上昇率!

メンフィスアメリカを横断する最大級のミシシッピ河を利用した運輸により、メンフィスは大きな発展を遂げた。

メンフィスメンフィスの瀟洒な中古物件。アメリカの中古市場は新築の4倍あり、法の整備により、市場が透明化されている。

日本において、不動産はよほどの好立地でなければ、古くなるとともに価値が下がるのは常識。しかし、米国不動産は古い物件でも価値が上昇。メンフィスの2011年から2014年までの不動産価値上昇率は全米一位であり、リーマンショック後も不動産価値が変動せず、永続的に不動産価値が下がらない安定した地域として知られています。歴史的にもメンフィスの不動産市場は、20年以上も安定しており、毎年3 - 4%以上成長しております。過去の不動産バブルにおいても、大きな価格の変動が起きなかったことも大きな強みです。

本セミナーでは主に①メンフィス概要(=メンフィスってどういうところなの?)、②他都市との比較(=メンフィスはわかったけれど、他の都市と比べてどうなの?)、③物件紹介(=実際の買える物件を見てみましょう!)の3点を中心にお話しさせていただき、この他にも、弊社の過去の実績により使える大融資スキーム、また減価償却による大節税スキーム等についても、盛りだくさんで2時間ぶっ続けで『本当は教えたくない!』投資家目線の情報をシェアします!

『イマ』このチャンスを逃さないでください!会場でお待ちしております!

価格上昇によりキャピタルゲインも狙えます

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)


全米への移動が容易なダラスとヒューストン


ダラスとヒューストンの地図ダラスとヒューストンの地図

左表は人口の急激な伸び・右表は生活コストの低さ左表は人口の急激な伸び・右表は生活コストの低さ


メキシコおよび中南米へのアクセスも良いメキシコおよび中南米へのアクセスも良い

日系企業が注目するエリア1位はテキサス州日系企業が注目するエリア1位はテキサス州


プロスポーツチームが10もあるテキサス州

プロスポーツチームが10もあるテキサス州プロスポーツチームが10もあるテキサス州

テキサス州にはプロスポーツチームが10も存在します。

バスケットボールチームはSan Antonio Spurs、Dallas Mavericks、Houston Rockets
フットボールチームはDallas Cowboys、Houston Texans
プロ野球チームはHouston Astros、Texas Rangers
ホッケーチームはDallas Stars
サッカーチームはFC Dallas、Houston Dynamos
テキサスはスポーツの盛んな州です。

テキサス州ダラス&ヒューストンの魅力を余すことなくご説明いたします。

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ダラス&ヒューストンの街並み

ダラスの街並み

ダラスの街並み

ダラスの街並み

ダラスの街並み

ヒューストンの街並み

ヒューストンの街並み

今回ご紹介する物件は高利回りのインカムゲイン&キャピタルゲインの両方を狙える不動産を中心にご案内いたします。
テキサス州では、法人、個人ともに所得税がゼロです。そのためテキサス州では所得税の納税義務は無く、連邦税だけを申告、納税します。
フォーチュン500社のうち、54社の本社がテキサス州にあり、全米でフォーチュン500社が最も多い州です。
それだけでなく日本の大手企業が続々とダラスに進出中です。

2014年:トヨタ米国本社
2016年:建機製造大手クボタ、米販売子会社の本社
2016年:電機大手パナソニック、デジタル関連の拠点
2018年:三井住友銀行、出張所を開設

ニューヨーク州やカリフォルニア州と比べて生活コストの安さも顕著で、全米で8番目の大都市圏でありながら、カリフォルニア州サンフランシスコと比較すると、生活費は約60%、住宅費は約30%という水準です。
Win/Winプロパティーズ社では他社と違い、テナントと最低2年契約なので、安定収入と経費節減になります。
是非この機会にセミナーにご参加下さい。

インカムゲイン&キャピタルゲイン&節税も狙える物件をご紹介します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

都市別総生産は5,610億ドルで全米No.1を誇るシカゴ

2016年シカゴの都市別総生産は5,610億ドルで全米No.1を誇る2016年シカゴの都市別総生産は5,610億ドルで全米No.1を誇る

多くの有名企業の本社がシカゴにあり、日本企業も積極参入多くの有名企業の本社がシカゴにあり、日本企業も積極参入


アメリカ4大スポーツすべてが揃っているシカゴ


シカゴ・カブス・ダルビッシュ投手 カブス・ダルビッシュ投手

バスケット・シカゴ・ブルズ バスケットボール・ブルズ

アイスホッケー・ブラックホークス アイスホッケー・ブラックホークス

アメリカンフットボール・ベアーズ アメリカンフットボール・ベアーズ

シカゴにはアメリカ4大スポーツすべてが揃っています。

NBA(バスケットボール):ブルズ
MLB(野球):カブス&ホワイトソックス
NFL(アメリカンフットボール):ベアーズ
NHL(アイスホッケー):ブラックホークス

現地の人たちは少なくとも4大スポーツのいずれか1チームのファンで、街を歩いていると必ずそれぞれのチームのTシャツやユニフォームを着ている人を見かけます。シカゴはスポーツに熱い街です。

またシカゴにはとても特徴のある建築物があります。
マリーナ・シティ、トリビューンタワー、リグレービルディング、シカゴ商品取引所、トランプタワーなど歴史的な建造物から現代的な建物まで揃っています。

またシカゴは音楽がとても盛んな街です。
JAZZとブルースが有名でダウンタウンには演奏を聴けるお店が沢山あります。

シカゴの魅力を余すことなくご説明いたします。

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

今回ご紹介する不動産について

シカゴのビジネス街


シカゴの住宅

シカゴの住宅

今回ご紹介する物件は高利回りのインカムゲイン&キャピタルゲインの両方を狙える不動産を中心にご案内いたします。
シカゴは自宅保持者43%に対し、賃貸者57%以上と他の州に比べ持ち家率が低く、賃貸ニーズが高いため入居者探しが容易でオーナーには有利です。また物件価格の割に利回りが高く不動産投資には向いています。
Win/Winプロパティーズ社では他社と違い、テナントと最低2年契約なので、安定収入と経費節減になります。
是非この機会にセミナーにご参加下さい。

保険を組み合わせたハイブリット投資についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(ブロードマインド株式会社・JR恵比寿ビル7階)

ブロードマインド本社会場地図ブロードマインド株式会社・JR恵比寿ビル7階会場地図


講演者

  • 講演者画像

    ブロードマインド株式会社
    ウェルスマネジメント本部 シニアマネージャー
    石渡 視規

    ブロードマインドはお客様の資産形成・資産運用を包括的にサポートする財産コンサルティング会社であり、米国不動産の仲介会社ではありません。独自の情報ネットワークから良質な米国不動産情報のみを収集し、物件の資産価値を見極めて自社で不動産を所有することが特徴で、さらにその不動産の資産価値を高めた上で物件をお譲りするシステムとなっています。

  • 柳原 大輝
    株式会社WIN WIN Properties Japan

    本社 共同代表/日本支社 代表取締役

    柳原大輝(やなぎはら ひろき)

    日本を中心にアジア圏の不動産投資家・市場開拓のため、現在東京オフィスに籍を置く。過去50回を超えるセミナー講師経験と500名以上のマンツーマン個別相談経験から、各個人の財務状況と知識に合った投資戦略を寄り添って提案する。 海外不動産投資が初めての方には基礎からの知識を、お金の準備ができていない方には融資をはじめとしたお金の引き方もアドバイスする。

ハワイ不動産の失敗から学ぶ! 武田 麻美によるハワイ不動産 成功の秘訣セミナー ~ぶっちゃけ本音トーク炸裂!~

ハワイ不動産の失敗から学ぶ! 武田 麻美によるハワイ不動産 成功の秘訣セミナー ~ぶっちゃけ本音トーク炸裂!~

ハワイ不動産の失敗から学ぶ! 武田 麻美によるハワイ不動産 成功の秘訣セミナー ~ぶっちゃけ本音トーク炸裂!~

【日時】 315日(日)13:30-14:30
【会場】 ビジネスエアポート青山
(1階にFlancflancが入っているビルです)
【会場住所】 東京都港区南青山3-1-3スプライン青山東急ビル6階
【参加】 無料

今セミナーではハワイから公認不動産取引士 武田麻美さんをお呼びし、ハワイ不動産市況やハワイ不動産を購入する上での注意点、メリット・デメリットなども含めたお話をさせて頂きます。

セミナーはアメリカ不動産を得意とするWINWINプロパティーズ 柳原代表とハワイ不動産を得意とする武田麻美さんとのパネルディスカッション形式の「ぶっちゃけ本音トーク」でお届け致します。

ハワイの不動産は、世界中の富裕層から別荘などとしての需要が高く、市場に出回る中古物件が減少傾向にある一方で、開発余地も乏しいことから、新規物件の供給も限定的となっているなど、需給がひっ迫しやすい状況となっており、過去30年に渡って年平均4~5%程度の安定的な価格上昇が続いています。
リーマン・ショック(2008年)に端を発した金融危機の際にも、メインマーケットとなるオアフ島の不動産はその影響を最小限に止めているなど、アメリカの他地域や他国の不動産に比べて景気の波に左右されにくい点はハワイ不動産の大きな魅力と言えます。

ぶっちゃけ本音トークをお伝えしますので、是非この機会にお越しくださいませ。

ハワイ不動産の失敗から学ぶ、成功の秘訣についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

日本人の憧れのリゾート地、ロングステイ先としても人気 ハワイ不動産

アラモアナショッピングセンター アラモアナショッピングセンター

ワイキキビーチ ワイキキビーチ

オーシャンビュー オーシャンビュー

併設のショッピングセンター ショッピングセンター

安定的な不動産価格の上昇が継続

ハワイ不動産は特に日本人からの人気が高く、2008年から2013年にかけてオアフ島で総額18億ドル(約2100億円)もの不動産が外国人によって売買されている中、日本人による売買額はそのうちの約64%に上る11億ドルに達しています。また、近年は中国や東南アジア諸国の富裕層・投資家によるハワイ不動産への投資が徐々に拡大しており、経済発展著しいアジアの投資マネーが流入することによって、今後も安定的な価格上昇が期待されています。なお、ハワイはコンドミニアムの多くが別荘として所有されている一方で、観光客の増加によってホテル需要が高いことから、オーナーが使用しない期間にホテルとして貸し出すことができる「コンドテル」の発祥の地と言われており、自己利用、キャピタルゲイン、インカムゲインをまとめて享受できる魅力的な投資スタイルとして注目を集めつつあります。

longstay-hawaii

(ロングステイ希望国トップ10)

ハワイ不動産についてわかりやすくご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

オアフ島の不動産価格推移と物件売買シェア

hawaii-propertyprice

hawaii-propertytradeshare

ハワイ不動産の一例


Trump Tower Waikiki(トランプタワーワイキキ)

「Trump Tower Waikiki」は、現在のアメリカ・トランプ大統領が当時手がけた2009年完成のプロジェクトです。「Trump Tower Waikiki」は35㎡の手頃なサイズのユニットだけではなく、200㎡のラグジュアリーな最高級コンドミニアムもあり、完成当初から注目度は高く、限られたユニットを求め、今でも世界中から購入希望者が殺到しています。

遠くから見たTrump Tower Waikiki 遠くから見たTrump Tower Waikiki

Trump Tower Waikikiロビー Trump Tower Waikikiロビー

Trump Tower Waikiki室内 Trump Tower Waikiki室内

Trump Tower Waikiki外観 Trump Tower Waikiki外観

【プロジェクト概要】

プロジェクトTrump Tower Waikiki(トランプ タワー ワイキキ)
築年2009年
広さStudio~3Bedroom
プラン約35m²~200m²
総戸数462戸
階数38階
ホテル運営TRUMP INTERNATIONAL HOTEL MANAGEMENT LLC

Ala Moana Hotel(アラモアナホテル)

「アラモアナホテル」は、ハワイ最大の人気スポット「アラ モアナ ショッピングセンター」と「アラ モアナ ビーチ」に隣接しています。1970年完成で、完成当初から現在に至るまで常に高く評価されている物件です。ホテル運営はMantra Groupが行っています。

アラモアナホテル外観 アラモアナホテル外観

アラモアナホテル アラモアナホテル

アラモアナホテル室内 アラモアナホテル室内

アラモアナホテルバルコニー アラモアナホテルバルコニー

【プロジェクト概要】

プロジェクトAla Moana Hotel(アラモアナホテル)
築年1970年
プランStudio~1Bedroom
広さ約23m²~52m²
総戸数1,169戸
階数36階
ホテル運営Mantra Group Ltd.,

Ilikai Hotel & Suites(イリカイ ホテル&スイーツ)

「Ilikai Hotel & Suites(イリカイ ホテル&スイーツ)」は、1963年完成の歴史ある物件です。

Ilikai Hotel & Suites外観 Ilikai Hotel & Suites外観

Ilikai Hotel & Suitesエントランス Ilikai Hotel & Suitesエントランス

Ilikai Hotel & Suites室内 Ilikai Hotel & Suites室内

Ilikai Hotel & Suitesベッドルーム Ilikai Hotel & Suitesベッドルーム

【プロジェクト概要】

プロジェクトIlikai Hotel & Suites(イリカイ ホテル&スイーツ)
築年1963年
プランStudio~2Bedroom
広さ約46m²~100m²
総戸数1,011戸
階数30階
ホテル運営Aston Hotel & Resorts等

具体的な事例を踏まえてわかりやすく解説いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(ビジネスエアポート青山)

ビジネスエアポート青山・地図ビジネスエアポート青山・地図


講演者

  • 講演者画像
    ハワイライフ/クリスティーズ
    HL1メンバー
    武田 麻美

    1998年 ハワイ不動産取引士取得
    2017年 リストサザビーズインターナショナルに上席副社長として移籍。
    2019年 リストサザビーズから、高級物件取引で有名なハワイライフ/クリスティーズに移籍しエリートエージェントのHL1メンバーとして活躍。
    1988年からハワイへ移住し、約21年間ハワイの不動産業を経験し、現在も活躍中。購入から売却までお手伝いしていただけるので、お客様からの信頼もあり好評を得ている。
    (資格)
    ハワイ州 公認不動産取引士
    公認国際不動産スペシャリスト(CIPS)
    公認不動産住宅スペシャリスト(CRS)

  • 柳原大輝
    株式会社WIN WIN Properties Japan

    代表取締役

    柳原大輝(やなぎはら ひろき)

    日本を中心にアジア圏の不動産投資家・市場開拓のため、現在東京オフィスに籍を置く。過去50回を超えるセミナー講師経験と200名以上のマンツーマン個別相談経験から、各個人の財務状況と知識に合った投資戦略を寄り添って提案する。海外不動産投資が初めての方には基礎からの知識を、お金の準備ができていない方には融資をはじめとしたお金の引き方もアドバイスする。

現地管理会社代表 緊急来日!アメリカ・ニューヨーク不動産セミナー ~ニューヨークなのに1,000万円から始められて利回り10%超え~

現地管理会社代表 緊急来日!アメリカ・ニューヨーク不動産セミナー ~ニューヨークなのに1,000万円から始められて利回り10%超え~

現地管理会社代表 緊急来日!アメリカ・ニューヨーク不動産セミナー ~ニューヨークなのに1,000万円から始められて利回り10%超え~

【日時】 227日(木)19:00-20:30(開場18:45~)
【会場】 ステイジアキャピタルジャパン
【会場住所】 東京都港区三田3丁目13番12号 三田MTビル5階
(※ビルの1階がファミリーマートです)
【ゲスト】 ボイラン和子(ボイラン リアルエステート CEO)
【参加】 無料

今セミナーではニューヨークなのに1,000万円から始められて利回り10%超えの物件をご紹介いたします。
現在販売中のニューヨーク州バッファローエリアの戸建て不動産の賃貸管理会社を務めるボイラン・リアルエステートグループの代表取締役、ボイラン和子氏が緊急来日されます。
ボイラン氏を講師としてお招きし、ニューヨークの不動産マーケット事情、不動産管理にあたっての留意点等をご講演頂きます。
セミナーの後半ではご購入可能な物件を紹介させて頂きます。
実際に紹介させて頂く物件の管理・売却についてお聞きいただける貴重なセミナーとなります。
ご興味のある方は奮ってご参加ください。

詳しくはセミナーでご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

米国ニューヨーク州の第二の都市「バッファロー」

ニューヨーク州の第二の都市バッファローニューヨーク州の第二の都市バッファロー

ナイアガラの滝ナイアガラの滝

物件の所在地は、ニューヨーク州「バッファロー」です。ニューヨークといえば、マンハッタンのあるニューヨーク市を思い浮かべる方が多いかと思いますが、実は、「バッファロー市」は、ニューヨーク州の中では、ニューヨーク市に次ぐ人口規模を誇る第二の都市です。 同市は五大湖のひとつエリー湖の東端に接し、ナイアガラ川の始点を持ちます。そのためバッファローはアメリカ側におけるナイアガラ観光の基地としての役割を有しています。

バッファローは、2012年にニューヨーク州政府より発表されたバッファロー・ビリオン政策により、現在、ニューヨーク州がバッファロー地域経済に10億ドル(1,000億円)の投資をし、バッファローの雇用創出、産業発展を目指しております。この政策により、ニューヨーク州から、2017年には、ギガファクトリー(テスラ社の工場)に7億5,000万ドル(750億円)の助成金を投じられた他、医療研究分野やクリーンビジネス分野へ積極的に投資され、バッファロー市の産業発展が促進されております。

バッファローは、一時は主要産業であった鉄鋼、製粉業の衰退によって市街地荒廃が深刻となっていましたが、上記政策の影響もあり、近年、市街地再開発と医療、教育分野の育成が実を結び、文化・教育・医療の中心地としての地位を確立してきております。

≪紹介する物件について≫
紹介させていただくのは、「バッファローエリア」の戸建て物件です。
既に稼働中の物件が殆どでご購入と同時に家賃を受け取ることができる物件を中心にご紹介させていただきます。
価格も日本円にして1,000万円以下のものも多く、取り組みやすい価格設定となっております。

≪利回り10%超≫
先進国のアメリカであるにも関わらず、物件運営に掛かる諸経費を差し引いた利回りで10%を超える物件も多く、大きなパフォーマンスを実現できます。
安定した投資先として人気の高いアメリカ不動産で高利回りの不動産を取得するチャンスです。
新たな投資先をお探しの方、是非、ご検討ください。

1,000万円から始められて利回り10%超えの物件についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(三田MTビル)

三田MTビル・地図三田MTビル・地図

講演者

  • ボイラン和子
    ボイラン リアルエステート

    グループCEO

    ボイラン和子

    1990年に渡米、ハワイで日系大手の不動産会社で主に日本人顧客の物件管理に携わる。後に米本土に渡り、ペンシルベニア州では米系老舗の大手不動産会社Coldwell Bankerてにおいて、主に地元アメリカ人の住宅売買の仲介業務に携わる。
    2010 年よりニューヨーク州在住、日系不動産会社てにおいてニュージャージー州とニューヨーク州郊外で住宅不動産仲介業と物件管理業を、その後世界最大規模の不動産フランチャイズ会社、Keller Williams NYCに移籍、商業物件、投資物件の売買、店舗リース等の仲介業務もやり始める。2017 年よりニューヨークの日系不動産会社として一番最初に進出した、45年続く老舗のフルモト不動産に数年在籍後独立、去年国際投資家へのコンサルタント業務を中心とする不動産投資会社を立ち上げた。 ニューヨーク、マンハッタンを中心に、高級住宅物件や、商業物件(ホテル、収益ビル等)の売買仲介業、また海外投資家のための投資物件の管理業務を中心に、現地の建築家やデベロッパーとも提携し物件価値をあげるための改築工事を手がけている。その他ニューヨークへ進出する日系企業のサポートやM&Aの案件も扱っている。
    数多くの不動産協会に役員として参加しており、アジア系の NPO 団体では全米一大きい全米アジア不動産協会では2017 年ジャパンコネクト会⻑、2018年国際評議会役員。世界最大の不動産団体の全米不動産協会(National Association of Realtor)では2017−2020年国際ビジネス評議会役員、そして国際不動産スペシャリスト(CIPS)の称号を持つ。ニューヨーク州リアルター協会と地元のハドソンゲートウエイ不動産協会では今年から理事に選ばれている。

  • 吉岡 憲史
    ステイジアキャピタルジャパン株式会社

    取締役

    吉岡 憲史

    青山学院大学経営学部、英国国立ラフバラ大学大学院卒業。大学卒業後、民放テレビ局に入社、報道記者を経験。英国留学を経て、大手不動産ファンド運用会社のクリード入社、北欧の年金基金や中東の公的資金など総額2000億円の旗艦ファンドの運用に従事した他、ドイツやアジアの不動産のデューデリジェンス等を経験。その後、独立し「家賃5万以下ドットコム」を立ち上げ、新聞、テレビなどに多数取り上げられる。月刊Wedge にっぽんの青年に選出。2013年ステイジアグループに参画。大学時代は体育会ラグビー部副将、国体出場、13人制日本代表。

2020年度税制改正大綱改正内容の詳細と今後の対策セミナー ~税理士法人 ネイチャー国際資産税 芦田税理士登壇!~

2020年度税制改正大綱改正内容の詳細と今後の対策セミナー ~税理士法人 ネイチャー国際資産税 芦田税理士登壇!~

2020年度税制改正大綱改正内容の詳細と今後の対策セミナー ~税理士法人 ネイチャー国際資産税 芦田税理士登壇!~

【日時】 【満員御礼】212日(水)18:30-19:30 (質疑応答込み)
214日(金)18:30-19:30 (質疑応答込み)
【会場】 税理士法人 ネイチャー国際資産税 東京オフィス
【住所】 東京都中央区八丁堀3-3-5 住友不動産八丁堀ビル5階
【参加】 無料

今セミナーでは2020年度税制改正大綱改正内容の詳細と今後の対策について国際税務に詳しい芦田税理士より説明していただきます。
昨年末、2020年税制改正大綱が発表され、海外不動産に関する言及があり、当社として、皆様により正確な情報をお届けしたいと思い、国際資産税に精通する税理士法人代表の芦田氏をお招きして、改正内容の詳細と今後の対策について講演いただくこととなりました。
今回、特別講演のため、限定25名様となっており、満席によりご案内が出来ない可能性がございますので、お早めのご予約をお願い申し上げます。

不動産投資家様が「海外不動産の加速償却を用いた節税スキーム」に関してご懸念される、または注目するべきポイントは下記2点と考えております。

1.過去にさかのぼって納税しなければならないのか否か

既に米国不動産を所有され加速度償却をしている途中のケース、あるいは、今後、改正前に登記完了するケースの場合、遡及せず、元の税制のまま、減価償却費を日本の所得と損益通算し続けれるかどうかという点です。

2.税制改正が実行される日はいつか

税制改正は、いつから適応されるのか(2021年なのか、2022年なのか)という点です。

是非ご参加ください。

2019年11月27日 日本経済新聞 朝刊より


海外不動産投資 節税認めず 政府・与党 富裕層への課税強化へ

政府・与党は海外の不動産への投資を通じた節税をできないようにする方針だ。
今は高額な海外物件への投資で出る赤字と国内の所得を合算して税負担を減らせるが、この合算を認めないこととする。
海外の不動産への投資は富裕層に多い節税策で、ほかの納税者との間で公平でない仕組みと判断した。

与党の税制調査会で詳細を詰めたうえで、2020年度の税制改正大綱に所得税法の見直しを盛り込む。
21年分以降の所得税に適用される見通しだ。
この節税は米国などで高額な中古物件を購入し家賃収入を上回る減価償却などの赤字を発生させて日本での所得を圧縮するというものだ。
20年度の税制改正では、海外の中古物件で生じた赤字はなかったものと扱い、日本国内での損益通算には使えないようにする。

節税の背景には、日本と欧米で中古住宅の平均寿命や利用可能年数の考え方が違うことがある。
長い間使える中古物件でも、日本のルールに沿って計算すると使用可能年数が4~9年になる。
本来なら10年以上使える物件の価値を4年程度でゼロにする際、書類上は大きな赤字が発生する。
高額な物件を買うほど節税の恩恵が得られるため、富裕層を中心に利用されている。

会計検査院が富裕層の多い東京都の麹町税務署管内などで調べたところ、海外の中古物件で延べ337人が39億8千万円超の赤字を計上していた。


当日詳細につきましてご説明します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

先進国で唯一人口が増加し、世界一の経済力を誇るアメリカ

世界の経済成長の中でアメリカがダントツのトップ 世界の経済成長の中でアメリカがダントツのトップ

先進国の人口増加 先進国で唯一アメリカだけが大幅に人口増加

水・陸・空…すべての交通インフラが整う超一級の物流都市

メンフィス

メンフィス

メンフィスは、海路(River)・陸路(Road)・空路(Runway)・鉄道(Rail)という4つの大規模物流インフラが整っており、「メンフィス物流の4R'sと呼ばれております。アメリカ最大の物流会社Fedexの世界本社を始め、メンフィスには巨大物流関連企業が名を連ねております。移民と高い出生率による人口増加、ITの発展によるEコマース産業(Amazonなど)が主軸になっていくアメリカで、物流環境が整っていることは大変重要なポイントです。また、今後も急速に発展していくEコマース産業が大規模な雇用をさらに生むため、不動産市場の拡大・活性化し、安定のキャッシュフローをもたらします。

メンフィス不動産の魅力を余すことなくご説明いたします。

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

先進国における発展途上都市だからこそ、ハイリターンが見込める

アメリカの中で利回りの高い都市は、実はメンフィスなのです。下記表は不動産投資に向いている2ベッドルームと3ベッドルームの各都市の中央値を示した価格です。不動産購入に約50万ドルの投資額が必要なニューヨーク市に比べ、メンフィス市では8万ドル - 15万ドル前後で投資可能。不動産投資において「物件価格」と「ロケーション」は、リスクとリターンをコントロールできる大きな手段となります。8万ドル - 15万ドルの価格の家は、家賃や家の大きさを考慮した際に、アメリカの平均収入の人々が最も賃貸を希望する物件です。この価格帯に投資することで、稼働率を高め、安定した不労所得を生み出すことができます。加えて、メンフィスでは、48%と賃貸人口比率が高いため、入居者探しが極めて容易。空室率は日本の平均18.8%に対して、メンフィスは5%という低さを保っています。

今、購入が可能なメンフィス不動産をご紹介いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

魅力ある中古物件の数々。全米1位の不動産価値上昇率!

メンフィスアメリカを横断する最大級のミシシッピ河を利用した運輸により、メンフィスは大きな発展を遂げた。

メンフィスメンフィスの瀟洒な中古物件。アメリカの中古市場は新築の4倍あり、法の整備により、市場が透明化されている。

日本において、不動産はよほどの好立地でなければ、古くなるとともに価値が下がるのは常識。しかし、米国不動産は古い物件でも価値が上昇。メンフィスの2011年から2014年までの不動産価値上昇率は全米一位であり、リーマンショック後も不動産価値が変動せず、永続的に不動産価値が下がらない安定した地域として知られています。歴史的にもメンフィスの不動産市場は、20年以上も安定しており、毎年3 - 4%以上成長しております。過去の不動産バブルにおいても、大きな価格の変動が起きなかったことも大きな強みです。

本セミナーでは主に①メンフィス概要(=メンフィスってどういうところなの?)、②他都市との比較(=メンフィスはわかったけれど、他の都市と比べてどうなの?)、③物件紹介(=実際の買える物件を見てみましょう!)の3点を中心にお話しさせていただき、この他にも、弊社の過去の実績により使える大融資スキーム、また減価償却による大節税スキーム等についても、盛りだくさんで2時間ぶっ続けで『本当は教えたくない!』投資家目線の情報をシェアします!

『イマ』このチャンスを逃さないでください!会場でお待ちしております!

価格上昇によりキャピタルゲインも狙えます

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)


全米への移動が容易なダラスとヒューストン


ダラスとヒューストンの地図ダラスとヒューストンの地図

左表は人口の急激な伸び・右表は生活コストの低さ左表は人口の急激な伸び・右表は生活コストの低さ


メキシコおよび中南米へのアクセスも良いメキシコおよび中南米へのアクセスも良い

日系企業が注目するエリア1位はテキサス州日系企業が注目するエリア1位はテキサス州


プロスポーツチームが10もあるテキサス州

プロスポーツチームが10もあるテキサス州プロスポーツチームが10もあるテキサス州

テキサス州にはプロスポーツチームが10も存在します。

バスケットボールチームはSan Antonio Spurs、Dallas Mavericks、Houston Rockets
フットボールチームはDallas Cowboys、Houston Texans
プロ野球チームはHouston Astros、Texas Rangers
ホッケーチームはDallas Stars
サッカーチームはFC Dallas、Houston Dynamos
テキサスはスポーツの盛んな州です。

テキサス州ダラス&ヒューストンの魅力を余すことなくご説明いたします。

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

ダラス&ヒューストンの街並み

ダラスの街並み

ダラスの街並み

ダラスの街並み

ダラスの街並み

ヒューストンの街並み

ヒューストンの街並み

今回ご紹介する物件は高利回りのインカムゲイン&キャピタルゲインの両方を狙える不動産を中心にご案内いたします。
テキサス州では、法人、個人ともに所得税がゼロです。そのためテキサス州では所得税の納税義務は無く、連邦税だけを申告、納税します。
フォーチュン500社のうち、54社の本社がテキサス州にあり、全米でフォーチュン500社が最も多い州です。
それだけでなく日本の大手企業が続々とダラスに進出中です。

2014年:トヨタ米国本社
2016年:建機製造大手クボタ、米販売子会社の本社
2016年:電機大手パナソニック、デジタル関連の拠点
2018年:三井住友銀行、出張所を開設

ニューヨーク州やカリフォルニア州と比べて生活コストの安さも顕著で、全米で8番目の大都市圏でありながら、カリフォルニア州サンフランシスコと比較すると、生活費は約60%、住宅費は約30%という水準です。
Win/Winプロパティーズ社では他社と違い、テナントと最低2年契約なので、安定収入と経費節減になります。
是非この機会にセミナーにご参加下さい。

インカムゲイン&キャピタルゲイン&節税も狙える物件をご紹介します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

都市別総生産は5,610億ドルで全米No.1を誇るシカゴ

2016年シカゴの都市別総生産は5,610億ドルで全米No.1を誇る2016年シカゴの都市別総生産は5,610億ドルで全米No.1を誇る

多くの有名企業の本社がシカゴにあり、日本企業も積極参入多くの有名企業の本社がシカゴにあり、日本企業も積極参入


アメリカ4大スポーツすべてが揃っているシカゴ


シカゴ・カブス・ダルビッシュ投手 カブス・ダルビッシュ投手

バスケット・シカゴ・ブルズ バスケットボール・ブルズ

アイスホッケー・ブラックホークス アイスホッケー・ブラックホークス

アメリカンフットボール・ベアーズ アメリカンフットボール・ベアーズ

シカゴにはアメリカ4大スポーツすべてが揃っています。

NBA(バスケットボール):ブルズ
MLB(野球):カブス&ホワイトソックス
NFL(アメリカンフットボール):ベアーズ
NHL(アイスホッケー):ブラックホークス

現地の人たちは少なくとも4大スポーツのいずれか1チームのファンで、街を歩いていると必ずそれぞれのチームのTシャツやユニフォームを着ている人を見かけます。シカゴはスポーツに熱い街です。

またシカゴにはとても特徴のある建築物があります。
マリーナ・シティ、トリビューンタワー、リグレービルディング、シカゴ商品取引所、トランプタワーなど歴史的な建造物から現代的な建物まで揃っています。

またシカゴは音楽がとても盛んな街です。
JAZZとブルースが有名でダウンタウンには演奏を聴けるお店が沢山あります。

シカゴの魅力を余すことなくご説明いたします。

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

今回ご紹介する不動産について

シカゴのビジネス街


シカゴの住宅

シカゴの住宅

今回ご紹介する物件は高利回りのインカムゲイン&キャピタルゲインの両方を狙える不動産を中心にご案内いたします。
シカゴは自宅保持者43%に対し、賃貸者57%以上と他の州に比べ持ち家率が低く、賃貸ニーズが高いため入居者探しが容易でオーナーには有利です。また物件価格の割に利回りが高く不動産投資には向いています。
Win/Winプロパティーズ社では他社と違い、テナントと最低2年契約なので、安定収入と経費節減になります。
是非この機会にセミナーにご参加下さい。

インカムゲイン&キャピタルゲイン&節税も狙える物件をご紹介します

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

メディア掲載実績メディア掲載実績


このページは不動産会社が出した物件情報を元に作成しておりますが、当社が物件を買取りまたは利回りを保証するものではありません。

講演者

  • 芦田 敏之
    税理士法人 ネイチャー国際資産税

    統括代表社員 税理士

    芦田 敏之 (あしだ としゆき)

    1978年、神奈川県横浜市生まれ。富裕層や企業オーナーの国際投資、相続・事業承継、M&Aに関するコンサルティングに特化した税理士法人ネイチャー国際資産税および株式会社ネイチャーFASを2012年設立。
    国際資産税専門ファームとして数多くのインターナショナル事案の対応実績を有する。国内外における投資・相続・事業承継・M&A等に関し、各国の弁護士・会計士・その他専門家と提携し、グローバルな選択肢の中からクライアントに対するベストソリューションを提供している。

  • 柳原 大輝
    株式会社WIN WIN Properties Japan

    本社 共同代表/日本支社 代表取締役

    柳原大輝(やなぎはら ひろき)

    日本を中心にアジア圏の不動産投資家・市場開拓のため、現在東京オフィスに籍を置く。過去50回を超えるセミナー講師経験と500名以上のマンツーマン個別相談経験から、各個人の財務状況と知識に合った投資戦略を寄り添って提案する。 海外不動産投資が初めての方には基礎からの知識を、お金の準備ができていない方には融資をはじめとしたお金の引き方もアドバイスする。

令和2年税制改正!アメリカ不動産 管理&売却セミナー

令和2年税制改正!アメリカ不動産 管理&売却セミナー

令和2年税制改正!アメリカ不動産 管理&売却セミナー

【日時】 1220日(金)19:00-20:30(開場18:45~)
【会場】 ステイジアキャピタルジャパン
【住所】 東京都港区三田3丁目13番12号 三田MTビル5階
(※ビルの1階がファミリーマートです)
【参加】 無料

今セミナーでは、令和2年税制大綱改正の最新情報について徹底解説させて頂きます。
米国不動産における取引前に知っておきたい管理の基礎知識から実態、ポイントを一挙公開致します。

例年12月中旬から下旬に発表される「税制大綱」。
今年は、海外不動産に関する税制改正が盛り込まれることが予想されています。
来年以降の海外不動産税制はどうなっていくのか、また、それ以外の税制改正において注意すべき点は何か。
令和2年度税制大綱発表のタイミングで、当社代表・田邊 浩久よりアメリカ不動産の管理&売却についてご説明します。
是非ご参加ください。

詳しくはセミナーでご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

2019年11月27日 日本経済新聞 朝刊より


海外不動産投資 節税認めず 政府・与党 富裕層への課税強化へ

政府・与党は海外の不動産への投資を通じた節税をできないようにする方針だ。
今は高額な海外物件への投資で出る赤字と国内の所得を合算して税負担を減らせるが、この合算を認めないこととする。
海外の不動産への投資は富裕層に多い節税策で、ほかの納税者との間で公平でない仕組みと判断した。

与党の税制調査会で詳細を詰めたうえで、2020年度の税制改正大綱に所得税法の見直しを盛り込む。
21年分以降の所得税に適用される見通しだ。
この節税は米国などで高額な中古物件を購入し家賃収入を上回る減価償却などの赤字を発生させて日本での所得を圧縮するというものだ。
20年度の税制改正では、海外の中古物件で生じた赤字はなかったものと扱い、日本国内での損益通算には使えないようにする。

節税の背景には、日本と欧米で中古住宅の平均寿命や利用可能年数の考え方が違うことがある。
長い間使える中古物件でも、日本のルールに沿って計算すると使用可能年数が4~9年になる。
本来なら10年以上使える物件の価値を4年程度でゼロにする際、書類上は大きな赤字が発生する。
高額な物件を買うほど節税の恩恵が得られるため、富裕層を中心に利用されている。

会計検査院が富裕層の多い東京都の麹町税務署管内などで調べたところ、海外の中古物件で延べ337人が39億8千万円超の赤字を計上していた。


2019年12月01日 日本経済新聞 朝刊より


節税封じ あの手この手 ソフトバンクグループのM&A 富裕層の海外不動産投資

政府・与党は企業や個人による行き過ぎた節税策封じを進める。
ソフトバンクグループが海外M&Aに絡んで用いた節税の防止策が11月30日までに固まった。
富裕層による海外不動産投資を通じた手法も使えなくする方針だ。
ただ包括的に税逃れを制限する強力な規定の導入は見送る。
新たな節税策が登場し、いたちごっこになる恐れもある。

富裕層が使う海外不動産投資を通じた節税策も封じる。
海外投資で生じた赤字を国内の所得に合算して所得税の負担を減らせないようにする。
2016年に会計検査院から問題点を指摘され、毎年のように「もうすぐ使えなくなる可能姓がある手法」と不動産会社のセミナーでもいわれていた。

令和2年度税制大綱の概要についてご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

先進国で唯一人口が増加し、世界一の経済力を誇るアメリカ

世界の経済成長の中でアメリカがダントツのトップ 世界の経済成長の中でアメリカがダントツのトップ

先進国の人口増加 先進国で唯一アメリカだけが大幅に人口増加

日本に居住する投資家にとって、アメリカ不動産の最大の魅力はタックスメリット(節税効果)と値上がりです。アメリカの建物評価は一般的に物件価格の約60%から80%(木造建築の場合)と日本と比較して非常に高く、築22年を超える物件であれば、今までの日本の税制ではそれを4年で償却し、節税することが可能でした。
2019年12月に発表される令和2年の税制改正では、築22年を超える物件に対し、4年での償却が不可となる可能姓がございます。

アメリカの不動産の管理について詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

アメリカ不動産の売買の流れ(各州によって若干異なります)

アメリカ不動産の売買の流れについて

今回のセミナーでは、アメリカ不動産の売買の流れをご説明し、その上でアメリカ不動産の管理方法と売却方法をわかりやすく解説いたします。
また、実際の事例を交えながらご説明いたします。

アメリカの不動産の売却方法について詳しくご説明いたします

セミナーに参加する(無料)セミナーに参加する(無料)

セミナー会場地図(三田MTビル)

三田MTビル・地図三田MTビル・地図


講演者

  • 田邊 浩久
    ステイジアキャピタルジャパン株式会社

    代表取締役

    田邊 浩久

    分譲マンションの販売・賃貸営業・プロパティマネジメント業務、オフィス・商業・住宅・更地等の不動産・不動産担保債権のアセットマネジメント業務の経験を経て、2012年ステイジアキャピタルグループに入社。マレーシア法人でクアラルンプールに駐在し、管理業務の立ち上げに寄与。翌年より日本法人に移り代表取締役に就任、世界8か国10都市の海外不動産を日本の個人投資家に提供。また不動産管理のスペシャリストとして、入居率に悩む海外不動産オーナーを多数救済している。

ページトップへ